クレジットカード審査についてのあれこれ

公共料金 滞納 延滞 審査

公共料金等の滞納をすると審査に影響がありますか?

まず最初に結論からいいますと、公共料金の滞納や延滞をしてしまっても、クレジットカード審査(住宅ローンも同様)には影響ありません。

その理由として、東京ガスや東京電力などの民間企業は、JICC・CICなど個人信用情報機関の会員ではないからです。それから、水道料金は各自治体から請求されます。そもそも、自治体が持っている個人情報を、個人信用情報機関へ延滞情報として登録するはずがないのです。

従いまして、クレジットカードの審査において、公共料金の滞納や延滞があっても審査には影響ありません。このことは、国民健康保険や住民税についても同様といえます。

インターネット上にあるQ&Aサイトのなかには、公共料金の滞納・延滞があたかもカード審査に影響を与えたかのような書き込みがありますが、このような場合、もし審査に落ちてしまうケースがあるとしたら、クレジットカードで公共料金の支払をしていた場合でしょう。

要するに「クレジットカードの支払が遅れたため、個人信用情報機関に異動情報(ブラック情報)が記載されて、そのせいでカード審査に落ちてしまった」ということです。

こういったケースは、例えばコナミスポーツクラブの支払をクレジット払いで行っている場合にも見受けられます。

ちなみに、個人信用情報機関においては、延滞情報のみならず、債務整理や任意整理を行ってから原則5年間は異動情報(ブラックリスト)として記載されます。

カード審査に影響する延滞について

特に最近、問題が多くなっているのは、「携帯端末の割賦販売(分割払い)が原因となり、個人信用情報機関にネガティブ情報が記録され、クレジットカードの審査のみならず住宅ローンの審査にも落ちてしまう」という方がとても増加していることです。

割賦販売法におきましては、携帯端末の割賦販売(分割払い)に関する延滞履歴が個人信用情報機関へ記載されることになっています。端末を販売しているNTTドコモ、au、ソフトバンクは、CICという個人信用情報機関の会員となっている企業です。(注:携帯電話の通話料金には関係ない)

この場合、延滞が2ヶ月を超えてしまうと、個人信用情報の契約情報に異動記録が付くことになり、これが一般に言われる「ブラックな状態」となるのです。このブラック情報は、完済後5年間も残ってしまうもので、住宅ローンやクレジットカードの審査に相当大きな悪影響をもたらしてしまいます。

ちなみに、奨学金返済の滞納に関しては、原則的に問題ないのですが、利用者数が一番多い独立行政法人日本学生支援機構の奨学金を延滞した場合には、注意が必要となってきます。