クレジットカード審査に関するQ&A

他人名義 クレジットカード

別人名義でカードを作成することについての注意

金融事故を起こした方や、自分の属性によりカードを持てない方が下記のような疑問を持たれていましたので解説します。

「他人の個人信用情報でを使ってカードは作れる?」
「別の名義でクレジットカードをつくれますか?」

「他人名義のクレジットカードを作ること」法律上の問題は別とすれば、実際可能です。
ローンにある「名義貸し」に似たやり方と考えてみてください。

例としては、「金融事故を起こした父親はカードが作れないため、その子供がクレジット
(ローン)契約をし、父親が利用者になる」という構図です。

このような方法は、不可能ではありませんが、契約上申込んだ人物と利用する人物が異なるのは明らかに違法行為に当たります。ですから、安易にこのような行動はとらないでください。

中には、「自分が気が付かないうちに家族の誰かが勝手にカードを作り浪費していた」
というケースもあるようです。ご自分には過失がなかったとしても、カード会社からすれば、「カードの存在を知らなかった」という主張を証明してもらう必要があります。しかしそのような証拠は残っているはずもなく、被害届は受け入れてもらえないでしょう。

他人にカードを貸すなどの不正行為が判明した場合は、カード名義人に対し、
以下のようなペナルティが課されるようになっています。

・カードが利用停止となる
・利用している金額や、借入額を一括返済する
・契約が解除されてしまう

「親が勝手にカードを使ったんです!」という場合、確かにご自身は被害に
あわれているでしょうし、「自分は被害者で、この事を知りませんでした」と主張する方は被害額を通常支払う義務はありません。

一方で、クレジットカード会社側のとらえ方は「カードの名義人とその家族に事故を起こされた」とみなしますので、その責任については申込者本人に対して追求し、状況や事情にかかわらず、「カードを管理している申し込み人の責任」を問います。

そもそも家族に悪用された被害は立証するのが大変難しく、逆に「共犯者」と疑われることも考えられます。対策としてたとえ同じ家に住む家族であっても、
トラブルや悪事を起こさせないために、クレジットカードや大切な銀行印、保険証などの本人確認書類をしっかり管理しておきましょう。

「家族が借金まみれでどうにかしてあげたい」「ギャンブル中毒の彼氏を救ってあげたい」という気持ちで、第三者がクレジットカードを作ってしまう場合もあります。

このような方は、「人に貢ぎ、感謝されているという実感」に酔いしれてしまうようですが、「カードを与えることが、相手にとって本当に良いことなのか」を考えれば、「厳しいようでも突き放す」と心を鬼にする必要があるでしょう。

「配偶者の名義でいいから、どうしてもカードが欲しい」

こんな気持ちをお持ちの方は、カードを持つこと自体断念されたほうがよろしいと思います。今の「他人名義でもなんでもいいからカードが欲しい」という状態では、将来破綻の道に進むでしょう。この考えはまず「違法」なのですから法に触れないためにもご自身のカードやキャッシングに対する意識を改める必要があります。

審査が柔軟で定評のあるクレジットカードに申し込めば、「他人名義のカード利用」という不要なリスクを抱える必要はありません。

ただし、他人名義のクレジットカードを作る対策法についてもご紹介しています。★ココ変更★詳しくは、落ちた後は、再申込を行う期間が重要をご覧ください★ココ変更★