クレジットカード審査についてのあれこれ

家族構成 審査落ち

カードの審査に家族構成や配偶者が影響与えますか?

クレジットカードの申込書欄を見ると、勤務先や年収だけでなく、家族構成や住居形態などの欄があります。「クレジットカードの審査と家族構成に何の関係があるのでしょうか?」という質問を時々見かけます。ここでは家族構成がクレジットカードの審査にどのように影響するのか?というお話をしましょう。

まず結論から言うと、家族構成がクレジットカードの審査に影響するということはあります。

クレジットカードの申込欄にある年齢、勤続年数、居住形態、居住年数、家族構成などがありますが、これはカード会社で必要だからこそ記載を求めています。

カード会社がカードの審査をするとき、独身者よりも配偶者がいて子供がいる人の方が、生活が安定しているだろうと判断します。もちろんこれはほんの一部の点数ではありますが、スコアリングの際に有利になります。

かといって独身だと審査に落ちる、というわけでもありません。もしも独身の方で審査に落ちた場合には、必ずその他の理由があるはずです。

例えば年収や勤続年数で引っかかったり、過去に債務整理や支払いの延滞など、個人信用情報にブラック情報が残っていた場合、またはカードやローンなどの利用実績が全く無い場合も、審査に落ちてしまう可能性があります。

さらに詳しい内容は、最申込のタイミングはとても重要って本当?を参考にして下さい。独身者が必ずしも不利だというわけではありません。逆に既婚者よりも有利な場合もあるのです。例えば独身の人は可処分所得が高いので、個人で自由にカードを使うことができる、とも考えられます。

クレジットカード会社は利益を追求する会社なので、新規顧客を集める場合にはとても良い条件のお客様です。実際、改正割賦販売法に基づいて年収と生活費で割賦枠が決まるのですが、独身と4人家族の場合、当然4人家族の方が生活費はたくさん必要になります。これにより勤務条件が同じだった場合、4人世帯には割賦枠、つまり利用限度額が限られたカードが発行されます。

実際にクレジットカード会社が審査を行う時に、どのように計算しているのか見てみましょう。年収から生活維持費を引いて、さらにクレジットの債務を引くと、支払可能な金額が出てきます。このように計算された支払可能金額の90%が利用可能枠、ということになるのです。

つまり、同じ年収のAさんとBさんがいたとして同じ債務があり、、Aさんは4人家族でBさんは独身だったとすると、支払可能額が当然変わってきます。

A・・・(年収400万円-生活維持費200万-クレジット債務40万)×0.9=144万
B・・・(年収400万円-生活維持費90万-クレジット債務40万)×0.9=243万

それほどクレジットカードに頼らずに生活する人にとっては、それほど影響が無いかもしれませんが、このように独身の人の方が生活費を少なく計算される分だけ、与信枠は大きくなるでしょう。また、ショッピング枠は割賦販売法という法律によって、キャッシング枠は貸金業法という法律によって規制されています。これにより、キャッシング枠は総量規制によって個人の利用限度額が制限されることになります。

このキャッシング枠は年収の1/3までと規制されています。また、収入の無い専業主婦がカードを申請する場合には、配偶者の同意を得た上で配偶者の収入の1/3までとなりますが、これは申込者の名前で保持している全てのカードの合計額、ということになります。