クレジットカード審査の職業別難易度

アルバイトでも申込めるクレジットカード

職業がアルバイトだとクレカの取得が難しい?

雇用体制が会社員ではなくアルバイトの場合、「私がクレジットカードを持つのはまず無理だ」と思っていませんか?

実はそんな考えの人達がたくさんいるようで、クレカに関する質問にも次のようなものがたくさんあります。

「高卒してアルバイトなのですが、私でも持てるクレジットカードはありますか?」
「アルバイトの場合、職業の欄でクレカの審査に落ちるということはありませんか?」
「大学生でアルバイトでも持てるクレカはありますか?」

クレジットカード会社がカードの審査をする時に「安定した収入が入り続けるのか?」を重要視して審査を行ないます。

もちろんカード会社によって判断の基準は少しずつ違いますが、職業がアルバイトでも審査に通過するクレジットカードもあります。一般的に審査基準の高い銀行系や独立系のカード会社では、審査に通過するためにはある程度の職業や勤続年数、年収などが必要になってきます。

たとえばアメリカンエキスプレスのカード申込条件としては「学生や主婦、無職、契約社員は不可」という但し書きがあることから見れば、アルバイトやパート、学生はハードルの高いカードなのだろうと考えられるでしょう。

けれども信販系や流通系のカードの申込欄には、特にこのような記述は見られません。ということはアルバイトやパート、主婦でも申込できるカードなのかも?と考えることができるでしょう。けれどもイオンやエポスなど流通系のカードは、若いショッピング層をターゲットにしたカードも多くて、18歳以上とか学生でも可能など申込できて条件も柔らかい事が分かります。

つまり大学生やアルバイト、フリーターの場合にはクレカを持つことができないのではなく、申込できるカードの選択肢が限られている、ということだと理解しましょう。

審査基準の高い銀行系、独立系でなくても、クレジットカードにはたくさんの種類があります。ショッピングの好きな若者層にピッタリの流通系のカードから、あなたにピッタリなカードを探して見ましょう。

アルバイトをしているのですが、私がクレカの審査に落ちる理由は何でしょうか?

クレジットカード会社がカードの審査をする時には、まず収入の安定性を見ます。職業欄がアルバイトの場合には、これからも安定した収入が続くだろうか?という心配から審査に通過しないということは十分に考えられます。

その場合には本人の職業、勤続年数、年収といった属性に合ったクレジットカードを選択することでカバーできる部分も多いので、その他の原因として考えられるものについてお話します。

虚偽の申告をしている場合

まずは虚偽の申告をしている場合です。

職業欄にアルバイトと書くと審査に落ちるのではないかと思って、正社員と書いたり他の会社の名前や住所を書いて申請する人もいるようです。在籍確認をしなければそのまま通ることもあるかもしれませんが、クレジットカード会社はカードの審査を行う時に、在籍確認電話をしてチェックしたり、個人信用情報機関に照会したり、本人の確認書類や収入証明書をチェックしたりして、属性の内容を確認することもあります。

これらを行なう過程で「これはおかしい!」と感じてカードの審査に落ちてしまうこともあります。もしバレたらカードの審査に落ちるだけでなく、虚偽の申告がそのカード会社に残ってしまう恐れもありますので、決して虚偽の内容を記入しないようにしましょう。勤務先の電話番号を書かなかったりすると、逆に怪しがられてしまう危険性がありますよ。

勤続年数が短すぎる

次に勤続年数が短すぎて、審査に通過できないパターンです。

職業欄がアルバイトで勤続年数も短かったら、クレジットカード会社としては安定した収入が得られるのか疑問になってしまうのです。ですからアルバイトの場合にはできるだけ最低6ヶ月以上は働いてからカードの申込をする方が、審査に通過する可能性が上がってくるでしょう。

「これからアルバイトをするから!」ということで勤続年数=0で申請すると、働いてもいないのにカードを申請するのかと見られて、落ちてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

