クレジットカード審査の職業別難易度

クレジットカード 年齢制限 親の同意

クレジットカードには年齢制限がありますか?

クレジットカード関連の質問の中に、意外と年齢制限についての内容がたくさんあります。

カードの取得と年齢との関係について気になる人が多いようなので、ここではクレジットカードを申込する際の年齢制限についてお話しましょう。まず、クレジットカードの申し込み基準などでよく見かけると思いますが、申し込み時の年齢制限は、ほとんどのカード会社で18歳以上(高校生不可)というふうに書いてあります。

つまり18歳以上だったらクレジットカードの発行は可能だということですが、18歳はまだ大人ではないので両親の同意が前提条件となります。

さらに大学生の場合には20歳以上だとしてもまだ学生ですので、親の同意が必要だというカードもあります。

三井住友VISAカードデビュープラス(学生)や、三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA(学生)は、研究生や科目履修生、語学学校生、予備校生、専門学校生は大学生ではないので、学生として申込みができません。

けれどもライフカード(学生用)ならば、専門学校生で在学中ならば発行できるので、学生向けカードの場合にも入会条件をよく調べてから申し込みをしましょう。クレジットカードを選ぶときにただ年会費タダならいいや、とあれこれ申込する人がいますが、これはとても危険な行為です。

クレジットカードを申し込んだという履歴は個人信用情報機関に6ヶ月間残ってしまい、もし審査に落ちてしまったらそれもそのまま残ることになります。

ですからもし1社目のカード審査に落ちて2社目のカードを申込したら、2社目のカード会社は個人信用情報を照会して1社目の申請履歴を見ただけで自動的にカードの審査に落としてしまう可能性が高いです。

ですからこの場合にはカードの申請記録が消える最低6ヶ月間は、カードの申し込みをしないようにしましょう。クレジットカードはあるターゲットを特定して作られている場合もあるので、そのカードの入会資格に自分が適合しているのかをきちんと考えた上で申し込む必要があります。

入会資格をよく確認せずに申込しても、逆に審査に落ちて申請履歴が残ってしまい、6ヶ月間はカードの申請が難しくなってしまいます。申し込み内容に虚偽の内容を記入してもバレしまう確率も高く、そうなると逆にクレジットカードの取得がさらに難しくなってしまうので、くれぐれも注意しましょう。

それでもクレジットカードがどうしても欲しい人は、親の名義のカードに家族カードで追加してもらうか、三菱東京UFJやりそななどのVISAデビットカードなら、中学生以外の15歳以上が利用することができます。

デビットカードはクレジットカードとは違い、引き落とし銀行口座の残高が利用条件になるので、クレジットカードのように後払いはできませんが、使いすぎの心配はないでしょう。デビットカードはクレジットカードのように多重債務などの心配はありませんが、デビットカードをいくら利用してもクレジットヒストリーを積むことはできませんから、30代になる前にはクレジットカードを作ってクレジットヒストリーを積んでいかれることをお勧めします。

30代になってもクレジットヒストリーが全くない場合、クレジットカードの申請やあらゆるローンを組む時にも審査に落ちてしまう可能性が高いからです。クレジットカード会社など金融機関は、クレジットカードやローンの利用履歴(クレジットヒストリー)を見て信用度を測るので、利用履歴が真っ白だと「この年齢になってもクレヒスが真っ白なんて疑わしい」と考えてしまいます。学生のうちに学生が作りやすいクレジットカードを1枚作って、少しずつクレヒスを積んでいくことをお勧めします。

大学生がクレカを作るには、収入がなければ審査に落ちますか?

学生用クレジットカードだったら、大学生でアルバイトなどの収入がなくてもカードは発行されます。クレジットカードの審査に重要なのは勤務先や勤続年数、年収が重要だと何度も話してきましたから、大学生の場合でも収入がないとダメだと考えてしまうかも知れませんね。

しかしそれは社会人の場合で、学生用カードに大学生が申請する時には、収入は関係ありません。クレジットカード業界では、初めて持つクレジットカードは何らかの問題がない限り退会することはまずない、という定説を持っています。

実際、大学生の時に三井住友VISAカードを作ってから今までずっと使っている、という人もかなりいるようです。クレジットカード会社からしたら、大学生は将来のVIPにつながるという発想で、若いうちに未来の優良顧客を確保しておこう、という考えでしょう。

もちろんまだ大学生なので、学生用クレジットカードの場合には利用限度額を低くして発行しています。さらにキャッシング枠の設定は貸金業法の規制により、何らかの定期収入が必要になる場合もあります。