キャッシング

【借用書テンプレートの正しい書き方・見本】無料でテンプレをダウンロード(エクセル・ワード)

【借用書テンプレートの正しい書き方・見本】無料でテンプレをダウンロード(エクセル・ワード)

「お金の貸し借りをするので借用書のテンプレートを手に入れたい」

「金銭トラブルがないように借用書の書き方を知っておきたい!」

と思っている方もいるのではないでしょうか?

たとえお金を貸した相手が家族や友人であっても、油断は禁物ですよね。

これからお金のやり取りで問題を起こしたくないと考えるあなたのために、今回の記事では

  • 借用書テンプレートを無料でダウンロードする方法
  • 借用書の正しい書き方と見本の紹介

など絶対に知っておくべき情報をまとめました。

借用書はいざというときに裁判で有効な証拠となるので、あらかじめ準備しておくことをおすすめしますよ。

この記事を参考に、しっかりとした借用書を準備して、お金や人間関係のトラブルを回避してみてはいかがですか?

借用書とはなにか

借用書とは、お金を借りたこと(金銭を借りたこと)またはモノを借りたこと(物品を借りたこと)を証明する証書のことを指します。

  • 金銭の場合→金銭借用証書
  • 物品の場合→物品借用書

お金の貸し借りは口約束でも成立しますが、トラブルを防ぐために、借用書を作成するのが望ましいです。

【借用書作成のメリット】
  • 手軽に作成することができる
  • 貸主と借主の間の言い分の食い違いによるトラブルを未然に防げる
  • 裁判で有効な証拠となる

注意しなければいけないのは、借用書そのものには法的な強制力はありません。

基本的に「お金の貸し借りに関する約束を記録したもの」「記憶違いによるトラブル防止のためのもの」で借用書だけでは借主の財産は差し押さえることができません。

なぜ金銭消費賃借契約書をつくるべきなのか?

金銭の貸し借りをする際の借用書には『借用書』と『金銭消費貸借契約書』の2種類があります。

基本的に効果は同じですが、署名する人・保管する人に違いがあります。

  • 借用書(借主のみが署名し、貸主が保管)
    →保管するのは貸主だけなので、紛失や改ざんのリスクがある
  • 金銭消費貸借契約書(借主・貸主双方が署名し、双方が一通ずつ保管)
    →借主・貸主双方が納得する内容で作成できる

借用書は手軽で収入印紙も安く済みますが、可能であれば金銭消費貸借契約書を作成すべきです。

特に高額の貸し借りをする場合や細かい条件を付ける分割返済の場合は、金銭消費貸借契約書を作成しましょう。

『公正証書』であれば、強い法的効力を持つ

公正証書は、法律の専門家である公証人が法律にしたがって作成する公文書です。

公正証書は貸主と借主が公証役場に出向き、公証人契約内容を伝えて作成します。

【公正証書を作成するメリット】
  • 紛失・改ざんの可能性をゼロにできる
    →契約書は公証役場に保管されるため、紛失・改ざんの可能性はなくなる
  • 裁判なしで差し押さえすることができる
    →借主が約束通り返済しない場合、裁判なしで差し押さえ手続きに移行できる
  • 有力な証拠となる
    →公正証書は信頼性の高い書類なので、裁判では有力な証拠になる

貸し借りの金額に応じて費用はかかりますが、あとでトラブルを起こしたくないない人にとっては強い味方となる契約書になります。

金銭消費貸借契約書【状況別】

借用書や金銭消費貸借契約書には決まった書式やフォーマット、雛形はありません。

あなたのお金の貸し借りに応じて自由な文面を作成することができます。

それでも、契約書の書き方が分からず悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回は貸し借りの状況別に契約書の見本・例文を紹介していきます。

Word(ワード)のテンプレートも無料でダウンロードできるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

テンプレートを簡単にダウンロードするために全体に知っておくべき情報をまとめています。

下記を必ず読んでから、ダウンロード作業に移ってくださいね。

【テンプレート(pdf)をダウンロードする前に事前に知っておくべきこと】

  • dropbox」を無料でダウンロードして、アカウントを作成してください。
  • PDF Candy」を利用すると簡単にテンプレート(pdf)をワードに置き換えることができて、簡単に編集を進めることができます。

