クレジットカード審査についてのあれこれ

債務整理 クレジットカード

債務整理した場合は審査に通りませんか?

多重債務者が自己破産や任意整理、特定調停などで債務整理を行った場合、債務整理をした消費者金融会社やクレジットカード会社では新規でクレジットカードを作ったり、キャッシングをすることはできないと思ってください。

具体例をあげて説明しますと、F社のクレジットカードを所有する人が、債務整理を行った場合に個人信用情報機関に異動情報(事故情報)として記録されてしまいます。

登録期間(自己破産5~10年、任意整理5年)を過ぎ、記録が抹消されたとしても、F社のカードは100%発行されることはないのです。

(自己破産者の場合、官報情報において破産者名簿に掲載されてしまいます。個人信用情報機関のKSCは、官報から情報を取得していて、金融事故を起こした人のリストとして10年間保存しています。なおJICCとCICは5年です)

審査の可否については、債務整理によってクレジットカード会社に不利益を与えた人に対して、カード発行などの便宜を図ることはないと言えばはっきりとお分かりいただけるでしょう。

たぶん注意人物として、社内ブラックのデータベースに登録されているはずです。

これは、債務整理だけではなく減殺金過払い請求をした場合にもあてはまります。

しかし、A社はダメでも他社ならば、クレジットカードの審査に通る場合があります。

たとえば、「日本信用情報機構」(JICC)では、5年間で任意整理などの記録が消されます。

ですから、CICとJICCに加盟しているクレジットカード会社に審査を申し込んでみればよいのです。

この時、個人信用情報のクレジットカードは使用履歴(クレジットヒストリー=クレヒス)がまったく無い状態ですから、カード会社からすると、

「債務整理や自己破産を行った人」か、または「クレジットカードを持ったことが無い人(いわゆる現金主義)」のうち、どちらかであろうと見なされます。

通常、30歳を過ぎてクレジットカードを持っていない人は、ほとんどいませんから、前者の可能性が高いと判定されます。

その際、「喪明け」の1枚として、元ブラックの人がどういったカードを申し込むかが大変重要になります。

旅行保険などが付帯されている、ポイント還元率が高い・・・というようなカード機能にこだわるのではなく、

ブラックリストに以前載ったことがある人でも審査に通るクレジットカードに申請すべきでしょう。

一般的なクレジットカードの審査難易度としては、難易度が高いほうから順に、銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系となっています。

最も難易度が高いのが銀行・独立系であり、最も難易度が低いのが消費者金融系カードとなります。

ですから、まず消費者金融系カード(カードの取得方法はこちら)を取得し、クレジットカードの利用実績を残して、信用実績を積んでから希望のカードに挑戦すべきなのです。

なお、債務整理をした後にクレジットカードを使うことはできますか?という相談がよくありますが、債務整理の対象にこのクレジットカードが含まれていれば、まず強制退会となりますので使えません。

さらに今後もそのクレジットカード会社の審査が通ることは、100%ないと断言します。

また、そのカードが債務整理対象に含まれていなくても、債務整理をした時点でどのクレジットカード会社も強制退会の条件に入ってしまいます。

カード更新時にチェックされ、クレジットカード会社に知れた段階でアウトなのです。

もしも銀行系のキャッシュカードと一体型のクレジットカードで、電気、水道、ガスなど公共料金の引き落としにも使っている場合は、普通預金残高を多めにしておく、または定期預金額を限度額なみ積んでおくと強制退会させられるリスクは少なくなるでしょう。

それでも強制退会になってしまった場合には、審査不要のVISAデビットカードあたりで間に合わせるしかないでしょう。

そういった意味でも、延滞情報を確認するために一度くらいはご自身の信用情報開示報告書を確認してみることをオススメします。

債務整理中でもクレジットカードは作れますか?

インターネット上の質問サイトを見ますと、債務整理中でもクレジットカードが発行されたという書き込みを目にしますが、こればかりはカード会社によるとしかいえません。

信用情報には、債務整理の記録が載りますので、この登録情報を元にカード会社は審査を行います。

ですが、「発行する」「発行しない」はカード会社の判断であり、法律で「債務整理の記録があったら発行してはならない」と決まっているわけではないのです。

もし発行されたとしたら言えることは、申し込み者の属性が非常に良かったから?審査・発行を行った会社が、その人のどこかに良い印象を持ったから?

これに関しては元業界人の私でも判断が難しい問題です。

少なくとも、私が以前勤めていたカード会社では例外は一切認められていませんでしたが、それでもブラックの人にカードが発行されたということがありました。