クレジットカード一覧

オリコカードの審査難易度

「オリコカード」について教えて下さい

「オリコカード(総称)」は、日本で大手の信販会社であるオリエントコーポレーションで発行しているクレジットカードです。

ご利用目的に応じて、100種類もの選択肢があるこのカードは、利用者数がとても多い、大変人気のあるクレジットカードです。

近年では、私のところへこのような「オリコカード」に対する質問・お問い合わせが増えていまして、この1年間では以下のような質問を受け付けました。

「オリコカードは、審査は平日だけですか?」
「オリコカードの審査基準について、詳しく教えて頂けますか?」
「オリコクレジットカードの審査は難しいですか?教えてください!」
「オリコカードの審査難易度は、高いですか低いですか?」

オリエントコーポレーション(=オリコ)のホームページは、非常に見やすい構成となっていまして、以下のような「カードの特徴」および「種類」の2つの方向から利用目的に応じたカードのラインナップが確認できます。

オリコカードは提携先がとても多く、小売店や企業ばかりではなく、アニメキャラクターや芸能人、それから社会貢献をしている団体とも提携をしています。これも「オリコカード」の特徴と言えるでしょう。

「オリコカード」の種類の多さ・多彩さに惹かれて、流行やファッションに敏感な若い女性や、募金ボランティアなど社会貢献活動に関心のある皆さんが、多く申し込みをしているようです。

クレジットカードを選ぶ基準については、その人の属性やライフスタイルによって異なってきますが・・。

「オリコカード」については、海外旅行傷害保険自動付帯や、ポイント還元率が高くリボ払いOKなど、さまざまな特典が充実していますから、「どのカードを選んでも満足度が高い」と言えます。

以上のことから、クレジットカードの種類とか仕組みがよく分からない・・という人でも、こういった情報を知るためのサイトとしてオリコのホームページを訪れてみてはいかがでしょう。

オリコカードの審査はどのくらいの難易度でしょうか?

「オリコカード」は”信販系”カードの部類に属しますので、「銀行系・独立系カードよりはハードルが低く、イオンやパルコなど”流通系”よりは難易度が高め・・」と考えられます。

もちろんステイタスのある「ゴールドカード」などは、「一般(普通)レベルのカード」よりかなり厳しい審査基準で行われていますから、ここでは「一般カード」の審査基準と考えてください。

オリコは、(株)キューピタス(クレジットカードのプロセシング事業を行っている)に審査業務を委託していますが・・。

(株)キューピタスに業務委託をしているクレジット企業はけっこう多いです。

クレジットカードの関連サイトの中では、時折、「キューピタスが審査をしているから、オリコカードは発行されやすいのです・・」という記事があるようですが・・。

「キューピタスとは、オリコの下請け(業務委託されている)会社であるだけ」ですから、このような業務体制であっても審査難易度やカード発行に何も影響はありません。

「キューピタスでは、オリコから指示通りの内容で、適正かつ慎重な審査をしている」のは確実ですから、このような「キューピタスが審査しているから・・」というようなデマにだまされないように気をつけましょう。

オリコでは、社内データベースの管理・活用にとても力を注いでいますから、「過去のオリコカードの支払いで延滞や遅延がある・・」という人は、「社内ブラック」としてマークされていることでしょう。

CIC・JICCなどの個人信用情報機関では、通常、5年~10年でネガティブな情報は抹消されていますが、オリコの場合、「ネガティブ情報はずっと残して今後の審査に活用していく傾向が強い・・」という実情がありますので、「オリコで一回でも金融事故(破産情報の登録)等を起こした人は、再度申し込みをしても結果が見えている(カード発行不可)・・」と言えるでしょう。

オリコは ”信販会社”としてのプライドが非常に高いので、「属性がいかに高くても、まずは信用力を重視する」という姿勢でカード審査(更新時の途上与信も含めて)を行っていきます。

ですから、「オリコカード」申込みを検討している人は、まずカード利用者の最大義務である「支払い」をしっかりと行ってください。

オリコカードの審査に落ちた人におすすめのカード

オリコカードは比較的作りやすいカードですが、それでも収入が不安定なフリーターや自営業の方、過去に延滞や債務整理の経験がある方などは審査に落ちてしまう可能性が高いです。

オリコカードの審査に落ちてしまった方や、オリコカードの審査に通るか不安な方におすすめのカードを紹介します。

ACマスターカード

ACマスターカードは大手消費者金融のアコムが発行するクレジットカードで、独自の審査基準を設けているため審査に不利な人でも作りやすいのが特長です。
自身に収入があれば、パート・アルバイトや自営業でも審査の上、カード発行ができます。

また、公式サイトの「3秒診断」機能では、年齢・年収・他社借入状況を入力するだけで入会できるかどうかがすぐに分かります
自分が審査に通るか不安な方は、まず公式サイトの「3秒診断」を活用してみましょう!

