クレジットカード審査に関するQ&A

店頭申込みに適した人・適さない人

店頭申込みの方が審査に通過する確率が高い?

パルコやイオン、ビックカメラなどでクレジットカードの店頭キャンペーンを行っているのをよく見かけますよね。即日発行可能とか景品贈呈、すぐに仮カードでショッピングができるなどの勧誘文句で、カードの勧誘を行っています。

店頭で即日発行だということから、審査もせずにクレジットカードが発行できるのか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。実際、自分は個人の属性が弱いので、お店の店頭申し込みをした方が良いでしょうか?という質問もされます。

店頭申し込みと、カード会社に直接申し込みする場合とでは、審査の方法が違うのでしょうか?ここではクレジットカードの店頭申し込み審査についてお話しましょう。

店頭でクレジットカードを申し込む時のメリットとしては、即日発行されてすぐに使えるということでしょう。

セゾンカードやアコムACマスターカード、マルイのエポスカードなどが上げられます。普通このように店頭で申し込みすると、流通系や信販系カードの会社は、すぐにお店で使用できる仮カードを発行してくれます。

その後在籍確認(電話での確認)や本人確認書類(身分証明書)をカード会社に送付してクレジットカードの発行が完了します。店頭ですぐに発行される仮カードは、特定の加盟店だけで使用できるカードで、本物のクレジットカードとは少し違います。ですからこの仮カードは約30分ほどで受け取ることができます。

本物のクレジットカードが家に届くまでの「仮の」カードに過ぎません。本カードを受け取った時点でショッピング枠やキャッシング枠、海外旅行損害保険、ポイント制度の特典、ショッピング保険など本来のカードの特典を利用することができるようになります。

但し、店頭でのカード申し込みに適さない人がいます。
それは個人の属性(勤務先、勤続年数、年収など)が良くない人や、個人信用情報に延滞や金融事故などブラック情報がある場合には、店頭での申し込みは避けましょう。

クレジットカードの申込があったら、個人の属性を点数で計算するようになっていて、自動的にスコアリングされて合計何点、と結果が出るようになっています。これによりカード会社の基準に達していれば、カードが発行されることになります。

さらに、属性には問題なかったとしても、個人信用情報を照会したときに、過去の延滞履歴や債務整理などブラック情報が残っていれば、カード審査に通らない可能性が高いでしょう。

また今までクレジットカードを一度も利用したことがなくて、利用履歴が全くないというスーパーホワイトの場合にも、審査に影響を与えます。店頭でのカード発行は審査をされないわけではなく、店頭で即時に審査する必要があるので、その点数で判断されてしまって無条件落ちてしまう可能性もあります。

勤続年数がほとんどなかったり、年収が低かったり、正社員ではなくアルバイトだったり、過去の延滞記録が個人信用情報に異動情報として残っている人は、店頭での申し込みは避けた方が無難です。

個人の属性に自信がなかったり、ブラック情報が残っていると心配な方は、カードの審査基準が比較的柔軟な消費者金融系のACマスターカードを申し込まれるのもひとつの方法です。

また、これはひとつの案ですが、勤続年数が1年以内で心配な方は、本来必要ではない源泉徴収票の写しを申込書と同封して、来年度は○○万円になる見込みですなど一言付け加えておくのも、カード会社に信頼を与える可能性があるでしょう。

見かけだと誰でもカードが発行されそうなエポスやセゾンの店頭カード申し込みは、属性が心配な方には少し難易度の高いカードだと考えられます。特にセゾンカードの場合は、30代以上でクレジットカードの利用履歴が全くないスーパーホワイトの場合には、カードの発行が難しいとされています。