クレジットカードの基礎知識

マイルの貯め方には裏ワザがある?賢い貯め方・使い方とおすすめのカード!

マイルの貯め方には裏ワザがある?賢い貯め方・使い方とおすすめのカード!

「マイルを貯めて旅行に行ってみたいけど、何をどうしたらいいの!?」
というように、マイルを初めて貯めようと考えている方、必見です!

本ページでは、

  • マイルってそもそも何?
  • マイルは効率よく貯める裏ワザがあるって本当?
  • マイルを貯めるのにおすすめのクレカってどれ?
  • 貯まったマイルの使い道と種類はどんなのがあるの?

というような疑問を解消していきます!

効率の良いマイルの貯め方と使い方を知って、賢くマイルを利用しましょう。

JALカード

JALカード
  • 入会後1年間年会費無料!
  • フライト&ショッピングでポイントが貯まる!
  • 海外旅行/国内旅行傷害保険付帯!

 

「マイルを貯める」の「マイル」とは

まずはじめに、「マイル」とは何か?について解説します。

マイルとは、航空会社のポイントプログラムで貯まるポイントのことです。
貯まったマイルを使って商品やサービスに交換・利用することが可能です。

しかし、マイルは航空会社によって種類が異なり、マイレージクラブへの入会も必要になるので、
航空会社による違いと入会について解説します。

貯められるマイルは航空会社によって異なる

日本では、JALとANAのマイルが人気で貯めやすいことでも有名ですが、
クレジットカード会社のポイント制度が様々であるのと同じように、
航空会社によって貯められるマイルも異なります。

というのは、就航都市やボーナスマイル、貯められるマイル数などが航空会社によって異なっているのです。

例えば、就航都市に関してです。
青森県はJALが就航していてANAはしていないので、JALでしかマイルを貯めることができません。

このように、航空会社によって就航都市が違い、
自分のマイルを貯める航空会社が就航していなければマイルは貯められないので、
注意が必要です。

マイルを貯めるにはマイレージクラブに入会が必須!

マイルを貯めるためには、その航空会社のマイレージクラブへの入会とカード発行が必要になります。

例えば、ANAのマイルを貯めたいのであればANAマイレージクラブへの入会JALのマイルを貯めたいのであればJALマイレージバンクに入会が必要です。

基本的には、よく利用するマイレージクラブに入会します。

近年では、マイレージ機能付きのクレジットカードが主流で
発行と同時にボーナスマイルを貰えるなどのメリットがあり、人気です。

ANAとJALどちらのマイルを貯めるべきか

基本的には、よく利用する方のマイルを貯めるべきです。
そうすることで、貯めるのも使うのも効率良くなります。

特典交換の際に必要なマイル数と内容を比較するのも良いでしょう。

また、クレジットカードを基準に決めるのも1つの手段です。

クレジットカードによってマイルの貯まり方や、特典の内容などが異なります。
自分の生活スタイルにあったクレジットカードがANAカードなのか、JALカードなのかを
見極めて決定すると良いです。

マイルを貯められるクレジットカード

マイルを貯めるのに人気のマイレージ機能付きのクレジットカードは国内だけでも数多くの種類があり、
初めての人はどれを作ればいいか迷うといった声もあります。

そこで、数あるクレジットカードの中でも、マイルを貯めるのであればコレ!とおすすめのクレジットカードをご紹介します。

初めての方は、自分がよく利用する航空会社に対応していて、
マイルもしっかり貯まるクレジットカードへの申込みを検討してください。

JALカード

全国約54,000店舗 特約店での買い物でショッピングマイルが2倍になるなど、
マイルが貯まりやすいクレジットカードです。

公共料金の支払い等にも利用ができたり、会員限定のボーナスマイルがあるなど、
飛行機によく乗らなくても、マイルがしっかり貯まる仕組みになっています。

そのため、マイルを初めて貯める人でも安心して利用ができます。

JALカード

JALカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 2,000円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 通常4週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※初年度無料

JALカード navi

18歳以上30歳未満の学生の方専用のクレジットカードです。

在学期間中はマイルの有効期限が無期限で、ボーナスマイルもあるなどの、学生ならではの特典が充実していて、
カード付帯保険で旅行も安心して行くことができます。

在学期間中年会費無料で、お財布にも優しい学生思いの、マイルが貯まりやすいカードです。

JALカード navi

JALカード navi
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
発行時間 通常4週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

