目的別クレジットカード比較!

おすすめのマスターカード特集!他社ブランドとの比較・種類別のメリットを紹介!

おすすめのマスターカード特集!他社ブランドとの比較・種類別のメリットを紹介!

クレジットカードの国際ブランドとして人気のマスターカードですが、提携しているカード会社の種類が多く、どのカードがおすすめなのか分からない人も多いです。

クレジットカードは多くの枚数を持つものでもないので、選ぶならベストな選択をしたいですよね!

そこで、この記事ではマスターカードを作りたい人に向けて

  • マスターカード提携のおすすめカードを紹介!
  • マスターカードとVISA本当に持つべきはどっち?
  • マスターカードを種類別にメリット・デメリットを解説!

など、マスターカードにすることによって、受けられる特典やお得に活用できる方法を紹介しています。

VISAやアメックスなどの他社ブランドと比較したい方も必見です!ぜひ参考にしてください。

おすすめのマスターカード 人気ベスト3!

マスターカードブランドで発行可能な人気の高いクレジットカード3選を紹介します。

ライフカード

ライフカード

ライフカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

LIFE CARDの特徴
  • 年会費は永久無料なので維持費用一切なし!
  • ポイント最大25倍<業界最高水準>
  • 誕生日月のポイント還元率は3倍の1.5%

クレカ・ETCカードどちらも年会費永久無料なので初心者に最適なカード。ポイント還元率は通常0.5%ですが、カード利用額に応じて1.5~2倍まで引き上がります。

誕生日月は、3倍の1.5%、さらに会員向け通販サイト「L-Mall(エルモール)」で買物をすると最大25倍のポイントが付きます。

業界最高水準のポイントプログラムなので、とにかくポイントが貯まりやすいでしょう。

貯まったポイントは、ANAマイル、au/Docomoポイント、楽天スーパーポイント、図書カード、クオーカードなど使いみち豊富です!学生・主婦でも発行可能なので、手に入れやすい1枚です。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

楽天カードの特徴
  • 年会費永久無料カードでもポイント還元率1%以上
  • 新規入会で3,000~8,000の楽天スーパーポイント獲得
  • 楽天カード&楽天ポイントカードでポイント二重取り可能

日本で1,700万人以上の会員数を誇る楽天カードは、年会費永久無料で通常ポイント還元率が1%~と高い還元率。

新規入会で楽天スーパーポイントが3,000~8,000ポイント特典として付いてきます。ポイントは1ポイント1円として楽天市場やカード支払いなどにそのまま充てることができ、現金としての価値があり使い勝手バツグン!

楽天カードはポイントカードとしての機能が標準で付いていて、ファミリーマートなど提携店舗で利用すれば、100円=1ポイントとして加算されます。

さらに、支払い自体も楽天カードで行えば、カード利用としてのポイント付与もあり、いわゆる「ポイント二重取り」が可能!

楽天市場でのカード利用は3%、楽天グループのセール時には、購入店舗数などを満たすとポイントが最大10%になるなど、とにかくポイントが貯まりやすいお得なカードです。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なので審査に不安な人でも通る可能性あり!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能

ACマスターカードは、大手消費者金融アコムが提供しているクレジットカードです。年会費は永久無料で初心者の方でも安心して利用できる1枚。

なんと「最短即日発行」が可能です。自動契約機「むじんくん」でのカード受け取りなら、
カード郵送を待つこと無く、受け取ったその場からカード利用ができます。

ACマスターカードの審査ですが、消費者金融サービスと同様に、比較的審査通過しやすいと言われています。最短30分の審査で、審査通過後はむじんくん受け取りを希望すれば、その日のうちにカードを入手できます

即日発行できるカードは数少なく、その中でも手に入れやすい種類のカードでしょう。

ポイント制度はありませんが、カード利用額の0.25%を必ずキャッシュバックしてくれるサービスがあります。5万円使えば、缶コーヒー1本分の125円がキャッシュバックされます。

