クレジットカード審査についてのあれこれ

休職中 クレジットカード

休職中または休業補償中でもカードは発行されますか?

「現在休職中ですがクレジットカード発行されますか?」
「カード審査に落ちたのは、自分が会社を休職中だからでしょうか?」
「今は休職中だけど、クレジットカードの審査に通るの?作りたい…」と考えている方々が、ネットのQ&Aサイトなどで上記のような質問をなさっています。

また、直接質問をしていないという方でも、キーワード検索をしたりして、「休職中の人がクレジットカードを申し込む方法」を探そうという、正確な情報を欲しがっているような傾向が伺えます。

家族の介護や本人の病気などの理由で「休業補償」を受けているような人は、クレジットカード審査においては「無職」であるのと同様の扱いとなります。

例えば、元の月収が高く、そこから計算された休業補償の金額が高いような方は、

「私は休業補償で毎月20万ほどの収入があります。会社の休職制度によって、会社への在籍期間も保障されています。

それに年収を証明する源泉徴収票や給与明細も簡単に提出できるのだから、クレジットカード審査くらい大丈夫でしょう」と安心しきっているようですが・・。

休業補償を受けている最中の方々は現在出社していない、すなわち『クレジットカード会社からかかってくる在籍確認電話に出られない』という状態ですので、

もし勤務先で電話を受けた人が「**は現在休職しています・・」

と答えてしまった場合、クレジットカード審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

時々、「在籍確認電話を自分の携帯電話にかけてもらえる方法はないだろうか?」とあれこれ考える人もいますが、勤務先企業に勤めているかどうかの確認ですから、クレジットカード会社が電話を掛けたいのはあくまでも「あなたの勤め先の電話」なのです。

現在休業している状態というのは、言わば「失業給付金を受給している状態」とほぼ同じと考えられていますから、申込者が「働くことが何時からまた可能になるのか不明である・・」とか「職場に復帰するのが何時になるのか不明である・・」という状態では、保証会社やクレジット会社にとっては「これではとてもカードは発行できない・・」と考えるしかないのです。

ネットのQ&Aサイトなどでは、「在籍確認の電話がかかってこなかったから、カード審査に通ったのです!」というような例も見られますが・・。

こういった行為は「ほとんど虚偽申告」とみなされますから、クレジットカード会社をだますようなことはお勧めしたくありません。

クレジットカードの更新時に、「利用者が休職中である・・」と分かった際には、アリバイ会社を利用して勤務先を偽った場合と同様、更新審査(途上与信)に落とされ、「カード利用を停止されてしまった・・」という最も避けたい事態に陥ってしまうことになるかもしれないからです。

クレジットカードが発行される前提として、「継続的に安定した収入を得ていることや定職についてきちんと仕事をしていること、・・」これらが条件となっているのです。

一部には、「年金受給者」や「学生」のような、仕事に就いていない「無職」に似たような状況にも関わらず、クレジットカードが発行されている人々もいますが一般的には「無職の場合、カード申込みは可能だが、審査に通って発行に至るかはなんともいえない・・」というのがクレジットカード業界の『常識』となっているのです。

ですから、もしあなたが「個人信用情報機関のクレジットカード利用履歴(クレジットヒストリー)を積んで信用を高めたい」とか「分割払いを利用したい」などの理由がない場合、すなわち「カードを所有したい・・」だけでしたら、「VISAデビットカード」を申し込むという選択もあるのです。

さらにもしご家族の方がクレジットカードを持っていたり、継続して安定した収入があるのなら、そのカードの「家族カード」を申し込む、という選択も可能となってきます。

「VISAデビットカード」は、ETCの利用ができないから不便・・」という人もいらっしゃるかと思いますが、その場合は最低4万円からの保証金(デポジット)を支払うことで利用可能な「ETCパーソナルカード」をオススメします。

「ETCパーソナルカード」や「デビットカード」はクレジットカードではありませんので、クレジット会社からの在籍確認もありませんし、CICやJICCなど個人信用情報機関への「情報照会(=延滞、債務整理などの事故情報確認)」も行うことはありません。

キャッシング(キャッシングの与信枠)やリボ払い、分割払いを希望しないのならば、これら2つのカードのほうが「現状に見合った堅実なカード」と言えるのではないかと思います。

クレジットカードについては、職場に復帰して、実際に仕事を再開してから申し込んだほうがよいのですが、「休職中だがクレジット利用がしたい・・」という人には、

審査が通りやすく、かつ「在籍確認電話がなかった事例もある」ことで有名な「こちらのカード」にチャレンジして欲しいと思います。

クレジットカードの審査の難易度ですが、難しいほうから順に 銀行系・独立系→信販系→流通系→消費者金融系(アコムのACマスターカード) となっています。

「こちらのカード」を特にオススメとしているのは、上記の中で一番難易度が低い=発行されやすいカードとなっているからです。