クレジットカード審査に関するQ&A

借入がある クレジット審査

他社での借入金額が、カード審査に影響を与えますか?

クレジットカードを申し込む時に、他のカードの借入金やローンなどがあると、審査にどんな影響を与えるのでしょうか?

借りてはいなかったとしても、他のカードの利用限度額がカードの審査に影響を与えるかもしれない、と思ったこともあるかもしれません。それではここで金融機関や貸金業者などにお金を借りている場合、新たなクレジットカード審査に与える影響についてお話しましょう。

まず、自分の借入状態についてきちんと把握して、自己申告することが大切です。もちろん言わなくてもCICやJICC,全銀協など個人信用情報機関で照会すれば、今の借入状況はもちろん、今持っているクレジットカードの利用限度額など全て明らかになりますので、嘘をついても仕方がありません。

クレジットカードをどの様に利用しているかというクレジットヒストリーもきちんと把握することができ、その人の性格も垣間見ることができるでしょう。ですからカードの支払期日を守らずに延滞を何度かしていたり、住宅や車のローンの支払状態、さらにスマートフォンなど携帯電話を分割購入した場合の支払い状況についても、個人信用情報機関を照会すればすぐに分かります。

これくらいは分からないだろうと嘘をついたとしてもすぐにバレてしまうので、逆に信頼性を失う結果となってしまいます。自分の借入金額をまともに言えなかったら、自分の借入金額すら把握してない人、つまり信頼できない人、というレッテルを貼られてしまう可能性もあります。

カード会社は申込者の性格を重要視するところがあり、お金に対して几帳面なのか、管理がきちんとされているのか、というところに重点を置いて審査を行います。このような面をチェックするためにも、今の借入情報を申告するようになっていますので、この時には正直に申告しましょう。

クレジットカード会社は個人の年収、勤続年数、居住年数、固定電話があるかどうかなどの属性や個人信用情報の照会、申込用紙や借入状況申告による個人の性格などを総合的に判断して、カードの審査を行っています。

カード会社は利益を追求している会社なので、カードを発行してもきちんと支払いできる信頼できる人なのか、という点を審査します。貸し倒れなどで会社にリスクを与えるわけにはいかないので、勤務先への在籍確認や個人確認書類などあれこれ全てチェックする必要があるということを理解しましょう。

他社での借入がどんな影響を与えるの?

それではここでやっと、他社での借入がカード審査にどんな影響を与えるのかについてお話しましょう。クレジットカードとはキャッシング枠とショッピング枠によって利用限度額が決定されるようになっています。

新規のクレジットカード審査を行う時には、今お持ちのカードの利用限度額も影響するので注意しなければなりません。

現在の借入金額がカード審査にどんな風に影響を与えるのでしょうか?「住宅ローン」の借入の場合は、審査上あまり影響を及ぼしません。

もちろん滞納していれば大きな影響を与えますが、きちんを支払いさえしていればカードの審査にとは全く関係ありません。

何故なら、住宅ローンの借入のほうがクレジットカードよりもずっと審査が厳しいからです。

住宅ローン審査の場合には、源泉徴収票や課税証明書、確定申告書、住民票や納税証明書などを提出しなければなりませんし、さらに売買契約書や手付金を振込みした用紙のコピーも必要です。これに対して、クレジットカードで収入証明が必要なのは、キャッシング枠を50万円以上希望した時、あるいは他社借入残高が100万円以上の時だけです。

ですから住宅ローンを組んでいる人というのは、ある程度の属性がある信頼性のある人だと判断して、審査には逆に良い影響を与えることが多いです。これはあくまで収入に合ったローン返済である場合のことで、そうでない場合には悪い影響を与える可能性もあります。

例えば、38歳のAさんは年収が450万円で、奥さんと子供二人、住宅ローンの残りが2100万円、25年だとしましょう。変動金利で仮に0.75%だとして、ボーナス払いなしだと、月に7万円くらいの返済で、毎月の給料は手取りで29万円ほどという計算になります。ローンを差し引くと22万円が生活費です。このように計算されて、住宅ローンを支払いながらもクレジットカードを使って支払うことができる「余力」が認められたら、所得にあった与信枠でカードの発行にたどり着くことができるでしょう。

逆に、今の年収が250万円でカードローンの借入が55万円、自動車ローンも110万円残っていて、さらに返済額に滞納や遅延があったりしたら、多重債務の危険があると判断されて、クレジットカードが発行されない可能性があります。過去に延滞歴がある場合には、できるだけ早く延滞を解消して信用情報のブラック情報が消えたことを確認してからカードの申し込みをしましょう。

年収を増やしたり、債務を減らすのが効果的でしょうが、今すぐには難しい場合も多いでしょう。それでもやっぱり今すぐクレジットカードが必要!という人は、今までそんな人達を助けてきたこの1枚ならば、カードを手に入れることができるかもしれませんよ。借入金額が多くて困っていた人達でも、カードが発行されたという喜びの口コミや体験談がたくさん届いてます。

クレジットカードの審査に悪い影響を及ぼす例は?

カードの申込があればカード会社は、申込人の属性を点数つけてスコアリングして、さらに個人信用情報機関に照会してそれらを全て総合して判断することになります。その場合、カードの審査に良くない影響を与える借入れというのがあります。

それは何かと言うと、中小の消費者金融を利用した借入です。理由は普通カードローンやキャッシングを利用する場合には、銀行のカードローンか、あるいは大手のアコムやプロミスなど消費者金融だと考えられています。

けれども中小の消費者金融を利用した、ということは「この人はとてもお金に困っている」と考えられてしまいます。普通銀行系のカードローンは審査難易度が高いと考えられていますが、本当はそうではありません。銀行系は年収の1/3までしか借入不可能という総量規制の影響を受けないという理由から、審査の基準は緩くなっています。

そして今では審査も機械での自動審査が主に行われているので、融資を申し込んでから承認まで数十分で終わり、さらに在籍確認も行わないケースも多いです。実際にもあるメガバンクではカードローンに力を入れていて、ATMを利用する時にカード申請すると、その場でローンのカードが発行されます。その場ですぐに発行されるので、もちろん在籍確認や本人確認もしません。それに反して、消費者金融系の場合にはきちんと審査をして、在籍確認もきちんと行います。

ですから一定の収入がある人の場合には、銀行系のカードローンの審査に落ちることはほぼないでしょう。落ちる理由は、年収や勤続年数など属性が悪いか、他社の借入や金額が多いか、個人信用情報にブラックの履歴がある場合でしょう。

これらの理由でクレジットカードや銀行を利用できないなどの理由で、中小の消費者金融を利用している人のことは、お金にとても困った人だと判断するしかないでしょう。