クレジットカード別!審査難易度

ゆうちょ銀行(JPBANKカード)の審査難易度

ゆうちょ銀行のクレジッカードは審査が厳しい?

ゆうちょ銀行が発行するクレジットカードには、JPBANKマスターカード、JPBANKVISAカード、JPBANKJCBカードの3種類があります。ゆうちょが発行しますが、マスターカードとVISAカードは三井住友カードが審査と発行業務を行い、JPBANKJCBカードはJCBカードが審査発行を行います。

カード審査基準の高さは 銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系の順番なので、三井住友カードは審査基準が一番高い銀行系に属します。つまり、郵便局ということで身近で親近感があるかもしれませんが、難易度の高いクレジットカードです。

郵便局に口座があるから、家の近くに郵便局があるからという理由で簡単にゆうちょのクレジットカードを選ぶのは、もう一度考えたほうが良いでしょう。郵便局の口座に残高があると言っても審査をゆうちょがするのではないので、全く有利になりません。

ですから一般の銀行系・独立系カードと同じように属性に不安があったり、金融事故記録が残っている人は、避けた方がいいでしょう。

ゆうちょのクレジットカードの審査に落ちたからといって他のカードも作れないということはありませんが、審査に落ちたという申込情報が6ヶ月残ってしまいますので、他のクレジットカードを申請するのは6ヶ月以降にされることをお勧めします。

クレジットカード会社によっては、最近カードの申し込み履歴があったというだけで無条件審査に通過しないという会社もありますので、最初カードの申請をする時にはどこのカード会社にするかを慎重に考えましょう。

ゆうちょ銀行のクレジットカードのメリットって?

それではゆうちょ銀行のクレジットカードのメリットは何でしょうか?

年会費は初年度無料。公共料金をカード払いにすると、翌年以降の年会費が優遇されます。1000円利用で1ポイント。お買い物や公共料金の支払で利用すればお得です。

その他かんぽの宿はお一人様500円お得だったり、日産レンタカーは基本料金より10%~43%お得だったりなど、他のカード会社並みのあらゆる特典があります。けれどもこのサイトの性格上、審査に不安な方にはあまりお勧めできないクレジットカードです。

発行にも時間がかかるという声もよく聞きますし、カード審査も銀行系並みに難しいのも事実です。ですからそんな方々には審査基準の高いゆうちょ銀行のカードよりも、審査の柔軟な消費者金融系カードをお勧めします。