クレジットカードの審査

リボ払い残高があるとクレジットカード・住宅ローンの審査に通りにくい?!

リボ払いの残高があると審査に通りにくいって本当?

リボ払いは毎月の支払いがほぼ一定の金額になるので「家計管理がしやすい」「高額の買い物でも支払いが楽」など、便利な支払い方法です。

一方で、リボ払いの利用履歴や残高のせいでローンの審査に落ちてしまったり、希望する額を借りられなかったというケースもあります。

もし、今あなたがクレジットカードを作ろうとしていたり、住宅ローンを借りる予定があるにも関わらずリボ払いの残高が残っていたら。。。

審査に通る確率はかなり低くなってしまいます!

特に住宅ローンの審査はリボ払いをしているだけでマイナス要素になるので、住宅ローンを組みたい時はどうすればいいか、後半で詳しく説明していきます。

では、クレジットカード審査をクリアしたい場合はどうすればいいのか。

その答えは『今すぐリボ払いを完済する』です。

リボ払いの完済はクレジットカード会社に連絡をすればOKです。手数料もかからず完済手続きが出来るので、まずはクレジットカード会社に電話してみましょう。

とは言え、「そんなお金無いよ・・・」という方には、カードローンを利用することもオススメします。

カードローンはリボ払いと比べ、金利が低いので、毎月の支払い金額を元金に当てやすくなり、結果的に総返済額を抑えることができます。

おすすめのカードローンについては後半に説明します。(今すぐ知りたい方はコチラ

『リボ払いは完済するのが手っ取り早い』とお話しましたが、そもそも、リボ払いがローン審査にどのくらい影響を与えるのか、その辺についてお話していきます。

ローン審査で重要視される信用情報リボ天についてや、返済負担率なども解説していきます。低金利カードローンに関しても後述していますので、ぜひ最後まで読んでください。

リボ払いと信用情報の関係について

クレジットカード会社は、必ず、信用情報機関であるCIC(株式会社シー・アイ・シー)に加盟し、利用者の情報(契約内容、支払い状況、残高など)を登録しなくてはいけないことになっています。

信用情報機関に登録されている情報を「信用情報」といい、ローンやクレジットカードへ申し込んだ際の審査において、支払い能力を調査するために使われています。

そこで気になるのがリボ払いをしていると、信用情報にどのように登録されて、審査でどう判断されるのかということですよね。

それではまず、信用情報にどのように登録されるのかを見てみましょう。

リボ払いの信用情報はこう登録されている

これは、CICへ開示請求(自分の信用情報を確認できる制度)したときの信用情報開示報告書です。

赤線で囲んだところには、極度額(限度額)が書かれていますね。
この山田太郎さんは、150万円まで使えるクレジットカードを持っているということになります。
また、支払回数に『リボ』と表示されているのは、リボルビング機能がついていることを意味しています。

緑枠には支払い状況青枠には年間の支払予定金額が記載されています。
山田さんの場合、2万3千円の請求があって2万3千円支払ったけど、まだ残高が149万5千円あり、1年間に25万円支払う予定だということが分かります。

さらに、黄枠内の入金状況には、過去2年間の入金の有無や入金遅れなどが記号で書かれています。
『$』は請求通りの入金があったことを示していますので、毎月きちんと支払っているということになりますね。

信用情報を見ればリボ天かどうかが分かる

リボ払いの利用枠いっぱいまで使ってしまっていることを『リボ天』『リボ天井』といいます。

リボ払いは15%~18%の高い手数料がつきますから、リボ天になってしまうと、支払っても支払ってもなかなか返し終わらない状態になります。

リボ天かどうかは、信用情報に登録されている限度額と残高を見れば判断できます。

上例の山田さんは、限度額が150万円で残高が149万5千円。
リボの利用枠いっぱいまで使っていますね。

150万円の1ヵ月間の手数料は1万8千円程(手数料率15%の場合)ですから、毎月2万円数千円の支払いをしてもほとんど残高が減っていきません。

もうこれはリボ天状態と言って間違いないでしょう。

リボ払いをしている人は要チェック!リボ払いが引き起こすマイナス要素とは

リボ払いと信用情報の関係性について何となく分かってもらえたでしょうか?