【ダウンロードする手順】

  1. この記事からテンプレートを選択したら、「dropbox」でダウンロード(『直接ダウンロード』クリック)して下さい。
  2. 左下にあるpdfのボタンをクリックして下さい。左下にある赤枠のボタンを押してダウンロードされているか確認してください。
  3. ダウンロード終了後PDFCandyを開いて、緑色の「ファイル追加」ボタンを押して下さい。
  4. 先程ダウンロードしたpdfを開きます。
  5. 緑色の「ファイルをダウンロード」を選択すると、ワードが作成することができます。赤枠の中がワード化されたデータで、ここをクリックして下さい。
  6. 赤枠をクリックして、PDFのWord変換が完了すると下記のようになります。

    簡単にテンプレートをダウンロードして、契約書を作成を始めることができるので参考にして下さい!

ダウンロードから編集開始までの手順をおさらいしたところで、実際にあなたにあったテンプレートを正しく書いていきましょう!

金銭消費貸借契約書の見本【基本形】

お金の貸し借りを証明するだけであれば、最低限必要になるのは以下の6項目になります。

  1. 貸主の氏名、住所、押印
  2. 借主の氏名、住所、押印
  3. お金を渡した日付
  4. 金額
  5. 返済方法、返済期日
  6. 契約書の作成日付

上記のテンプレートはこちらからダウンロードはできます。

利息ありの場合

利息や遅延損害金を定めたい場合は、先ほどの6項目に加えて下記の3項目を組み込んだ契約書を作成しましょう。

【金銭消費貸借契約書(利息あり一括返済)の見本】

上記のテンプレートはこちらからダウンロードはできます。

連帯保証人がいる場合

連帯保証人が設定する場合は、『連帯保証人の氏名・住所・押印』が必要です。

  1. 貸主の氏名、住所、押印
  2. 借主の氏名、住所、押印
  3. 連帯保証人の氏名、住所、押印
  4. お金を渡した日付
  5. 金額
  6. 返済方法、返済期日
  7. 契約書の作成日付

【金銭消費貸借契約書(連帯保証人がいる場合)の見本】

上記のテンプレートはこちらからダウンロードはできます。

分割返済の場合

ここまではいずれも一括決済の場合を見てきました。

分割決済の場合の契約書の書き方も確認していきましょう。

【金銭消費貸借契約書(利息なし分割返済)の見本】

まずは利息なしで分割返済する場合で見ていきましょう。

  1. 貸主の氏名、住所、押印
  2. 借主の氏名、住所、押印
  3. お金を渡した日付、押印
  4. 金額
  5. 返済方法
  6. 契約書の作成日付

上記のテンプレートはこちらからダウンロードはできます。

【金銭消費貸借契約書(利息あり分割返済・元利均等払い)の見本】

分割返済で利息を付ける場合、返済方法は2種類ありますが、今回はメジャーな元利均等払いの契約書を作成していきます。

  1. 貸主の氏名、住所、押印
  2. 借主の氏名、住所、押印
  3. お金を渡した日付
  4. 金額
  5. 利息
  6. 返済方法
  7. 遅延損害金
  8. 期限の利益の喪失
  9. 契約書の作成日付

上記のテンプレートはこちらからダウンロードはできます。

お金を貸した後に契約書を作成する場合

契約書を作成するタイミングには3パターンあります。

  • お金の受け渡しに契約書を作成する
  • 先に契約書を作成して、後日お金を受け渡す
  • 先にお金を受け渡し、後日契約書を作成する

3番目の「後日契約書作成する場合」は金銭消費貸借契約書ではなく、債務承認弁済契約書を作成することになります。

債務承認弁済契約書は、借主が既にある借金を認めて改めて返済を約束する契約書です。

記述する項目は署名者、押印者・保管者は金銭消費貸借契約書と同じですが、文言が多少異なります。

  1. 貸主の氏名、住所、押印
  2. 借主の氏名、住所、押印
  3. 借金があることを確認した日
  4. お金を渡した日付
  5. 金額
  6. 返済方法、返済期日
  7. 契約書の作成日付