又、ACマスターカードは、アコムのカードローン機能付きです。借入限度額は審査によって決定されますが、最大で800万円の枠が付きます。クレジット機能に加えて、カードローン機能もあれば、緊急時のお金の用意に困ることはないでしょう。

ACマスターカードには、アコムのロゴ表記は一切なく、スタイリッシュで自然なデザインですから、財布にしまっておいても恥ずかしくありませんね。

マスターカードとは

Mastercard(マスターカード)は、7大国際ブランドと呼ばれる決済ブランドの1つで、210の国と地域で利用できる世界的有名なカード。又、2018年の世界の国際ブランドで加盟店数1位にも輝きました。

海外でもマスターカードを持っていれば決済に困ることはないでしょう。ここからは、マスターカードのメリット・デメリットを詳しく紹介してまいります。

マスターカードのメリット

マスターカードは、様々な支払い手段に紐付けることができたり、海外利用時の外貨手数料が安いなど、多数のメリットがあります。

多くのペイサービスの利用ができる

マスターカードは、PayPay、楽天ペイ、ApplePayなどほとんどの決済サービスと紐付けることができます。

最近では、キャッシュレス決済をすれば、「キャッシュレス消費者還元」があったり、PayPayでは最大20%還元、その他お得なクーポン獲得など様々な恩恵を受けることが可能です。

そんなキャッシュレスを裏で支えているのはクレジットカードです。多くの決済サービスと紐付けることができるマスターカードなら何枚もカードを持つ必要はなく、財布内もお金の流れもスマートになりますよ。

コンタクトレスでの支払いが可能

マスターカードは、カードをかざすだけで決済できる「コンタクトレス決済」が可能。交通ICカードで改札を「ピピッ!」とするように、マスターカードを店舗にある専用リーダーにかざすだけで決済完了!

面倒なサインや暗証番号の入力も基本的に必要有りません。事前のチャージも必要なく、国内外問わず、210の国と地域で利用でき、快適な決済を体感することができますよ。

マスターカード+発行会社のサービスが受けられる

マスターカードブランドでカードを発行できるのは、イオンカード・dカード・セゾンカード・VIASOカードなど様々です。

発行元が多数あると、どこかの企業で発行したカードはマスターカードの特典を受けられないのでは?と不安になると思います。

しかし安心して下さい。マスターカードに付帯されている「海外旅行保険」「家族カード無料」「空港ラウンジ無料」などの特典は、カードランクが同じであれば、どこで発行してもしっかり付いてきます。

ですから、発行元が提供している特典を見て好きなところを選ぶと良いでしょう。

海外利用時の外貨手数料が安い

海外でクレジットカードを利用するとその度に「海外決定手数料」が発生します。この手数料は、カードブランドや発行企業によって様々で、1.6%~3%の費用がかかります。

マスターカードでは、海外発行手数料がトップクラスに安く「1.63%」です。(楽天カード、オリコカード、セゾンカードの場合)

決済手数料はできるだけ安いほうが良いのは当然のこと。マスターカードなら海外でも安心してカード決済ができますね!

空港や現地の両替よりもATM手数料の方が安い

海外に行った際には必ず現地の通貨に両替をすることでしょう。

一般的に空港や銀行内にある両替ショップで両替をしますが、手数料が3%前後取られます。例えば、5万円の両替なら1,500円前後の手数料です。

もし高額な手数料を避けたいなら「海外キャッシング」を利用すると良いでしょう。海外キャッシングとは空港や銀行などにあるATMから外貨を直接借り入れる方法です。

この場合は、ATM手数料だけで済みます。1万円以下なら108円(税込)、1万円超えなら216円(税込)の手数料のみです。

しかし気を付けるべきは金利です。海外キャッシングはその名の通り借入です。分割払いにするとその分余計に金利がかかり逆に損をする可能性があります。海外キャッシングした際は、翌月に一括返済することをおすすめします。

