クレジットカード審査についてのあれこれ

クレジットの支払いが間に合わない 対処法

カード支払い日に引き落としができなかった場合、審査に影響しますか?

「毎月の支払い」こそ、クレジットカード利用者の義務であると言えますが、「銀行の引き落とし口座に入金するのを忘れていた」「引落日を忘れていた」

「引き落としミスがあった」「残高不足で振替できなかった」「口座への入金が間に合わなかった(支払いが遅延した)」等は、誰でも起こり得るアクシデントです。

こういったアクシデントはネット上の様々なサイトや質問掲示板で話題となっており、その質問は以下のようなものが多いようです。

「クレジットの支払いが、口座から落ちなかったらどうなるの?」
「カードの引き落としができなかった場合どうしたら?」
「カード支払い日に残高不足だった、どうしたらいいですか?」

もしこのような状況になってしまった際に、一番しなければならないことは、「気付き次第早急に支払いをする!」ということです。

クレジットカードの審査に悪影響を及ぼす「異動情報」が、CICやJICCなどの個人信用情報機関に記録されてしまうのは、

「返済日から61日以上、もしくは、3ヵ月以上支払いが遅延したり延滞した場合」となっています。

自分で入金ミスや残高不足に気付かなかった場合は、クレジットカード会社から「入金確認ができません」「残高不足で振替できません」などの

連絡や督促状が来た時点で、すぐに支払い手続きをすれば、”カード利用停止される ”など、利用者が恐れるような事態にはならないはずです。

しかしながら、「携帯電話端末の分割払い(割賦契約)を利用している人」で、このような事態になった場合には特に注意が必要です。

携帯電話端末の支払いについては、「支払いを怠るとすぐ使えなくなる!」ということはないようで、だいたい2ヵ月以内なら、支払いが遅れたままでも利用できるようですが・・。

しかしこのまま「まだ通話できるし、ちょっとくらい支払いが遅れても平気だろう・・」と甘く見ていると、そのまま支払い遅延や滞納である状態が続いて、

ついにはCICやJICCなど個人信用情報機関のデータに「異動情報」という形で記録されることになるのです。

このように異動情報として記録されてしまったら、いくら支払いを行っても、「時既に遅し・・」と言えるでしょう。

中には、このように支払いがされなかった時点で、「即・カード利用停止」にするクレジットカード会社もあります。

回収できなくなるリスク回避と同時に制裁的な意味合いで、利用者へ支払いを促す場合もあるようです。

60日以内に支払いをすれば、滞納や遅延、延滞が記録されることは避けられますから、「今後審査に通らなくなるのでは?」という心配は必要なく、

こういったアクシデントが原因でクレジットカードが作れなくなる、という状況にはなりませんから安心して下さい。

また、在籍確認電話で「今まで支払いが遅れたことがありますか?」と聞かれるのではないか、と心配する人が多いようですが、そのようなこともありません。

何回も支払いが遅れたり、引き落としが不能になったら?

先ほど、分割払い(割賦契約)の例で、「少しくらい支払いが遅れても(支払い延滞)、気がついて即支払いすれば、さほど審査に影響はないはず・・」

と述べましたが、これはあくまでも《CIC・JICCなど個人信用情報機関のデータに「異動情報」が記録されない》ということです。

ですから、機械上の審査で即落ちしないということであっても、クレジットカード各社の社内データベースには記録がありますから、何らかのしるし(チェック・フラグ)が付いています。

例を挙げて説明しますと・・。

仮にBさんとしますが、この人は「三井住友VISAカード」を利用していますが、入金が遅れがちで、何度も引き落としができないことがあるとします。

このような状況では、三井住友VISAカード社内のデータベース上に、Bさんの延滞履歴が記録されていき、Bさんについてのネガティブな情報がどんどん蓄積されているのです。

こういったネガティブ情報が累積していると、クレジットカード会社からは「Bさんはお金の管理ができないルーズな人か、お金に困っている人のどちらかである」と判断されてしまいます。

Bさんのように滞納が多い場合「優良会員」とされることは難しい面もあり、このような状況が続くとクレジットカードの更新は断られてしまいます。

「解約・強制退会」という厳しい形でカード没収までする一部のクレジット会社もあるようです。(*カード会社の規約にも、必ずこのことを書いてあります)

以上のことを分かりやすくまとめますと・・。

「残高不足で口座引き落としができていなかった・・」

「急用で銀行にいけなくて入金ができそうにない・・」

こういった事態になった場合、そのまま放っておいてはダメです。

気がついたらすぐにクレジット会社に電話をして、「○○の事情で遅れましたすみません・・・延滞料もあわせて、○月○日には必ず払います!」と誠心誠意込めて話すことです。

過去に延滞を繰り返して強制解約されたりで、新しくカードを申し込むのが心配・・そんな人でも、誰でも幸せになれそうなこのカードで、無事発行されたという口コミもあるようです。

自動口座引き落としの利用停止、するのは可能ですか?

これは以前、現役でクレジット会社に勤めていた頃に相談を受けた実話ですが・・。

あるお客さまが、海外の有料サイトで利用登録をし、クレジットカードでの決済手続きをしたことで、利用料金が「口座から自動引き落とし」となっていました。

しかしその後、そのサイトから退会しようとするも、英語での説明が全く分からなかったので、「口座からの自動引き落としを止めたいのですが・・」という相談をされたのです。

口座自動引き落としを止めるのは意外と簡単な手続きでして、ただ銀行にその旨届け出をして、「口座振替契約の解除をすればいい」だけなのです。

しかしながら、ここでのポイントは「何らかの売買契約をした以上、クレジットカード会社はその支払いを行わなくてはならない」という点です。

ですから、本来ならばそのサイト上でなんとかして「退会手続き」をしなくてはならないのです。知り合いで英語が得意な人などに頼み込むなり、翻訳サイトで調べるなりして・・。

それでもそのサイト、もしくは本人の語学力のために、「退会処理がどうやってもできない」という事情ならば、このような方法があります・・。

まず、クレジット会社に事情を説明して、「カード紛失」という形式で手続きをしてもらいましょう。

この手続きをしてもらえば、古いカード番号は破棄され使えなくなり、カード番号が変わった新しいクレジットカードを発行してもらえます。

その後、問題のあった海外サイト以外で、支払いや決済に利用しているクレジットカードがあれば、その内容(番号)を書き換えれば支障なく利用できます。

ちなみにこの解決方法は最終手段的なもので・・。

こうなる前に、そもそも内容を読めない・理解できない海外のサイトでは決済手続き登録などは避けたほうが無難なのです。

海外のサイトではクレジットカード決済やペイパル決済が主流ですが、危険な店舗やサイトも多いですから、あらかじめ安全性を確認してから、売買契約などをするのが得策と言えます。

とても手軽で便利なクレジットカード決済ですが、一歩間違えて自分の不注意や単純なミス、不真面目な行動によって返済義務をないがしろにすると、

CICやJICCなどの個人信用情報機関に金融事故情報(=ブラックリスト)が記録され、最悪の場合、「カード解約」(契約解除)や「カード利用停止」といった事態になるのです。

「クレジットカードが更新されなかった・・!どうしよう・・!」

そのような残念な事態になり、生活に欠かせない大切なクレジットカードを失うことのないように、計画的な堅実な利用をしていくことがきわめて重要だと思います。