クレジットカード審査の職業別難易度

新社会人 新入社員 クレジットカード

新卒者や新社会人にはカード取得は難しい?

新社会人・新卒者の多くの人が不安・心配に思っていることのひとつがクレジットカードの利用申込みかと思いますが、これについては「ほとんどが問題なくカード発行される・・」と言うことができるでしょう。

これにつきましては、学生さんに関する記事でも述べさせていただきましたが、実情として「企業に就職をしてから新社会人として、初めてカードを持った」という人がとても多いからです。

そのような実情からか、クレジットカード業界においては、何十年にも及ぶ膨大なデータにより証明されている”不動の定説”があるのです。

それは、「人生において初めて持ったクレジットカードは、その後もほとんど解約されることがない」というものです。

常に新規利用者を募集しているクレジットカード会社では、このような層を「将来にわたって優良な顧客である」と捉えています。ですから新社会人や新卒者に対してクレジットカードを発行する際には、他の一般申込者よりも審査に幅を持った対応をしてくれる場合がほとんどです。

新社会人の中には、銀行や金融機関などの関連企業やその子会社に入社したときや、クレジットカードを発行している取引先企業などから、「付き合いで関連企業が発行している銀行系カードに申し込みをした・・」という方も多くいらっしゃることと思います。

この他の例としては、「銀行に給与振込み用の口座を開設した際に、窓口で銀行系クレジットカードの申し込みをした・・」というケースもあります。

ちなみに、私が新卒で就職した会社が当時は芙蓉グループの中の一社でしたので、給与振込の口座は「富士銀行(現在のみずほ銀行)」で作り、クレジットカードについては「富士銀クレジット(現在のUCカード)」を作るはめになり、それから20年ほど経った今でもそれを愛用させて頂いています。

さて、まだ就職をしていない学生さんがクレジットカードを申込む場合ですが、内定が出た段階でしたらこれから働く予定の会社名を記入すればこれは可能です。内定の段階ですと通常では社員証はまだ発行されないかと思いますが、クレジットカード会社から「内定承諾書」等を本人確認書類として提出して下さいと言われることがあります。

ただ一般的には、時期としては実際に企業で働き始めてから申し込んだ方が、内定時期に比べたら遥かにクレジットカードが発行される可能性は高いでしょう。なお、新卒者が申し込んだ場合では、勤続年数がたったの3か月程度と非常に短いものだったとしても、クレジットカードの審査にはほとんど影響しないとみて間違いありません。

他の一般の人がカードを申し込む際には、クレジットカード会社は申込書に記載されている本人の属性(勤務先企業、勤続年数、年収欄、居住年数、同居家族・・)などの項目のみならず、CICなど個人信用情報機関に記録されている情報(延滞や支払いの履歴=クレジット利用履歴)もしっかりと確認します。

しかし、”新卒者”という就職してまだ間がない層に対しては、クレジットカード各社でも、「これまでの利用履歴がないことはあたりまえのことである・・」と捉えるしかないと考えています。それを根拠として、ネット上にあるクレジットカード審査関連サイトの中には「知名度や信頼性の高いカードへ申し込むなら新卒者のうちにした方が良いです」と解説しているところも見受けられます。

そしてそのようなサイトの中には、「消費者金融系であればカードの発行は容易であるけれど、銀行系・信販系カードは審査が厳しいので・・」というような記事が多いようです。ですが、新卒者や新社会人という人達は、このような業界においては「特殊な属性である」ということを念頭において、将来に渡って長く利用できそうな、利便性の高いクレジットカードを選んだほうが理想的と言えましょう。

とはいえ、例え新卒者の審査であったとしても、他の一般の申込者と同様に、「本人在籍確認」(電話での確認)のステップは必ずあります。ですから、「私は新社会人だから、クレジット会社から電話なんてかかってこないだろう・・」などというまったく根拠の無い予測をしてはいけません。電話が来るだろうと準備をして(あらかじめ電話をとる人に頼んでおく等)待っているほうが、より短い期間でクレジットカードの発行がされることでしょう。

クレジットカード選び方のポイントはコレ!

三井住友VISAカードで発行している「三井住友VISAデビュープラス」は、新社会人を主なターゲットにしていますので、新社会人にとっては審査に通りやすいクレジットカードとなっています。

このカードは、その名が示すとおりに「クレジット利用へのデビューカード(ファーストカード)」として最適なもので、18~25歳までの比較的若い世代に対して柔軟な審査基準としています。ですから学生さんや新社会人という「初めてのクレジットカードをどうしようか迷っている層」でも、比較的簡単にカードが発行されるように配慮がされているのです。

学生さんや新社会人などは、まだ収入も少ないために生活全般にわたって節約をしなければならないことが多いものです。その点、この「デビュープラス」では、年会費を無料としており、カード利用者の負担をなるべく少なくしようというコンセプトでサービスを提供しているのです。

「さて、自分は ”会社員 ”として就職できたから、最初のクレジットカードは何を作ろうかな・・」

このようなことを考えている新社会人の中には、勤務先の関連企業や給与振込みのある銀行から「クレジットカードに入会しませんか?」という勧誘も多いのでしょう、ついついあちらこちらに申込みをしてしまった、というケースも見受けられますが・・。

しかしそのようにうっかり複数のクレジットカード会社に申し込みをしたことから、「これは相当お金に困っているに違いない・・」とあらぬ疑いを持たれてしまったケースもありました。新社会人になったばかりのという時期は、堅実に「1枚のクレジットカード」に絞りこんで申し込みをするほうが、信頼性という面においても理想的だと言えます。

流通系の「YahooジャパンJCBカード」、「楽天カード」、「ファミマTカード」などは、インターネットショッピング等で利用することでポイントが効率よく貯まっていくのでオススメ、と言われていますが、「日常的に買い物をカードで決済することがないから・・」という人の場合は、ガスや光熱費の支払い、携帯やスマートフォンの電話料金、高速でのETCカードの利用などでカードを使うことで「利用実績」を積み上げることができます。

そうして徐々にクレジットカードの利用枠を増額させていく、というスタイルも将来的には便利となるでしょう。