コストコで利用できる唯一の国際ブランド

食品や家電、日用品雑貨など様々な物が売っている巨大スーパーマーケット「コストコ」。品揃えは良いですが、決済ブランドの取り扱いはなんと「マスターカード」だけ。

コストコでは多くの買物をする可能性が高く、クレカ決済をしたほうがポイントなどが貯まりやすくお得ですよね。せっかくのポイント獲得のチャンスを逃さないためにも、マスターカードブランドのカードを1枚は持っておくと良いかもしれません。

マスターカードのデメリット

マスターカードは、7大国際ブランドで沢山のメリットがありましたが、デメリットもあります。他ブランドと比較して大きく劣る部分はありませんが、発行前に確認しておきましょう。

プロパーカードがない

マスターカードは、JCBやアメックスと違いプロパーカードがありません。プロパーカードとは、国際ブランドが独自に発行しているカードのことです。

基本的に、プロパーカードは審査が比較的厳しく、持っていればステータスになるカードです。

アメックスゴールドのように、輝きあるステータスなプロパーカードを持ちたい場合には、マスターカードは不向きかもしれません。

決済機能はVISAの方がやや優れている

VISAとマスターカードの世界加盟店舗数は3,850万店舗でほぼ同じです。しかし、マスターカードはVISAよりも若干加盟店数が少ないと言われています。

VISAカードは、生活カードとしての機能を強化してきた歴史があり加盟店舗数は多めになっています。対してマスターカードは旅行者に対してのメリットを追求してきました。

加盟店舗数に大きな差はありませんが、旅行先によってはマスターカードが使えない店舗があることを注意しないといけません。

マスターカードとVISAを比較!どっちを持つべき?

世界的国際ブランドである、マスターカードとVISAですが、どちらを作るべきなのでしょうか?

結論としては、「どちらも作成する」です。

何故なら、お店によってはVISAしか使えないところや、逆にマスターカードしか使えないお店があるからです。どちらも作成しておけば、クレカ決済ができない事態に陥ることはまずないでしょう。

「え?一気に2枚も審査に通りますか?」

確かに一度に2枚のカードに申し込むと審査に落ちる可能性があります。しかし「三井住友カード」は、2枚発行できる数少ない「デュアル発行」サービスを提供しています。

例えば1枚目がVISAカード、2枚目がMasterCardというように、2種類の国際決済ブランドのカードを一気に発行できるのです。

しかも、2枚目の年会費は4分の1以下になり、学生が発行できるクラシックカードにおいては、在学中は2枚とも年会費無料になります。詳しくは三井住友カード公式サイトでご確認下さい。

三井住友カード

三井住友カード
  • インターネット申込で年会費初年度無料!
  • 「デュアル発行」でVISA、MasterCard2つの国際ブランドカードが持てる!
  • 最高2,000万円までの海外旅行損害保険が無料で付保!

マスターカードの種類(ランク)を比較!

マスターカードは、自社でカードを発行していませんが、カードのランクを独自に6つの
種類に分類しています。ランクが上がるにつれてサービスや特典がゴージャスになっていきます。

