クレジットカード審査についてのあれこれ

銀行 預金残高 審査

銀行口座の残高はクレカの審査に影響しますか?

クレジットカードを申請する時に、自分の銀行口座に残高がないことを心配される人がいます。残高がないとクレジットカードの審査に影響するのでしょうか?実際「銀行系クレジットカードの審査には残高が影響するのか?」という内容のキーワードがよく入力されているのが分かります。
クレジットカードの審査が不安だからこそ、このような検索をすることになるのでしょう。

それでは、本当にカードの審査の際に銀行の残高を確認するのでしょうか?
実は残高はクレカの審査に全く影響を与えることはありません。

銀行とクレジットカード会社は全く別の法人で、クレジットカードの申請があった時に、銀行側には守秘義務がりますので申込人の口座の残高を確認することは不可能です。カードを申請する時に引き落としの銀行や支店、口座番号などは記入しますが、これだけで残高を確認することができたら、それは大問題ですよね。

銀行系のクレジットカードでも同じです。ですから、クレジットカードを申請する時に、銀行の残高が多い少ないを気にする必要はないのです。残高が多いからといって、審査に通ることもありません。

そんな中でも三菱東京UFJ銀行は銀行残高が多く属性の高い人に、クレヒスがなくても三菱東京UFJ-VISAカードを発行しています。(三菱UFJニコス株式会社が発行)この場合には残高が有利になるでしょうが、審査基準の高い銀行系なので、残高だけでなく年収や勤続年数などの高い属性も基準も必要でしょう。

クレジットカード会社がカードの発行審査で最も重要だと考える基準は、安定性です。銀行残高よりも、毎月定期的に安定した収入がこれからも入ってくるか、を審査するので、口座に3000万円あっても職業がなかったら、カードの発行は難しいでしょう。ですから残高を気にするよりも、安定した収入を認められる属性であるかどうかを考えて、クレジットカードを選ぶことが大切です。

カード会社が注目する勤務先、年収、勤続年数などの部分で不安のある方は、審査基準の高い銀行系や独立系よりも、審査基準が柔軟な消費者金融系からスタートされるのはどうでしょうか?若い方なら三井住友VISAデビュープラスがお勧めですが、30代以上の方には難しいでしょう。主婦の方なら三井住友VISAアミティエカードや、イオンカード、セゾンカードも一度お考え下さい。

もし、消費者金融系カードの審査でも落ちてしまった場合には、他のカードにすぐ申請せずに、コツコツとクレヒスを積まれることをお勧めします。クレジットカードがなくてもクレヒスを積む方法に、携帯電話の割賦契約があります。

今では生活必需品となってしまったスマートフォンなど携帯電話を分割払いで購入して毎月きちんと支払を行えば、個人信用情報機関に返済した記録が残り、その後クレジットカードを申込した時に信頼性が認められるからです。

一番最初に持つカードはハードルの高い銀行系や独立系カードでなくても、個人の属性に合わせて無理せずに手に入れることができるカードをお勧めします。無理して好みのカードを申し込んで審査に落ちてしまったら、落ちた履歴が6ヶ月間残ってしまい、その間他のカードの申込をしても落ちてしまうからです。

その最初の一枚でコツコツと利用履歴を積んでいくことにより、2枚目には欲しかったカードを手に入れることができるかもしれませんよ。