クレジットカード審査の職業別難易度

キャバクラ 水商売 クレジット

水商売でも発行してくれるカードはありますか?

クレジットカードの審査についてよくある質問で「キャバクラ勤務ですが・・こういった水商売でもカードは持てますか?」というものがあります。

クレジットカード会社の審査では、ホステスだから・・とかキャバ嬢だから・・という理由で審査に落ちやすい、ということはまずありません。

例えば、水商売と一口に言いましても、大阪北新地の”高級な老舗クラブ”なのか、ミナミの”キャバクラ”なのかでも判断が違ってきます。

さらに、勤務している店が法人形態であるのに、申込書に記入する際に”店舗名”を記入するのと、”運営している会社名”を書くのとでは、信用度がかなり違ってくるのです。

いわゆる飲食店や風俗店というような店に勤めている人の場合、”ちゃんとした法人企業”から”しっかりした給与収入”があります、とカード会社に「見せる」ことが大切です。

「見せる」といいましたが、実際には申込書の上での「自己申告」となりますが、もしも万が一、カード会社から”所得証明書”や”収入証明書”など提出を求められてしまった場合、”確定申告”や”源泉徴収票”などの提出が可能ならばOKですが、勤続年数が短くまだそれらの書類がないという人でしたら、”給与明細”を提出できるように大切に取っておいてください。

他には、申込者本人の雇用形態も大変重要です。「その道のプロとして継続的に働いているか?」や「いつ辞めるか分からないようなアルバイトのホステスやキャバ嬢なのか?」

などにより、当然ですが信用度もかなり違ってきます。もちろんこの場合は前者の方が有利となります。

さらには、消費者金融系のカードローン残高やキャッシング残高も、カード審査に大きな影響があります。

審査において、カード会社が個人信用情報に照会をかけ、過去の債務整理や延滞などの異動情報があった場合には審査に落ちる可能性が大きいです。

そのような時には、それらの異動情報がなくなるまで(通常完済日より5年)新規カード申込みは待ったほうが良いでしょう。

水商売である人がクレジットカードを持つ場合、その難易度としては、上記のような申込者本人の属性と、申込み先のクレジット会社により、難易度がかなり変わってきます。

クレジットカードの審査における難易度としては、難しいほうから順に銀行系・独立系→信販系→流通系→消費者金融系となっています。
最も審査が柔軟と言われているのが”消費者金融系”カードなのです。

”消費者金融系”の「手が届きやすいカード」としては、★ココ変更★こういったクレジットカードがあります。★ココ変更★←審査が心配・・という人で、それでもカードが欲しいという人は、ぜひこちらを利用してみてください。

審査に通るためのコツとしては、「キャッシング希望額を限りなくゼロとすること」がポイントなのです。

ちなみに、現在女性に人気のあるクレジットカードとしては「パルコカード」「セゾンカード」「楽天カード」などがありますが、これらのカードは”消費者金融系”ではありません・・。

ですから、審査が心配という人には、かなり取得が難しいカードです。

インターネット上にある「悩み解決サイト」などに、クレジットカード審査通過のためにアリバイ会社を利用した、などという書き込みがありました。

生活費に大変困ったためにやむを得ずアリバイ会社を使ってしまった・・という人もいるかと思いますが、クレジットカード会社にウソがバレた場合のリスクを考えたらとてもオススメはできません。

不正利用や虚偽により、強制退会はもちろんのこと、時と場合によっては詐欺容疑で逮捕という可能性もないとは言えません。