クレジットカードの審査

任意整理後、クレジットカードはいつから作れる?審査への影響と新規発行の条件とは?

任意整理後、クレジットカードはいつから作れる?審査への影響と新規発行の条件とは?

ローンなどの借金がかさみ任意整理をすることになってしまった人は、クレジットカードを新たに作ることができない可能性が高くなってしまいます。

任意整理が果たしてクレジットカードの審査に、どのような影響を及ぼしてしまうのかについてわかりやすく解説していきたいと思います。

任意整理はしたものの、どうしてもクレジットカードが必要でという方は、どうすればクレジットカードを使うことができるのかを解説したこちらをご覧ください。

任意整理がクレジットカードの審査に及ぼす影響とは?いつから新規発行できる?

任意整理がクレジットカードの審査に及ぼす影響とは?いつから新規発行できる?

任意整理をすることで、新たにクレジットカードを作ると審査にどのような影響を及ぼしてしまうのか、リアルな実情を解説していきます。

また、任意整理後、いつから新規発行することができるのかについてもお伝えしますね。

一般的なクレジットカードでは10年間、審査通過が難しくなる

任意整理を行なうと、金融事故を起こしたことが信用情報に記載されてしまいます。

この情報は約10年という期間そのままの状態で残ってしまため、信用情報機関の情報をもとにして審査を行なう一般的なクレジットカードの新規発行は難しいです。

クレジットカードだけではなく、住宅ローンを含めた各種ローンの審査にも影響を与えてしまうこととなってしまいます。

10年後には「スーパーホワイト」の壁

信用情報機関に記載されている任意整理の情報が消えるまでの約10年間を待つと、「スーパーホワイト」というクレジットカードなどの借入の履歴のない状態(真っ白の状態)となります。

このクレジットカードなどを使用した形跡のない「スーパーホワイト」という状態は、クレジットカード会社から敬遠されやすいのです。

特に40代、50代など、ある一定年齢以上の人でクレジットカードの使用履歴がない人は、たとえ任意整理などの経験がなかったとしても、信用されづらい状態へと陥ってしまいます。

クレジットカードは、使用履歴がなければ良いというものではありません

ある程度適切に利用している人が最も信用に値する人とされるため、クレジットカードの審査に通りにくい状態なのです。

任意整理後にクレジットカードを新規発行する際の注意点

ではここからは、任意整理後に無事にクレジットカードを新規発行するための注意点について解説していきたいと思います。

以前利用していたカード会社には申し込まない

任意整理前に利用していたクレジットカード会社への申し込みをしても作ることはできませんので申し込みは行わないようにしましょう。

特に任意整理を行ったクレジットカードは、たとえ信用情報機関の情報がなくなったとしても、社内では記録として残っている「社内ブラック」状態となっています。

そのため、申し込みしても審査に通る可能性はほとんどありません。

短期間で複数のクレジットカードに申し込まない

短期間で複数のクレジットカードの申し込みを行ってしまうと「申し込みブラック」という状態に陥り、審査に通らなくなってしまいます。

信用情報機関では、どのクレジットカード会社にいつ申し込みをして、審査の可否まで情報として記載されています。

同時期に複数のクレジットカードへの申し込みをした行動に対してクレジットカード会社は、

何か事情があってクレジットカードを持ちたいと思っている。
お金に困っている。

と思われる可能性が高くなってしまいます。

そうすると、危険な人と判断されクレジットカードの審査に通りづらい状況に陥ってしまうので注意が必要です。

出来れば信用実績をつくっておく

任意整理後、クレジットカードの利用や、新たなローンを組むことは困難ですが、できる範囲で信用実績を作ることも意識するようにしましょう。

例えば、携帯電話やスマートフォンの分割払いの契約が可能なら利用するのもひとつの方法です。

携帯電話やスマートフォンの分割払いの契約は、クレジットカードなどのローンのように信用情報に記載されるので信用実績のひとつとして扱われます。

全く信用実績のない「スーパーホワイト」の状態を回避することが可能となります。

任意整理後などで審査に不安があるという人は、独自の審査基準を持っているACマスターカードがおすすめです。

ACマスターカードは、消費者金融で大手のアコムが提供しているクレジットカードです。

審査は最短30分、即日発行にも対応しているので、できるだけ早くクレジットカードを持ちたいというなら申し込みしてみてはどうでしょう。

ACマスターカード

ACマスターカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率
発行時間 最短即日
ETC年会費
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

任意整理後にクレジットカードを使う方法

任意整理後にクレジットカードを持つのは難しいことがわかりましたが、信用情報機関の情報が消える10年、クレジットカードが一切使えないというのは正直かなり不便ですよね。

