クレジットカード一覧

セディナカードの審査は厳しい・落ちやすいは本当?おすすめのクレジットカード紹介も

株式会社セディナは、3社が合弁して設立された会社であり、もとはオーエムシーカード(OMCカード)、セントラルファイナンス(CF)、クオークの3社でした。

そのためか、セディナカードにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴が異なります。

代表的なカードとしては、

  • セディナカード
  • セディナカードクラシック
  • セディナカードJiyu!da!
  • セディナカードファースト

が挙げられます。

今回はそんなセディナカードの一般的な審査難易度について解説していきます。

各セディナカードの種類の特徴を知りたい方はコチラ

セディナカードの審査について

セディナカードは「信販系」に属していますので、何度かご説明しています、
系列による難易度から考えますと

① 銀行系・独立系②信販系③流通系④消費者金融系になりますので、
この場合の難易度はやや高め、と言えるでしょう。

私の個人的な印象ではありますが、このクレジットカードは面白い側面を持っていまして、
通常「何をやっても落ちてしまう人」でご説明したとおり、クレヒスが無くて審査に
落ちる方でも、このカード会社であれば通過するような事例があるからなのです。

以前、「私はクレジットカードが持てるのでしょうか?」とご相談に来られた方の
プロフィールは、現金主義でクレジットカードを一切お持ちになった経験がなく、
お年が70歳、持ち家に35年住まわれており、収入は年金で月に10万円、
年金保険で10万といった内容の方でした。もちろん金融事故とは無縁の方です。

カード審査にネックとなる条件を挙げるとすれば、

① 70歳という高齢
② 年金生活を送られている。
③ クレジットヒストリーが無い。

この3つになるでしょう、とご説明しました。1と2に関しては、各クレジットカードの
会社の募集要件に合致することが前提となります。

この方にはセディナカードを含め数社ご紹介し、クレジットヒストリーが無いことの
デメリットをご説明したうえでご判断して頂きたいと申し上げました。

なお、私のご提案のなかになぜセディナカードがあったかといいますと、この会社の申し込み対象に「高校生を除く、18歳以上で電話連絡が可能な方」と記載があったため、70歳のこの方でも年齢制限を受けず、固定電話のある持ち家にご在宅なので審査過程でそれなりに基準を満たすと判断したからです。

なお、収入面でも「年金収入は不可」などという条件もありませんし、保険年金もふくめますと月20万円の収入も確保されているのですから安定収入とみなされカードも発行される可能性が高いと考えたのです。

信販系であるという難易度がやや高めの系列に属していることが、やや心配の種ではありましたが、この方はセディナクラッシックカードという一般的な種類に申し込みをされたところ、無事に通過されたとご報告を頂きました。

こういった事例からセディナカードやセディナOMCカードはある意味融通の利く、面白味のあるカードだと思うのです。ご高齢、年金収入という点も踏まえ、
キャッシング枠は0円、ショッピング枠は10万円と低めの評価でのカード発行ではありましたが、クレジットカードの機能は十分果たしますので、着実に利用履歴を重ねていけば枠も増やせると思います。

審査基準は公表されていないとはいえ、おそらく収入面で「継続して安定収入が見込める」状態にあったことが、審査OKのポイントだったのではないでしょうか。

このカードは年会費無料というメリットはありますが、機能面では主だった特徴もなく、至って普通のクレジットカードと言えるでしょう。

審査を受けるならどのセディナカードがおすすめ?

冒頭でも説明したとおり、セディナカードにはさまざまな種類が存在し、それぞれのカードによって、年会費ポイント制度が異なります。
また年齢制限のあるカードもあるので、申込みをする際はきちんと確認する必要があります。

ここでは、代表的なセディナカードの特徴をわかりやすくまとめましたので、ぜひ自分にあったカード選びの参考になればと思います。

カード名 年会費(税別) その他
セディナカードJiyu!da! 無料 支払い方法・金額が自由自在
セディナカード 無料 最初の3ヶ月はポイント3倍
セディナカードクラシック 1,000円
セディナカードファースト 1,000円
(初年度無料)
18-25歳限定

セディナカードJiyu!da!

3317

セディナカードJiyu!da!はセディナカードの中でも年会費無料ポイントが貯まりやすいという点で人気のカードです。

支払い方法が柔軟で、毎月の支払額や支払い方法を自由に設定することのできるリボ払い専用カードです。
とはいえリボ手数料なしの一括払いにも変更が可能なので、毎月の収入に変動のあるパート・アルバイトの方には特におすすめのカードです!

申込みはコチラ

セディナカード

セディナカードは本人・家族カードの年会費が永年無料!

入会後最初の3ヶ月はポイントが3倍になったり、ETCや海外での利用でポイントが1.5倍になったりと、とにかくポイントが貯まりやすいカードです。

貯まったポイントは商品券やグッズに交換することはもちろん、楽天市場やAmazonなどでお支払いもできたりと、使い道が様々なのが嬉しいですね。

申込みはコチラ

セディナカードクラシック

セディナカードクラシックは、年会費が1,000円(税別)かかりますが、それを上回るポイント還元優待特典が用意されています。

全国のセブンイレブン・イオン・ダイエーで買い物をすると毎日ポイントが3倍たまり、マルエツなどの各店舗では、毎月第2・4日曜日で5%割引がされるので、買い物によく行く主婦の方には特におすすめです。

また海外・国内旅行保険が付帯されていたり、ETCカードも発行できるので、旅行時に大活躍するカードです。

申込みはコチラ

セディナカードファースト

セディナカードファーストは、18-25歳限定で申込みができるクレジットカードです。

サービス・特典は上述したセディナカードクラシックとなんら違いはありません。

ただセディナカードファーストは年会費が初年度無料なので、25歳以下の方はセディナカードファーストに申し込んだほうが断然オトクです!

26歳になったら自動的にセディナカードクラシックに切り替わるのでご注意ください。

申込みはコチラ