アルバイトでも長期間働いている時点で申請すれば、安定して毎月収入を得ているのだと認められて、カードの審査に通過する可能性がアップするでしょう。

ですからアルバイトの場合には同じ場所でできるだけ長く働いてから、カードを申請されることをおすすめします。

クレジットカードやローンを使ったことがない場合

今までクレジットカードやローンを使ったことがない場合です。

カードやローンを申請すると、個人信用情報機関を照会して今までの利用履歴(クレジットヒストリー)を確認しますが、その利用履歴が全くない場合にはカードの審査に通りにくくなっています。

カードやローンを使用してきちんと返した履歴がある人が、これからも返す信頼のある人、と考えられます。

また、以前に支払の遅延や延滞、自己破産などの金融事故を起こした場合、一定期間を経て全てのクレジットヒストリーが消えて真っ白になりますが、おなじクレジットヒストリーがない人もこの人と同じように見えてしまう、という理由もあります。

この人は元ブラックだったのか、ただクレジットヒストリーがないだけなのか、見分けがつかない、ということになります。「今までクレジットカードがなかっただけ!」と主張する人もいるでしょうが、「それならなぜ今クレジットカードが必要になったのか?」と考えられる可能性があるのです。

この考え方には賛否両論ありますが、こんなトラブルを避けるためにも、少しずつクレジットヒストリーを積んでいくことが大切です。カードがない場合には、スマートフォンなど携帯電話を分割購入されて、毎月支払うだけでもクレジットヒストリーは確実に積んでいくことができます。

年収が低い

年収が低い、という理由が考えられます。職業アルバイト、年収50万円と記入すると、毎月4万円の収入でクレジットカードを作るのか?と考えられて、審査に落ちてしまう可能性があります。

ほとんどのカード会社でカード発行の際の年収最低ラインは「200万円」です。これがなければクレジットカードの審査には絶対通らないというわけではありませんが、基本的な考え方としてはこうだ、ということです。

本人は自分の年収で使えるだけ使用するので、返済は可能だと主張するかも知れませんが、カードを発行する側からすれば「お金に困っているからクレジットカードを申請したでは?」と疑われてしまう可能性がありますので、年収の低さはカードの審査に落ちる原因となる場合が多いでしょう。

年収が低くてカードを申請するときには、審査基準の低いカードを選んだり、勤続年数や居住年数などでカバーするようにしてみましょう。

住居が安定していない

住居が安定していないという理由が挙げられます。住居がなぜ?と思うかもしれませんが、家族と一緒に住んでいる場合には審査に通る例も多くなっています。

その反面一人暮らしや、友人の家に住んでいる場合などは、生活費に困っているのでは?という疑いが起こってしまいます。この点で、住居や居住年数、家族構成という部分が重要な属性となります。

家族と同居でアルバイトの場合は「生活費は家族がいるから安定しているだろう」と見られて、カードの発行も問題なく行なわれるケースが多いようです。

また大学生の場合、住民票が実家の住所のままでクレジットカードの審査に落ちた、というケースもありました。本人としては深い意味はなかったのかもしれませんが、カード会社としては「申込用紙と証明書の情報が一致しているか?」という点を重視するので、クレジットカードを申請するなら住民票は現住所に移動する方が無難でしょう。

利用限度額が高い

利用限度額が高いという理由が考えられます。

クレジットカードが申請者の限度額を勝手に決めるのではなく、貸金業法という法律により総量規制がされているので、年収と比較して希望通りの限度額やキャッシング枠が認められない場合があります。

個人の属性、特に年収に不安がある場合には、キャッシング枠は0にする方が審査に通る可能性が上がってきます。

このようにアルバイトやパートの場合でクレジットカードの審査に通らない原因について考えてみました。アルバイトやパートでもカードの選択の仕方や申請する方法によって、クレジットカードの審査に通過する可能性が十分にあります。上記のないように注意して、自分にピッタリのカードを探してチャレンジしてみてはいかがでしょうか?