ランクごとの特典やサービスを表で確認していきましょう。

会員ステータス 特典・サービス内容
スタンダード マスターカードの各サービスを、スマートフォンアプリでサポートしたり、世界各国のお店やレストランでプレゼントなどのお得な特典が受けられます。
例)ライフカード、楽天カード
ゴールド 主に空港やホテルなどでの便利なサービスがあります。
例えば、空港から自宅まで無料で荷物を郵送してくれる「国際線手荷物宅配優待サービス」や「空港クローク優待サービス」などがあります。
例)三井住友カード ゴールド、三井住友カード プライムゴールド
チタン 日本で発行できるカードでは、チタンランクのカードは存在しません。
例)Mastercard Titanium Card
プラチナ 最高1億円の海外旅行保険や、有名レストランコース料理1名分無料など豪華なサービスが満載です。
会員専用の高級空港ラウンジも利用することができ、ステータスなランクのカードです。
ワールド 国際線利用時の手荷物宅配サービスが完全無料。飲食店の予約や航空券の予約、海外旅行先での緊急時の病院の紹介など、日常的な様々なことに関して、お願いしたり相談できるコンシェルジュが24時間365日いつでも利用可能です。
例)TRUST CLUB ワールドカード
ワールドエリート 下層ランクのサービスを全て網羅しているのはもちろん、加えて、海外で空港まで移動する際に、送迎車の手配をしてくれたり、国内においても自宅から空港までの車の手配と優待特典が用意されています。
海外旅行損害保険も最高1億2000万円と最高額の補償額が付いています。

6種類もあるとどのランクにするか迷ってしまいますよね。一般的に、ゴールドカード以上であれば、空港ラウンジや宅配サービスなどのサービスが付いています。

プラチナカード位以上になると、国際線を頻繁に利用される方や、ご多忙なビジネスマンが手間を省くためにコンシェルジュを利用する方などに適しています。

ランクの選び方としては、どんなサービスを求めるのか、そして年会費を確認し、本当に必要なカードなのか検討しましょう。

年会費無料のおすすめマスターカード3選

年会費無料のカードは、初めてクレジットカードを作る「初心者」の方に向いています。維持コストがかかりませんから、長年気軽に持っておくことができます。

年会費無料のカードは多数ありますが、「初年度のみ」や「年間1回以上の利用で年会費無料」など条件が設定されているケースもありますので十分注意してください。

ライフカード

ライフカード

ライフカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

ライフカードは、年会費永久無料!ETCカードの年会費ももちろん永久無料なので維持費が一切かかりません。

ポイント還元率は通常0.5%ですが、誕生日月には3倍の1.5倍になります。さらに、会員専用通販サイト「L-Mall」(エルモール)で買物をすると、ポイント最大25倍も還元されます。

ポイントが貯めやすく、年会費が無料なので、クレカ初心者の方は安心して楽しく利用することができるでしょう。

三井住友カード

三井住友カード

三井住友カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※インターネット申込で初年度年会費無料

インターネットから申込をして入会をすると、年会費が初年度無料になるので手に取りやすい1枚。2年目以降は年間1,250円(税抜)の年会費がかかりますが、様々な割引が用意されています。

例えば「マイ・ペイすリボ」を利用すると、年会費が半額から最大半額になります。「マイ・ペイすリボ」とは、毎月の支払い額を自分で設定できるサービスで、いわゆるリボ払いです。

リボ払いにすると、金利が発生し支払額が増えてしまいますが、一括支払いにすれば問題ありません。

さらに、前年度カード利用額が300万円を超えると年会費無料、100万円~300万円の間は半額になります。

まだまだあります。カードの利用明細を郵送で受け取るのではなく、ネット上で確認するサービス「カードご利用代金WEB明細書サービス」を利用することで、年会費が500円~1,000円割引されます。

このように年会費を毎年無料もしくは格安にする手段がたくさんありますので安心です。気になるETCカード年会費ですが、前年度に1回上利用することで翌年は無料になります。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

楽天カードは年会費が永久無料なのでカード初心者の方でも気軽に作成できます。楽天カードは新規入会キャンペーンで、3,000~8,000ポイントをプレゼントしています。このポイントは1ポイント1円になり、楽天市場で利用できたり、支払いに充てることもできます。

