クレジットカード一覧

楽天カードの全種類・デザインを徹底比較!人気おすすめカード、変更&切り替え方法も

楽天カードの全種類・デザインを徹底比較!人気おすすめカード、変更&切り替え方法も

楽天カードの種類は 10種類
デザイン違いや付帯カードも含めるともっと多くなります。

楽天カードはポイントが貯まりやすく使い勝手もいい人気カードですが、こんなにたくさんの種類があったら、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

それに、せっかく持つなら1番自分に合ったカードがいいですよね。

ここでは、楽天カードを検討中の人へ向けて

  • 楽天カードの全種類、デザインを紹介
  • カードの選び方を分かりやすくポイント解説
  • 種類変更、デザイン変更したい場合の切り替え方法

などの情報を分かりやすく紹介していきます。

「今使っている楽天カードが最適なのか知りたい!」
「他の種類やデザインに変更したい!」

と考えている人にも役立つ内容ですので、ぜひご一読ください。

人気No.1 もっともスタンダードな楽天カードはこの1枚!

楽天カード

楽天カード
  • 年会費永年無料!豊富なデザイン!
  • 顧客満足度10年連続No.1獲得の人気カード!
  • 楽天スーパーポイントがざくざく貯まる!

 

種類豊富!あなたにおすすめの楽天カードの選び方

こちらに10種類ある楽天カードの選び方を分かりやすく図にしました!

楽天カードの基本的な選び方としては、年会費無料の『楽天カード』をベースに自分の希望や利用を想定しています。

例えば「女性向けの保険やクーポンなどのオプションを付けたい」「ピンク色のかわいいデザインの楽天カードが欲しい」という方には『楽天ピンクカード』

また、18歳から28歳の学生で「学生限定特典を受けたいなあ」という方には、『楽天カードアカデミー』

楽天市場で買い物をする機会が多い方には『楽天ゴールドカード』(※年間11万円以上の買い物をする方におすすめ)

さらに、海外へ行く機会が多く、空港ラウンジ利用や海外旅行保険といった付帯サービス充実させたい方には『楽天プレミアムカード』

その他、楽天カード以外のサービスを付けたいかどうかによって『楽天銀行カード』『楽天ANAマイレージクラブカード』『アルペングループ楽天カード』という選択肢もあります。

楽天カードはポイントも貯まりやすいカードなので、自分がどのような場面や目的で利用するか考えて選ぶとお得な使い方ができるはずです。

楽天カードの全種類・デザイン!メリットを解説

ここまでで、楽天カードの利用目的に応じた選び方が分かったと思います。

では次に、楽天カードの全10種類と付帯カードについて、より詳しい特徴を見ていきましょう。

それぞれの特徴を細かく理解することで、より自分に合った楽天カードの種類が見つかると思います!

楽天カード

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

こちらは最もベーシックな『楽天カード』です。
楽天市場の利用で最大3倍のポイントを手に入れることができます。

このカードの特徴は、通常デザインの他に以下のデザインを選ぶことができるという点です。

シンプルなものから、スポーツ、芸能人など個性的なデザインから選びたいという人にはピッタリのカードといえますね。

楽天PINKカード

楽天ピンクカード

楽天ピンクカード
年会費 還元率 発行時間
永年無料 1.0~4.0% 約1週間
  • 優待割引サービス・保険が充実!
  • かわいいデザイン!
  • しかも、年会費永年無料で楽天カードの特典はそのまま!

『楽天ピンクカード』の機能としては、ベーシックな『楽天カード』と同じですが以下の特徴があります。

  • ピンク基調の3つのデザインから選択できる
  • 女性向けのオプションを付けてカスタマイズできる

選べる3種類のデザインは以下の通りです。

また楽天ピンクカードのオプションは次のようになっています。

  • 楽天グループ優待サービス(月額:300円+税)
  • ライフスタイル応援サービス(月額:300円+税)
  • 女性のための保険(月額:契約による)

ノーマルの『楽天カード』に加えて上記のような優待が付くため、かなりお得といえます。

有料オプションとはなりますが利用によっては元が取れる場合も多いです。

気になった方はぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 2,000円
ポイント還元率 1.0%~5.0%
発行時間 1週間程度
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

楽天ゴールドカードの場合、年会費2,000円+税かかりますが、楽天カードよりもポイントが貯まりやすく、楽天市場でなんと最大5倍のポイントを手に入れることができます。

また、国内空港ラウンジが年2回まで無料といった付帯サービスが充実したサービスになっています。

国内旅行が趣味の方にぴったりなカードです。

楽天プレミアムカード

『楽天プレミアムカード』は『楽天ゴールドカード』のさらに上位に位置するカードです。

こちらも楽天市場でなんと最大5倍のポイントが手に入ります。

そして、世界1,300箇所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスの発行が無料など、よりグレードアップした特典を受けることができます。

特に、海外利用が多い方はぜひ入会を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

楽天ETCカード
  • 年会費2,200円!
  • 法人名義口座からの支払いが可能!
  • 個人名義の預金口座を作るのと合わせての開設がおすすめ!

