キャッシング

医療ローンの審査は厳しい?審査にかかる時間や基準、通らない原因と対応策を解説

医療ローンの審査は厳しい?審査にかかる時間や基準、通らない原因と対応策を解説

今回のテーマは、医療ローンの審査について!

医療ローンは、ケガや病気の治療費や、美容整形や脱毛の施術費が高額で払えない..そんなとき頼りになる方法です。

でも、基準は厳しい?ゆるいローンはないの?時間はどのくらいかかる?など色々気になっちゃいますよね。

ここでは、医療ローンの審査について知りたい人へ向けて

  • 医療ローンの組み方 ~ 条件、必要書類、審査時間 ~
  • 審査に通らないのはどんな人?落ちるケースとは
  • 審査が不安、落ちてしまったときの対処法

などについて分かりやすくまとめました。

ケガや病気の医療費に悩んでいる人はもちろん、脱毛や整形でキレイになりたい女性、審査に通らないかも?と不安なフリーターや学生、主婦まで幅広い方の役に立つ情報ですので、ぜひご覧ください。

医療ローンの審査には数週間かかることもあります。そんなに待てないという方にはこちらがおすすめです。
医療ローン以外で借りる方法

医療ローンとは?審査は必須?

医療ローンとはその名の通り、医療行為を受けるときに利用できるローン商品です。主に「高額な医療費がかかる治療を受けたい!でもお金を一括で払えない…」といった状況で利用されます。

仕組みとしては、病院が提携している信販会社、もしくは銀行などとローン契約を結ぶことで、あなたの治療費を分割払いにすることができる、といった仕組みになっています。

ただし、通常のカードローンなどと同じく、利用するためには審査が必須です。審査に通ることができないと、医療ローンを組むことはできません。

また、医療ローンの大きな特徴のひとつが、美容整形や脱毛などをはじめとした保険適用外の治療にも使えるという点です。以下で具体的な内容を見ていきましょう。

美容整形、脱毛など保険がきかない治療にも使える

医療ローンは怪我や病気の治療費、入院費に使えるのはもちろん、整形や脱毛といった保険適用外の医療費にも使うことができます。

そのため「保険適用外の治療を受けたいけれど、お金がない…」といった状況ではとても重宝するローン商品です。とくに以下のような保険適用外の治療を受ける際には医療費が高額になるため、医療ローンの利用が必須とも言えます。

  • 保険適用外の治療の種類
  • 美容整形
  • 美容脱毛
  • 美容エステ
  • 歯科矯正、インプラント、ホワイトニング
  • レーシック
  • 先進医療など

それでは、保険適用外の治療というのは実際にいくらくらいかかるものなのでしょうか。湘南美容外科クリニックの治療費を例として見ていきましょう。

参考①:美容整形の相場

腫れづらいスクエア二重術 98,000円
フォーエバー二重術両眼(埋没) 195,100円
鼻尖形成術(だんご鼻解消術) 196,750円
1day美バスト 303,510円
VASER脂肪吸引ウエスト 242,400円

※全て湘南美容外科クリニック

参考②:美容脱毛の相場

全身コース(顔・VIO除く)3回 149,720円
全身コース(顔・VIO除く)6回 244,200円
パーフェクト全身コース(女性)6回 297,000円
ハイジニーナ(VIO)6回 59,070円
手足スッキリセット(肘上・肘下・膝上・膝下)6回 213,880円

※全て湘南美容外科クリニック

こうして見ると、保険適用外の治療費というのはとても高額なことが分かります。

例えば、全身脱毛をする際にかかる治療費は安くても149,720円。また、二重にする手術を受けるだけでも98,000円。一括で支払いをするとなると、経済的に負担になってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、医療ローンなら分割払いで支払うことができるので、一括払いが難しい方でも安心して保険適用外の治療を受けることができます。

医療ローンの種類

医療ローンは、主に病院やクリニックが提携している医療ローンと、銀行が扱う医療ローン、大きく分けて2種類の医療ローンが存在します。

両者にそこまで大きな違いはありませんが、違いがあるとすれば、申込み方法がそれぞれ異なります。

例えば、病院やクリニックが提携している医療ローンは、病院から申込むことが可能。オリコやジャックス、アプラス、セディナといった信販会社(クレジットカード会社)との契約になるのが特徴です。

一方、銀行の医療ローンは、都市銀行や地方銀行などが扱っているため、直接銀行に申込む必要があります。病院からは申込むことができません。

また、医療ローンごとに金利や利用条件は若干異なるため、事前によく確認し、返済シミュレーションや繰り上げ返済を活用して計画的に利用するようにしましょう。

医療ローンの審査基準はゆるい?厳しい?