楽天ポイントカードとしてもポイントが貯まり、支払いも楽天カードを利用すれば、
ポイントがなんと二重取りで貯まっていきます。

学生でも作れるおすすめマスターカード3選

学生だからといってクレジットカードが発行できないわけでは有りません。MasterCardにも学生向けに発行しているカードが多数存在します。

学生向けのクレジットカードは、審査のハードルが低く、ほとんどが年会費無料です。学生の特権を活かして有利にカードを持つことができるのです。

又、最近ではキャッシュレス決済が主流になりつつあり、カードで支払った金額の最大5%が返ってくるお得なキャンペーンも実施中です。ここからは、学生におすすめしたいカード3選をご紹介しましょう。

JALカード navi

JALカード navi

JALカード navi
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
発行時間 通常4週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

JALカードnaviを学生が持つメリット
  • 在学中年会費無料
  • 在学中はマイル有効期限なし
  • 特典航空券は最大6割引
  • スカイメイト運賃で最大51%OFF
  • JALカード特約店ではマイル2倍

JALカードnaviを学生が持つことで、在学中は年会費完全無料になります。又、マイルの有効期限もフリーになり社会人になるまでたっぷり貯めておくことができます。

又、スカイメイト運賃で国内航空チケットを購入できます。これは、当日空席がある場合にのみ、最大51%OFFの破格で国内航空券を購入することができるというものです。

さらに、イオンやファミマ、マツキヨなどのJALカード特約店でカードを利用することでマイルが2倍になります。海外旅行保険も最高1,000万円付保されており、学生には贅沢過ぎる程手厚いサービスと補償が用意されています。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.6%~10.5%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※初年度無料・次年度以降は年1回の利用で年会費無料

三井住友カード デビュープラスを学生が持つメリット
  • 年会費初年度無料!2年目以降は前年度1回の利用で無料
  • 発行スピードが最短翌営業日!
  • 入会3ヶ月はポイント還元率が2.5%!

三井住友カード デビュープラスは、18~25歳の学生を対象にしたカードです。学生向けということもあり、審査のハードルが低めに設定されています。携帯代の分割支払い遅延をしていたり、信用情報に傷が付いていなければまず審査に落ちることはないでしょう。

年会費は初年度無料!2年目以降は、前年度に1回でもカードを利用すれば無料になります。

発行までの時間は、最短翌営業日でスピード発行。遅くても3日程で発行されます。ポイント還元率は、入会後3ヶ月は2.5%と高還元率!通常時でも年会費無料のカードとしては高還元率の1%。お得にポイントをどんどん貯めることができる魅力たっぷりのカードですね。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

学生専用ライフカードを学生が持つメリット
  • カード発行で200ポイント(1,000円相当)プレゼント!
  • 年会費は卒業後も永久無料!
  • 海外旅行でのカード利用額5%がキャッシュバック!
  • 海外旅行損害保険は最大2,000万円!
  • 携帯代の支払いをカードにすると10人に1人の確率でAmazonギフト券500円分が当たる!

学生専用ライフカードは、18~25歳までの学生が発行できるクレジットカード。発行するだけで、1,000円分のポイントをプレゼント!

他社カードは、学校を卒業すると年会費が有料になるところが多いですが、学生専用ライフカードは、卒業しても永久無料で安心して持っておくことができます。

さらに、海外旅行先でのカード利用額の5%がキャッシュバックされます。学校の卒業旅行でトータル15万円使ったとしたら、その5%である7,500円が翌月に振り込みされます。

海外旅行保険も最大2,000万円まで補償されますから、旅行に行く際に保険を用意する必要もありません。

ゴールドカードのおすすめマスターカード3選

ゴールドカードクラスを持つことで、MasterCard独自のサービスに加え、カード発行会社のサービスや特典も沢山受けることができお得です。あなたのライフスタイルに照らし合わせて一番相性の良いカードを見つけてみてください。

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 10,000円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

三井住友カード ゴールドの特徴
  • インターネット入会で年会費初年度無料
  • インターネット申込で最短翌営業日発行
  • 全国28の空港ラウンジ利用が無料
  • 最高5,000万円までの国内外旅行保険あり
  • カード利用額に応じてボーナスポイントあり