そこで、任意整理後でもクレジットカードと同じように利用することのできるものがいくつかるので紹介していきますね。

この方法ならクレジットカードがなくても何とか10年待つことができそうと思えるものばかりなので必見です。

デポジット制のクレジットカードやデビットカードなら審査通過が可能なケースも

任意整理後に持つことのできるカードとして以下の2種類があります。

  • 事前に自分の希望する限度額を支払うことで通常のクレジットカードと同じように使うことのできるのがデポジット制のクレジットカード
  • 銀行口座と紐付けることで口座に入っている金額の範囲内でクレジットカードと同じように使うことのできるデビットカード

どちらも、基本的には通常のクレジットカードのような審査はありません。

デポジットという保証金もしくは、預金口座を利用して今ある現金の範囲内でクレジットカードと同様の形で利用することができる仕組みとなっています。

このようなカードは、

  • クレジットカードを持ちたくないけれど、その機能は使いたいという人
  • 任意整理などを行って信用情報にキズのある人

などを対象として作られているので比較的簡単に持つことができます。
安心してクレジットカードとして使用することができるのでおすすめです。

  • 初年度はポイント1.5倍・誕生月はポイントが3倍!
  • 会員限定のショッピングモール「L-Mall」でポイント最大25倍!
  • 貯まったポイントはマイル・各種ギフト券などに交換できる

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 保証金(デポジット)制で審査が通りやすい!デポジット額は解約時に返金
  • 国内・海外旅行保険弁護士無料相談サービス付き
  • 年会費無料のETCカードも発行可能!

家族カードを利用する

家族が持っているクレジットカードの家族カードを発行してそれを使う方法があります。

この場合、カードの所有者はあくまでもそのカードを持つ家族となるため、審査に引っかかってしまうという心配もありません。

ただし、家族カードなので限度額は家族と共有、利用明細書は契約者の家族へと届くこととなります。

カードローンでお金をやりくりする

クレジットカードがなければ、現金がないという時に対処できなくて心配という場合は、カードローンを検討してみてはどうでしょう。

任意整理後は、申し込みできるカードローンも限定されてしまいますが、プロミスなら借りることができるかもしれません。

プロミスは消費者金融ですが、

  • 初めて利用する人のために無金利期間を設定
  • 月々の返済額も4,000円から

など銀行などのカードローンよりも実は利用しやすいことも多いので検討してみてはどうでしょう。

↓プロミスについて詳しくはこちら↓

プロミス

任意整理前に知っておくべき注意点

任意整理前に知っておくべき注意点
「クレジットカードを使いすぎてしまって月々の返済が苦しいから任意整理しようか迷っている。」
「クレジットカードやカードローンなど借金が膨らみすぎてもう限界。」

しかし、本当に任意整理した場合、今まで使っていたクレジットカードはどうなってしまうのだろうなど、色々気になって踏ん切りがつかないという人もいますよね。

そのような人のために、任意整理前に知っておくべき注意点についてお伝えしていきます。

基本的には利用停止・解約になってしまう

任意整理を行なうと、今自分が保有しているクレジットカードは基本的には利用停止または解約の措置がとられます。

そのため、任意整理を開始するのと同時にクレジットカードは使えなくなってしまいます。

貯めていたポイントやETCなどの付帯サービスも利用できなくなる

クレジットカードの利用で貯まっていたポイントは、クレジットカードの利用停止または解約となった時点で、そのポイントも失効してしまいます。

また、クレジットカードに付帯していたETCや、ロードサービス、損害保険などのサービスももちろん利用することはできなくなってしまいます。

利用金額の少ないクレジットカードなら債務整理の対象外になることも

債務整理を行なう場合、利用金額が少なかったり、利用金額がゼロというクレジットカードは、債務整理の対象から外すことが可能となります。

債務整理の対象から外すことのできたクレジットカードは、とりあえずは債務整理を行った後でも通常通りに使用することは可能です。

ただし、クレジットカードは定期的に審査が行われているのをご存知でしょうか。

定期的に行われる審査を「途上与信」と呼び、この審査で債務整理したことがバレてしまうと、そのクレジットカードは正しく利用していたとしても、残念ながらその時点で利用停止となる可能性が高くなってしまいます。

任意整理後にクレジットカードを使う方法まとめ

任意整理は、使いすぎてしまったクレジットカードやカードローンなどのローンに対して行なうことのできる救済方法です。

しかし、実際に任意整理を行ってしまうとその後10年近くは新たにクレジットカードを作ることができません。

10年経過後も「スーパーホワイト」という状態に陥ってしまうため、クレジットカードを作るのはなかなか厳しいと言えます。

クレジットカード機能を使えないということは、キャッシュレス化が推進されていく今後を考えるととても不便です。

しかしそれでも、デビットカードやデポジットカードを上手に活用していくことでクレジットカードがなくても心配不要です。

任意整理後にクレジットカードを使う場合は、次こそ計画的に利用していきたいですね。