クレジットカードの審査

リボ払いは住宅ローンの審査に影響する?信用情報の関係性やリボ残債の完済方法を解説

リボ払いは住宅ローンの審査に影響する?信用情報の関係性やリボ残債の完済方法を解説

リボ払いをしていると、住宅ローンなどの各種ローンの審査に落ちてしまったり、希望する額を借りられない可能性があります。

そのため、ローンを組む際はできるだけリボ残債を完済しましょう。

しかし中には、今すぐ完済できないという方もいるかもしれません。

そんな方のためにこの記事では、

  • リボ払いはローンの審査にどう影響するのか
  • リボ残債を完済する方法
  • リボ払いと信用情報の関係性

について解説していきます。

リボ払いはローンの審査に影響する?

もし、今あなたが住宅ローン・車のローンを借りる予定があるにも関わらずリボ払いの残高が残っていたら。。。

一概には言えませんが、審査に通る確率に多少なりとも影響してしまうでしょう。

というのも、ローン審査においては、リボ払いをしすぎていると「支払いを先延ばしにする人」「借金に対する意識が低い人」とカード会社に判断されるからです。

また、リボ払いをした状態で仮に審査に通ったとしても、ローンの借入可能額は大きく引き下げられるでしょう。

住宅ローンにおける借入可能額は、返済負担率によって割り出されます。
返済負担率とは、年収に占める年間返済額の割合のことで、多くが30~35%程度を審査基準としています。

返済負担率の出し方

   返済負担率(%)=年間返済額÷年収×100

この返済負担率は住宅ローン以外の他のローンの負債も含まれているため、リボ払い残債が多ければ多いほど、ローンの借入可能額が低くなります。

では、リボ払い残債のある人が住宅ローンを組む際、どのような対策をするべきなのでしょうか。

その答えは『出来るならリボ払い残高を完済する』です。

リボ払いの完済は、クレジットカード会社に連絡をすればOKです。手数料もかからず完済手続きができるので、まずはクレジットカード会社に電話してみましょう。

しかしリボ払いは一般的に金利が高めに設定されていることから、元金の支払いが追いつかず、いつまでたっても返済できないことも。

このようなリボ払い地獄に陥らないために、以下ではリボ払いの手数料負担を軽減し、いち早く完済する方法を紹介します。

リボ払いを完済したいならカードローンに借り換える

「リボ払いを完済したいけど、月々の手数料の支払い負担が大きく、なかなか完済できない…」
そんな方には、カードローンの借り換えを活用することをおすすめします。

借り換えとは、カードローンで借りたお金を使ってリボ払いを完済し、その後カードローンの返済をしていく方法です。

「カードローンでリボ払いを完済したとしても、借金は残ったままになるからローンへの影響は変わらないのでは?」と思う方もいるかもしれません。
確かに、カードローンでリボ払いを完済したからといって、すぐに住宅ローン・車のローンの審査に通りやすくなるわけではありません。

カードローン借り換えの目的は、リボ払いをより金利の低いローンに借り換えることによって返済の負担を減らし、なるべく早く完済できるようにすることなのです。

カードローンに借り換えるときの注意点

クレジットカードのリボ払いは、一般的に利率18.0%とされていることが多いです。
なので、借り換え用のカードローンを選ぶ際は金利が18.0%以下のものを選ぶようにしましょう。

また、カードローンで借り換えをした後、毎月の返済額をなるべく多くすることも大切です。
カードローンの利息は、返済期間が伸びれば伸びるほど増えていきます。毎月少なくとも1万円以上は返していき、少しでも早い完済を目指しましょう。

リボ払いの借り換えにおすすめのカードローン

以下ではリボ払いの借り換えにおすすめのカードローンを紹介します。
リボ払いよりも金利が低く、サービスも充実しているので、カードローンへの借り換えを検討の方はぜひ参考にしてください。

プロミス

クレジットカードのリボ払いの借り換えにおすすめなのが、「プロミス」のカードローンです。

金利は4.5%~17.8%とリボ払いよりも低金利なので、総返済額を抑えることができます。
またWebからの申込みで最短1時間融資が可能なのも大きな特徴です。

初回利用時は30日間の無利息期間が適用されるため、この期間に返済すると手数料がゼロになります。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • Webからの契約なら最短1時間融資可能!
  • 30日間利息0円!(初めての契約でEメールアドレスを登録しWeb明細を確認した方)
  • Webで完結!郵送物なし!カードレス!
みずほ銀行カードローン

銀行系カードローンでは「みずほ銀行カードローン」がおすすめです。金利は最高で14.0%となっており、カードローンの中でも特に低金利なのが特徴です。

また借り入れ限度額が100万円以上なら12.0%、200万円以上なら9.0%にまで金利が引き下げられるので、リボ払いに比べて、総支払額を抑えることができます。

さらにみずほ銀行の住宅ローンを利用することで金利を0.5%引き下げてもらうことも可能です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 × 最短翌営業日
  • 専業主婦・学生でもOK!
  • 業界トップレベルの低金利!2.0~14.0%
  • Webから簡単に申し込み可能!

