目的別クレジットカード比較!

LINE Payでクレジットカード決済!登録&支払い方法を解説~Visa LINE Payカード情報も

LINE Payでクレジットカード決済!登録&支払い方法を解説~Visa LINE Payカード情報も

LINE Payは、LINEユーザーなら誰でもキャッシュレスで支払いできる便利なサービスです。

でも、クレジットカードからチャージできるの?クレジットカードとしても使える?クレジットカードが登録できない..などと悩んでしまうことも。

そこで今回は、LINE Payのクレジットカード決済について知りたい方へ向けて

  • LINE Payのクレジットカード決済のしくみと注意点
  • クレジットカードの登録・変更方法
  • LINE Payと組み合わせて得するクレジットカード

などの情報をまとめて紹介していきます。

LINE Payをもっと便利に使いこなしたい人、これからLINE Payを使ってみたいと考えている人は、ぜひご覧ください。

LINE Payのクレジットカード「Visa LINE Payカード」に関する情報もありますのでお見逃しなく!

LINE Payよりシンプル・誰でも簡単にVisa加盟店で使えるカードはこちら↓↓

バンドルカード

  • 年齢制限なし!1分で作れる!プリペイドカード
  • オンラインショップで「カード払い」決済!
  • 街のお店で「クレジットカードで」と伝えてお支払い!

バンドルカードは、年齢制限なく誰でも作れる「VISAプリペイドカード」です。

専用アプリから1分あれば「バーチャルカード」を即発行!オンラインショップなどで、クレジットカード払いとしてすぐに利用することができます。

リアルカードとして発行すれば、実店舗でのクレカ決済も可能です。

LINE Payにクレジットカードでチャージできる?

LINE Payは、国内で3,000万人以上が登録している「キャッシュレス決済サービス」です。

LINEアプリをスマホにインストールしていれば、今すぐ、誰でも簡単に利用することができます。

オンラインショップや店舗での決済はもちろんのこと、友人間での割り勘など様々なシーンで「支払い」「送金」を行うことができます。

LINE Payの基本的な使い方

LINE Payでの支払い方法は3つです。

コード支払い、オンライン支払い、請求書支払いが可能で、事前にチャージしておくことで、チャージ額を限度として決済することができます。各支払方法の要領をご紹介しましょう。

  • コード支払い
    LINE Payの加盟店で、スマホ画面で表示されているコードをスキャンしてもらうか、逆にスマホでお店のコードを読み取ることで決済することができます。財布を出さずにスピーディーに決済できて非常に便利ですね。
  • オンライン支払い
    LINE Pay対応のオンライン加盟店のサイトにて、支払方法で「LINE Pay」を選ぶだけで決済できます。
  • 請求書支払い
    なんと、コンビニで支払うバーコード付きの請求書をLINE Payで支払うことが可能です。LINE Payでバーコードを読み取れば支払ができます。公共料金などをコンビニ払いにしており、毎月コンビニに行って支払をしている場合は、これからは自宅にいながら支払いが済みますので便利ですね。

この3種類の他に、JCB加盟店でクレジットカードとして利用できる「LINE Payカード」が発行できたり、スマホをかざすだけで支払いすることができる「QUICPay+」(Androidのみ対応)との連携も可能です!

クレジットカードからはチャージできない

現状、クレジットカードからLINE Payへチャージすることはできません。
LINE Payのチャージ手段は以下5つです。

  • 銀行口座(手動/オートチャージ)
  • セブン銀行ATM
  • QRコード/バーコード
    利用可能店舗:AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズ
  • LINE Pay カード
    利用可能店舗:ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズ
  • ファミリーマート設置のFamiポート

簡単に上記5つのチャージ方法を解説します。

【 銀行口座からのチャージ 】
LINE Payに銀行口座を登録します。いつでも好きなタイミングでチャージができます。オートチャージ機能もあり、残高が一定の金額以下になると、あらかじめ設定していた金額が銀行口座から自動チャージされます。都度チャージする面倒もないので、より便利にLINE Payを利用できますね。

・手順
  1. LINEで「ウォレット」タブをタップ
  2. 「+」をタップ
  3. 「銀行口座」をタップ
  4. 登録した銀行口座をタップ
  5. チャージ金額を入力して「チャージ」タップ
  6. 「パスワード」入力でチャージ完了!

