キャッシング

電気が止まったけど払えない!土日でも早く送電再開させる方法と払えない時の対処法・裏ワザを大公開!

電気が止まったけど払えない!土日でも早く送電再開させる方法と払えない時の対処法・裏ワザを大公開!

電気が止まった場合、電気が点かないだけじゃなく、電話や給湯器、携帯充電もできなくなってしまうのでとても困りますよね。

ここでは、電気が止まった!電気料金が払えない!という人へ向けて

  • 電気をいち早く復旧させる方法
  • 料金滞納から何ヶ月で止まる?
  • 電気代を払えないときの解決策

などをまとめて解説しています。

夏場の暑い日や真冬に止められたら命にかかわりますし、我慢できるからといって滞納を放置すれば法的手段を取られる危険もあります

送電停止のリスクや土日・深夜の送電再開についてもお話していますので、焦らず最後まで読んでいただき、的確な対処をしてくださいね。

電気代を払うお金がなくてお困りなら、カードローンで一時的に立て替えて支払ってしまいましょう!はじめての人は30日間利息がかからないし、即日借りれるのですぐに電気を復旧できます。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • 最短1時間で融資可能!
  • はじめての方は30日間利息ゼロ!
  • 50万円までなら原則本人確認書類だけでOK!

248人の方が当サイト経由でプロミスの審査に通りました

電気が止まった!最速で送電再開させる復旧方法

電気が止まってしまうと照明はもちろん、冷蔵庫やクーラーも使えなくなってしまうなど、あなたの生活が一気に不便になってしまいます。そのため、電気が止まった際はいち早く復旧させましょう。

ちなみに、送電を再開するための手順はとても簡単なので安心してください。基本的には以下の手順に沿うだけで電気を復旧してもらうことができます。

  1. 払込用紙を使ってコンビニで支払う
  2. 電力会社へ送電再開を依頼する

基本的には払込用紙などで電気代を支払った後に、電気会社へ送電再開の依頼をすることで復旧してもらうことが可能です。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

払込用紙を使ってコンビニで支払う

電気代を滞納すると自宅に「○月分の電気代が未納です」といった内容のハガキと共に、払込用紙が送られてきます。その払込用紙はコンビニで利用することができるので、近くのコンビニから支払っておきましょう。

また、電気会社によっては滞納している電気代をクレジットカードや口座振替で支払うことも可能ですが、コンビニのほうが簡単&支払った情報が即座に反映されるので、支払い方法としてはコンビニ払いがおすすめです。

とはいえ、「すぐに電気を復旧したいけれどお金がない…」という方もいるかと思います。そんな方は、一時的にカードローンで電気代を借りることも検討しましょう。

電気が止まってしまうと、いつも通りの生活を送ることはもはや不可能です。最悪命に関わる危険もあるので、カードローンを利用してでもまずは電気を復旧させることを優先してください。

ちなみに、カードローンには様々な種類がありますが、利用するなら即日融資に対応&無利息サービスがあるカードローンがおすすめ。即日融資のカードローンならすぐに電気代を支払うことができますし、無利息サービスがあれば利息の負担を心配することもありません。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • 最短1時間で融資可能!
  • はじめての方は30日間利息ゼロ!
  • 50万円までなら原則本人確認書類だけでOK!

248人の方が当サイト経由でプロミスの審査に通りました

電力会社へ送電再開を依頼する

未納していた電気代の支払いが済んだら、電力会社へ連絡しましょう。「電気代を支払ったので電気を再開して下さい」と伝えることで、送電してもらえます。

ちなみに、大手電力会社の問い合わせ先の電話番号は以下のとおりです。送電再開の依頼をする際は、自分が利用している電力会社へ問い合わせてください。

電力会社 問い合わせ先
北海道電力
  • 道北支社:0120-63-5154
  • 北見支社:0120-67-5154
  • 道央支社:0120-68-5154
  • 道東支社:0120-78-5154
  • 釧路支社:0120-76-5154
  • 道南支社:0120-79-5154
  • 苫小牧支社:0120-83-5154
  • 函館支社:0120-86-5154
東北電力 0120-175-266
東京電力 0120-995-007
北陸電力 0120-167-540
中部電力 0570-048-155
関西電力 0800-777-8810
中国電力 住んでいる地域によって異なる。詳しい問い合わせ先はこちら
四国電力 住んでいる地域によって異なる。詳しい問い合わせ先はこちら
九州電力 住んでいる地域によって異なる。詳しい問い合わせ先はこちら
沖縄電力 0120-586-391

ちなみに送電再開の依頼は、電話以外にもweb受付に対応しているケースが多いです。そのため、「電話がなかなか繋がらない…」という方は、一度webから問い合わせてみるのがおすすめです。

いつ復旧できる?送電再開までの時間

「電気代を支払ったあとは、いつ復旧されるのか」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。結論からいうと止められた電気は、電気代を支払ってから1〜2時間ほどで復旧します。

ただし、必ず1〜2時間で復旧するというわけではなく、復旧までの時間は電力メーターの種類や作業状況で左右されるので注意しましょう。

例えば、工事が必要なアナログ式メーターで、作業員の工事予定が詰まっているような場合は1〜2時間以上かかることもありますし、デジタル式のスマートメーターなら10分程度で再開されることもあるなど、復旧にかかる時間は状況によってもバラバラなのです。

ちなみに、いずれも利用者の立ち会いは不要です。また、復旧する際に手続きが必要になることも原則ないので、基本的には待っているだけで電気を復旧してもらうことができます。

なお、復旧してもらう際は電力会社から「復旧します」といった連絡はありません。そのため、ドライヤー、アイロン、ヒーターなど火災や事故につながる機器の電源は必ず切っておきましょう。

土日や深夜でも再開できる?

「土日や深夜でも復旧してもらえるのか心配…」という不安を抱えている方も多いかと思います。

ただ、土日や深夜でも復旧してもらえるかどうかは、電力会社によっても異なります。なお、大手電力会社各社が復旧に対応している時間は以下のとおりです。

電力会社 24時間対応
北海道電力
東北電力 △地域による
東京電力 ○(ただし、工事が必要になる場合は午前9時から順次対応)
北陸電力
中部電力
関西電力
中国電力
四国電力
九州電力
沖縄電力 ×午前9時から順次対応

ここで注意しておきたいのが、全ての電力会社が24時間対応しているわけではない点です。

例えば、沖縄電力では深夜の復旧作業は行なっておらず、基本的には午前9時から順次対応しています。

このように電力会社によってはすぐに対応してくれないケースがあるので、場合によっては「電気代を払ったのになかなか送電開始されない…」という状況に陥ることがあるかもしれません。

料金滞納で電気が止まった際の流れ

<画像>

料金を滞納してから電気が止められてしまうまでの流れは電力会社によっても多少異なりますが、一般的には次のような流れになっています。

  1. 検針日
    まずは検針日(電力メーターのメモリを読み取る日)に使った電気の量を確認され、その電気の量にもとづいて電気代が確定します。ちなみに、支払い期限は検針日の約30日後に設定されていることがほとんどです。
  2. 支払い期限
    支払い期限が経過したにも関わらず電気代を支払っていないと、払込用紙が付いた督促状が郵送されます。この段階では、まだ電気が止められることはありません。
  3. 最終支払い期限
    払込用紙が付いた督促状が郵送されても電気代を支払わないでいると、最終支払い期限の前後に「〇月〇日までにお支払いいただかないと送電を停止します」といった内容の送電停止通知がハガキや封書で届きます。
    なお、最終支払い期限は、本来の支払い期限から10日〜20日後です。検針日から数えると検針日の約50日後ということですね。
    つまり、支払い期限には「通常の支払い期限」と「最終支払い期限」の2段階があるのです。
  4. 送電停止
    最終支払い期限を過ぎても支払いがされない場合は、電気を止められてしまいます。
    最終支払い期限から何日後に電気が止められてしまうかは電力会社によっても異なりますが、数日〜1週間ほどで止められてしまうケースが多いようです。

ちなみに、大手電力会社各社の支払い期限は以下のとおりです。

電力会社 支払い期限 最終支払い期限
北海道電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
東北電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
東京電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
北陸電力 検針日の31日後 支払い期限から約2~3週間後
中部電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
関西電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
中国電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
四国電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
九州電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後
沖縄電力 検針日の31日後 支払い期限の20日後(一部の地域は30日後)

上記のとおり、ほとんどの電力会社では最終支払い期限を「支払い期限の20日後」としています。

この期限を過ぎてしまうと順次電気が止められてしまうので、どんなに遅くとも最終支払い期限までには支払っておくようにしましょう。

土日や夜間でも止まる?

基本的には、土日や夜中に電気が止まってしまうようなことはありません

というのも、ほとんどの電力会社では、電気を止める作業を土日以外の朝〜夕方にかけておこなっているためです。

ただ、土日や夜中の時間帯を明けてしまうと電気が止められてしまうので、できればまだ電気が止められていないタイミングで電気代を支払うようにするのが理想です。

電気代を滞納してるけどまだ電気は止めれれてないという人は、カードローンを活用してすぐに支払ってしまいましょう。プロミスなら土日も即日融資に対応しているので、電気代を一時的に借りるのに最適です。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • 最短1時間で融資可能!
  • はじめての方は30日間利息ゼロ!
  • 50万円までなら原則本人確認書類だけでOK!

248人の方が当サイト経由でプロミスの審査に通りました

電気が止まったときのリスク

「電気が止まってしまう」と聞くと多くの人が「日常生活に支障がでる」というリスクを想像するかと思いますが、電気が止められた際のリスクというのはそれだけではありません。

特に以下の4つのリスクに関しては「知らなかった」では済まされないものばかりです。

  • 日常生活がストップして命の危険も
  • 延滞利息が発生する
  • 保証金を求められることがある
  • 無視し続けると法的手段を取られる可能性も

上記のとおり、電気が止まったことが原因で命の危険にさらされる可能性もあります。それぞれの内容について以下で詳しく見ていきましょう。

日常生活がストップして命の危険も

電気が止められてしまうリスクとして、誰もが1番最初に思いつくのが「日常生活への支障」ではないでしょうか。それほどまでに「電気」というのは生活に必須な要素です。

電気が止まると、冷蔵庫やテレビ、エアコン、スマホ充電器や給湯器など、全ての電化製品が使えなくなってしまいます。

その結果、シャワーは冷水、夜は真っ暗。しかも真夏や真冬にエアコンを使うこともできません。

特に寒冷地に住んでいる方は、真冬にエアコンや電気ストーブが使えないと命を失ってしまう危険もあります。

延滞利息が発生する

電気料金を滞納すると年10%(1日あたり約0.03%)の延滞利息がかかってしまいます。

「年10%」という数字だけを見てもあまり大きな負担に感じないかもしれませんが、人によっては高額になる可能性もあるので注意しましょう。

ちなみに電力会社にもよりますが、通常の支払い期限を過ぎても延滞利息の請求を10日ほど猶予してくれる場合があります。この場合、支払日期限から10日以内に電気代を支払うことができれば、延滞利息も発生しません。

保証金を求められることがある

電力会社によっては、電気代を滞納したことがある利用者に対して、送電を継続する条件として保証金を求めている場合があります。

例えばですが、「東京電力エナジーパートナー」では電気代を滞納したことがある利用者に対し、送電を継続する条件として「月額料金の3ヶ月分に相当する金額を保証金として預けてもらう場合がある」と定めています。

この保証金は、再度電気代の未納があった際に充当される仕組み。保証金を預けてから2年以内に返還してもらうことはできますが、経済的な負担になってしまうことには違いないでしょう。

無視し続けると法的手段を取られる可能性も

電気代を支払っていないと郵送などで督促がされるのですが、督促を無視し続けていると、裁判所を介して最終的には差し押さえなどの法的手段を取られてしまう可能性があります。

差し押さえをされてしまうと、給与はもちろん、車や住宅などの財産を失ってしまうことも。結果的に、普段の生活にも大きな支障がでてしまいます。

そのため、督促状が届いた際はすぐに滞納している電気代を支払うようにしましょう。手元にお金がない場合は、カードローンなどで立て替えてでも支払っておくことをおすすめします。

電気が止まったけど払えない場合の解決策

電気が止まってしまってしまうと「最悪の場合命を失う危険がある」など、大きなリスクが伴います。できることなら電気代だけは滞納せずに支払っておくべきですが、経済的な事情から支払うことが難しいこともありますよね。

そんな方は以下の方法を実践してみてください。

  • 送電停止を待ってもらう
  • 1アンペアブレーカーを設置する
  • 一時的にお金を借りて支払う

これらの方法なら、電気が止まってしまうことを避けることが可能です。以下で詳しい内容を順番に見ていきましょう。

送電停止を待ってもらう

お金がなくてどうしても電気代を支払うことができない場合は、まず電力会社へ相談してみましょう。

基本的に送電停止を待ってもらうことはできませんが、事情によっては送電停止の延期に応じてもらえる可能性もなくはありません。

ただ、繰り返しになりますが、基本的に送電停止を待ってもらうことはできません。あくまで「相談しないよりは相談したほうがマシ」くらいに思っておきましょう。

1アンペアブレーカーを設置する

1アンペアブレーカーとは、経済的な事情でどうしても電気代が払えない家庭にのみ設置が許されているブレーカーのことです。

過去に電気代が払えず電気を止められた家庭があったのですが、照明がわりに使っていたロウソクが原因で火事になってしまったのをきっかけに導入されたと言われています。

1アンペアブレーカーが導入されてさえいれば、送電停止後も1A(100W)まで電気を使うことが可能です。例えば、照明、携帯充電、扇風機などの電化製品であれば、なんとか利用することができます。

ただし、1アンペアブレーカーがない世帯は新しく1アンペアブレーカーを取り付けてもらわないといけないですし、設置期間も制限されているので、気軽に利用することが難しいのが現状です。

一時的にお金を借りて支払う

電気代を支払うお金がないときは、一時的にカードローンでお金を借りて支払うことも検討しましょう。

土日祝日に関わらず即日融資が可能なカードローンであれば、タイミングに関係なくすぐに電気代を支払うことができますし、一定期間利息がかからない無利息サービスがついているカードローンなら、利息の心配も不要です。

とはいえ、カードローンの利用に不安がある方もいるかと思います。以下では、そんな方に向けて安心して利用できる&即日融資が可能なカードローンを紹介するので、ぜひ検討してみてください。

プロミス

大手消費者金融のプロミスは申込みから最短1時間で融資が可能と、お急ぎの方にはぴったりのカードローンです。

WEB完結が可能なのでスマホやパソコンが1台あれば、すぐにお金を借りることができます。さらに、プロミスの利用が初めての方なら30日間無利息で利用できるので、利息の負担を気にする必要もありません。

圧倒的な知名度を誇っているので、安心して利用できるのも魅力。「初めてカードローンを利用する」という方にもおすすめです。

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • 最短1時間で融資可能!
  • はじめての方は30日間利息ゼロ!
  • 50万円までなら原則本人確認書類だけでOK!

248人の方が当サイト経由でプロミスの審査に通りました

ジェイスコア

ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して設立したカードローンです。大手企業が出資して設立したということもあり、安心して利用することができます。

また、少し変わった仕組みのカードローンとなっており、事前にいくつかの質問に答えることであなたの信用をAIが数値化してくれるのですが、その数値をもとに借入可能額や金利をあらかじめ知ることが可能です。

そのため、「思ってたより利息が高かった…」ということもありません。「安心してお金を借りたい」という方には特におすすめのカードローンです。

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)
融資上限額 即日融資 融資時間
1,000万円 最短即日
  • WEB完結!即日融資可能!
  • 業界最高水準の低金利(年0.8%~12.0%)
  • 申し込み前に金利や借りれる金額が分かって安心!

(※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

電気止まったまとめ

今回の記事では、電気が止まった際に復旧する方法や実際に電気が止められてしまうまでの流れ、電気が止まってしまう際に生じるリスクなどについて紹介しました。以下まとめです。

まとめ
  • 電気が止まった際は、支払いをしてから電力会社に復旧の依頼をすることで復旧可能
  • 送電再開までの時間は状況によって異なる。基本的には約1〜2時間程度
  • 電気が止められてしまうのは、検針日から約50日を過ぎてから
  • 基本的に土日や夜中に電気が止まることはない
  • 電気が止まってしまうと最悪命を失う危険がある
  • 電気代が支払えない際はカードローンの利用も検討しよう

電気が止まってしまうと生活が不便になってしまうどころか、場合によっては命を失ってしまう原因にもなりかねません。

そのため、電気が止まってしまった際はカードローンを利用する、不要なものを売るなどして、早急に電気代を支払うようにしましょう。