 

『楽天ビジネスカード』は、『楽天プレミアムカード』とセットでのみ発行可能で、法人名義口座からの支払いが可能です。

個人事業主の方など、個人名義の預金口座を作るのと合わせて開設するのがおすすめです。

楽天ブラックカード

楽天プレミアムカードの上位に『楽天ブラックカード』が存在します。

こちらは、楽天ゴールドや楽天プレミアムカードの利用状況に加え、楽天モバイルなどその他楽天サービスの利用状況に応じて届くインビテーション(招待)で申し込みが可能です

また、プライオリティ・パスによって空港ラウンジの利用が本人だけではなく同伴者2名まで無料になります。

さらに加えてコンシェルジュが付くといったプラチナカード水準のサービスが利用できるカードとなっています。

楽天銀行カード

『楽天銀行カード』は楽天銀行のキャッシュカードです。

楽天銀行の普通預金金利2倍、楽天市場でポイント最大3倍といった特典が得られます。

ただ、ここで注意点です。

このカードには楽天ポイントカード機能はついていません。よって、街の店舗カード提示してもポイントが貯まらないことには気をつけましょう。

楽天のポイントを余すことなくゲットしたい方に向けておすすめは、次に紹介する『楽天銀行デビットカード』と『楽天カード』の二枚持ちです。

楽天銀行のキャッシュカード機能はデビットカードで、楽天ポイントカード機能は楽天カードで利用すると無駄なくカードをフル活用できます。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行 JCBデビットカード

楽天銀行JCBデビットカード
  • 店舗やネットショッピングで利用可能!
  • 年会費永年無料、楽天ポイントも貯まる!
  • カードの使いすぎを防げる!

 

楽天銀行 VISAデビットカード

楽天銀行VISAデビットカード
  • 店舗やネットショッピングで利用可能!
  • 年会費永年無料、楽天ポイントも貯まる!
  • カードの使いすぎを防げる!

『楽天銀行キャッシュカード』にデビットカード機能がついたカードで、クレジットカード同様に店舗やネットショッピングで利用可能です。

クレジットカードとの違いとしては、カード利用と同時に口座から引き落とされる点です。

月末にまとめて支払いがされないかつ、口座残高の範囲内での利用となります。

「買い物が大好きだけど、使いすぎが不安だなあ」という方におすすめです。

楽天ANAマイレージクラブカード

ANAマイレージクラブカード機能が一体となった楽天カードです。楽天市場でポイント3倍に加え、通常の楽天カードにはないピンクデザインも選ぶことができます。

『楽天ANAマイレージクラブカード』には二つのコースが用意されており、以下の通りです。

  • ANAマイルコース→200円ごとに1マイルのANAマイルが貯まる
  • 楽天スーパーポイントコース→100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まる
    (※楽天ポイントのマイルへの交換は2pt=1マイルです)

マイルとポイントに関する特徴から言うと、

ANAマイルコースは旅行好きの方、楽天スーパーポイントコースはショッピング好きの方におすすめといえるでしょう。

こちらのコース変更はいつでも可能なので、これから旅行を趣味にしようと思っている方での安心ですね。

楽天ユーザーでANAをよく利用する方は持っていて損はない一枚です!

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは18歳~28歳までの学生限定で発行できるカードです。

楽天市場で最大3倍のポイントが貯まり、それに加えて以下のような学生限定特典が付いてきます。

学生限定特典

  • 楽天ブックスでポイント最大5倍(入会初年度対象)
  • 楽天ブックスでダウンロード購入ポイント3倍
  • 楽天トラベル「高速バス予約」ポイント3倍

学校で使う教科書や参考書を購入したり、友達と旅行に行く際など、学生生活でも特にお金がかかる場面で利用できるのが嬉しいポイントです。

アルペングループ楽天カード

アルペングループとの提携カードになります。楽天市場でポイント最大3倍のポイントが得られます。

スポーツやアウトドアが趣味でアルペングループをよく利用するといった方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

付帯カード

次に、上記クレジットカードに追加できる付帯カードを紹介します。

カードを何枚も持ったせいで失くしたりしては困るので、まとめられる機能は一体にすると良いでしょう。

楽天ETCカード

楽天ETCカード

楽天ETCカード
  • 年会費500円+税!※
  • 全カードに対して発行可能!
  • 有料道路の通行料金100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる!

※楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードに付帯する場合と楽天のダイヤモンド会員・プラチナ会員は無料。

楽天ETCカードは全カードに対して発行可能なETCカードです。

有料道路の通行料金100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。

家族カード

家族カード

楽天ETCカード
  • 年会費永年無料!※
  • 家族会員の利用分もポイントが貯まる!
  • 一つの口座から引き落とされるので支出管理が楽!

※楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードは500円+税になります。

家族カードは楽天カードアカデミーおよび楽天銀行カード以外の楽天カードに付帯できます。

家族会員の利用分もポイントが貯まり、一つの口座からまとめて引き落とされるので、支出管理が楽なのが特徴です。

楽天カードの種類を項目別に比較

楽天カードの種類によって年会費、利用可能額、利用限度額は異なります。

楽天カードの利用の仕方は人それぞれだと思うので、カードを決める前に確認しておくと良いでしょう。

年会費

こちらにカードごとの年会費をまとめました。

楽天カードの種類 年会費
楽天カード 永年無料
楽天ピンクカード 永年無料
楽天ゴールドカード 2,200円(税込)
楽天プレミアムカード 11,000円(税込)
楽天ブラックカード 33,000円(税込)
楽天銀行カード 永年無料
楽天銀行デビットカード 永年無料
楽天カードアカデミー 永年無料
楽天ANAマイレージカード 永年無料(年一回の利用必須)
アルペングループ楽天カード 永年無料

永年無料で利用できるカードが多いのが特徴です!

利用限度額

こちらにカードごとの利用限度額をまとめました。

利用限度額は、ショッピングの一回払いの枠、分割・ボーナス・リボルビング払いの割賦枠、カードキャッシング枠、ローンカード枠について合計で利用できる限度額のことです。

楽天カードの種類 利用限度額
楽天カード 100万円
楽天ピンクカード 100万円
楽天ゴールドカード 200万円
楽天プレミアムカード 300万円
楽天ブラックカード 1,000万円
楽天カードアカデミー 30万円
楽天ANAマイレージカード 100万円
アルペングループ楽天カード 100万円

この表を見て、例えば

「もし一回の買い物で利用限度額を越えてしまったらどうしよう‥」

と思う方もいるかも知れません。

もしその場合は利用額の一時増枠ができます。

申し込みは楽天e-NAVIにログイン後「利用状況メニュー→ご利用可能枠の一時的な増枠」から申し込みを行います。

ただ、一時増枠有効期間は増枠後の2ヶ月間なので、その後は元の利用限度額に戻ることには注意です。

審査

カードを作成するにあたって、やはり気になるのが審査についてですよね。

楽天カードの審査は、学生や専業主婦なら無職でも申し込みが可能です。

しかし、カードによって年齢などの申込み条件が異なり、利用限度額が多いほど審査は厳しくなる傾向があります。

また審査時間は過去の金銭経歴やカードの種類によって差が出ますが、電話やWEBで審査状況を確認できます。

気になる方はチェックしてみるのが良いでしょう。

またカードを作るにあたって「せっかくなら審査に受かりやすいカードが良いなあ」と思う方がいると思います。

そういった方にはベーシックな『楽天カード』がおすすめです。

楽天カードの審査基準や審査落ちの理由など詳しく知りたい方はこちら

楽天カードの審査基準を徹底解説!審査難易度と落ちる理由完全攻略ガイド
楽天カードの審査基準を徹底解説!審査難易度と落ちる理由完全攻略ガイド楽天カードは、社会人はもちろん学生や主婦、フリーターでも入会できるクレジットカードです。 とはいえ、楽天カードの審査は決して「甘い...

楽天スーパーポイント

こちらに通常のカード利用での付与ポイント、楽天市場での付与をまとめました。

楽天カードの種類 通常のカード利用 楽天市場での利用
楽天カード 1% 3%
楽天ピンクカード 1% 3%
楽天ゴールドカード 1% 5%
楽天プレミアムカード 1% 5%
楽天ブラックカード 1% 6%
楽天銀行カード 利用不可 3%
楽天銀行デビットカード 1% 利用不可
楽天カードアカデミー 1% 3%
楽天ANAマイレージカード 1% 3%
アルペングループ楽天カード 1% 3%

 

楽天市場で利用すると通常よりも多くのポイントが付与されるので、ほしい物は一度楽天市場で確認すると良いですね。

おすすめの楽天カードはこの2種類!

ここまで、楽天カードの種類とそれぞれの年会費といった項目をまとめてきました。

しかし実際にカードを作るとなると、楽天カードの種類は数多くあり
「どのカードを選べばいいかわからない‥」という人もいるでしょう。

ここで、そういった方に向けておすすめの楽天カードを2種類ご紹介します。

定番!デザインも選べる『楽天カード』

楽天カード

楽天カード
  • 年会費永年無料!豊富なデザイン!
  • 顧客満足度10年連続No.1獲得の人気カード!
  • 楽天スーパーポイントがざくざく貯まる!