【 セブン銀行ATMからのチャージ 】
全国25,000ヶ所以上に設置されているセブン銀行ATMからチャージできます。使い方は「スマホチャージ」「LINE Payカードチャージ」の2つ。

・手順

(スマホチャージ)
LINE Pay画面の「チャージ」ボタンから「セブン銀行ATM」をタップ。コードリーダーが起動するので、ATMに表示されたバーコードを読み取ることで、ATM取引が開始されます。チャージ金額を指定して現金を入金すると、LINE Payにチャージ完了。

(LINE Payカードチャージ)
セブン銀行ATMに、LINE Payカードを挿入するだけで取引が開始。チャージ金額を指定して現金を入れるとチャージ完了。

【 QRコード/バーコードでチャージ 】
コンビニなどの「QRコード/バーコード」チャージが対応している店舗でチャージする方法です。店員さんに「LINE Payのチャージがしたい」と伝え、チャージする現金を渡します。
LINE Payのコードを読み取ってもらえばチャージ完了。

・手順
  1. LINEを起動
  2. 「ウォレット」タブをタップ
  3. LINE Payをタップ
  4. 「+」をタップ
  5. 「QRコード/バーコード」をタップするとコードが表示されるので、現金を渡して読み取ってもらうことでチャージ完了!

【 LINE Pay カードにチャージ 】
対応店舗でLINE Payカードを渡し、チャージしたい金額を渡せばチャージできます。

・手順
  1. LINEを起動して、ウォレットタブをタップ
  2. 「+」をタップ
  3. 「LINE Payカード レジチャージ」タップ、店員に現金を渡してチャージ完了

【 Famiポートでチャージ 】
ファミリーマートに設置されている「Famiポート(※1)」でチャージが可能。

※1:Famiポートは、コンサートや高速バスなど、様々な支払サービスを利用することができるマルチメディア端末です。

・手順
  1. LINE Payを起動
  2. 「+」をタップ
  3. 「コンビニチャージ」をタップ
  4. チャージ金額を入力
  5. 受付番号、予約番号が表示されるので、Famiポート上で入力するとレシートが発行
  6. レシートを店員に渡し支払することでチャージが完了

LINE Payクレジットカード決済の登録方法

LINE Payにクレジットカードを登録しておくことで、LINE Pay経由でクレジットカード決済が可能になります。

LINE Payは通常「事前チャージ式」ですが、クレジットカードを登録しておけば、クレカの支払サイクル通りの「後払い式」で決済できます。

つまり、残高不足を心配したり、毎回クレジットカード情報を入力する手間からも開放され、よりスマートな決済が可能!

しかし、LINE Payのクレジットカード決済は、「LINE STORE」や「LINE Taxi」などの、LINEが提供する関連サービスのみ利用可能です。コンビニや飲食店では現状使えないので覚えておきましょう。

これから利用できる範囲は広がっていくと思われますが、LINE関連サービスを利用される方には利便性が高いので、クレジットカードを登録しておくと良いでしょう。

※LINE Payクレジットカード決済は現状、バーコード支払い・請求書支払いには対応していません。

クレジットカードの登録方法

▽LINE Payメニューの「クレジットカード登録」または「設定」⇢「クレジットカード」をタップします。

▽「+」をタップしてクレジットカード新規登録に進みます。

▽「同意します」をタップしてください。

▽カード番号や有効期限を入力し、最後に「カード登録」をタップしてください。「カードスキャン」機能を使えば、手入力することなく、自動でカード情報を入力できて便利です。

登録済みのカードを変更・更新する場合は、一度削除してから再登録する必要があります。

削除は、LINE Payメインメニューの「設定」→「クレジットカード」をタップし、対象のカード右上の「×」をタップすれば削除完了です。

登録できないクレジットカード

現状LINE Payに登録できるカードとできないカードは以下の通りです。

登録可能 Visa・Mastercard・JCB
登録不可 AmericanExpress・Diners
※以前は登録できましたが、現在は登録不可となっています。

クレジットカード決済できるのはLINEサービスだけ

LINE Payにクレジットカードを登録すると便利なことをお伝えしましたが、現状、LINE Payのクレジットカード決済ができるのは、「LINE STORE」や「LINEほけん」「LINEモバイル」などの、LINE関連サービスのみとなっております。

コンビニや飲食店などの店舗では決済不可となります。

しかし、このあと詳しくご紹介する「Visa LINE Pay クレジットカード」なら、実店舗決済・オンライン決済問わず、様々な決済にLINE Payクレカ決済が利用できるようになります。

ポイントは付与されるけどキャンペーン対象外

LINE Payには、決済額に応じてLINEポイントが付与されるインセンティブプログラムが用意されています。

なんと最大7%のポイント還元率を誇り、貯まったポイントは1ポイント1円で現金として利用することができます。Pontaポイントやnanacoにも移行することが可能で、用途多数です。

また、2018年6月に開始した「マイカラー制度」も注目です!
LINE Pay利用状況に応じて、バッジカラーが変化し、ポイント還元率がアップします。

LINE Payの利用実績に応じた還元率
マイカラー 前月の利用実績 ポイント付与率
グリーン 10万円以上 2.0%
レッド 5万円以上10万円未満 1.0%
ブルー 1万円以上5万円未満 0.8%
ホワイト 1万円未満 0.5%

LINE Payクレジットカード払いをしても、マイカラー制度のポイントも付与されるのでザクザクLINEポイントが貯まっていくでしょう。しかしながら、LINE Payクレジットカード払いは、ポイント還元キャンペーンの対象外になることが多いのが少し傷。

LINE Pay決済でお得なクレジットカード

薄々気づいていた方も多いと思いますが、LINE Payで登録したクレジットカードで支払をすると、LINEポイントに加えて、クレジットカード側でのポイントも貯まります。つまり、ポイントの二重取りが可能!

ですから、LINE Payに登録するクレジットカードは、ポイントが貯まりやすく年会費がないものを選ぶと良いでしょう。

ここからは、これら条件を満たしたLINE Payと相性の良いクレジットカードをご紹介しましょう。

ポイント還元率1.2%『リクルートカード』

リクルートカード

リクルートカード
  • どこで使ってもポイント1.2%の高還元率!
  • 年会費永年無料!
  • 入会&利用で最大6,000円分相当のポイントプレゼント!

リクルートカードは、年会費永久無料でありながら、ポイント還元率が1.2%と高還元率となっています。ポイント還元される指定の店舗はなく、ネット通販や実店舗どこの利用でも1.2%還元なので、ザクザクポイントが貯まっていきます。LINE Payの登録クレジットカードにすれば、まさに鬼に金棒!

さらに、今なら入会&カード利用で最大6,000円相当のポイントがもらえちゃいます。その他にも、最大2,000万円の旅行傷害保険や最高200万円のショッピング保険など、保険面も完全無料でカバーされています。

楽天スーパーポイントがどんどん貯まる『楽天カード』

楽天カード

楽天カード
  • 年会費永年無料!
  • 顧客満足度No.1獲得の人気カード!
  • 還元率1.0%以上!楽天スーパーポイントがザクザク貯まる!

テレビCMでお馴染みの「楽天カード」は、年会費永久無料で、楽天スーパーポイント制度が用意されています。

100円で1ポイント貯まり、楽天市場ではポイント3倍になり圧倒的還元率に化けます。

マクドナルドや大手コンビニ、ドラッグストアなど数百以上の店舗と提携していて、日々の決済でザクザクポイントが貯まっていくでしょう。LINE Payと連携すれば、スマホ決済が可能になり、ポイントも二重取りになります。

貯まったポイントは、楽天市場でのお買い物、ANAマイル、図書カード、クオカード、楽天Edyなどの電子決済チャージなど、使い道が多数です。

信頼性・安心感の定番カード『三井住友カード』

三井住友カード

三井住友カード
  • 今入会すると永年年会費無料に!
  • 三井住友銀行系で信頼性&信頼感抜群!
  • カードデザイン変更でさらに万全のセキュリティ!