では、リボ払いをしている人は住宅ローンやマイカーローンなど、他のローンに申し込むのは難しいのでしょうか

審査で見られるのはクレジットカードの○○

新たにクレジットカードを作ったり、ローンを契約する際、必ず審査を受ける必要があります。
審査では年収や勤続年数、年齢、健康状態など たくさんの審査項目があり、現在使用中のクレジットカードについても必ずチェックされます。

しかし、『クレジットカードを持っている=ローン審査に通らない』ということではありません。大切なのは『クレジットカードの使い方』です。

審査で不利になるクレジットカードの使い方

審査に影響を及ぼす可能性のあるクレジットカードの使い方としては、次の3つが挙げられます。

クレジットカードの支払いを延滞したことがある

銀行などの金融機関は、住宅ローンの申し込みがあると信用情報を確認します。

信用情報には、クレジットカードの支払状況も登録されていますので、延滞したことがあればすぐに分かってしまいます。

延滞履歴がある人にお金を貸すのはリスクが高いと考えられ、審査が厳しくなります。

また、延滞が長期間になると、事故情報(異動情報)として信用情報に登録され、契約終了後も5年ほどは記録が残ります。

もしも、信用情報に『異動』という文字が書かれていたら、いわゆるブラックリストです。審査通過はかなり難しいでしょう。

クレジットカードにキャッシング枠が付いている

クレジットカードには、買い物に使うショッピング機能とお金を借りるキャッシング機能があり、それぞれの利用限度額をショッピング枠、キャッシング枠といいます。

金融機関によっては、たとえ利用していなくても、キャッシング枠をそのまま借入金としてみなされることがあります

借入金があるからといって審査に落ちるとは限りませんが、借り入れできる金額に影響を及ぼしますので注意が必要です。

クレジットカードでリボ払いをしている

リボ払いは、利便性の高い支払い方法ですが、つい使い過ぎてしまう傾向があり、返済トラブルに発展してしまう人が非常に多いのも事実です。

そのためローン審査においては、リボ払いをしていると『支払いを先回しにする人』『借金に対する意識が低い人』などと、あまりよく思われません

また、リボ払いの残高は借入可能額にも大きく影響します。

そこでここからは、借入可能額に焦点を当て、リボ払いがローン審査にどのくらい影響するのかを検証していきましょう。

今回は『リボ払いをしている人が住宅ローンに申し込みたい』という前提で話を進めていきます。

リボ払い残高は住宅ローンの審査にどのような影響があるのか

住宅ローンをいくら借りられるのか?は、マイホーム購入を考えている人にとって最大の関心事です。

リボ払いは、住宅ローンの借入可能額にどのくらい影響を及ぼすのでしょうか。

返済負担率の審査基準は30~35%

借入可能額を割り出すときにポイントとなるのが返済負担率です。

返済負担率とは、年収に占める年間返済額の割合のことで、金融機関によって異なりますが、多くが30~35%程度を審査基準としています。

審査基準を超えると、返済負担が重くなり延滞リスクが高まるため、審査に通らなかったり、借入額を減らされたりします。

例えば、フラット35の返済負担率の基準は以下のように定められています。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30% 35%

返済負担率の計算方法

返済負担率は、次の式で求めることができます。

例えば、年収400万円の人が、月々の返済 10万円、ボーナス時の返済 5万円 として住宅ローンに申し込もうとしているとしましょう。

この場合の返済負担率は

(10万円 × 12ヵ月 + 5万円 × 2回)÷ 400万円 × 100 = 26.5%

となり、審査基準はクリアできそうだということが分かります。

ただし、これは、あくまで住宅ローン以外の返済がないケース。

リボ払いやマイカーローン、カードローンなどの返済がある場合は、それらの返済も含めて計算するので、返済負担率が上がります。

借入可能額を計算してみよう

返済負担率がどういうものか分かったので、次は、借入可能額の計算方法を解説したいと思います。

借入可能額の計算式は、下記の通り。

審査基準をクリアしつつ最大いくら借りられるのかを知りたいので、返済負担率いっぱいまで借りた場合の毎月の返済額(①)を計算し、①を100万円あたりの毎月の返済額(②)で割って、それに100万円をかけます。

②で割って100万円をかける部分はちょっと分かりにくいのすが、シンプルな例で考えると理解しやすいと思います。

100万円借りるごとに毎月1万円返済しなければなりません。・・②
あなたは毎月 6万円 まで返済できます。・・①
この場合の借入可能額は、 6÷1×100=600万円 ということになりますね。

100万円あたりの毎月の返済額については、返済期間や金利によって変わってきますので、下の早見表を参考にしてください。

住宅ローンの審査で用いられる金利は実際に適用される金利よりも高く設定されていることがほどんどで、借入可能額の計算では4%とするのが一般的です。

リボ払いの有無で借入可能額がこんなに違った!

