クレジットカード別!審査難易度

P-oneカード 審査厳しい

P-one カードの審査は厳しいでしょうか?

「p-oneカードの審査は難易度が高いのでしょうか?」
「ポケットカードの審査に通りたいのでコツを教えてください。」

近頃では「カード名」を取り上げてのお問い合わせが非常に多くなっていますので、本日は「P-oneカード」の審査基準などについて詳しくご説明していきます。

まず始めに、入会資格としては、「安定した収入がある人またはその配偶者で、高校生を除く18歳以上の、自宅への電話連絡が可能な人」となっていますので、専業主婦の場合は「家族カード」として申し込むことになります。また、アルバイトやパートの人も、安定した収入があれば申込みは可能です。

ここで私の友人の例を取り上げてみます。友人の属性は、「勤続6年、29歳、上場企業社員、年収550万円。個人信用情報機関には異動情報(ブラック情報)ナシ。よって自己破産歴もナシ。賃貸アパートに住み、電話は携帯のみ所有」となっていました。

上記のような、年齢の割りに収入が同年代よりも多い、上場企業勤務であるにも関わらず、審査には通らなかったそうです。

なぜ?と思われるかもしれませんが、入会資格をよく読むと、「自宅への電話連絡が可能な人」とあるのに、私の友人は自宅に固定電話がなかったのですね・・。なので、この場合、「固定電話」を引いていないために審査が通らなかったのではないかと推察しています。

審査の上では固定電話があれば有利、ということであって、固定電話が無いから即落とされる・・というわけではありません。

私の友人の場合では、「P-oneカード」の入会資格に合致していなかった(自宅に電話連絡が可能な人)のが原因で審査に通らなかったのでしょう。

ということで、「クレジットカードを申し込む時には、まず”入会資格”をよく読み、その条件に合致しているかどうか?」をしっかり確認してください。これは、本当にちょっとした注意不足による失敗の例です。

なお、「P-oneカード」に限らず、カード審査に1度落ちてしまった場合は、すぐに再度申込みをしないで、半年から1年ほど、期間を設けてからの申込みをオススメします。その理由としては、CICやJICCなどの個人信用情報機関に”申込情報”だけが残ってしまうからです。

クレジットカード審査に通ると”契約情報”が記載されますが、審査に落ちてしまった場合には、申し込みがあったという ”申込情報”だけが残ることになり、”契約情報”がないことから、審査に落ちたことが一目瞭然となってしまうからです。

この”申込情報”の記録は半年後には抹消されてなくなりますから、数打ちゃ当たる的に、あちこちにカード申込みすることは避けて下さい。

また「P-oneカード」の中には、「P-one FLEXYカード」というリボ払い専用のカードがあります。年収が低い人にとっての ”リボ払い ”は、商品を月々少額からの返済で購入することができる便利な機能ではありますが、クレジットカード審査をする上ではあまり好ましくないものです。

これはなぜかと申しますと、JICCやCICなどの個人信用情報機関の情報では、ショッピング枠やキャッシング枠などの利用可能額以外では、クレジットカードの詳細な種類については分かりませんが、「リボ払い専用カード」である場合、それが特定されてしまう恐れがあるからです。

リボ払いが 悪影響を及ぼしますか? でも説明していますが、「リボ払い専用カード」を持っていること自体が審査上、好ましいことではありませんからご注意ください。

P-oneカードの審査について、更に掘り下げて説明します。

もう一人、やはりこれも私の友人ですが、属性としては「肩書は会社役員、勤続年数は2年、クレジットカードを3枚所有しており、(地銀系のクレジットカード・エポスカード・三井住友VISA)、与信枠は3枚の合計で年収の15%程度、延滞履歴等事故は一切ありません。

このように一見、個人信用情報にも個人情報にも問題がないように思われるのですが、この友人も「P-oneカード」の審査に落ちています。

以下は私の私見ですが、この理由について考えてみます・・・

近頃では1人あたり2枚~3枚程度のクレジットカードを所有しているのは珍しくありません。3枚程度なら十分許容範囲内でしょう。短い間に複数枚の発行でなければ、クレジットカードの所有枚数自体は問題ないはずです。

与信枠から見ても年収の15%程度に留まっていますし、総量規制の1/3までまだ余裕がありますからこれも問題はなさそうです。

この人は会社役員なので、一応役職についてはいますが、中小企業なのでもしかしたら自営業者と同じレベルと判断された可能性もあるかもしれません。ですがそれでも審査に落ちた原因とは考えにくいのです。

延滞歴など事故情報はないですから、個人信用情報の異動情報が原因となって審査に落ちたとは思えません。

このように、本人属性や個人信用情報とは全く関係ない落ち度から審査が通らなかったように思えます。友人本人に聞いてみましたら、「P-oneカード」を申し込んだ当時、仕事がかなり立て込んでいてちょうど海外出張に行っていたようです。

また、いろいろなセールス電話が友人宛にかかってくることが多く、そういった場合は電話をとるスタッフに「当社にはそのような者はおりません。」と言うように頼んでいた、とのことでした。

・クレジットカード会社から在籍確認の電話があった際、本人が当該企業で働いていることが分からなかった。
・本人も仕事が忙しかったために申込み書類が揃っていなかった(在籍証明や本人確認書類の未送付など)。

審査に落ちた原因として考えられるのは、この2つです。今回、私の友人2名の審査落ち事例を取り上げましたが、どちらも防ごうと思えば防げたはずです。「クレジットカードの申込みなんてたいしたことじゃない」などと対応を怠ってしまうと、このように失敗してしまいます。