三井住友カードは、銀行系カードで社会的信頼度が高く人気の1枚。年会費は通常1,375円(税込)のところ、今、入会すると年会費は永久無料に!

ポイントは通常0.5%還元ですが、マクドナルド・大手コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)では、なんとポイント5倍!
さらに、自由に3つまでお店を登録することができ、ポイント2倍に設定されます。

また、カードデザインが一新され、スタイリッシュで洗練されたデザインになりました。その他、海外旅行保険最大2,000万円、不正利用システムや補償も充実しています。

LINE Payのクレジットカード「Visa LINE Pay クレジットカード」

「Visa LINE Pay クレジットカード」は、LINE PayがVisaと提携して発行するクレジットカードです。

現在準備中で、事前申し込みの受付をしていましたが、申込者が殺到したため、2019年10月で一時的に締め切られています。

Visa LINE Pay クレジットカードがサービス開始されれば、LINE関連サービスでしか利用できなかった、LINE Payのクレジットカード決済が、あらゆる決済時に利用できるようになります!

LINEサービス以外でもクレジットカード決済できる

LINE Payのクレジットカード決済は、現状LINE関連サービスのみとなっておりますが、Visa LINE Pay クレジットカードを、LINE Payアカウントに紐づけることで、事前チャージなく、コード支払いでもクレジットカード決済ができるようになります。

クレジットカード利用でLINEポイントが貯まる

Visa LINE Pay クレジットカードで決済をすることで、カード利用額に応じてLINEポイントが還元されます。

ポイント還元率は通常0.5%ですが、カードサービス提供開始から1年間は、なんと3%(6倍)まで爆上げされますので、サービス開始時期を見逃さないようにしましょう。

また、ポイント還元の上限はなく、Visa LINE Pay クレジットカードで決済した分だけ、青天井にポイントが還元されます。

年会費実質無料

Visa LINE Pay クレジットカードは、初年度年会費無料で、2年目以降は1,250円(税抜)必要になりますが、年1回以上のカード利用で無料になります。実質年会費永久無料と言っても過言ではありませんね。

Visaのタッチ決済対応

Visa LINE Pay クレジットカードは、VISAのタッチ決済機能も搭載されています。専用リーダーにカードをかざすだけで、ピピッとスマート決済が可能!世界中の加盟店で利用できるので、海外旅行のお供にピッタリなカードですね。

LINE Payでクレジットカード払いまとめ

この記事のまとめ
  • LINE Payは、国内3,000万人以上が利用するキャッシュレス決済
  • 3種類の支払方法(コード支払・オンライン支払・請求書支払)
  • 5種類のチャージ方法(銀行口座・セブン銀行ATM・QRコード/バーコード・LINE Payカード・Famiポート)
  • LINE Payへのクレジットカード登録は可能だが、現状LINE関連サービスのみ決済可能
  • LINE Payは最大7%ポイント還元
  • 「Visa LINE Pay クレジットカード」がサービス開始すれば、あらゆる決済で「LINE Payクレジットカード決済」ができるようになる!

LINE Payは、コンビニや飲食店など様々なお店でキャッシュレス決済できる便利な決済手段でしたね。

支払方法も豊富で、コンビニで支払う請求書のバーコードをスマホで読み取って支払を済ませることも可能。もうこれで都度コンビニに行って支払する必要もなくなりました。

現状、LINE Payクレジットカード決済は、LINE関連サービスのみ利用可能ですが、「VISA LINE Payクレジットカード決済」がスタートすれば、店舗やオンラインショップなどの決済でもLINE Payクレジットカード決済ができるようになります。

そうなれば、支払いがスマートになるだけでなく、ポイントも二重取りが可能になり、さらにお得に!LINE Payは、間違いなくキャッシュレス決済の代表格となりますので、今日からLINE Payを導入してみてはいかがでしょうか。

また、後半でご紹介した、現状相性の良い「リクルートカード」「楽天カード」のセット利用もお忘れなく!