クレジットカード別!審査難易度

スルガカードの審査難易度

スルガカードの審査は難しいのでしょうか?

スルガ銀行の連結子会社として、(株)スルガカードがクレジットカードを発行しています。この会社はVISAのブラウザーカンパニーとして提携してクレジットカードを発行していますので、海外に行く機会の多い方に喜ばれているカードが揃っています。

スルガ銀行ではスルガ銀行VISAデビットカードを発行していますが、これはVISAデビットカードと日本版J-Debitの2種類の機能を備えているので、J-Debitを必要としていた層でも話題となっているカードです。

最近デビットカードを発行する銀行が増えていますが、その中でも楽天銀行やあおぞら、三菱東京UFJで発行されるカードには国際キャッシュカード機能も付いているICキャッシュカードなので、「海外でも便利なカード!」を望む皆さんの間で好評です。

最近「ブラックだけどカードは作れるの?」という質問があちこちに掲載されていますが、そこでの回答がほとんどデビットカードの紹介になっているようです。スルガの他にりそな、埼玉りそな、JNB、楽天銀行などで発行されているデビットカードは、ブラックでクレジットカードが使用できない人達も使えるということで、注目を浴びているカードです。

デビットカードはクレジットカードとは違うので、銀行の残高以内でしか使用できず、即口座から差し引きされるので、使いすぎる危険がなくて安心だといえるでしょう。また、多くのVISA加盟店で使用することができるので、現金を引き出して持ち歩く必要もありません。

それではスルガカードの審査は難易度が高いのでしょうか?スルガカードは銀行系クレジットカードと同じ審査基準で行われているので、信販系や流通系、消費者金融系よりも基準が高いといえるでしょう。

スルガ銀行は地方銀行ですが、東京23区や千葉県、神奈川県など関東だけでなく、全国の主要都市に存在しているので、他の銀行系カードと同じく知名度の高い銀行のカードという点では、大きなメリットがあるでしょう。

ですからスルガ銀行本店のある地元静岡県周辺では、ステータスの面から言ってもなんとかしてスルガカードが欲しいと感じるのではないでしょうか?先ほど記述したように、クレジットカードの中で最も審査基準の高い銀行系カードなので、ある程度以上の属性(勤務先、勤続年数、年収など)が求められます。
絶対スルガカードが必要!ということであれば、ショッピング枠など利用限度額をできるだけ低く申請して、キャッシング枠はゼロにして申込をすれば、カードの審査に通過する可能性がアップするでしょう。

どこのクレジットカード会社でもカードの申請があったら、個人信用情報機関の情報を参考にしてカードの審査が行われます。

過去にローンやカードの支払の延滞やカードの多重申込、自己破産などなんらかのブラック情報が残っていれば、カードの審査に通るのは難しいでしょう。もしそのような金融事故情報が残っている場合には、その情報が消えてからカードを申込されることをお勧めします。

それでもどうしてもスルガのカードが必要な方は、スルガ銀行でビットカードがお勧めです。スルガ銀行で今まで何の問題なかった方なら、きっと手にすることができるでしょう。

スルガ銀行口座から家賃引き落としが出来なかったのですが、カード審査に影響ありますか?

スルガカード会社とスルガ銀行は同じスルガですが別々の法人です。スルガカードにカードの申請があった時に、申込者のスルガ銀行の口座の内容を照会することはできません。

ですから、銀行口座に残高がなくて先月アパートの家賃の引き落としができていなくて大家さんから電話があったとか、公共料金の引き落としができていなくて後から入金した、というような問題が、クレジットカードの審査に影響を与えることはありません。

それは本人と大家さん、本人と公共料金との関係だけであり、その内容が個人信用情報に記載されることはないからです。もちろんその支払がクレジットカードを通じての支払だったら、個人信用情報に残ってしまうでしょう。

また、借家の賃貸契約をする時に家賃保証代行会社と契約していて、その会社がアプラスやジャックスなどの信販系だった場合には、その信販会社に支払遅延や滞納情報が残ったり、個人信用情報に記載されてしまう可能性があります。

この場合に同じ信販系のカードを申請しても、審査に通るのは難しくなるでしょう。

しかし今回の場合は賃貸契約を大家さんと行っているので、家賃保証会社は関連しておらずカードの審査に問題を起こすことはありません。クレジットカード会社はカードの発行の審査を行う時に、支払う能力はあるかを重点にして行います。

アルバイトやパートをしている人の収入より、ある程度の規模の会社で何年も働いている人の収入が安定しているとして自動的にスコアリングされるのがカード会社の審査方法です。申込本人が安定した収入を毎月得ているのか、勤務先はどこで勤続年数はどのくらいか、年齢や住居形態、居住年数などの属性を元に、個人信用情報にブラックの経歴はないかを照会してから発行の可否を決定します。

今回の家賃滞納の事実はカード会社が知ることは不可能ですが、携帯電話を分割購入した料金の滞納や、他のカード会社の支払が何度か遅れたりなど、それほど気にしていなかった内容がプチブラックとして残っている可能性はあります。個人信用情報にブラックの情報が残らないように、期日はきちんと守って支払うことが大切です。

また申込用紙に記入をする時にも、誤字脱字には気をつけましょう。ちょっとした電話番号の記入ミスで本人確認があった時に、電話がつながらなくてカードの発行が見送られたり、住所の間違いでカードを受け取ることができなかったら困ります。

個人信用情報は自分を証明する顔ですので、誰が見ても信用できる状態を維持することができるように心掛けたいですね。お金の出入りする部分はいつもきちんとチェックして、支払いをうっかり忘れることなどない様に十分に注意しましょう。