クレジットカード一覧

ライフカード(デポジット)とは?審査落ちの人も本当に作れる?

ライフカード(デポジット)とは?審査落ちの人も本当に作れる?

これまでクレジットカードの審査落ちした人や、審査に通りにくい職業の人、延滞などがあって審査が不安という人におすすめなのが、ライフカードのデポジット型クレジットカードです。

ライフカードは知っているけれど、デポジット型ってどういうもの?というデポジット型のクレジットカードを知らない人も多いと思います。

そこで本記事では、デポジット型のクレジットカードとはどういうものなのか。普通のクレジットカードとの違いや、メリット・デメリット、審査落ちはしないのかどうかなど気になることを解説していきます。

「20歳以上で電話連絡ができること」という申込み条件に満たしていれば、発行される可能性の極めて高いクレジットカードとなっていますので、クレジットカードの審査が不安という場合は必見です!

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 過去に延滞、審査落ちの方におすすめ!
  • 保証金を預けることで審査通過率がアップ!
  • 使い方、デザインは普通のクレジットカードと同じ!

ライフカードのデポジット型クレジットカードとは

ライフカードには、通常のクレジットカードだけではなく「デポジット型クレジットカード」と言われるものを発行しています。

デポジット型とは、カード発行時に保証金を入金することでカード発行が行われるものという部分以外は、通常のクレジットカードと違いはありません。

それぞれもう少し詳しく解説していきますね。

事前にデポジット(保証金)を預ける

ライフカード デポジット型クレジットカードの一番の特徴は、カード入会時に保証金(預り金)を支払い、預けることです。

保証金(預り金)のことをデポジット(deposit)と略すことからこのようなカード名になりました。

保証金を事前に支払うことで、万が一支払いが滞ってしまった場合に、その保証金から利用代金へと充当されることとなるため、審査落ちとなる人が激減し、他カードの審査に落ちてしまった人でも利用することができる可能性の高いカードとなっています。

使い方は通常カードと同じ

カードの利用方法は、通常のクレジットカードと同じです。

クレジットカードを利用できる店舗でのショッピングをはじめ、ネットショッピング、各種サービスの利用料金などにも利用することが可能です。

デポジットカードは、利用前に現金をチャージして利用するタイプのプリペイドカードとは違うので、事前チャージは不要で、通常のクレジットカードと同様に、利用した分の請求は翌月に請求されることとなります。

事前に預けた保証金は、あくまでも何か問題が起こった場合にのみ利用されるため、利用した分を支払いに当てるものではありません。

デポジットは解約時に返金される

保証金として預けたお金は、カードの解約手続きを終え、退会から2ヶ月後に返金される仕組みとなっているので、デポジットカードが必要なくなったら退会して保証金を返金してもらうようにしましょう。

ライフカード(デポジット)のスペック詳細

クレジットカードの審査が不安という人にとっては心強いライフカード(デポジット)ですが、実際に利用する場合の使い勝手はどうなのか気になりますよね。

ライフカードのデポジット型カードには、預ける保証金の金額によって限度額に違いがありますが、その限度額に応じて通常カードとステータスの高いゴールドカードもあるんです

そこで、ライフカード(デポジット)の利用限度額や付帯特典などのスペックについて一覧表にしてみました。

ライフカード(デポジット)
限度額 5万円 10万円
年会費 5,000円(税別)
国際ブランド Mastercard
ETCカード発行
付帯保険 ・国内・海外旅行傷害保険
・シートベルト傷害保険など
付帯サービス ・弁護士無料相談サービス
・カード会員保証制度
・LIFE DESK(日本語サービス)
・会員限定の各種優待割引サービス
・LIFEサンクスプレゼント付帯
・ライフカードiD登録可能
・Apple Pay、Google Pay登録可能
保証金 5万円 10万円
ライフカードゴールド(デポジット)
限度額 20~90万円 100~190万円
年会費 10,000円(税抜) 20,000円(税抜)
国際ブランド Mastercard
ETCカード発行
付帯保険 ・国内・海外旅行傷害保険
・シートベルト傷害保険
・ショッピングガード保険など
付帯サービス ・空港ラウンジ利用
・弁護士無料相談サービス
・カード会員保証制度
・LIFE DESK(日本語サービス)
・会員限定の各種優待割引サービス
・LIFEサンクスプレゼント付帯
・ライフカードiD登録可能
・Apple Pay、Google Pay登録可能
・ロードサービス
・空港ラウンジ利用
・弁護士無料相談サービス
・カード会員保証制度
・LIFE DESK(日本語サービス)
・会員限定の各種優待割引サービス
・LIFEサンクスプレゼント付帯
・ライフカードiD登録可能
・Apple Pay、Google Pay登録可能
保証金 20~90万円 100~190万円