上記のテンプレートはこちらからダウンロードはできます。

家族間の借用書

家族間の金銭の貸し借りでは、税務署に「贈与ではないか」と疑われる恐れがあります。

お金貸し借りではなく、贈与とみなされてしまうと贈与税が課せられるので注意が必要です。

贈与税について

贈与税とは、1年間に贈与された財産に対する課税のことです。

課せられる金額は贈与財産の金額によって異なります。

贈与税額={(1年間に贈与された財産の合計)-110万円}×税率-控除額

贈与税について詳しくは国税局のホームページを参考にしてください!

家族間の借用書の作り方

家族の間であっても借用書を作ることは必要です。

以下を参考にして金銭のトラブルをおこさないようにしましょう。

  1. 借入金額
  2. 利息の設定
  3. 返済期限の設定
  4. 返済方法の記述
  5. 契約書作成日付
  6. 氏名

上記のテンプレートはこちらからダウンロードはできます。

もし税務署から「贈与」とみなされた場合、贈与税が課せられますのできちんと借用書を作っておくと安心です。

無料の契約書テンプレート一覧

人によっては、「利息を付けたい」「連帯保証人をつけたい」「既にお金をかしてしまった」などお金の貸し借りのケースは様々ですよね?

今回状況別に契約書のテンプレートを作成したので活用してみてください!

【金銭消費貸借契約書のテンプレート】

返済方法 利息 連帯保証人 テンプレートのダウンロード
①一括返済 こちらからダウンロード
②一括返済 こちらからダウンロード
③一括返済 こちらからダウンロード
④一括返済 こちらからダウンロード
⑤分割返済 こちらからダウンロード
⑥分割返済 こちらからダウンロード
⑦分割返済 こちらからダウンロード
⑧分割返済 こちらからダウンロード

例えば返済方法は分割返済で、利息も連帯保証人も設定する場合は、⑧番のテンプレートからダウンロードしてください!

【債務承認弁済契約書のテンプレート】

お金を貸したあとに契約書を作成する場合は「債務承認弁済契約書」を作成する必要があります。

返済方法 利息 連帯保証人 テンプレートのダウンロード
①一括返済 こちらからダウンロード
②一括返済 こちらからダウンロード
③一括返済 こちらからダウンロード
④一括返済 こちらからダウンロード
⑤分割返済 こちらからダウンロード
⑥分割返済 こちらからダウンロード
⑦分割返済 こちらからダウンロード
⑧分割返済 こちらからダウンロード

たとえば、返済方法は分割返済で、連帯保証人を設定する場合は⑥番のテンプレートを参考にしてみてください。

金銭消費貸借契約書(債務承認弁済契約書)の書き方・注意点・費用おさらい

ここまでに解説してきた契約書の項目について詳しく解説していきます。

契約書を書くときはコチラを参考にしてみてください。

契約書の作成日付

いつ契約書が作成されたのか分かるように、年・月・日をしっかり記述しましょう。

西暦でも和暦でも構いませんが、契約書内では共通の表記を使ってください。

お金を受け渡しが成立した日の入力

契約はお金の受け渡しによって成立するので『お金を渡した日付』の記述は必要になります。

できれば、銀行振込などの記録が残る方法で受け渡すことをおすすめします。

もし正確な日付がわからない場合は、大体の時期でもいいので記入をしましょう。

借主・貸主・連帯保証人の氏名・住所・押印

個人を特定するために氏名や住所の記入は不可欠になります。

運転免許証、パスポートなどの本人確認書類でお互いの名前と住所を確認しておきましょう。

氏名は直筆サインが望ましい

『自分の意志で契約した』証明になるので、直筆サインが望ましいです。

署名がある場合には押印は不要ですが、ハンコ社会の日本では署名と押印が一般的です。

印鑑は三文判でもOK

印鑑に関しては三文判(100均などで売られている安価なもの)やシャチハタでも問題はありません。

しかし、実印の方が信頼度がますので、心配な方は実印と印鑑証明書を使用しましょう。

直筆ではなくパソコンやゴム印で記名する場合は必ず実印が必要になります。

住所や姓が変わったらどうなるのか?