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 年会費が永年無料のキャッシング機能付きクレジットカード
  • 無人契約機で最短その日にカードが発行できる
  • Mastercardブランドだから国内外問わず利用可能!

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)は、過去に延滞や債務整理をしたことがあるブラックの方や、収入の安定していない個人事業主・自営業の方におすすめのカードです。

入会時に年会費と一緒に利用限度額分の保証金(デポジット)を預けるシステムになっており、万が一返済ができなくなった場合には、この保証金から支払われることになります(保証金は退会時に返金されます)。
このシステムによって、返済能力が心配な方でも審査に通りやすくなっているんですね。

ちなみに、ライフカード(デポジット)は年会費が有料なので、年会費無料の通常のライフカードに比べて、付帯保険や特典が充実しているのも大きなポイントです。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 過去に延滞や債務整理をした人でも入会できるクレジットカード!
  • 国内・海外旅行保険や弁護士無料相談サービス付き
  • 年会費無料のETCカードも発行可能!

オリコカードは限度額を増やすことができますか?

このご質問に関しては、私自身が「オリコカード」の利用者であることもあって、今回試しに、自身で利用限度額の増枠を申請してみました。

増枠の申請方法としては、電話とネット(ご利用可能枠の変更メニュー)2つの方法がありますが・・、手続きなどに心配な面がありましたので、私は「電話」を選びました。

オリコの相談窓口は一般的によくあるフリーダイヤルではないので、電話代が多少かかりますが、「メールやネットよりも手っ取り早くて確実だろうな」と考えましたので、オリコ本社の「お客様相談室」に電話をかけました。

そうして、オペレーターの女性に、「現在キャッシング枠が50万円、ショッピング枠が80万円なのですが、そのうちショッピング枠について100万円に増枠希望なのですが・・」と話をしてみました。

私の年収は現在500万円でして、「オリコカード」は元より、他社クレジットカードの支払い遅延、ましてや金融事故はまったくありません。

今回希望したショッピング枠の20万円増枠を行っても、合計で150万円となり、総量規制で定められている「年収の3分の1以下」に余裕でおさまる金額でしたので、「これは絶対大丈夫だろう」という自信を持って依頼することができたのです。

その結果、オリコから連絡が来たのは翌々日でした。当然ですが「増枠できます!」との回答でした。

クレジットカード発行審査のような勤務先への在籍確認電話もなく、回答の連絡は私自身の携帯電話にかかってきました。(自宅にも固定電話がありますがそちらにはかかってきませんでした)

以前、どこかのサイトでこういった連絡にかかる日数は「増枠の勧誘を予定している利用者には2~3日、それ以外は1週間~10日」ほどであると、読んだことがありました。

これを考えると、私の場合はちょうど2日経ってから回答がありましたので、ひょっとしたらオリコ側としても「増枠の勧誘をしようとしていた」のかもしれませんね。

口コミを読んでも、「電話の方がメールやサイトより回答が早い」とありましたので、いくらか通話料金がかかりましたけども、「電話で申請して大正解でした」と思います。

増枠できます、との回答をもらったその夜、オリコのサイトのWEBサービスを利用して私の利用限度額をチェックしてみましたら、もう既にデータが反映されて更新されていました。

私がオリコから回答の電話を受けたのは、午前中で出先でしたので、「回答の連絡とサイト上の増枠の反映、どちらが早かった?」ということまではちょっと不明ですが・・。

以下のような口コミを見ましたら、「申込情報の違いにより、手続きの順番が変わるシステム」かと思われました。

・ネット申込みの場合は、サイト上の限度額反映が先
・電話申込みの場合は、電話連絡が先で、サイト上の限度額反映が後

いずれにせよ、私の増枠については審査を無事通過しましたので、これで良かったと考えています。

先ほど申し上げたとおり、オリコとは「過去のローン・クレジット利用実績を重視する」会社ですから、もしあなたがカードの更新やキャッシング枠などの増枠をしたいのであれば、着実に返済をして信用力を積み上げて行くことが何よりも有効な手段となるでしょう。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
発行時間 最短8営業日
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース