キャッシング

ファクタリングで即日資金調達!|来店不要・個人事業主・少額OKのおすすめ業者を紹介

ファクタリングで即日資金調達!|来店不要・個人事業主・少額OKのおすすめ業者を紹介

ファクタリングは、即日入金できる資金調達手段として利用する企業や個人事業主が増えています。

来店不要で少額からも利用可能なので、突然の資金にも対応できる便利なサービスですが、知っておかないとトラブルになりかねない注意点もあります。

ここでは、中小企業の経営者や個人事業主の方へ向けて

  • ファクタリングのしくみやメリットを分かりやすく解説
  • ファクタリングの注意点(即日調達のポイント、業者の選び方など)
  • 即日資金調達に対応した口コミ・評判の良いおすすめ業者

といった情報をまとめて解説します。

急いで資金を用意したい方はもちろん、いざ必要になった時に焦らず対応できるように、ぜひ知っておいていただきたい内容です。

なお、今回は、法人や個人事業主向けのファクタリングに関してお話していきます。

サラリーマンなど個人向けの給料ファクタリングについては、こちらをご覧ください。

個人向け給料ファクタリングのおすすめ会社一覧|仕組みと安全性も解説!

即日調達!土日も対応!満足度No.1獲得のファクタリング『資金調達ペイ』

数あるファクタリング会社の中でも1番おすすめなのが、即日対応OKの「資金調達ペイ」です。

資金調達ペイは、少額の利用から高額の資金調達にも対応した資金力が魅力のファクタリング会社。しかも、申込んだその日に現金を用意することができるため、お急ぎの事情がある方にはとくに高い評価を得ています。

申込むのはとても簡単。スマホやFAXで請求書を送るだけで申込めるので、急ぎの資金調達にはとても向いているサービスだと言えるでしょう。

提出書類も必要最低限に抑えられているので利用しやすいですし、郵送での契約も可能なので来店不要。そのため、普段忙しい方でも安心して利用することが可能です。

また、資金調達ペイの公式サイトでは、4項目に回答するだけで査定結果が分かる簡単査定を受けることができます。利用する前にまずは簡単査定を試してみてください。

ファクタリングは即日調達可能!個人事業主OK

「ファクタリング」と一口に言っても、その詳しい内容や概要はあまり知られていないことがほとんど。そこで、ここではファクタリングの仕組みや内容について簡単に紹介します。

そもそもファクタリングとは、以下のようなシーンに活用されるサービスです。

  • 取引先からの入金が遅れていて家賃や人件費を払えない
  • 今すぐ資金調達したい
  • 金融機関で融資を断られた
  • 担保や保証人を立てられない
  • 信用情報に傷をつけたくない

活用されるシーンにはさまざまありますが、つまり、資金調達をする手段のひとつということです。信用情報には影響がないため、ブラックの方でも利用できます。

では、いったいどんな仕組みで資金調達ができるのでしょうか。以下でファクタリングの詳しい仕組みや特徴を見ていきましょう。

ファクタリングのしくみ

ファクタリングは、あとで支払われる売上金を受け取る権利(売掛債権)をファクタリング会社へ売却することで現金を調達する、という仕組みになっています。

取引先からの入金がある前に現金化できるので、急ぎの事業資金、運転資金、つなぎ資金を調達可能。「取引先からの入金さえあれば凌げるのに、入金はまだ先。でも今すぐお金が必要…」という場面では重宝するサービスです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには大きく分けて「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類のファクタリングが存在します。それぞれの特徴を見ていきましょう。

■2社間ファクタリング
2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社の2社の契約のことを意味します。取引先へ知られることなく売掛債権を売却できるので、取引先の信頼を損ねる心配がないのが特徴です。

■3社間ファクタリング
一方、3社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社に加えて、取引先の同意を得た上で契約するタイプのファクタリングです。合計で3社が関わっているため「3社間ファクタリング」と呼ばれています。

2社間ファクタリングとは違い、売掛金の支払い請求が直接取引先へ行われるのが特徴です。

また、取引先にファクタリングしたことが知られてしまうデメリットがありますが、その分2社間ファクタリングよりも手数料が低めに設定されています。

メリット・デメリット

ファクタリングは資金調達の手段としてはとても便利なサービスです。

しかし、メリットがあればその分デメリットもあります。以下でファクタリングを利用するうえでのメリット、デメリットを順番に見ていきましょう。

■メリット
  • 最短即日入金でスピーディー
  • 来店不要・少額にも対応
  • 審査基準が柔軟
  • 取引先に知られずに利用できる※
  • 信用情報に影響しない
  • 延滞など信用情報に傷があっても利用できる
  • 担保・保証人不要
  • 取引先が倒産・廃業しても支払わなくていい※
    ※2社間ファクタリングの場合

ファクタリングはあくまで融資ではなく売買契約のため、審査基準が柔軟です。そのため、起業して間もない個人事業主でも、審査に通れるか心配することなく利用することができます。

さらに、信用情報の状態に関わらず利用できるので、普段カードローンの審査に通らないような方でもOK。利用できるハードルが低いので、資金調達に困っている方にとっては魅力的なサービスだと言えるでしょう。

また、2社間ファクタリングの場合は取引先へ知られる心配がなく、賠償請求権がないので、万が一取引先が倒産して売上金の回収ができなくても支払いを求められません。つまり、少ないリスクで資金調達が可能なのです。

■デメリット
  • 手数料がかかる
  • 売掛金の金額までしか調達できない
  • 一括払い

一方、デメリットとして挙げられるのが上記の3つ。特に大きなデメリットとして「手数料が高い」という問題があります。

ファクタリングを利用する際の一般的な手数料の目安としては、2社間ファクタリングが売掛金額の10~30%、3社間ファクタリングが1~5%。手数料は決して安くないので、何度も利用するのには向いていないですね。

また、売り上げが入金されると一括での支払いとなるため、分割払いや支払いの延期などには対応していません。そのため、計画的に利用しないと、さらに資金繰りに困ってしまう原因にもなります。

即日ファクタリングの手続方法

では、実際にファクタリング会社を利用する際は、どのような流れで手続きを進めればいいのでしょうか。

以下でファクタリングを利用する際の申込み〜支払いまでの流れを見ていきましょう。

ファクタリングの流れ

一般的なファクタリング(2社間ファクタリング)の流れは以下の通りです。ファクタリングを利用するために複雑な手続きが必要になる、といったことはありません。

  1. 問い合わせ
    電話やWEBからファクタリング会社へ相談、問い合わせをします
  2. 審査
    入金日や金額などの希望、提出書類を元にファクタリング会社が審査を行います。ヒアリングや面談を行う場合もあります
  3. 契約
    ファクタリング会社と契約を交わします
  4. 入金
    指定口座へ振り込まれます
  5. ファクタリング会社へ支払い
    取引先から売上金の入金があったらファクタリング会社へ支払います

なお、ファクタリング会社によって異なりますが、申込みから入金までの手続きは即日で完了するケースもあります。例えば上記で紹介した「資金調達ペイ」などがそうですね。

全てのファクタリング会社が即日対応しているわけではないので、緊急でお金を用意する必要がある場合は、事前に即日対応が可能かどうかしっかり確認しておきましょう。

審査に必要な書類

ファクタリング会社を利用する際は、審査・契約の際に書類の提出が必要になります。

また、どんな書類が必要になるかは利用するファクタリング会社によっても異なりますが、主に次のような書類が必要になるケースが多いです。

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 取引先との契約関連書類(請求書、見積書、契約書など)
  • 取引状況が分かる預金通帳
  • 納税証明書
  • 社印、印鑑証明書
  • 登記簿謄本

ただ、繰り返しになりますが、どんな書類が必要になるかは利用するファクタリング会社によっても異なります。そのため、必要な書類に関しては申込みする際に確認するようにしましょう。

即日調達のためのポイント

ファクタリング会社の中には、即日で入金してくれる業者も存在しますが、即日で資金調達するには、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。中でも重要なポイントが以下の4つです。

  • 利用条件をよく確認する
  • 即日入金対応のファクタリング会社を選ぶ
  • 申し込みや審査・契約の必要書類をそろえておく
  • 午前中までに申し込みをする

とくに重要なのが利用条件の確認。不要なトラブルを避けるためにも、入金日や手数料などは事前にしっかり確認するようにしてください。

なお、即日中に入金してもらうためには、2社間ファクタリングを利用するのが一般的です。ただし「2社間は手数料が3社間よりも高い」という事実は忘れないようにしましょう。

また、急ぎの場合は、複数のファクタリング会社へ見積もりする時間が取れない可能性もあります。そのため、即日で入金してくれるかどうかは、事前にしっかりチェックしておきたいポイントです。

即日対応のファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社を選ぶ際は、急いでいるときこそ慎重な選択が求められます。適当にファクタリング会社を選んでしまうと「実は即日対応していなかった」という状況に陥る可能性があるためです。

また、手数料やスピードをアピールした誇大広告を出している悪徳業者もいるので、うっかり利用しないように注意。以下で即日対応してもらえる&安全なファクタリング会社の選び方を紹介します。

利用条件が明示されている

ファクタリング会社を選ぶ際は、手数料などの利用条件が分かりやすく明確に示されている業者を選びましょう。この部分が曖昧な業者だと、あとで割高な手数料を請求される可能性も否めません。

また、手数料を確認できたら、相場と照らし合わせて高すぎないかどうかチェックするようにしてください。ちなみに、ファクタリングの手数料の相場は以下の通りです。

■手数料相場
  • 2社間ファクタリング:売掛金額の10~30%
  • 3社間ファクタリング:売掛金額の1~5%

この相場よりも高い手数料を設定しているファクタリング会社は、違法ではないものの悪質業者である可能性があります。その場合は利用しないように注意してください。

ファクタリング会社の対応

問い合わせや見積依頼に対する態度や姿勢から、信頼できる会社かどうかある程度判断することができます。疑問点などをしっかり解消してくれる、無理な勧誘をしない会社は信頼できると思っていいでしょう。

一方、疑問点を投げかけても曖昧な回答しかされない、無理な勧誘をしてくるような業者はおすすめできません。このような業者は利用しないのが無難です。

実績や口コミ・評判

ファクタリング会社を選ぶ際は、取引実績が豊富なファクタリング会社かどうか、利用者の口コミや評判も参考にしましょう。

取引実績が豊富かどうかは公式サイトからでもある程度確認できますし、評判な会社であれば、社名でインターネット検索した際にいくつかのサイトが紹介しているはずです。

しかし、取引実績や評判などを確認しても「やっぱり不安…」と感じる方もいるかと思います。

そんな方は、上記でも紹介した「資金調達ペイ」を利用しましょう。資金調達ペイなら取引実績も豊富ですし、高い評判を得ているので安心して利用することができますよ。

即日入金に対応のおすすめファクタリング『資金調達ペイ』
  • 満足度No.1獲得!
  • スマホで撮って送るだけだから簡単!FAXもOK
  • 来店不要で契約!

即日ファクタリングまとめ

今回の記事では、ファクタリングの仕組みやメリット、利用する際の注意点や即日対応してくれるファクタリング会社の選び方について紹介しました。以下まとめです。

まとめ
  • ファクタリングは即日で資金調達可能
  • ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」がある
  • 即日で資金調達するためには、2社間ファクタリングを利用するのが一般的
  • 2社間ファクタリングは手数料が高いので注意
  • 急いでいてもファクタリング会社選びは慎重に

ファクタリングは「今すぐ取引先からの入金があれば助かるのに…」といった悩みを解消してくれる魅力的なサービスです。

しかし、全てのファクタリング会社が即日対応してくれるわけではないので、ファクタリング会社を選ぶ際は注意が必要です。

また、相場よりも高い手数料を請求してくる悪質な業者も存在します。そのため、ファクタリング会社を選ぶ際は、即日対応してくれるのかどうか、悪質業者でないかどうかをしっかり見極めてから利用するようにしてくださいね。