クレジットカード審査についてのあれこれ

年金受給者 クレジットカード

年金受給者ですがクレジットカードを持てますか?

「年金受給者ですが、クレジットカードを作れるという確証はある?」
「年金受給者でも作れるクレジットカードを教えて!」

ネット上では、このような質問を頻繁に見掛けることができますが・・。

まず始めに、クレジットカード審査における申込者属性の中で、年金受給者というのは「安定した収入」を得ている人たちととみなされているのでしょうか。

この部分については、クレジットカード各社の判断基準により違いがあり、「年金受給者でもカード発行します」という会社と、年金受給者が申し込んだとしても「残念ですがカード発行はできかねます」としている会社が存在しているのです。

といいますのも、ひと口に年金受給者と言っても様々なパターンがあるからです。

身体的・精神的に何らかの障害を負うことで受給している「障害基礎年金受給者」、元・企業勤務していた高齢者である「企業年金もしくは厚生年金受給者」、長年に渡り自営業や個人事業主として働いてきた高齢者である「国民年金(だけ)受給者」、元・公務員である高齢者である「共済年金受給者」・・

というさまざまなパターンがあり、各々によって年金受給額=収入に大きな開きがあるのです。

平均的な受給額として、「国民年金(だけ)」の場合には月々10数万円前後、「企業年金」や「厚生年金」では月々30万円もの年金収入を得ている人達がいるのは紛れも無い事実です。

後者のほうは、一般会社員やサラリーマンレベルの安定した収入を得ていると言えますので、クレジットカード各社にとっては「優良な顧客になる可能性がある」と考えられますので、年金受給者であってもクレジットカードが発行されることはさほど特別なことではないと言えます。

しかしながら、年齢がだいたい70歳以上の、いわゆる「高齢者」と分類される年代に入ってきますと、縁起でもないことですが「寿命を迎えるリスク」を想定せざるを得なくなりますので、高齢者の「老齢年金受給者」である場合には、クレジットカードの発行は難しくなることを知っておいた方が良いでしょう。

年金保険料を滞納すると審査に影響しますか?

年金の保険料は本来「誰もがちゃんと支払うべき」とも言えますが、企業年金などとは異なり、国民年金のような自主的に納付するというスタイルでは、
「とてもじゃないけど収入が少なすぎて、年金の支払いまではできない」という人もかなりいらっしゃいます。

そのような人たちがクレジットカードを作ろうとする際に、「年金保険料も払えないこんな私に、カードが作れるのだろうか?」という疑問がわいてくることでしょう。

年金保険料とは、税金や公共料金などと同様に「CICなどの個人信用情報機関で管理・記録されることのない内容」となっていますから、もし仮に年金保険料の支払いを遅延・滞納したとしても、クレジットカードの審査には直接影響はないと言えます。

しかしながら、年金保険料の支払いができない人のほとんどは、「年収が低い」とか「お金のやりくりに困っている」などということが、カード申込の際に記載する内容からわかってしまうことも予想されますので、クレジットカード会社にあらぬ疑念を持たれないためにも、きちんと年金保険料を納付できる程度の収入を得られる属性(職業・年収)になるようにしたほうが良いでしょう。

ちなみに、国民年金保険料の支払いは、「金融機関・郵便局・コンビニでの振り込み」、「口座振替」、「クレジットカード納付」という3つの方法から選ぶことができますが、この中では「クレジットカード納付」の方法で、振替口座への入金忘れなどをしてしまった場合、CICなどの個人信用情報機関(個人信用情報センター)に、カード発行に不利となる情報が記録されてしまいますので、特に注意が必要かと思います。

「国民年金基金」では、失業や収入源不足などの理由から年金保険料の納付が難しい人を対象として、「納付猶予」や「保険料免除」といった特別な措置を設けています。

この制度を利用すると、将来受給額などが変わる(減額など)デメリットもあるのですが、「お金がなくて年金保険料が支払えない」という状況が長く続く場合には、このような制度の検討を含めて、役所や専門機関などへ早めに相談することをおすすめします。

厚生年金、国民年金、障害者年金等々・・年金には様々な種類がありますが、「将来の自分の為に払っているのだ」と思えば、その保険料を支払う気持ちも変わって、きちんと真面目に、コツコツと毎月納付できる状況になっていくことでしょう。

クレジットカード会社としては、「きちんと返済できる”金銭管理能力のある人”に、カードを利用してもらいたい」という考えがありますので、身近な日常生活のそばにある「年金保険料の支払い」などを通して、「お金とまじめに向き合う姿勢を培っていくこと」も大事なことと言えるのです。

もしも「私は高齢だから、どこのクレジットカード審査も無理なようだ・・・」と思った人は、これはクレジットカードではありませんが、「VISAデビットカード」への申し込みをすることで、「現金を持ち歩かないでカードを使う」という選択肢もあることを付け加えさせて頂きます。

さまざまな延滞や滞納が、クレジットカード審査においてどのように影響しているか、以下で詳しく説明しています。