目的別クレジットカード比較!

家族カードを作るメリット・デメリット|審査に必要な条件・年齢はいくつから?

家族カードを作るメリット・デメリット|審査に必要な条件・年齢はいくつから?

近年はなんでもキャッシュレスの時代。支払いは現金よりもお得なカード払いが当たり前になってきており、クレジットカードは買い物する際の必須アイテムとも言えます。

とはいえ、クレジットカードを持つには安定した収入が必要。

安定した収入がない子供や主婦の方は、「クレジットカードを持てないのでは…」と不安な方も多いかと思います。

ですが、クレジットカードには「家族カード」というサービスがあり、家族カードであれば安定した収入を確保できない子供や主婦の方でも、簡単にクレジットカードを持つことが可能です

今回はそんな「家族カード」のメリットやデメリット、申し込み方法や審査について詳しく紹介したいと思います。

「家族カードのことをよく知らない」という方は、この記事を読むことで家族カードの概要や具体的な作り方を理解することができるので、ぜひ最後までご覧下さい。

クレジットカードの「家族カード」とは

「家族カード」とは、安定した収入がある本会員(最初にクレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを利用できるサービスのことです。

本会員がクレジットカードの審査にさえ通っていれば、その家族は基本的に無審査でカードを発行し、利用することができます

また、家族会員が利用したカード利用金額の引き落としは、本会員の口座より一括しての引き落としとなるのが特徴。カード毎に支払いを分けることはできません。

ちなみに、カードで支払う際に求められる暗証番号は、家族カード申し込みの際、カード毎に任意での番号を決めることができます。そのため、本会員の番号とは別の番号で設定可能です。

家族カードのメリット

それでは、実際に家族カードを発行・利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

それぞれ具体的なメリットを見ていきましょう。

ポイントやマイルが貯まりやすい

クレジットカードで決済するとその分のポイントが貯まりますが、家族カードで決済した分も同じようにポイントが付与されるので、通常よりもポイントを効率的に貯めることが可能です。

貯めたポイントはショッピングに使えるのはもちろん、マイルに交換することもできるので、家族で旅行に行くきっかけにもなりそうですね。

本会員カードと同額補償の保険が付帯

本会員のカードに付帯されているサービスは、基本的に家族カードの利用者でも同じ内容のサービスを受けることができます。

また、保険などのサービスの補償額も、同じ金額の保障が適用されるケースがほとんどなので、万が一の時も安心です。

家計の管理が簡単

家族カードの利用金額の引き落としは、基本的に本会員の口座から引き落とされるので、利用明細書がまとまり、家計の管理が楽になります。

毎月の支出を管理するのは大変ですが、家族カードを利用することで一気に手間が減りそうですね。

年会費が安い

「作ったカードの枚数分、年会費がかかるのでは?」と心配になる方もいるかもしれませんが、家族カードの年会費は基本的に本会員よりも安く設定されていることがほとんどです。

そのため、家族それぞれが別のカードを持つよりも、家族全体でのカードの維持費用を安く抑えることができます。

また、グレードが高く本会員の年会費が高めの「ゴールドカード」のような商品では、本会員の年会費が高い分、家族カードの年会費を無料としているケースも多いです。

年収の低い人や主婦でもゴールドカードが持てる

家族カードは本会員に対しての審査によって発行されるので、利用する家族の収入や返済能力の有無は関係ありません。

なので、アルバイトや主婦などの収入が少ない方でも、ゴールドカードのようなステータスが高いカードを持つことが可能です。

本会員のクレジットヒストリーが育つ

家族カードで利用した分は、本会員のクレジットヒストリーとなります。

そのため、家族カードの利用と期限を守った返済を繰り返すことで、本会員のクレジットヒストリーをより良い状態にすることができます。

クレジットヒストリーを育てておくと、将来のローン審査などにも有利になるので、「本会員のクレジットヒストリーを育てておきたい」という場合にも家族カードは効果的です。

家族カードのデメリット

何かと便利な家族カードですが、決してメリットばかりというわけではありません。

ここからは家族カードを利用するデメリットを紹介するので、失敗しないためにもぜひ参考にしてください。

何に使ったかバレバレ/プライバシー

家族カードを利用した分の支払いは、本会員の口座からのみ引き落としが可能。また、利用明細書も本会員と一括になるので、「何にいくら使ったのか」という情報は本会員に筒抜けです。

「家族に秘密で買い物したい…」と思ってもプライバシーが守られないので、人によっては不便に感じることもあるかもしれません。

利用可能枠が本会員カードと共有である

利用できる枠は本会員のカードと共有することになるので、使いすぎてしまうと家族内でトラブルになってしまう可能性も。

利用枠を気にせず利用したいという方は、家族カードではなく別にカードを作った方がいいケースもあります。

家族会員のクレジットヒストリーは育たない

家族カードはあくまで本会員カードの追加カードとして発行されるので、家族カードを利用しても、本会員以外の利用者のクレジットヒストリーは育ちません

その分、本会員のクレジットヒストリーは育ちやすくなりますが、自分自身のクレジットヒストリーを育てたい方には向いていないです。

デメリットを解消!家族カードではなく新規カードを作ろう

「自分自身のクレジットヒストリーを育てたい」という方は、この機会に新規でカードを作っておきましょう。

最近では楽天カードなどの比較的簡単に作れるカードもありますし、作るのが早ければ早いほどクレジットヒストリーを育てることができますよ。

楽天カード

楽天カード
  • クレヒス作りに最適!
  • 主婦や学生でも発行可能!
  • 年会費無料!

家族カードを作る時に審査は必要?

