クレジットカード別!審査難易度

NTTカードの審査難易度

NTTカードの審査基準について教えて下さい

「NTTグループカード」についても問い合わせがとても多く、これまで下記のような問い合わせを頂きました。

「NTTカードの審査や取得は難しいですか?」
「NTTファイナンスカードの審査について、詳しく教えてください!」
「NTTクレジットカードは、申込みに配偶者の職業を記入しても大丈夫ですか?」

NTTファイナンスが発行している「NTTグループカード」の申込み基準としては、「本人または配偶者に安定した継続収入のある方もしくは学生の方(高校生を除く)で、電話連絡可能な満18歳以上の方・・」のような条件です。

このような”インフラ系カード ”の場合ですが、「なんとかして大量のカードを発行したい・・」という方針を持っていますので、他の業界、例えば”信販系クレジットカード”や”銀行系・独立系カード”よりは審査の難易度が低い傾向があり、

「NTTグループカード」の場合は特に同じインフラ系の「DCMXカード」よりも幅の広い属性の人を対象に審査をしているとの評判があります。

「NTTグループカード」においては、一般的にカードの選択肢があまりない・・とされている、パートやアルバイトの人やフリーアルバイター(フリーター)の人などでも気兼ねなく申し込めるような条件ですので、それも注目度が高くなっているひとつのポイントです。

フリーターなど非正規雇用の場合ですと、「カードの審査になかなか通らない・・」と一般的に考えられえいます。しかし「NTTグループカード」なら、居住年数や勤続年数で「安定性」が確認されますので、カード審査のスコアリングで最低ラインとされている「年収200万円ほどの収入」があれば、「属性としては大丈夫」と言えると思います。

当然ですが「NTTグループカード」においても、個人信用情報機関に情報照会を行いますので、過去に自己破産や支払いの滞納・延滞などのいわゆる「事故情報」があるという人は、おそらく審査に落ちてしまうことでしょう。

「金融事故などはないけれども、審査が不安です・・。」という人の場合、利用限度額(与信枠)の欄に希望金額を記入する際、「ショッピング枠の金額だけを記入して、キャッシング枠を”0円”としておく・・」という控えめな申込み方法にすることが、カード発行されやすくなる秘訣と言えるでしょう。

「NTTグループカード」においても、他と同じく「本人確認」や「在籍確認」の電話がかかってきますから、固定電話や携帯電話の番号は正確に読みやすく記入しておくこともとても大切なことです。

こちらのカードは「年会費が無料」という点でも、年収があまり多くなく節約したい人にとってはお財布にうれしいカードと言えるでしょう。

「MASTER」や「VISA」の国際ブランド付きカードですから、海外出張や海外旅行でクレジットカードを使いたいと思う人にもピッタリです。

「NTTグループカード」は、キャッシュバックなどの新規入会キャンペーンを現在でも行っています。このようなキャンペーンで新規顧客を勧誘しているクレジットカード会社は、「審査に幅を持たせてくれる・・」と受け止めて良いと言えます。

クレジットカード審査関連サイトではあまり話題にならない「NTTグループカード」ではありますが、どこのカードに申し込むかまだ決まっていない、という場合には一考の価値があるカードとしておすすめします。

NTTグループカードにある「おまとめキャッシュバックコース」とは?

「NTTグループカード」は比較的審査基準に幅を持たせてくれるのですが、他にも「おまとめキャッシュバックコース」というサービスがあってこちらのキャッシュバックもお得なことで有名です。

このサービス内容とは、 「毎月かかっている携帯やネット回線などの通信料金の額に対して、キャッシュバックします・・」というもので、これは1人暮らしであれこれ節約をしている学生さんやサラリーマンから、家計のやりくりをしている主婦の皆さんにいたるまで、とてもとてもうれしい内容となっています。

キャッシュバック対象企業やサービスについては今後も順次拡大される予定となっていますので、加盟企業を時々チェックしていけば、もっとお得にキャッシュバックを受けられることでしょう。

キャッシュバックの対象料金は、1ヶ月あたり合計で15,000円が限度となっています。

この金額を超えてしまった場合には、「対象料金15,000円に、キャッシュバック率を乗じた金額」での計算となっていますから、NTT関連企業に対する通信費支払いが1ヶ月15,000円以上あり、支払い方法がクレジットカード払いの人には大変お得なカードとなっています。

どの程度お得になるのか、以下に具体的に計算してみますと・・。

NTTドコモのスマートフォン
NTT東日本の固定電話
NTTぷららのプロバイダーとひかりTV

例として、上記3つのサービスを利用しているAさんが、毎月15,000円~16,000円の料金をNTTファイナンスに支払っているとします。

Aさんは毎日のランチ代やガス・電気などの光熱費、さらにガソリン代などもほとんどカード払いにしていて、毎月平均して10万円ほどのクレジットカード利用です。

このような場合・・

15,000円(キャッシュバック対象料金の上限額) × 6.0%(月間カード利用金額10万円のキャッシュバック率) = 1ヶ月あたり 900円 のキャッシュバックとなります。

これを年間に換算すると、900円 × 12か月 = 10,800円 ほどの得になります。

ここで、キャッシュバック率については、毎月のカード利用額によって上下しますから、「海外旅行に行った先でお土産にブランド品を60万円以上買って、それをカード決済にしました・・」という場合には、キャッシュバック率がなんと60%の高さにもなるのです。

生活全体におけて月々のカード利用金額は多い月もあれば少なめの月もあるかと思いますが、NTT関連の通信費などの利用料金は「ほとんど定額です・・」という人が多いことでしょう。

節約への一番の近道は、「毎月の固定費を減らす・・」ということです。

ですから、あまり安くはないインフラ料金を、キャッシュバックの対象としてくれる「NTTグループカード」は、この他社にはない独自のサービスによって、多くの利用者を獲得しています。

出光SSを利用している人にもおすすめなNTTグループカード

「インフラ系」であり「お得なキャッシュバック」で有名な「NTTグループカード」ですが、なんと「出光SS」では「ガソリンカード」としてお得な割引特典を受けることもできるのです。

ただしこのサービスには厳しい条件がありまして、「出光SSのガソリンカードとして利用する場合には、”おまとめキャッシュバックコース”の適用にはなりません・・」という規約が存在していますが・・。

・最近結婚して、配偶者が光熱費を払っているのでカードを使っていない・・
・以前は1人暮らししていたが、今は実家に住んでいるので光熱費をカードで払っていない・・

このような皆さんにとっては、 「今まで”キャッシュバックコース利用”していたけど、これからは”出光SS”でのガソリン給油を中心に使う・・」というライフスタイルの変化に合わせて「クレジットカードの用途変更」するのも良い方法かと思います。

「NTTグループカード」は、「”出光まいどプラス”よりもお得なカードです・・」と取り上げているクレジットカード関連サイトもありましたので、もし「ガソリンカード」を検討中の人がいれば強くオススメしたい1枚と言えるでしょう。