どのタイプのデポジットカードも、保証金以外に年会費が必要となりますが、付帯保険はもちろん、サービスが充実しているので利用価値は高いです。

必要となる保証金は、そのままカードの利用限度額となり、保証金に応じて通常のライフカードからゴールドカードと違いが現れるのが特徴となっています。

ライフカード(デポジット)の審査

ライフカード(デポジット)のスペックから、一般的なクレジットカードとの大きな違いはないし、クレジットカードならではの特典なども受けることが可能となることがわかりました。

ここからは、実際に申込みしたいという場合の申込資格や審査についてと、カード発行までの流れについて解説していきます。

審査に落ちた人におすすめ!

実はこのライフカードから発行されている「デポジット型カード」は、ライフカードの申し込みをしたものの審査で否決した人にのみ案内されていたものでした。

しかし現在は、ライフカードの審査落ちとなった人だけではなく、一般の人でも申込みできるようになっているカードなんです。

ライフカードの公式サイトでも、

  • 審査に不安のある人にもおすすめ
  • 過去に延滞のある方にもおすすめ

という風に公言しているので、審査が不安という場合には心強い味方となってくれそうです。

申込資格

ライフカード デポジット型カードの申込資格は、

  • 日本国内にお住まいの20歳以上の人
  • 電話連絡の可能な人

という風になっていますが、入会時には保証金と年会費を支払うこととなるため、デポジット(保証金)と年会費が用意できることは必須です。

以上を満たすことさえできれば、無職だけど不動産収入があるという人や、専業主婦の人、学生なども利用することが可能です。

申し込み~審査~カード発行の流れ

ライフカードのデポジット型カードへの申込みは、ライフカードの公式サイトから必要事項を入力することで行なうことができます。

申込後、審査が行われたあと、審査結果通知、カード発行という流れになっています。

申込時に利用時の支払い口座を登録してしまえば、最短3営業日でカードが発送されます。

審査期間を短くして少しでも早くカードを受け取りたいという場合は、申込時に入力できるものはすべて入力しておくと良いでしょう。

カードは、代引きで発送となるので、保証金と年会費は、カードを受け取るタイミングで支払うこととなります。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 延滞歴あり、審査落ちの人も通過できる可能性高!
  • 保証金を預けることで審査通過率がアップ!
  • 使い方、デザインは普通のクレジットカードと同じ!

ライフカード(デポジット)のメリット・デメリット

最後にライフカード(デポジット)を利用するうえでのメリットとデメリットについて紹介します。

実際に利用を開始する前に、メリット・デメリットを理解して利用した方がより快適に利用することができると思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

メリット

まずはメリットから紹介していきたいと思います。デポジット型のライフカードを利用するうえでのメリットは、以下の6つがあります。

審査に通らない、不安な人も作れる

何よりも、デポジット以外のライフカードや他社のクレジットカードで審査落ちしてしまった人や、延滞歴のある人はもちろん、審査通過が厳しい水商売などの職業の人、無職の人や専業主婦・学生など審査に通らない可能性の高い人でも不安なく利用することが十分可能です。

