クレジットカード審査についてのあれこれ

家賃滞納 審査

家賃滞納すると、クレカの審査に影響がある?

家賃とクレジットカード、不動産とクレジットカード会社が何か関連があるのでしょうか?もし家賃を滞納している場合、クレジットカードの審査に影響を及ぼすかもと心配な方もいらっしゃるようです。

賃貸契約をする時に家族などにお願いして連帯保証人になってもらって契約をしている場合は、毎月大家さんの銀行口座に振込みをするという関係なので、もし滞納しても督促や遅延損害金の請求はあるでしょうが、個人信用情報には何も記載されません。

賃貸マンションやアパートに入居する時に賃貸仮契約が行われますが、これは不動産業者や大家さんとの間の契約なので、ローンやカードを管理する個人信用情報機関とは全く関わりがないからです。

ですからこのような場合には、クレジットカードの審査に何の影響も与えません。

家賃を滞納していてクレジットカードの審査に落ちてしまうのは、次のようなケースが考えられます。

賃貸契約を行う時に保証人なしに、家賃保証会社と賃貸契約をしている場合には、家賃の延滞などが発生した時には個人信用情報機関(CIC情報やJICC情報)に記載される可能性もあります。

この場合にはクレジットカードの審査時に個人信用情報を照会して、ブラックが確認されたらカードの審査に落ちてしまう可能性があるでしょう。不動産会社は手数料商売ですが、保証会社と付ける事によってそこから手数料をもらい、家賃の滞納を防ぐ役割としても、保証会社との契約を必要とする不動産会社が増えています。

アプラスやオリコなど信販系の保証会社以外にも、最近では消費者金融系や不動産系の賃貸保証会社も増えてきています。借りる方としても保証会社と契約すれば連帯保証人も必要なくて、便利な部分もありますよね。お互いのメリットから、賃貸契約を行う前にはまず家賃保証会社との契約を行ってから、賃貸契約をする流れが定着しつつあるようです。

その反面、特定の期間家賃滞納をすれば、強制退去させられることもあるので、十分注意が必要です。さらにアプラスやジャックスのような信販系の家賃保証会社であった場合には、賃貸契約の前に個人信用情報機関(CIC情報やJICC情報)に照会されて、過去に滞納や貸し倒れなどの履歴が残っていれば契約に影響を与えるでしょう。

また、契約後に家賃の滞納があった場合も、個人信用情報機関に記載されることになります。また、個人信用情報機関には基本的に過去24ヶ月間のカードやローンなど支払状況が残っているので、それ以前の詳しい内容は残っていませんが、信販会社には家賃をいつ滞納したか過去の蓄積された情報がそのまま残っています。

CIC情報やJICC情報を照会しても何も出てこなかったが、社内データには過去の遅延した情報がそのまま残っているので、同じ信販会社にクレジットカードの申込みを行っても審査に通ることは難しいでしょう。信販系以外の家賃保証会社には、CICやJICCなど個人信用情報機関に登録していない会社もあります。

その代わりに「全国賃貸保証協会(LICC)」に信用情報が登録されていますので、もし過去に家賃を滞納していた経歴があれば、クレジットカード審査には通っても、新たな部屋の賃貸契約はできない可能性がある、ということを知っておく必要があるでしょう。

このように「家賃保証会社」と関連している場合は、家賃滞納がカード発行に影響を及ぼす恐れがあります。いままで家賃滞納の経験があり、全国賃貸保証教会や個人信用情報機関にブラック情報が残っているかもしれないと不安な方は、一度詳しく調べておくほうが良いでしょう。

家賃関連でブラック情報が残っている場合には、クレジットカードの中でも審査が柔軟だといわれるクレジットカードがお勧めです。家賃滞納以外で気になる人は、その他の延滞がクレカの審査にどんな影響を与えるのか知る必要があるでしょう。