医療ローンの審査基準というのはどこの金融機関も公表していないのですが、医療ローンはカードローンやキャッシングよりも金利が低いため、その分審査も厳しい傾向があります。

とはいえ、毎月の収入があって返済能力がある方であれば、審査もそこまで心配する必要はありません。なぜなら、審査の際には返済能力の有無が重要視されるためです。

なお、返済能力の有無は、年齢、収入、職業などの情報から総合的に判断されます。どれほどの基準を満たしておけばいいのか、以下で詳しく見ていきましょう。

年齢

医療ローンに申込むことができるのは、満18歳以上~満65歳未満。申込む際はこの年齢の基準を満たしている必要があるので、注意してください。

また、18歳、19歳の未成年でも本人名義で申込むことができますが、親が保証人になる必要があります。ちなみに、18歳未満の場合は、本人ではなく親名義での申込みとなるので覚えておきましょう。

収入

返済能力の有無はあなたの収入からも判断されます。収入が多ければ多いほど、審査にも有利になりやすいと思っていいでしょう。

ただ、決して収入が多くないと審査に通らないというわけではありません。1番大切なのは「安定的に収入を得ているかどうか」です。

つまり、毎月ちゃんと収入を得ている方なら、審査に通る可能性は十分にあるということです。収入が多いに越したことはありませんが、収入が少ないからといって医療ローンを諦める必要はありません。

職業

「正社員じゃないと医療ローンの審査に通らなさそう…」と思っている方もいるかもしれませんが、フリーターやアルバイト、パートでも毎月安定して収入があるのなら、ローンを組むことが可能です。

また、無職だとしても、配偶者の収入が安定している専業主婦(夫)なら審査に通過できる可能性があるので、まずは相談してみましょう。

医療ローン審査に通らないケース

一般的にローンの審査は金利が低ければ低いほど、厳しくなる傾向があります。医療ローンの金利は低めに設定されているので、誰でも審査に通るというわけではありません。

とくに以下のいずれかに該当する場合は審査に落ちてしまう可能性が高いので、申込む際は注意しましょう。

  • 利用条件を満たしていない
  • 収入が安定していない
  • 他社借入が多い
  • 延滞や債務整理をしたことがある

以下で順番に詳しく解説します。

利用条件を満たしていない

当然ですが、申込んだ医療ローンの利用条件をクリアしていないことには、審査に通ることができません。

そのため、医療ローンに申込む際には、未成年でも利用できるのか、専業主婦、学生でも利用できるのか、といった利用条件をしっかり確認した上で申込みましょう。

ちなみに、未成年だとしても18歳以上の高校生であれば、親に保証人になってもらうことで医療ローンに申込むことができます。

収入が安定していない

安定した収入がない場合は、審査に通過する可能性も低くなってしまいます。なお、ここでいう「安定した収入」とは「毎月同じくらいの収入を安定して得ている」という状況を意味します。

そのため、収入の浮き沈みがあるフリーランスの方や水商売の方などは、審査も厳しくなりがちです。

また、勤続年数が短い人も、すぐに仕事を辞めてしまう可能性を心配されてしまうので審査が厳しくなる傾向があります。

他社借入が多い

他社のローンやキャッシングの利用件数が多い、または他社から多くの金額を借りている場合は、それが原因で審査に落ちてしまう可能性があります。

このように他社借入が多い方は、まず現在の借入を減らすことが大切です。他社借入が多いと医療ローンだけでなく、他のローン商品の審査にも落ちやすくなってしまいます。

延滞や債務整理をしたことがある

医療ローンなどのローン商品の審査では、必ず信用情報を照会しています。ちなみに、信用情報とは、クレジットカードやローンなどの支払いの履歴が記録されている情報のことです。

信用情報に問題がなければいいのですが、過去に支払いを長期間延滞した、債務整理をした、自己破産をしたなどの、いわゆる「金融事故」の経験があると、審査にも不利になってしまいます。

医療ローンの組み方!審査の流れ、時間、必要書類

続いて、医療ローンの申込みから審査、契約までの流れを紹介します。

全体の簡単な流れとしては、医療ローンに申込んでから審査が実施され、審査に通ることができれば契約、といった流れになっています。難しい部分はとくにありませんね。

では、もう少し具体的な情報や注意点なども交えながら、申込み〜契約までの流れを見ていきましょう。

  1. 申込み
    病院、もしくは銀行の公式サイトや窓口で申込むことができます。なお、申込みに必要な書類は医療ローンによって異なりますのでよく確認しておきましょう。
  2. 審査
    医療ローンに申込むと必ず審査が行われます。審査に通らないと、医療ローンを組むことはできません。また、在籍確認(勤務先へ電話して籍があることを確認)される場合があるので、必要に応じて対応しましょう。
  3. 審査結果の連絡
    審査結果は、電話やメールなどで通知されます。審査に通過することができれば、契約手続について話を進めることになります。
  4. 契約
    審査も終わり契約手続きを完了すると、無事に医療ローンを契約することができます。なお、契約の際は印鑑などが必要になるケースがあるので、事前に用意しておきましょう。

審査にかかる時間

医療ローンの審査にかかる時間は、利用する医療ローンや申込状況によっても異なりますが、一般的に1日~数週間程度です。早ければ当日中に審査結果を知ることができる場合もあります。

