クレジットカード審査の職業別難易度

学生 クレジットカード

学生ですがクレジットカードは持てますか?

以前、学生さんからクレジットカードについていろいろな問い合わせや相談がありましたが、よく聞かれたのは下記のようなことでした。

「今は学生という身分ですが、クレジットカードは発行されますか?」
「ショッピング代金の延滞や公共料金の延滞は、学生でもクレカ発行に不利ですか?」
「学生という属性だと、カード審査に何か不都合がありますか?」

通常、学生である人々には、クレジットカードに申し込んだり審査を受けたりするのに「ハンデはない」と言えるでしょう。

クレジット業界には「ファーストカード(生まれて初めて取得したクレジットカード)は、よほどのことがない限り、解約や退会に至ることはない・・」という定説があります。

この定説を裏付けるデータにより、「新社会人および学生は、最初のカードをずっと使い続けてくれる・・」と受け止められていることから、

クレジットカード会社としては、「将来、質の良いお客様になる可能性が高い層である」と考えており、学生さんにはなるべくカード会員になって欲しいとしています。

一方、すでに成人している社会人である場合、中にはすでに「自分の属性では審査NGになりそう、これはアリバイ会社を使うしか手がない・・」と思いつめてしまう人もいるようですが、その点学生さんは「無理に取り繕ったりしなくてもそのままの属性でクレジットカードが発行される、とても優遇された層・・」だと言えるのです。

申込みの際、申込書の書式が働いている人々用に作られていることから、勤務形態や勤続年数、年収欄に「どういう風に書けばいいの?」と悩んでしまう学生さんもいるかもしれません。

ですが、悩む必要はありません。「私はまだ学生です・・」ということを、そのままクレジットカード会社に伝えれば大丈夫なのです。

クレジットカード会社において、学生さんとは「学校に通っていて、空いた時間にアルバイト収入がある程度の低い年収・・」という属性とされています。

そのために低めの利用限度額(10万円程度)での設定とされているようです。

なお、クレジットカードにほぼ自動的についてくる「キャッシング機能」につきましては、これは「貸金業法」による「総量規制」の対象であることから、

キャッシング枠の計算のベースとなる「収入(アルバイト)」を証明する書類「収入証明」が必要となってくることを頭のすみに入れておいてください。

最近は「学生専用カード」を各種取り揃えているクレジット会社も増加してきていますから、「学生なのにいきなり大人用は腰が引けてしまう・・・」と思う方へは、このような学生さん向けのクレジットカードをお勧めします。

未成年であったり、学生さんである場合でも、だいたいのクレジット会社では「保護者(親や親権者)の同意」が必要となります。

「たとえ二十歳を過ぎていても、まだ学生であれば必ず親の同意がいる・・」ということも覚えておいてください。

学生さんの中には一人暮らしをされていて、親からの仕送りだけでは生活が厳しく、携帯電話料金(分割払いで購入した端末の料金含む)や、

家賃、水道電気ガスなどの公共料金の支払いを滞納してしまっている人も多いかもしれません。

これら生活に関わる定期的支払いの中では、家賃、電気代、ガス、水道などは、滞納したとしてもクレジット会社には関係がありません。

しかし、ウェルコムなどのPHPや携帯電話の支払いにつきましては、「通話料と一緒に端末代を分割で支払っている・・」ということになっていますので、

この分割払いの支払いが遅延してしまうと、CICやJICCなどの個人信用情報機関に延滞情報という不利な記録がされ、将来クレジットカードやローンの審査に落ちてしまうことにつながってしまう可能性が出てきます。

滞納や遅延が61日以上。または2ヵ月程度してしまった・・という人は、すでに個人信用情報機関に延滞履歴(異動情報)が記録されてしまっていると考えて下さい。

延滞などの異動情報については、自己破産という債務整理ほど重大な金融事故ではない、ほんのささいな事故だ・・と思っている人もいるかもしれませんが、その記録が残り続ける期間は「延滞情報だと1年間」「異動情報だと5年間」などという長い期間に渡り、信用面で不利となる情報が公開されてしまいますので、そういった状態になったらどうなるかを想像しながら、今ある割賦契約の支払いをしっかりしていくべきでしょう。

先程述べたように、学生さんは一般的には「クレジットカード審査に通りやすい層」とされていますが・・。

このような優遇されている時期に、携帯端末代金などで支払いの遅延やクレジットカード事故を起こしてしまうのは、とても残念なことです。

「もしかして、私がカード審査に落ちてしまうのは、以前携帯代金の支払いが遅れてしまったから・・?」と思い当たることがあったなら、

JICCやCICなどの個人信用情報機関に情報開示をして(信用情報開示申込書を提出する)、ご自分の個人信用情報がどのように記載されているのかを確認することをお勧めします。

先程お勧めした個人信用情報機関への照会で、もしも「信用面で不利となる情報」があった場合には、その記載が消える1年~5年間の間は、審査ナシで持つことができる「VISAデビットカード」を使ってみてはいかがでしょうか。

ここで「学生さん向けのカード」としてご紹介したいのは、「三井住友VISAデビュープラスカード」で、とてもよく知られているカードのうちの1枚です。

このカードが便利なところは、満26歳でカード更新を迎えた際に、「三井住友VISAプライムゴールドカード」に自動的にランクアップされるシステムとなっている点です。

「これからずっと三井住友系のカードを利用したい・・」と思う人にはとても有利なクレジットカードだと言えます。

その他にも各クレジットカード会社では、学生専用カードについてさまざまな種類を用意しています。

「学生専用ライフカード」「ANA JCBカード・学生用」など、ご自分のライフスタイルや利用目的に沿った選択をし、上記の注意点を思い出して申込手続きに望んで頂ければ幸いです。