三井住友カード

200円(税込)につきVポイントのポイントが1ポイント貯まり、貯まったポイントはマイルに移行することができます。

ANAマイレージ、ミッレミリアマイレージ、クリスフライヤーマイレージ、エグゼクティブクラブAvios、フライングブルーマイレージなど
多くの種類のマイルに移行可能です。

インターネット入会で初年度入会費が無料で、クレジットカードの定番の1枚です。

三井住友カード

三井住友カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※インターネット申込で初年度年会費無料

どのクレジットカードを選択するかによってマイルの貯まり方は異なるので、
自分にあっているのはどれか、比較検討してみてください。

マイルの貯め方!裏ワザを使って貯める方法

マイルは飛行機に乗らないと貯まらないイメージを持っていませんか?

マイルを貯める方法は飛行機以外にも、普段の生活のなかのショッピングでマイルの貯まるクレジットカードで決済をする方法などがあります。

また初心者の人はもちろん、すでにクレジットカードを利用している人でも意外と知らない裏ワザを使うことで、効率よくマイルを貯める方法もあるんです。

ここでは、基本的なマイルの貯め方と、裏ワザを使って効率良くマイルを貯める方法をそれぞれご紹介していきます。

【基本的な貯め方】飛行機に乗って貯める

マイルの基本的な貯め方の1つとして、飛行機に乗ってマイルを貯める方法があります。

マイルの計算方法は「区間基本マイル×積算率=積算マイル数」です。

例えば、羽田から那覇の往復利用で、マイル精算率が75%の場合、
984(区間基本マイル)×0.75(精算率)×2(往復)=1,476マイル
になります。

■区間基本マイルは、国際航空運送協会(IATA)によって決められます。

運賃計算に使用する区間距離が基準となり、世界中の航空会社でほぼ同じ数値になります。
よって、JALとANAは同じマイル数が適用されています。

また、フライト距離が長いほど多く貯まります。

■積算率は、チケットの種類と航空会社によって異なります。

  • JAL、ANAの国内線を利用の場合、普通運賃やビジネスきっぷ…100%
  • 正規割引航空券(JAL特便割引・ANA SUPER VALUEなど)や株主優待券…75%
  • パッケージツアー利用…50% 等

このようにして、飛行機に乗るだけでマイルを貯めることができます。

【基本的な貯め方】クレジットカード決済で貯める

日々の買い物をマイルの貯まるクレジットカードで行うことによって、マイルを貯める方法です。

一般的なクレジットカードであれば100円毎に1ポイント程度が付与されます。

直接マイルが貯まるクレジットカードだけではなく、
クレジットカードのポイントをマイルに移行するタイプもあります。

例えば、楽天カードの場合だと、貯まった楽天スーパーポイントをANAのマイルに移行することが可能です。

楽天カード

楽天カードは100円利用ごとに1ポイント貯まるポイント還元率の良いクレジットカードです。

楽天ポイントを効率よく貯めて、楽天スーパーポイント2ポイントで、ANAのマイル1マイルに交換することができます。

流通系のクレジットカードなので、比較的審査にも通りやすく、
様々なシーンで利用ができる1枚です。

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

【裏ワザを使った貯め方】ポイントサイトの利用

ポイントサイトはクレジットカード発行やショッピングをすると、
利用に応じた独自ポイントが貰えるお小遣いサイトです。

ポイントサイトで貯まったポイントは、マイルに交換することができるので、他の方法とは異なり、
ほとんどお金をかけずにお得にマイルを貯めることが可能!
なのに意外と知らない人が多い方法です。

ポイントサイトは数多くありますが、モッピーやハピタス、ポイントインカム等がマイルが貯まりやすいと言われています。

しかし、ポイントサイトで貯まったポイントを直接マイルに交換するのは交換率が良くないため、
場合によってはしてしまうことも…

そこで!裏ワザを使います!!