ただ、審査を行う機関や審査の内容によっては3週間ほどかかる場合も。このように、審査にかかる時間は一概にはいえないので、医療ローンに申込む場合は余裕を持って早めに申込んでおくといいかもしれません。

必要書類

医療ローンでは申込みの際や契約の際に、以下のものが必要になります。

  • 身分証明書(運転免許・保険証・パスポートなど)
  • 支払い口座が分かるもの(通帳やキャッシュカード)
  • 支払い口座のお届出印
  • 勤務先名、住所、電話番号

基本的には身分証明書や支払い口座のお届出印など、比較的簡単に用意できるものが多いですが、念のため、申込む前に用意しておきましょう。

また、場合によっては収入を証明するための書類(源泉徴収票や給与明細書など)の提出を求められるケースもあるので、用意できる方は事前に用意しておくとスムーズに契約することができます。

医療ローンの審査落ちが心配なとき

医療ローンの審査は決して甘くないため、中には「医療ローンの審査に落ちないか不安…」という方もいるかと思います。そんな方は、医療ローン以外の方法を検討してみてください。

具体的な方法としては、クレジットカードを活用する、またはカードローンを利用するのがおすすめ。これらの方法なら、医療費を一括で支払うのを避けることができます。

以下で詳しい内容を紹介するので、医療ローンの審査が不安な方や審査に落ちてしまった方は、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードを活用する

医療ローンの審査が不安な方は、クレジットカードの利用がおすすめです。クレジットカードの分割払いやボーナス払いを活用することで、支払いの負担を軽くすることができます。

多くの病院やクリニックでは、クレジットカード払いに対応していますし、ボーナス払いなら金利手数料0円で利用できるので、クレジットカードを持っている方は選択肢のひとつとして検討しておきましょう。

とはいえ、中にはクレジットカードを持っていない方もいるかと思います。そんな方は、この機会に発行してしまうのもひとつの方法です。

ちなみに、クレジットカードを発行するなら三井住友カードがおすすめ。国内最大級のカード会社が発行しているので初めての方でも安心ですし、今なら通常1,375円の年会費がずっと無料になる、というキャンペーンを開催しています。

三井住友カード

三井住友カード
  • 今だけ!年会費永年無料!
  • 新規入会&アプリログインで最大12,000円還元!
  • 最短翌営業日にカード発行!

また「クレジットカードの審査も不安…」という方には、ライフカードがおすすめです。
ライフカードは独自の審査基準を持っているため、他のクレジットカードよりも審査に通過しやすい傾向があります。また、年会費も永年無料なので、保有することで生じるデメリットもとくにありません。

ライフカード

ライフカード
  • 年会費永年無料!
  • 最短3営業日でカード発行!
  • 入会&利用で最大13,000円相当ポイントプレゼント!

カードローンで借りる

カードローンとは保証人も担保も不要な上に、使い道が自由なお金を即日受け取ることが可能なローン商品のことです。

「月々3,000円から返済」などと、カードローン会社で決めている金額を毎月支払っていくので、医療ローンと同じように少ない負担で返済することができます。

なお、医療ローンよりも金利が高いというデメリットはありますが、無利息サービスを上手に使うことで、利息0円で利用することも不可能ではありません。

例えば消費者金融のプロミスは、30日間無利息サービスがあるので、無利息期間中に完済できれば利息0円で利用することができます。

また、プロミスは即日融資も可能なので「急いでお金を用意する必要がある」といった事情を抱えている方でも安心。お急ぎの方にはおすすめの消費者金融です。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • 最短1時間融資!
  • 消費者金融の中でも年17%台で低金利!
  • 30日間無利息サービス!

248人の方が当サイト経由でプロミスの審査に通りました

とはいえ「カードローンの利用には抵抗がある…」といった方も中にはいるかと思います。そんな方は「ACマスターカード」の利用を検討するのもおすすめです。

ACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行しているクレジットカード。アコムが発行しているということもあり、カードローン機能が搭載されているのが特徴です。

そのため、クレジットカードではあるものの、カードローンとして利用することもできます。設定できる最大限度額は800万円までなので、高額な医療費の支払いも十分カバーすることができますよ。

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 最短即日!スピード発行!
  • 国際ブランドMastercardのクレジット機能付き!
  • 年会費永年無料!

5847人の方が当サイト経由でACマスターカードの審査に通りました

医療ローンの審査まとめ

今回の記事では、医療ローンの基本的な情報や審査の難易度、利用の流れや医療ローン以外の選択肢などについて紹介しました。以下まとめです。

まとめ
  • 医療ローンは保険適用外の治療にも利用できる
  • 審査は必須。難易度は決して低くない
  • 審査にかかる時間は1日~数週間程度
  • 審査が不安ならクレジットカードやカードローンを活用しよう

医療ローンは、整形や脱毛などの保険適用外の治療には欠かせない存在です。本来一括払いで支払う医療費を分割できるため、経済的な負担を大きく減らすことができます。

しかし、審査に通りやすいわけではないので、審査に自信がない方は医療ローンではなく、クレジットカードやカードローンなどの利用を検討しましょう。