何らかの理由で契約書作成後に姓や住所が変更した場合、契約書の効力は変わらないので安心してください!

ただし、姓や住所に変更があった場合速やかに相手に知らせるようにしましょう。

金額の記入方法

数字に関しては漢数字でも算用数字でも構いませんが、どちらも改ざんできてしまいます。

改ざんを防ぐために漢数字の大字を使用しましょう!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 100 1,000 10,000

また、金額の前に『金』、金額のあとに『円』を記載してください。

あとから桁数を増やさないように空白を開けないで記載しましょう。

金額が1万円以上の場合、各契約書に収入印紙を貼り付けなければなりません。

貸主が契約書の原本を保管して、借主と連帯保証人が副本を所持する場合は、原本にだけ貼っていれば十分です。

【収入印紙の金額一覧表】

契約書に記述された金額 収入印紙の額
1万円未満 非課税(0円)
1万円以上 10万円以下 200円
10万円超 50万円以下 400円
50万円超 100万円以下 1,000円
100万円超 500万円以下 2,000円
500万円超 1000万円以下 1万円
1000万円超 5000万円以下 2万円
5000万円超 1億円以下 6万円
1億円超 5億円以下 10万円
5億円超 10億円以下 20万円
10億円超 50億円以下 40万円
50億円超 60万円

この印紙代に関しては、誰がどのくらい負担するのか当事者で話し合いましょう。

収入印紙がはられていない、あるいは収入印紙の金額が足りないことが発覚した場合、『本来の印紙代+その2倍に相当する金額』を税務署に納付する必要があります。

返済方法の確認

手渡しや振込の場合振込方法について予め決めておくようにしましょう。

トラブル防止のために返済時の手数料負担についても決めることが望ましいです。

一般的には借主が返済時の費用・手数料を負担するケースが多いです。

返済期日について

返済期日を定めていなくても契約自体は有効です。

親子や親族間の貸し借りで返済期限を決めていない場合、贈与とみなされ贈与税を課せられる可能性があります。

分割で返済する場合

分割で返済する場合は、以下の項目を定める必要があります。

  • 返済間隔(月に何回返済するのか、年に何回返済するのか)
  • 返済額(1回のいくら返済するのか)
  • 返済期間(いつからいつまでの間に返済するのか)
  • 返済回数(全部で何回にわたって返済するのか)

分割返済する場合はこれらの項目をチェックしましょう。

利息

お金の貸し借りは原則無利息ですが、当事者間の話し合い次第で利息を決定することができます。

そして利息を設定する場合は利率(年率)、利息の支払い方法を設定する必要があります。

利率を設定する際の注意点

お金を貸し出す際の利率の上限は利息制限法で決められています。

元金の金額 利率の上限
10万円未満 年20%まで
10万円以下100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

この利率の制限を守る必要があり、上記を超える利率を設定しても無効になってしまいます。

利率を定めなかった場合は自動的に年5%に設定されてしまいます。

利息の計算方法

利息を求める式は、以下のとおりです。

利息=残高(元金)×利率÷365日×借入期間

もし、100万円を年10%で借りて、200日後に一括返済するケースの利息を計算してみると、

100万円×10%÷365日×200日=約54,794円の利息がつくことになります。

利息の支払い方法について

利息の支払い方法には一括返済と分割返済で異なります。

【一括返済】
  • 返済期日に元金と利息を合わせて一括で支払う
  • 元金は返済期日に一括で支払うが利息は分割して毎月支払う
【分割返済】
  • 元利均等払い
    →『元金+完済までに発生する利息総額』を返済回数で均等に割る方法
  • 元金均等払い
    →元金を返済回数で均等に割って、毎回『分割した元金+元金の残高に応じて発生した利息』を支払う方法