1つ目は、定番の『楽天カード』です。

楽天カードの中でも人気ランキング1位は『楽天カード』で、これさえ選んでおけば間違いありません。

楽天といえばポイントですが、通常のカード利用でもポイント還元率は1.0%、楽天市場で3.0%、かつポイントの貯め方、使い方もとても豊富です。

また、年会費は無料で海外旅行保険付帯、edy機能も付けることができます。

カードデザインも選べるので
「シンプルなデザインはださいから好きなキャラクターやチームのデザインがいいな」
という人にもおすすめです。

ちなみに、どの柄を選んでも機能やサービスによる差はありませんのでご安心ください。

また、女性の方などカードもかわいいデザインにしたいという方にはピンクを基調にした楽天ピンクカードもおすすめです。

またオプション機能を付けるかは自由なので、付けなければ楽天カードとまったく同機能で使うことができます。

『楽天カード』と同様に入会キャンペーンで5,000ポイントもゲットできるのも嬉しいですね。

楽天ピンクカードについて詳しく知りたい方はこちら

楽天ピンクカードの申し込み!メリットから切替方法、映画割引の使い方、保険サービスまで解説
楽天ピンクカードの申し込み!メリットから切替方法、映画割引の使い方、保険サービスまで解説楽天ピンクカードは、楽天カードの機能・特典がすべて付いていながら、割引サービスや保険などのカスタマイズができるお得なカードです。 ...

楽天市場でよく買い物する人は『楽天ゴールドカード』

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
  • ゴールドならではの特典付き上位ステータスカード!
  • 国内主要空港とハワイ・韓国の空港ラウンジ利用!
  • 楽天市場でポイント最大5倍!

また、楽天市場でよく買い物する方は『楽天ゴールドカード』がおすすめです。

楽天市場でのポイント還元率は5.0%と楽天カードよりもさらにポイントが貯まりやすいのが特徴です。

また、国内の主要空港とハワイ・韓国の空港ラウンジを2回無料、トラベルデスク利用などゴールドならではの特典です。

年に何度か旅行に行かれる方にはありがたい特典ですね。

またETCカード年会費(500円+税)と明細書の郵送(毎月82円)が無料です。

なお、明細書は過去分も含めWEB明細やアプリで確認でき、PDFダウンロードや印刷も可能です。

WEB明細に切り替えれば他の種類の楽天カードでも明細発行手数料を無料にできます。

 

ここで注意点です。

『楽天ゴールドカード』にはプライオリティパスがありません。

海外へ行く機会が多い人は海外旅行保険もより充実した『楽天プレミアムカード』がおすすめです。

楽天カードや楽天プレミアムカードとの違いや口コミを詳しく知りたい方はこちら。

楽天ゴールドカードで得する人・損する人!特典メリットや切り替え時の注意点も
楽天ゴールドカードで得する人・損する人!特典メリットや切り替え時の注意点も楽天ゴールドカードは、楽天カードよりさらにポイントが貯まりやすく、空港ラウンジサービスなどの特典が付いてくるとてもお得なクレジットカード...

楽天カードの種類変更・デザイン変更は出来る?

楽天カードは種類が多くある分、それぞれメリットが異なります。

ですので、ライフスタイルが変わると場合によってはカードの種類を変更したいと思う方もいるかも知れません。

でもご安心下さい。

楽天カードは種類変更、デザイン変更ともに可能となっています。

しかし、いくつか注意点があるのであらかじめ解説しておきますね。

楽天カードの種類変更は、会員専用ページ「楽天e-NAVI」の「カードのお申し込み・切替」から手続きします。

以下、注意点です。

  • 変更したい種類が表示されていない場合
    →切り替えできないので解約・再度申し込み
  • 楽天カード、楽天ピンクカードから楽天ANAマイレージクラブカードへ切り替える
    →手数料として1,000円+税が必要
  • カード種類は変更なしでデザインのみ変更または国際ブランドを変更したい場合
    →切り替えできないので、解約・新規申し込み
  • 種類変更やデザイン変更する際は、届くまでに時間を要する
    →新しいカードが届いたら旧カードで支払っていた公共料金など支払先への手続き、edy残高を使い切ってから旧カードを破棄すること

あらかじめ注意点を理解することで、実際にカードを作った際の不安点を取り除いておきましょう!

楽天カードの種類まとめ

ここまで、楽天カードの種類、選び方、おすすめの楽天カード、カード変更の際の注意点について説明してきました。

最後にここまでの情報をまとめます。

  • 楽天カードの種類は10種類ある
  • それぞれのライフスタイルにあわせた最適なカードが用意されている
  • おすすめのカードは楽天カードと楽天ゴールドカードの2種類
  • 楽天カードの種類変更・デザイン変更はいつでも可能

特に、カードの変更が後でもできるのは嬉しいポイント。

気になるカードがある方はぜひ、この機会に申し込んでみてはいかがでしょうか!