クレジットカード審査についてのあれこれ

有名クレジット 審査

VISAやJCBなどの審査は、国内カード会社の基準より厳しいでしょうか?

JCBやVISAなどの有名カードブランドとクレジットカードの審査とは何の因果関係もありません。

例えば、クレジットカードの種類には、「イオン・セゾン・ニコス・UC・オリコ、DC」など多くの「国内ブランド」のクレジットカード会社がありますが、これらの会社が各々独自に審査を行い、カードを発行しています。

VISA・JCB(こちらは日本の会社です)・MasterCard・AMEX・Dinersはいわゆる「国際ブランド」とです。これら国際ブランドのうちAMEX、Diners、JCBは自社で審査・発行も行っていますが、MasterCardやVISAは自社独自にカード発行はしていません。

両社ともライセンス提携という形式をとっています。例えば「VISA International」がセゾンカードやニコスカード、楽天カードなどのカード会社にVISAマークの使用を認めるなどのライセンスを供与し、この権利をもって多くのカード会社がVISAのロゴマークが付いたカードを発行できるのです。

よって、VISAやMasterCardのような有名国際ブランドに申込んだことがカードの審査に通らない理由とはなりません。あくまでもカードの審査は楽天や三井住友カードなどの各カード発行会社に委ねられているのです。

アコム発行の「アコムACマスターカード」やニコス発行の「ニコスマスターカード」この二つは発行会社が違いますから、もちろん審査する基準や方法も違うということです。また、各カード会社はショッピング保険や海外旅行の際の保険などのサービスを独自に提供し、カード利用者の獲得に努めています。

なぜ、「国際ブランド」との提携をするのかというと、販売加盟店はクレジットカード会社と利用契約を結ぶことで、お客様が代金決済の方法として
カードを利用できる仕組みになっています。すべてのクレジットカード会社と販売加盟店が個別契約することは大変煩雑でしょうが、この状態ではC店ではカードで払えるのに、F店では利用を断られてしまう、ということになってしまいます。

そこでカード会社は「国際ブランド」と提携することでVISAマークが付与され、利用者はVISA取扱店で使えるようになり、利用範囲ぐっと広がるのです。

国内で利用する場合では、JCBが日本の会社であるため販売加盟店舗数が多く、カードの組み合わせとしてJCB+VISAか、JCB+Masterを選ばれると、利便性が高いでしょう。

なお、国際ブランドの中でJCBだけが日本生まれのカードということで個人的にはJCBに頑張ってほしいと思っています。

海外においては、VISAやMasterCardの販売加盟店数多く、国内であればJCBとなります。日本国内においては、この3つのいずれかであれば大抵カード利用ができますが、個人商店などの小規模店舗では、JCBだけしか受け付けてもらえない場合もあります。

なお、クレジットカードの利用額に応じてポイントやマイルが貯まるサービスがあります。例えばJCBが発行するカードをお持ちの場合は、「JCBポイント」という独自のポイントが貯まります。

VISAには独自ポイントのサービスはありませんが、提携先の発行会社でのポイントが貯まる仕組みになっており、VISA楽天カードであれば楽天ポイント、三井住友VISAカードならば三井住友VISAカードのポイントになります。

なお、JCBでも提携先のサービスポイントが貯まる仕組みもあり、これを「開放型カード」と呼んでいます。

JCB、VISA、Masterカードの3つのうち、国内だけでの利用であれば特に差はありませんが、このホームページをご覧になっている皆さまの中には、
審査が不安な方も多くいらっしゃると思います。そんな方は、比較的審査に通過しやすい国際ブランドであるMasterカードを選ばれるのが良いでしょう。

突然クレジットカード会社が破綻場合はどうなるの??

クレジットカード会社が破たんしてしまった場合、未払いのカード利用料金はどうすればいいの?という質問を頂きましたので、ここで解説します。

仮に、現在利用しちるカード会社が何らかの理由で売却され、買収した先の会社にカード会社の債権が引き継がれた場合、債権を引き受けたクレジットカード会社から、利用者宛に本人限定郵便(簡易書留など)で状況の通知が到着します。内容は、契約していた会社が破綻し、債権を引きついだ内容の連絡文書と、新たにクレジットカードを作り直すことに関するお知らせとなります。

その際、連絡先として引き継ぎ先の住所や電話番号等が記載されています。今まで持っていた提携カードはなくなり、引き継ぎ先がJCBの場合にはJCBが新たにカードを発行します。

当然、今後も継続してそのカードを保有する必要がないのであれば解約もできます。以前、このようなケースに遭遇した私のカードは、JCB一般カードに変更となりました。