存在感ある金色の三井住友カード ゴールドは、インターネット入会で年会費初年度無料です。2年目以降は、10,000円(税抜)ですが、「WEB明細」や「マイ・ペイすリボ」などの利用で最大4,000円まで割引されます。

※WEB明細:カード利用明細を書面ではなくインターネット上で確認するサービス
※マイ・ペイすリボ:カード利用額をリボ払いにするサービス

さらに全国28の空港ラウンジ利用が無料になったり、最高5,000万円までの国内外旅行保険が無料で付保されます。頻繁に空港を利用して旅行に出かけられる方にはお得な特典ですね。

ポイントは、1ポイント=5円で交換でき、交換方法も200種類以上あります。マイル交換、ギフト券交換、カード利用額に補填など、様々な交換方法があり、現金としての利用価値があります。

カード申込条件は、「30歳以上で安定した収入のある方」と制限はありますが、条件を満たしていれば審査通過の可能性は十分にあるでしょう。

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールド
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 5,000円※
ポイント還元率 0.5%~2.5%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円※
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※初年度無料

三井住友カード プライムゴールドの特徴
  • 20代専用のゴールドカード(20歳以上~30歳未満)
  • 年会費初年度無料、2年目以降は条件付きで最大3,500円割引
  • カードラウンジの利用が無料
  • 国内外旅行保険 最大5,000万円
  • 対象店舗ではポイントが5倍
  • 日頃の買物が無料になるチャンス「タダチャン」

三井住友カード プライムゴールドは、20代限定のゴールドカードです。年会費は、通常のゴールドカードの半額で5,000円とお得。

初年度は年会費無料で、2年目以降は有料となりますが、年会費割引の様々な方法が用意されています。

年会費割引方法
  • WEB明細利用で1,000円割引
  • 「マイ・ペイすリボ」利用で2,500円割引
  • カード利用額300万円以上で半額,100~300万円で20%割引

年会費5,000円と比較的安価ではありますが、さらに割引する方法があるので積極的に利用したいサービスですね。

年会費が半額と言っても、空港ラウンジ無料利用や国内外旅行保険最高5,000万円まで補償などのサービスはスタンダードで付いています。

さらに「タダチャン」という、カードで買い物した支払いが無料になるキャンペーンなど、ユニークなサービスもあるのでカードを使うのが楽しくなるでしょう。

dカード GOLD

dカード GOLD

dカード GOLD
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 10,000円
ポイント還元率 1.0%~10.0%
発行時間 約2週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

dカード GOLDの特徴
  • ポイントはdポイントが貯まる
  • 還元率は基本1%(100円で1ポイント)
  • ドコモ携帯,ドコモ光料金1,000円ごとに10%ポイント還元
  • 国内,ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  • ケータイ補償10万円(3年間)
  • お買い物あんしん保険で年間300万円まで補償
  • 世界各地でVJデスクの日本語スタッフが旅行をサポート
  • 海外旅行保険最大1億円(国内は5,000万円まで)

dカード GOLDはドコモユーザーが有利な、dポイントが貯まりやすいカードです。基本還元率は1%ですが、ドコモ携帯料金やドコモ光の支払いは、1,000円ごとに10%(100円)の還元があります。

その他にもゴールドカードとしての特典が満載!空港ラウンジ無料利用や、海外旅行保険では最高1億円の補償があるなど、充実したメリットが用意されています。

携帯会社ならではの特典として、携帯補償3年間で10万円の補償があります。国内外で万が一携帯が盗難,紛失してしまった場合に、最大10万円まで補償してくれます。端末代そのまままカバーできる金額ですから万が一の時は嬉しい特典です。ドコモユーザーにはおすすめのカードです。

