クレジットカード審査についてのあれこれ

ブラック審査落ち

ブラックだとクレカの審査に落ちますか?

「ブラックでも作れるクレジットカードはありませんか?」「延滞を数回しただけなのですが、カードの審査に落ちてしまいました。」「ブラック情報はカード会社でどれくらいの期間残っていますか?」ブラックの方の悩みは尽きませんね。

こんなブラックの人がどうやったらクレジットカードの発行にたどり着くのか、申し込む時に気をつけることなどについてお話しましょう。個人信用情報機関に何らかの金融事故情報や自己破産、債務整理の情報が残っている場合には、カードの審査に通過するのが難しいのは仕方がありません。

自分がブラックなのかどうかはっきりしないという人は、一度個人信用情報機関に開示請求をして、事故延滞情報などの異動情報があるかどうかを確かめて見ましょう。

個人信用情報を開示して見た時にブラックであると確認したら、これでクレジットカードの審査に自動的に落ちるか、カード審査担当者がブラックの内容を詳しく見てから判断するのどちらかになります。

例えば支払いの延滞が1回あってその後支払いして解消されている人と、何度も延滞を繰り返していて今でも延滞中の人とは、内容が全く違ってくるので、前者の場合ならカードの発行がされる可能性が高い、ということになります。

ですから無条件ブラックなら絶対カードは無理、ということではなく、ブラックの状態により判断されることがあります。

一度の滞納で既に解消されているなど軽いブラックの場合には、カードの発行がされるかもしれません。

もちろんブラックの人にはクレジットカードを絶対に発行するなという規律もありませんし、審査の基準はカード会社によって様々です。無条件自分はブラックでダメだから、家族の名義でカードの発行に挑戦してみよう、という考えはしない方が良いでしょう。

ブラックの状態が軽いならばそれが解消されるのがいつか確認して、カードの発行にチャレンジするほうがよっぽど安全です。家族の方が承諾した場合でも、他人名義のクレジットカードを使うのは禁止されています。普段から夫名義のカードでショッピングしている人も多いですが、これは実は規約違反だということになります。

もしも何かトラブルが起こった時に、全ての責任をカード名義人が背負うことになり、最悪の場合は強制退会となってしまうかもしれません。それならブラックの程度には関係なく審査の基準が低いことで有名なこのクレジットカードを申し込んで、それでもダメならばデビットカードを持つ、というのはいかがでしょうか?

良い意味でのクレジットヒストリーを積むために、スマートフォンなど携帯端末を分割払いで購入して毎月きちんと支払うのも良い方法です。これにより個人信用情報機関に$マークのクレジットヒストリーが並べば、今後クレジットカードの審査に通る可能性が上がるでしょう。

ヤケになってしまってあちこちカードを申し込んだりすると、個人信用情報にあちこちのカード会社で審査に落ちたという履歴が残ってしまうので、さらに6ヶ月間はどこのカード会社でも落ちてしまうことになります。

ブラックで強制退会させられたらどうなるの?

支払いを延滞し続けると普通クレジットカード会社から強制退会させられます。その延滞情報が個人信用情報に異動情報として残ってしまいます。

その時に他のクレジットカードを持っている場合には、何か影響があるでしょうか?

もちろん延滞している支払いは、できるだけ早く支払って延滞を解消させましょう。そのカード意外に所持しているカードは、それらのクレジットカード会社の判断にもよりますが、延滞がすぐに解消されて問題のない場合は、そのまま使うことができるでしょう。

また、クレジットカード会社は定期的に個人信用情報を確認して利用履歴を確認する、途上与信というのを行います。これを行うのはカード会社によって様々で、カード更新するときだけ行う場合もあれば、数ヶ月に1度行う会社もあります。

カードを更新する際に途上与信を行う場合には、個人信用情報の履歴を確認してからショッピング枠、キャッシング枠など総合的に考慮して与信枠が決定されて、それによりカードが更新されることになります。ブラックの状態の人はキャッシングやリボ払いは控えて、個人信用情報をきれいにする努力をしましょう。