リボ払いと信用情報の関係について

クレジットカード会社は、必ず、信用情報機関であるCIC(株式会社シー・アイ・シー)に加盟し、利用者の情報(契約内容、支払い状況、残高など)を登録しなくてはいけないことになっています。

信用情報機関に登録されている情報を「信用情報」といい、ローンやクレジットカードへ申し込んだ際の審査において、支払い能力を調査するために使われています。

そこで気になるのがリボ払いをしていると、信用情報にどのように登録されて、審査でどう判断されるのかということですよね。

それではまず、信用情報にどのように登録されるのかを見てみましょう。

リボ払いの信用情報はこう登録されている

これは、CICへ開示請求(自分の信用情報を確認できる制度)したときの信用情報開示報告書です。

赤線で囲んだところには、極度額(限度額)が書かれていますね。
この山田太郎さんは、150万円まで使えるクレジットカードを持っているということになります。
また、支払回数に『リボ』と表示されているのは、リボルビング機能がついていることを意味しています。

緑枠には支払い状況青枠には年間の支払予定金額が記載されています。
山田さんの場合、2万3千円の請求があって2万3千円支払ったけど、まだ残高が149万5千円あり、1年間に25万円支払う予定だということが分かります。

さらに、黄枠内の入金状況には、過去2年間の入金の有無や入金遅れなどが記号で書かれています。
『$』は請求通りの入金があったことを示していますので、毎月きちんと支払っているということになりますね。

信用情報を見ればリボ天かどうかが分かる

リボ払いの利用枠いっぱいまで使ってしまっていることを『リボ天』『リボ天井』といいます。

リボ払いは15%~18%の高い手数料がつきますから、リボ天になってしまうと、支払っても支払ってもなかなか返し終わらない状態になります。

リボ天かどうかは、信用情報に登録されている限度額と残高を見れば判断できます。

上例の山田さんは、限度額が150万円で残高が149万5千円。
リボの利用枠いっぱいまで使っていますね。

150万円の1ヵ月間の手数料は1万8千円程(手数料率15%の場合)ですから、毎月2万円数千円の支払いをしてもほとんど残高が減っていきません。

もうこれはリボ天状態と言って間違いないでしょう。

【まとめ】リボ払い残高があると審査に通りにくい!?

クレジットカード会社が審査をする時に、個人信用情報にはその人が所有しているカードがどんな種類なのかまでは記載されていません。つまりリボルビング払いをしているのかどうか、までは照会することは不可能です。

しかし現在、リボルビング払いしかできないクレジットカードもありますよね。その場合は、リボ専用のカードを持っているだけで、リボルビング払いをしているかが分かります。そうなると、審査の上で悪い影響を与える可能性は十分にあります。

カード業界で避けなければならないと考えている支払い方法が「リボ払い(分割払い)」だからです。もちろんリボルビング払いをすれば、クレジットカード会社の収益は上がります。

そして顧客としては、「とりあえず使って後からゆっくり払う」リボ払いがとても魅力的です。最近はリボ払い専用カードや、一定額を使用すると自動的にリボ払いになるカードまで登場して、顧客確保に積極的になっています。なぜかというと、リボ払いをしてくれる顧客が収益源となるからでしょう。けれども実際クレジットカードの審査をする時には、リボ払いをする人のことを良くは見ません。

収入の範囲内で生活できないとか、先を考えずに金融の知識も不足しているなど、マイナス的な判断をされてしまいます。実際カードの申請があったら、クレジットカード会社ではまず個人信用情報機関でクレジットカードやローンの支払に延滞、遅延などないか、債務整理などないかという金融事故履歴やクレジットヒストリーを照会します。

この時にこの人が持っているカードの限度額、利用額、年間返済額など支払状況など全て把握することができます。つまり、この時に返済残高が100万円あって、毎月の元金返済額が1万円だ、という詳しい流れを把握することができるでしょう。

つまり、普通にショッピングして100万円の返済残高を毎月返済して、毎月の返済残高が減っているのではなく、時が経っても枠いっぱいの金額が返済残高として残っているなら、どう見てもリボルビング残債ですよね。

この状態をリボ天井、またはリボ天と業界では呼んでいますが、枠を目一杯まで使ってリボ払いで支払っていて、支払がなかなか終わらない状態です。リボ払いはただ少しずつ払うというのではなく、高い利息がつきます。大体年率18%程度の利息が加算されてしまうので、払っても払っても終わらないのがリボ払いの特徴です。

例えば30歳の会社員が勤続年数7年、年収400万でリボ払いの残債が30万円あれば、年収に占める返済率は7.5%ですね。この場合には新しいクレジットカードの審査にも通過する可能性が高いでしょう。これがリボ残高が100万円を超えたりすれば、話は変わってきます。

400万円の年収でリボ残債が120万円となると、30%になってしまうので、これは将来自己破産するかもしれない、と判断されてしまいます。また、リボ天井になっている顧客は、他のカード会社から個人信用情報機関を照会することもあります。その際リボルビングの残債が多いと、利用停止になってしまう可能性もあるので、十分注意しましょう。

このように個人信用情報に良くない情報が記載されるようになると、後で住宅ローンやカーローンの審査に悪影響を及ぼすこともあります。

リボ残債はカードローンの借り換えなどで、できるかぎり一括返済しましょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 × 最短翌営業日
  • 専業主婦・学生でもOK!
  • 業界トップレベルの低金利!2.0~14.0%
  • リボ残債をカードローンに借り換えることで総手数料を抑えられる