デポジット型ライフカードの公式サイトでも、

  • 過去に延滞のある人
  • 初めてクレジットカードを作る人
  • 審査に不安のある人

などにおすすめというくらいなので、安心して申込みすることができるという点は最大のメリットと言えますね。

クレヒスを積められる

デポジット型と言ってもクレジットカードと何ら違いはありませんので、良いクレヒスを作っていきたいという場合には、メリットがいっぱいです。

上手に利用してクレヒスを積むことで、一般的なクレジットカードの審査にも有利に働くようになります

初めてクレジットカードを作るという人はもちろん、これまで延滞などで良いクレヒスを作れていなかった人もコツコツ作っていくのには最適です。

普通のライフカードと同じ使い方・デザイン

実はデポジット型ライフカードは、普通のライフカードとデザインが同じなので、パッと見るだけでは、違いはわかりません。

また、カードを使用するときも普通のクレジットカードと使い方は同じなので、審査に通らないからデポジットなんだと思われる心配もないのがいいですね。

ETCカード(無料)も発行できる

10万円以上の保証金(デポジット)を預けることができれば、ETCカードも無料で付帯することができます

ETCカードが持ちたいからクレジットカードを作りたいという人にもおすすめです。

付帯サービスが充実している

クレジットカードを利用するうえで一番のメリットといえば、様々なサービスが付帯されていることですよね。

デポジット型のカードでも、apple payやGoogle Payの利用はもちろん、ライフカードiDの利用もできます。

また、

  • 国内・海外旅行傷害保険
  • シートベルト傷害保険
  • 弁護士無料相談サービス
  • カード会員保証制度
  • LIFE DESK(日本語サービス)
  • 会員限定の各種優待割引サービス

などの付帯サービスも利用でき、保証金が高くなればなるほど、さらに多くの付帯サービスをつけることもできます。

ポイントを貯められる

クレジットカードではおなじみのポイントも付与されるので、お得に様々なショッピングも楽しむことができます。

通常のライフカードと同じく、

  • 入会キャンペーンポイント
  • 誕生日月の3倍ポイント
  • L-Mall

などおなじみのポイント付与キャンペーンなども対象となり存分にポイントを活用することが可能です。

デメリット

デポジット型のライフカードには、保証金を払ってでも活用できるメリットがたくさんあることがわかりました。

しかし残念ながらメリットばかりではなく、デメリットに感じる部分もあります。どんな部分がデメリットとなるのかについて見ていきましょう。

保証金が必要

まず、デポジット型のクレジットカードなので保証金が必ず必要となります。
保証金として預けられる金額がそのカードの利用限度額となります。

保証金の最低金額は5万円となっているので、ある程度まとまった金額が用意できなければ、どんなに審査が柔軟と言っても利用することができないという部分はデメリットのひとつと言えそうです。

年会費が高め

年会費も保証金と同様で、毎年必要となります。
初年度は、カードを受け取るタイミングで保証金と一緒に年会費も支払う必要があります。

年会費は、保証金の金額に応じて金額が違い以下のようになっています。

保証金 年会費
5万円~10万円 5,000円
20万円~90万円 10,000円
100万円~190万円 20,000円

年会費が実質無料となるクレジットカードが多い中、高めの年会費はデメリットと言えます。

分割払い・リボ払いができない

デポジット型のライフカードの利用は、実は1回払いのみとなっています。保証金を預けていても、分割払いやリボ払いを利用することはできません。

少し高い金額の商品を分割払いで手に入れるというクレジットカードだからこそのメリットを得ることは残念ながらできないのです。

キャッシング機能がない

クレジットカードに付帯されることの多いお金を借りる機能であるキャッシング機能もついていないので利用することができません。

あくまでも、ショッピングやサービスの利用にのみ可能となっています。

国際ブランドはMastercardのみ

Mastercardが国際ブランドとしてついていますが、VISAなどを付帯することはできず、Mastercardのみとなっています。

デポジット型のライフカードのデメリットを見てみると、やはり保証金がネックとなる人や年会費が高いという人が多いのではないでしょうか。

また、実際に利用してみると、1回払いのみだったり、キャッシング機能がついていないというのは使い勝手を考えると不便に感じますよね。

そこで国際ブランドはMastercardで、デポジット型のライフカードと同じように審査が柔軟で利用しやすいと評判の良いACマスターカードも検討してみてはいかがでしょうか。

審査は不安だけど、でも保証金や年会費を用意できないなどデポジット型のライフカードのデメリットのないACマスターカードなら希望通りにクレジットカードを持つことが可能かもしれません。

デポジット型のライフカードとACマスターカードの違いを以下の表にしてみたので比較してみましょう。

ライフカード(デポジット) ACマスターカード
年会費 5,000円~20,000円 永年無料
保証金 必要 不要
支払方法 1回払い リボ払い
キャッシング機能 なし あり
国際ブランド Mastercard

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なので審査に不安な人でも通る可能性あり!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能

ライフカード(デポジット)まとめ

保証金を預けて利用するデポジットタイプのクレジットカードについて紹介してきました。

このカードは一番通りやすいクレカとも言われているので、審査に通過できない、審査が不安という人でも利用することが十分可能です。

メリット・デメリットなどを理解したうえで利用してみてはどうでしょう。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 過去に延滞、審査落ちの方におすすめ!
  • 保証金を預けることで審査通過率がアップ!
  • 使い方、デザインは普通のクレジットカードと同じ!