ステータス性の高いおすすめマスターカード2選

TRUST CLUB ワールドカード

年会費 ポイント還元率 発行時間 ETC年会費
12,000円(税抜) 3% 0.75%~1.45% 無料
国際ブランド Mastercard
TRUST CLUB ワールドカードの特徴
  • 25歳以上、年収400万円以上が条件
  • ショッピング利用100円で3ポイント
  • ポイント有効期限なし
  • カード利用額に応じてボーナスポイント獲得
  • MasterCardの「Taste of Premium」が利用可能
  • 国内外旅行保険は最大7,000万円

TRUST CLUBワールドカードは、MasterCardの中で2番目の格付けをされるステータスなカードです。年会費は比較的安価で12,000円。

ポイントは、100円で3ポイント還元され、有効期限はありません。ですから、長期的に
大きく貯めて、一気に使うことも可能。

カードの年間利用額が50万円を超えた場合、ボーナスとして2,500ポイントが、100万円を超えた場合、6,000ポイントが進呈されます。

TRUST CLUB ワールドカードには、マスターカードが提供する「Taste of Premium」が利用可能です。

Taste of Premium
  • 出発、帰国時に手荷物を2個まで無料配達
  • ダイニング by 招待日和:全国約200店の有名レストランで2名以上で1名無料
  • ヘリクルーズ

海外旅行の際に、自宅⇢空港、空港⇢自宅の往復分の手荷物を最大2個まで無料宅配してくれます。特に帰りは、お土産などで多くの荷物があるでしょうから非常に助かる特典です。

又、有名レストランを2名以上で利用した場合に、1名分の料金を無料にしてくれる「ダイニング by 招待日和」がスタンダードで付いています。

奥様や恋人と食事をする際に、こっそりお得にお食事ができるので男性の方には嬉しい特典ですね。

Mastercard Titanium Card

年会費 ポイント還元率 発行時間 ETC年会費
50,000円(税抜) 1%~2.2% 1週間程 無料
国際ブランド Mastercard
Mastercard Titanium Cardの特徴
  • 24時間365日コンシェルジュサービス利用可能
  • 世界1,200ヶ所の空港ラウンジ利用可能「プライオリティ・パス」
  • ラグジュアリーリムジン
  • ラグジュアリーアップグレード
  • 国際線手荷物宅配無料 etc

Mastercard Titanium Cardは、2016年11月1日から日本でも発行がスタートしたラグジュアリーカードです。

圧倒的存在感の金属製プラチナカードは、ロゴと名前を職人の手で1枚1枚丁寧に削り作成されます。まさにオンリーワンのカードです。

ポイントは、利用額1,000円につき2ポイント=10円なので、通常還元率は1%です。

Mastercard Titanium Cardには、24時間365日のコンシェルジュサービスが付いています。予約の取りづらいお店の予約、航空券の予約、プレゼントの手配など、日常生活で様々なサポートを行ってくれます。

メールでの対応も可能で、忙しいビジネスマンには効率的かつ魅力的なサービスと言えるでしょう。

プライオリティ・パスでは、世界1,200以上の空港ラウンジを無料で利用できます。世界を飛び回るビジネスマンや、海外旅行好きの方にはもってこいの特典。

その他にも、お店への送迎サービス「ラグジュアリーリムジン」、料理のアップグレード優待が利用できる「ラグジュアリーアップグレード」、国際線手荷物宅配無料など、とにかく多くの特典やサービスが用意されています。

おすすめのマスターカードからアナタにぴったりのカードはありましたか? まとめ

MasterCardは、世界国際ブランドの中で知名度ある決済会社です。基本的に世界各国利用できるので、海外渡航者にとっては肌身離せない1枚となるでしょう。

クレジットカードを選ぶ際には、負担する年会費に対して付属している特典やサービスをしっかり使いこなせるものをチョイスしましょう。

年会費無料で、MasterCard決済と最低限の特典があれば良い方、年会費は有料で良いからコンシェルジュや空港ラウンジを頻繁に使いたい方など、ご都合に合わせて最適なカードを見つけることが大切です。