それでは、具体的な例を使って借入可能額を算出してみたいと思います。

一般的な審査基準を元にして返済負担率は 30%、金利は 4% とし、年収400万円の人が35年ローンを組む想定にしましょう。

①の毎月の返済額は、年収 × 返済負担率 ÷ 12ヶ月 ですので

 400 × 0.30 ÷ 12 = 10(万円)

となります。

②の100万円あたりの毎月の返済額は、毎月の返済額早見表から 4,427円 だと分かります。

すると、借入可能額は

100,000 ÷ 4,427 × 1,000,000 = 約2258万円

と算出できました。

次に、リボ払いをしている場合の借入可能額を計算してみましょう。

毎月1万円をリボ払いで支払っている場合
①毎月返済額は、10万円から1万円を引いた9万円となりますので、借入可能額は、

90,000 ÷ 4,427 × 1,000,000 = 約2032万円

となります。

たった1万円の返済ですが、200万円以上も減額されてしまいましたね。

同じように、リボ払いの支払いが、1万5千円、2万円、3万円の場合で計算したところ、最大677万円も借入可能額が減ってしまう結果となりました。

あくまで例題ではありますが、リボ払いをしていることがこんなに借入可能額に影響するとは驚きですね。

住宅ローンを申し込む前のポイント

前項で、自分の返済負担率と借入可能額が大体分かったと思います。

最後に、住宅ローンを申し込む前にチェックしておくべき項目をご紹介します。

現在、クレジットカードでリボ払い、分割払い、キャッシングを利用している方は、事前にチェックしておきましょう。

頭金はいくら用意できるか

最近は頭金なしというケースも増えていますが、頭金の額は審査に大きく影響します。
頭金が多いとその分返済負担率が下がり、『計画的にお金を貯められる人』という印象を与えることもできます。
購入価格の1~2割用意できれば審査で有利になる可能性が高くなります。

毎月返済可能な金額を試算する

毎月の生活費やその他の支出(リボ払いやキャッシングの返済を含む)を元に、無理なく返済できる金額を試算しましょう。
前項で計算した借入可能額は銀行が貸してくれる上限ですので、それとは別に考えておく必要があります。
出産、こどもの進学、転職、退職といった、さまざまなライフイベントの際にも無理なく支払えるかどうかも大切です。

完済、解約できるクレジットカードはないか

クレジットカードのリボ払いやキャッシング、分割払いを利用している場合は、できる限り完済しておきましょう。
また、クレジットカードに付いているキャッシング枠のせいで借入金額を引き下げられる可能性もありますので、使っていないカードは解約しておくと安心です。

住宅ローンの審査に通りやすくなる!まだ皆が知らない方法とは?

完済も解約もできない場合、住宅ローンの審査に通る確率はどうしても低くなります。

ただ、絶対通らないとは言い切れません。金融機関によって審査の基準は異なるので、リボ払いをしていても借りられる銀行があるかもしれません。

住宅ローンを組む時の流れとして、銀行窓口に行って、たくさんの書類に記入して、何週間も審査結果を待って・・・と言うのが普通ですよね。

なので、住宅ローンに通らなかったときは別の銀行で同じことを繰り返さないといけません。

それって時間も労力もムダですよね。。

一度に複数の銀行に審査を依頼できたら便利だと思いませんか?そんな「あったらいいな!」を形にしたのが「住宅本舗」です。

このサービスは、最大6銀行に一括で仮審査の申し込みができるので『住宅ローンの審査に通りそうか知りたい』という人におすすめです。

最大6つの銀行へ一括審査を申込みできる住宅本舗
公式サイト:https://lp.jutapon.com

銀行へ行って住宅ローン審査に申し込むのは、覚悟も勇気も労力も必要ですが、これなら自宅でサクッと確認できます。複数の住宅ローンを比較することで、自分にとって一番いい条件で貸してくれる銀行を選べるのもいいですね。

マイホームは人生最大の買い物です。
後悔することの無いよう、しっかりと比較・検討して住宅ローンを組んでくださいね。

リボ払いを完済させたならカードローンがおすすめ

リボ払いについて色々と説明してきましたが『完済していないクレジットカードの残高があるとデメリットしかない』ということが分かったと思います。

ただ、中にはクレジットカードの残金を完済したくてもお金が無い、という方もいると思います。
そんなときこそカードローンが便利です。
カードローンは審査機関もクレジットカードとは異なるので、クレジットカードはダメだったけどカードローンなら通った!という話もあります。

カードローンはリボ払いに比べ金利が低いことが特長です。
一般的にリボ払いが年率15.0%で固定されているのに対し、銀行カードローンは上限金利が年率14.5%なので、総返済額を抑えることができます。しかも利用限度額に応じて金利は下がっていくので、カードローンが断然お得ということがわかります。