家族カードは基本的にほとんど審査なしで作ることができます。

また、作り方もかなり簡単でして、大半の場合は以下の2通りの方法で作ることが可能です。

  • 本人会員カードの申込み時に同時に申し込む方法
  • 契約しているカード発行会社にオンラインでの追加や申込書を請求する方法

※申込方法は各クレジットカード発行会社やカードによって多少異なります。

家族カードも同時発行可能なオススメクレジットカードはこちら(記事後半にジャンプ)。

家族カードの審査について

家族カードの審査は、基本的に本会員の信用情報のみが適用されます。家族の信用情報は原則、関係ありません

とはいえ、本会員の信用情報に金融事故情報等がある場合は、もちろん審査に落ちてしまいますので注意しましょう。

また、まれなパターンかもしれませんが、家族会員が同じカード会社で過去に金融事故を起こしていた履歴がある場合は、家族カードの発行を断られることがあります。

家族カードをオンラインで追加する方法

ほとんどのクレジットカードでは、家族カードをオンラインから追加することが可能です。

また、多少の差はありますが、基本的にはどのクレジットカードでも同じような方法で追加することができます。

例えばですが、三井住友VISAクラシックカードの家族カードを追加する場合は、以下のような流れになります。他のカード会社でも同じような流れなので、参考にしてみてください。

STEP1  公式サイト、専用ページで追加する家族カードを選択
STEP2  会員規約を確認のうえ、【同意する】をクリック(タップ)
STEP3  家族の本人情報の入力
STEP4  最短3営業日で審査・発行!手元に家族カードが到着します

※ANA VISA Suicaカードなど一部の提携カードは、家族カードの申し込みが出来ない場合があります。

家族カードが作れるおすすめのクレジットカード

ここでは、「新規でクレジットカードを申込みするのと一緒に、家族カードも作りたい」と考えている方に向けて、おすすめのクレジットカードを紹介します。

どのカードを作ろうか迷っている方は、以下で紹介しているカードであればまず間違いないかと思いますので、ぜひ検討してみてください。

年会費無料の家族カード

年会費無料のカードの中でも特におすすめなのが楽天カードです。

楽天カードは年会費無料なのはもちろん、柔軟な審査を行ってくれるのが特徴。学生や専業主婦の方でも比較的簡単に作ることが可能です。

ちなみに、貯まったポイントは家族間で移行することができるので、普段楽天のサービスを利用している方は効率よくポイントを貯めることも可能です。

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

また、ポイントの貯まりやすさを重視するのであれば、オリコカード ザ・ポイントもおすすめ。

オリコカード ザ・ポイントは、他のカードと比べてポイントを貯めやすいのが特徴でして、会員限定の「オリコモール」を経由してネットショッピングすると、還元率は2倍以上にアップします。

もちろん、こちらも年会費は無料です。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
発行時間 最短8営業日
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

家族カード向けゴールドカード

「どうせ作るならステータスが高いゴールドカードを作りたい」という方は、比較的作りやすいdカードゴールドがおすすめです。

「dカードゴールド」と聞くと「ドコモユーザーしか使えないのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、決してそんなことはなく、誰でも作ることが可能です。

還元率1%と高い還元率に加えて、ドコモの携帯やドコモ光を利用している方は、毎月の料金分の10%がポイント還元されます

dカード GOLD

dカードGOLD
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 10,000円
ポイント還元率 1.0%~10.0%
発行時間 約2週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

ちなみに、「別にドコモは使ってないしdカードゴールドはちょっと…」という方には、三井住友VISAゴールドカードも手軽に作れておすすめですよ。

30歳以上でないと利用できないなどの制約はありますが、その分旅行傷害保険や、全国28の空港ラウンジを無料で利用できるなどの特典が満載です。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 10,000円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

家族カードのよくある質問

ここからは家族カードを作る際によくある質問にお答えします。

特に今まで家族カードを作ったことのない方は「こんな時ってどうなの?」という疑問をお持ちの方も多いかと思いますので、参考にしてみてください。

家族カードの対象となる条件は?

商品によって家族カードの対象となる条件が異なる場合もありますが、大半の場合は以下に当てはまる方を対象としています。

本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方

ちなみに、「本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供」とは言っても、必ずしも同居している必要はなく、離れて暮らしている場合でも問題ありません。

本会員と同棲している恋人は作れる?

残念ながら、恋人や同棲相手などは家族カードを作ることができません。

基本的に、生計を共にしていない兄弟や祖父母、義理の両親などは発行対象外。また、内縁関係なども家族カードの発行対象外となっています。

※例外的に海外留学をする15歳~18歳の子供に持たせることができる商品もあります。詳しくはクレジットカード会社に確認してみてください。

家族カードの名義について

家族カードの名義人は本会員ではなく、それぞれのカードを利用する方に対して別々に設定されます

例えば、家族カードを利用するのが配偶者だった場合は配偶者の名義に、子供向けに作った場合は子供の名義となる、といったイメージですね。

そのため、家族カードを使って買い物した際にサインを求められた場合は、本会員の名前ではなく、利用者自身の名前を書くことになります。

家族で利用できるクレジットカード「家族カード」のまとめ

今回は家族カードを作るメリットやデメリット、申し込み方法や審査について紹介しました。以下まとめです。

  • 「家族カード」とは、カードを利用している本会員の家族もカードを利用できるサービスのこと
  • 家族の信用情報は基本的に審査に影響しない
  • 利用明細書は本会員と一括になるので、利用した経緯が知られてしまうなどのデメリットも
  • 家族カードを作る際はオンラインで簡単に追加できる

家族の信用情報は審査に影響しないので、「信用情報に傷がある」という方でも、場合よってはステータスが高いゴールドカードを所有することができてしまうのが家族カードの魅力。

ポイントもかなり効率的に貯まるので、ぜひこの機会に家族カードを作ってみてはいかがでしょうか?