クレジットカード審査に関するQ&A

転職前~転職後 クレジットカードを作る時期

転職の予定がある場合、カードの申請は転職前?転職後?

クレジットカードを申し込んだら、カード会社で審査が行われますよね。この場合まず見られるのが、申込者の属性ですが、この中で重要なのが勤務先、勤務年数、年俸が上げられます。

つまりカード会社ではこの申込者が安定した収入があるのか、をチェックしたいわけですよね。もしあなたが転職を考えている場合、カードをいつ申し込んだらいいのかという質問には、断然転職前だと答えることができます。

もちろんカード会社に転職した事実を知らせる必要もありませんが、まず審査の時に重視するのが、「これからも安定して収入を得ることができるのか」であるので、転職先の会社が今の会社よりもどうだとかは関係ないのです。勤続年数が1年以下の場合は、クレジットカードの発行が難しくなってしまいます。

 

また今無職で就職予定がある場合には、就職してからある程度期間が経ってから、クレジットカードの申請を行った方が良いでしょう。

ある程度の期間というと曖昧ですが、最低6ヶ月以上である必要があります。カード会社はとにかく「安定した収入」を重要視しています。

勤務歴1~2ヶ月で、またいつ転職するか分からないという印象を与えてしまったら、カードの取得は簡単ではないでしょう。

クレジットカードを申請して審査に落ちてしまうとその履歴が残ってしまうので、すぐに他社のカードを申請すると自動的に落とされてしまう可能性もあります。

もしカードの審査に落ちてしまった場合には6ヶ月間履歴が残ってしまうので、最低でも6ヶ月を経過してからカードを申請されることをお勧めします。これらをトータルして考えると、焦ってカードを申請するよりも、最低でも6ヶ月~1年くらい経ってから申請するほうが無難です。

就職内定者の場合には内定通知や年俸が決まっているなら、それらの書類を提出知れば問題なく審査に通過するでしょう。今無職だとか、転職したばかり、アルバイトだけどどうしてもクレジットカードが必要な場合には、アコムACマスターカードをお勧めします。

転職前に作ったらお得なクレジットカードって?

先ほど申し上げたとおり、あなたの転職先が大企業だとか、スカウトされて今よりも年俸が上がるとかいうのは、クレジットカード会社は関心ありません。

とにかくあなたの勤続年数=0というのが大きく影響を及ぼします。もしあなたが転職前の今の会社で勤続年数が5年以上だったり、ある程度の規模の会社である場合は、ほとんどの一般のカードの審査に通過するでしょう。

「もっといい会社に転職してから質の高いクレジットカードを作ろう!」と思っている人がいましたら、是非考え直されることをお勧めします。

会社の規模よりも勤続年数5年以上といった状況が、クレジットカード会社としては安心なのです。最近は社会でも様々なストレスがあったり、会社の思いがけず景気の影響を受けたりと、これからの勤務体制にどんな変化があるか分かりません。

とりあえず安定している間に、ある程度ランクの高い一般のクレジットカードを1枚作っておくのは、これからの生活を考えてもとりあえず安心できるのではないでしょうか。転職するけどこれからどうなるかは分からない時には、これからの保険の意味としてでも退職前に1枚クレジットカードを作っておきましょう。

こんな場合にお勧めなのが一般的に審査基準が高いといわれる「銀行系クレジットカード」や、海外での利用も便利で飛行機のマイルも貯めることができる「航空系クレジットカード」、さらに高級な物でも大丈夫な属性の高い方の場合には「独立系やゴールドカード、プラチナカード」をお勧め致します。

これらのカードは年会費も1万円以上のものが多くて、「ここまでして?」と思われるかもしれませんが、初年度は無料だったり、使用頻度によっては結局年会費を無料にすることができるものもあり、ポイントやギフトカードなどの特典もあるので、上手に使用すれば便利な一枚になるでしょう。

また、これから海外出張などに行く機会が増えるという方は、是非航空券のマイルが貯まりやすいクレジットカードを1枚準備されることをお勧めします。航空会社によって貯めやすいクレジットカードがそれぞれありますので、自分が使用しやすい航空会社のマイルを貯めやすいカードを選びましょう。

マイレージカードは入会や利用、搭乗する度にボーナスマイルがもらえたり、キャンペーン中にはさらに多くのマイルを貯めるチャンスがあります。上手に利用すれば、タダで旅行にいけるかもしれませんよ!

退職して個人事業主になった私にピッタリのカードはありますか?

会社で10年以上勤務した後退職して自営業を始める方も多いですよね。そんな時、今までとは全く違った環境になり、困惑される方もいらっしゃるようです。

会社で毎月給料をもらっている時と違って、クレジットカードを申請しようと思ったら勤務先、勤続年数などの項目で困惑される方もいらっしゃいます。いろいろと準備する前に退職となってしまい、後から考えたらクレジットカードを作っておけば良かった、と思う方もいらっしゃるでしょう。

クレジットカードの申込みがあった時の審査の方法は、会社員でも自営業でも変わりません。個人の属性と個人信用情報機関の内容を照らし合わせて、カードの発行が可能かどうかを決定します。

その時問題になってくるのが事業の規模や安定性ですが、1人や少人数で今から営業を始めるという場合、安定性が低いと考えられるケースが多いのが事実です。

こんな場合には今まで取引してきた銀行があれば、その銀行系のクレジットカードを申請してみるのもひとつの方法です。もちろん銀行系・独立系カードは審査の基準が高いといわれていますので、それほど簡単ではありませんが、今まで住宅ローンや自動車ローンなどの取引があった場合、信頼性を認められたらクレジットカードの発行もそれほど難しくはないでしょう。

このように取引していた銀行がない場合には、ある程度自営業の経歴を積んでからクレジットカードを申請するか、審査基準が高くない消費者金融系のカードを作ることをお勧めします。

このカードを安全に発行してクレジットヒストリーを積んでいけば、後で自分が持ちたかったクレジットカードの申請も可能になることでしょう。

また、個人事業となっても営業年数に注目されることが多いです。さらに事業の大きさよりも安定性を重視します。例えば、焼き肉屋さんを開店して1年のAさんの今年の年収は1000万円でした。お寿司屋さんを経営して20年になるBさんは毎年600万円の年収があります。

という場合、クレジットカード会社から見れば、安定した収入を期待できるのはどちらでしょうか?

もちろんBさんです!ということになりますよね。

このようにクレジットカード会社としては、今の収入だけでなくこれからの安定した収入を重視しています。ですから自営業の方の場合も勤続年数に注目せざるを得ないのでしょうね。

また、退職してからは退職金だけで生活をしていく方もいらっしゃいます。その場合は新たな収入源はない、と判断されてしまいますので、カードの発行は簡単ではないでしょう。もちろん退職金で毎日の生活にはそれほど不便ではないかもしれませんが、もしクレジットカードを作りたい方は、固定した収入の入る何かの職に付く必要があるでしょう。