また多くの消費者金融カードローンでは、無利息期間が設けられているので、うまく活用することで出費を抑えられます。

カードローンはクレジットカードのリボ払いの完済に便利なだけでなく、クレカやカードローンを複数所有している場合におまとめローンとしても便利です。複数ある借金を1つにまとめるだけで支払いがスッキリするので支払い忘れもなくなります。

しかも低金利のカードローンを利用すれば、利息も安くなるため、結果借金も減るわけです。
以下では低金利でおすすめのカードローンを2つ紹介します。
リボ払いを完済させたい方は是非参考にしてください。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
融資上限額 融資時間 金利 来店・WEB完結
最大800万円 2~3営業日 年2.0~14.0%

みずほ銀行カードローンは、金利年率2.0~14.0%と業界1の低金利が魅力です。
みずほ銀行の口座をお持ちであれば、使用中のキャッシュカードにローン機能を付けるだけで簡単にキャッシング可能!
また全国展開のメガバンクなので、カードローンに対して不安な気持ちがある方でも安心して利用することができます

申し込みはこちら

プロミス

プロミス
融資上限額 融資時間 金利 無利息期間
最大500万円 最短1時間 年4.5~17.8% 30日間

プロミスは金利年率4.5~17.8%と大手消費者金融の中で最も金利が低いカードローンです。
初回契約に限り30日間金利なしで利用できます。
またスマホアプリで借入返済ができたりと、利便性が高いことも魅力です。

申し込みはこちら

【まとめ】リボ払い残高があると審査に通りにくい!?

クレジットカード会社が審査をする時に、個人信用情報にはその人が所有しているカードがどんな種類なのかまでは記載されていません。つまりリボルビング払いをしているのかどうか、までは照会することは不可能です。

しかし現在、リボルビング払いしかできないクレジットカードもありますよね。その場合は、リボ専用のカードを持っているだけで、リボルビング払いをしているかが分かります。そうなると、審査の上で悪い影響を与える可能性は十分にあります。

カード業界で避けなければならないと考えている支払い方法が「リボ払い(分割払い)」だからです。もちろんリボルビング払いをすれば、クレジットカード会社の収益は上がります。

そして顧客としては、「とりあえず使って後からゆっくり払う」リボ払いがとても魅力的です。最近はリボ払い専用カードや、一定額を使用すると自動的にリボ払いになるカードまで登場して、顧客確保に積極的になっています。なぜかというと、リボ払いをしてくれる顧客が収益源となるからでしょう。けれども実際クレジットカードの審査をする時には、リボ払いをする人のことを良くは見ません。

収入の範囲内で生活できないとか、先を考えずに金融の知識も不足しているなど、マイナス的な判断をされてしまいます。実際カードの申請があったら、クレジットカード会社ではまず個人信用情報機関でクレジットカードやローンの支払に延滞、遅延などないか、債務整理などないかという金融事故履歴やクレジットヒストリーを照会します。

この時にこの人が持っているカードの限度額、利用額、年間返済額など支払状況など全て把握することができます。つまり、この時に返済残高が100万円あって、毎月の元金返済額が1万円だ、という詳しい流れを把握することができるでしょう。

つまり、普通にショッピングして100万円の返済残高を毎月返済して、毎月の返済残高が減っているのではなく、時が経っても枠いっぱいの金額が返済残高として残っているなら、どう見てもリボルビング残債ですよね。

この状態をリボ天井、またはリボ天と業界では呼んでいますが、枠を目一杯まで使ってリボ払いで支払っていて、支払がなかなか終わらない状態です。リボ払いはただ少しずつ払うというのではなく、高い利息がつきます。大体年率18%程度の利息が加算されてしまうので、払っても払っても終わらないのがリボ払いの特徴です。もちろんリボ払いをしていたら、新しいクレジットカードは絶対作れないということではありません。

例えば30歳の会社員が勤続年数7年、年収400万でリボ払いの残債が30万円あれば、年収に占める返済率は7.5%ですね。この場合には新しいクレジットカードの審査にも通過する可能性が高いでしょう。これがリボ残高が100万円を超えたりすれば、話は変わってきます。

400万円の年収でリボ残債が120万円となると、30%になってしまうので、これは将来自己破産するかもしれない、と判断されてしまいます。また、リボ天井になっている顧客は、他のカード会社から個人信用情報機関を照会することもあります。その際リボルビングの残債が多いと、利用停止になってしまう可能性もあるので、十分注意しましょう。

このように個人信用情報に良くない情報が記載されるようになると、後で住宅ローンやカーローンの審査に悪影響を及ぼすこともあります。住宅ローンを組む前に、リボ残債を一括返済するように、という金融機関がほとんどです。カードは計画的に利用して、個人信用情報にブラックの情報が記載されないように注意しましょう