一般的には元利均等払いを採用するのが一般的です。

分割返済の場合利息や毎回の返済額を把握するのは大変ですよね、、

そんなときには計算ツールを使うと簡単に支払額を把握することができますよ。
(計算サイト:『ローン返済(毎月払い)』)

返済が遅延した場合の損害金

遅延損害金とは、もしも返済が遅れたときに発生します。

遅延損害金の上限利率も、利息制限法で定められているので下記を超える利率を設定しても無効となります。

元金の金額 利率の上限
10万円未満 年29.2%まで
10万円以上100万円未満 年26.28%まで
100万円以下 年21.9%まで

遅延損害金の計算方法

遅延損害金は下記のように求められます。

遅延損害金=延滞額 × 遅延損害金の利率 ÷365日 × 延滞日数です。

延滞が長引くほど遅延損害金が高くなるので、注意してください。

期限の利益喪失の条件

借主が『来年の1月1日に返す』という約束で貸主から10万円を借りたとします。

つまり借主は来年の1月1日までは返済の義務はありません。

このような返済を猶予されるのが期限の利益です。

期限の利益が消失してしてしまうと、借主はすぐに一括返済をしなければなりません。

貸主は期限の利益喪失の条件を定めておきましょう。

借主がその条件を満たしたら、貸主は残りの元金・利息・遅延損害金を一括で支払うよう要求できます。

【期限の利益喪失の条件】
  • 借主が元金または利息の支払いを1回でも怠った時
  • 借主が他の債権者によって仮差し替え・仮処分・強制執行をうけたとき
  • 借主が他の債権者によって競売・破産・民事再生の申立てを受けた時
  • 借主が振出・裏書・保証した手形・小切手が不渡りとなった時
  • 借主が税金の滞納処分を受けた時
  • 借主が貸主に通知せずに住所を移転した時

【期限の利益喪失条件を設定する際の注意点】

期限の利益喪失には、請求喪失と当然喪失があります。

  • 請求喪失
    →条件を満たし、かつ貸主が返済の請求した場合に期限の利益が喪失します。
  • 当然喪失
    →貸主が返済の請求をしなくても、条件を満たしただけで期限の利益が喪失します。

一般的には、上記の6つの項目は当然喪失として、その他の条件は請求喪失とすることが多いです。

連帯保証人

連帯保証人は、借主と同じように返済義務を負います。

連帯保証人は借主と同列に扱われるため、貸主が返済を求めたら連帯保証人が代わりに返済しなければいけません。

貸主は「連帯保証人はきちんと責任を理解しているのか?」「連帯保証人に返済はできるのか?」というところを確認しましょう。

契約書を作成するときの注意点

契約書を作成する上で注意する点を以下とおりです。

  • 感熱紙は使用できない
  • 鉛筆書きは不可
  • 拾印は押さえないでおく
  • 押印は文字と重ならないようにする

契約書のテンプレートを使って行く場合、書かれている内容・意味をきちんと理解してから使うようにしてください。

仕上げの契印・割印・消印

契約書を作成できたら、仕上げに契印・割印・消印をする必要があります。

いずれも、署名・押印時に使用したものと同じ印を用意してください。

【契印】

契約書が複数枚にわたる場合は内容を内側に重ねて、左端を2箇所ホチキスでまとめます。

見開きページの境目に借主や貸主・連帯保証人が押印してください。

契約書同士を少しずらして重ねてまたがるように借主・貸主・連帯保証人全員が押印する必要があります。

契約書に収入印紙を貼り、印紙と文書にまたがるように押印します。

消印は1人の消印鑑で構いません。

まとめ

皆さんお疲れさまでした。

あなたにあった借用書のテンプレート、その書き方を見つけることはできましたか?

お金を貸し借りした場合は契約書を作成することをおすすめしますよ。

借用書は「貸し借りに関する約束を正確に記録しておくためのもの」でそれ自体には法的な強制力はありません。

ですが、裁判では有効な証拠として使うことができるので、あなたも正しい契約書を作成して、未然に金銭トラブルを防止していきましょう。