審査落ちしてしまう理由

2回審査落ち クレジットカード持てない

クレカの審査に二回も落ちてしまったら?

カードを申込して落ちてしまった人がすぐに他のクレジットカードを申請したら、自動的に落とされてしまう可能性が高いでしょう。これはとても危険な行為です。

クレジットカードを申請して審査に落ちてしまったという記録が残っていて、6ヶ月間はそのままになっています。その期間内にまた他のカードを申請したとなると、なんとかしてカードを作ろうとしていると思われてしまうからです。

本人は単にあちこちで申請しているのかもしれませんが、クレジットカード会社としては警戒してしまう状態となります。本来クレジットカードというのは、担保なしで借り入れや立替払いが可能だという、とても便利な商品です。

担保なしにこんな便利なサービスを提供しているというのは、申込人を信頼している、ということにもなります。もちろんクレジットカード会社は利益を追求しているので、無条件にカードを発行することはできません。

ですから、「会社の利益にならないかもしれない人にはカードを作らない」となってしまうのです。実際申込する本人はそんなつもりでなくある程度の安定した収入があるのに、クレジットカード会社としてはそれを認めることができない場合もあるでしょう。

急な海外出張でクレジットカードが必要だったり、何か特別にカードで決済をしなければならなくて、カードの申込手続きをする人もいるでしょう。

実はカードの申請があった時、個人の属性や個人信用情報機関の照会などは、コンピューターで自動に行われています。職業、年収、勤続年数などを自動でスコアリングされて、何点+何点+何点で合計何点と点数がつけられてしまうので、とてもドライな世界です。

 

その上で申込者の年収や携帯電話番号、勤務先などは個人信用情報との照らし合わせも行われます。ですから嘘の内容を記入するのはとても危険な行為です。あれこれ照会していてバレてしまうこともありますし、後からでもバレてしまってカードが取り消しになっても困りますよね。

 

このように年齢、住宅状況、配偶者の有無、同居家族の人数、勤務先、勤続年数、年収などで自動的にスコアが決まった時に、自分の期待通りの点数にならない場合もあります。

また、自分の属性だけでなく信用情報が不安な方は、ご自分でCICやJICC、全銀協に情報開示請求をして確認することができます。

これはオンラインでもオフラインでも可能なので、気になる方はご本人の楽な方法で一度確認されることをお勧めします。今まで支払が遅れたり滞納した憶えのある方は、もしかしてブラックやプチブラックになっている可能性もありますので、きちんとチェックしてみましょう。

個人信用情報機関はCRIN情報という共有システムでそれぞれの事故情報(返済情報の支払い遅延部分(遅延情報・延滞情報)・ブラック情報)が記載されています。

これらの機関の情報を確認してみて、自分がなぜカードの審査に落ちていたのかを把握することも大切でしょう。

そうすれば、どうやったらカードの審査に合格するかが見えてくるはずです。カードを選ぶ時に無条件「限度額高額でキャッシングやショッピング枠が重要!」と考えている方もいらっしゃるようですが、それよりも最初はカードを安全に使用してクレヒスを積んで、個人の信用情報を高めることを重視される方が、結果的には自分の好みのカードをいくらでも持つことができる時がきます。

今の状況でもカード審査に通過するためには?

何度もクレジットカードの審査に落ちた方も、諦める必要はありません。中には「自分は一生カードが使えない!」と絶望される方もいるようですが、全くそんなことはありません。

もちろん短期間にあちこちにカードの申請をするのは「多重申込」と見なされてとても危険な行為ですが、審査に落ちたと記録が残ってしまう6ヶ月~1年程度の期間をおいて、再度チャレンジすれば審査に通る可能性も十分にあります。

例えばその間に属性の変化、就職したり年収が増えていたり勤続年数が増加していたりなどの変化があれば、個人情報を判断して審査に合格する確率がアップします。

また、クレジットカード会社により審査の基準は本当にまちまちで、特に信用情報に問題のない人でもあるカード会社では発行されてある会社では審査に落ちた、というのもよくあることです。一言でクレジットカードといいますが種類は多種多様で、発行されるカード会社によって審査基準も様々です。分かりやすく紹介すれば、審査基準の高い順番に並べてみると次のようになります。

 

銀行系(三井住友、シティ等)→独立系(リクルート、JTB等) →信販系(オリコ、アプラス) →通信・ネット・流通系(セゾン、イオン等) →消費者金融系(アコム)

ですから、もし信販系のクレジットカードを申請して一度落ちてしまったら、6ヵ月後に個人の属性などの変化もなく信販系のカードを申請するとまた落ちてしまう可能性があります。

6ヶ月を過ぎれば個人信用情報の上ではカードの審査に落ちたという情報が消え去りますが、実際申請したカード会社ではその情報を維持し続けているという傾向があります。

ですからこの場合、6ヵ月後にカード申請をする場合にも、信販系よりも審査の難易度の低いカードを選ぶほうが無難であるといえるでしょう。

また、「自分の属性を見ると流通系カードも不安!」という方は、無理せず審査基準の柔軟な消費者金融系カードを1枚持って、クレジットヒストリーを積んでいくのも良い考えです。

着実にクレヒスを積んでいけば、その後自分が欲しいクレジットカードを手にする可能性が高くなりますよ。

同じ会社で2回も審査に落ちた…「3度目の正直」は可能?

今まで欲しいカードを2度も申請したのに落ちてしまったという場合、それでも3度目には審査に通るという可能性はあるのでしょうか?どうしてもそのカードが欲しいという方は、最低でも6ヶ月以上~1年後に申請されることをお勧めします。

このような方が知らなければならないのは、もしその期間に自分の属性に変化がなければ再び落ちてしまう可能性が高い、ということです。上記でも記述しましたが、個人信用情報機関ではカードの審査に落ちたという申込情報は6ヶ月だけ維持されますが、当のカード会社は以降も問題を防ぐために「マイナス的要素のある情報はそのまま維持する」のが実情です。

もちろんその間に昇給や昇進、勤続年数の増加など属性に良い変化があった場合には、過去に落ちてしまったカード会社でもカードの審査に通る可能性がアップするでしょう。

もちろんその時にも過去にカードの審査に落ちてしまった履歴は残っています。ですから「もう少し時間が経ってから同じ会社に再チャレンジ!」というよりも「自分の欲しいカードと同じような機能を持った他のカード会社に申請する」方がずっと安全で審査に通る可能性は高まるでしょう。

もちろん実際、「3度目でやっと欲しかったカードを手に入れることができた!」という方もいらっしゃいますが、これには属性が高まって運もよかったという例です。今世間には様々な特典のついたクレジットカードが溢れています。クレジットカードの使用目的や特典、自分の属性などをトータルで考えて、今の自分にピッタリ合うカードを申請されることをお勧めします。