ANAマイルを貯めたい場合は、「ANA TOKYUカード」を経由してANAマイルに交換します。
するとポイントサイトのポイントは約75%のANAマイルにすることができます。

その他の経由方法もいくつかありますが、それらよりも「ANA TOKYUカード」を利用する方が交換率が高いです。

この裏ワザを利用することで、更に効率よくマイルを獲得できます。

その他の効率よく貯める方法

マイルは上記の以外にも、様々な方法で貯めることができます。

  • ホテルの利用で貯める
    …航空会社と提携している様々なホテルに宿泊するとマイルが貯まる場合もあります。
  • 電子マネー利用で貯める
    …JALマイルはWAONの利用、ANAマイルは楽天Edyの利用でマイルを貯めることができます。
  • 固定費の支払いで貯める
    …公共料金や生命保険などの固定費を支払いをマイルが貯まるクレジットカードで支払うことによって貯めることができます。

このように、マイルを貯める方法は数多くあります。

マイルを様々な方法で貯めるだけ貯めて、
さあ次は!
貯まったマイルをどのように使うかですよね。

効率よく貯めたマイルを何に使うかは、マイル利用者にとっては楽しい大事なことです。
次はマイルの使い道について解説します。

貯まったマイルの使い道

「マイルの使い道は旅行関係」
というイメージをお持ちではありませんか?

貯めたマイルの使い道は、旅行関係だけではなく、グルメや小物などの商品への交換もでき、手段は様々です。

せっかく効率よく貯めたマイルは、自分にとって価値のある使い方で得したいですよね。

ここでは貯まったマイルの使い道をいくつかご紹介します。
これを読んで使い道を知り、自分が最も嬉しい選択をしてください。

※航空会社によって特典を受ける必要なマイル数は異なるので、利用する際はよく確認してください。

国内・国際線の特典航空券への交換

貯まったマイルと特典航空券を交換し、飛行機に乗れるようになります。

必要なマイル数は利用するシーズンや区間によって異なります。

有効期限や利用できない期間もあります。

貯めたマイルの会社の航空券のみへの交換になるので注意してください。

(例)ANAの場合
ANA国内線・国際線、スターアライアンス加盟航空会社・提携航空会社の航空券
に交換可能。

座席をアップグレード

国際線では、座席のアップグレードが可能で、旅行先への距離とアップグレード先によって必要なマイル数は異なります。
JALの場合は9,000マイルANAの場合は12,000マイルから可能です。

ただし、ファーストクラスへのアップグレードは、ビジネスクラスからのみアップグレードが可能というように、
ルールはあるので注意が必要です。

なお、国内線でのアップグレード特典は基本的には利用できません。
出発時間の24時間前まで受付していて、空席があれば対応可能です。

商品への交換

旅行をあまりしないという方々!
旅行関係ではないものでマイルを交換したいな~、とお考えではありませんか?

実は、航空会社が用意している商品とマイルを交換することがもできるのです。

(例)
JAL→グルメやファッション小物、ヘルス&ビューティなどの15種類のカテゴリーから選択可能です。

ANA→グルメや生活雑貨、東京湾クルージングのペアチケットをはじめとする体験のチケットなどの、6種類のカテゴリーから選択可能です。

航空会社によって、交換可能な商品の内容は大きく異なるので、
ぜひチェックしてみてください。

その他の利用方法

上記の利用方法の他にも、まだまだマイルの使い道はあります。

  • 電子マネーへの交換
  • 宿泊クーポン
  • レストラン利用クーポン
  • レンタカー利用クーポン
  • 国際線超過手荷物料金支払い 等

以上のように旅行にあまり行かないからマイルが無駄になる、
ということは一切ありません。

様々な使い道があるので、
使い道とタイミングをよく考えて選択してください。

マイルを貯めて、楽しく過ごす!まとめ

マイルの貯め方や使い方について理解することはできましたか?

旅行関係で貯めたり利用するというイメージを持っていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

  • マイルは飛行機に乗ったりクレジットカード決済で貯める
  • マイルの貯め方には、ポイントサイトを利用して貯めるという裏技がある
  • 貯まったマイルは、特典航空券、座席アップグレード、商品と交換などの使い道がある
  • ANAカードとJALのどちらのマイルを貯めるかは、よく利用する方、またはクレジットカードを判断基準にして、自分の生活スタイルにあっている方を選択する

とまとめることができます。

マイルを貯めることは、楽しく過ごすことに繋がります。

旅行を沢山する方もそうでない方も、
マイルを効率よく貯めて、貯まったら自分にとって価値があるものに利用してください!