クレジットカードの審査

クレジットカードの住所変更忘れると強制解約の危険も!?簡単な手続方法を紹介

クレジットカードの住所変更忘れると強制解約の危険も!?簡単な手続方法を紹介

クレジットカードの住所変更って面倒ですよね…

電気やガス、水道、免許証…引越し手続きが多すぎてクレジットカードまで手が回らない人も多いかと思います。

絶対しなきゃダメ?転送してあるから大丈夫でしょ?と考えがちですが、住所変更しないままでいるとカードが使えなくなることもあるんです。

ここでは、クレジットカードの住所変更を忘れてた!まだしてない!という人へ向けて

  • 住所変更しないとどうなる?さまざまなリスクを解説
  • 住所変更の必要書類と手続方法
  • 住所変更する際に知っておきたい注意点

などの情報を分かりやすくご紹介します。

「住所変更が必要なんて知らなかった」は通用しませんので、トラブルになる前に目を通してみてくださいね。引越し予定の人、最近引越した、実家を出たという人は必見です。

クレジットカードの住所変更をしないと生じるリスク

引越し後、いつまでにクレジットカードの住所変更をすべきか決まりはありません。カード会社は、できる限り早くと言っていますが具体的な期限がないので、後回しになりがち。

しかし、いつまでもクレジットカードの住所変更を蔑ろにしていると多くの不利益を受ける可能性があります。どんな問題が起きるのか、詳しく解説していきましょう。

利用明細・重要なお知らせが届かない

住所変更をしないと、カード会社からの利用明細や重要な書類が旧住所に届くことになります。

郵便局に転送届けを出しておけば原則1年間は郵送物を転送してもらえます。でもこれは、普通郵便のみ。

重要書類については、転送届を出していても「転送不要」扱いになるため、郵便局に返還されてしまいます。

これは、第三者が不正に転送届を出したことによる、個人情報流出を防ぐ措置です。WEB明細にしていたり、転送届けを出しているから安心ではありません。

引越し後は面倒ですが、速やかに住所変更を済ませてしまいましょう。

※郵便物の転送サービスについては以下サイトを参照ください。
郵便局(転居・転送サービス):https://www.post.japanpost.jp/service/tenkyo/

更新時の新カード・請求書は転送されない

あなたもご存知の通り、クレジットカードには更新時期があります。それに伴い新しいクレジットカードが郵送されてくるのですが、これは重要書類に該当するので、転送サービス対象外になり差出人に返還されてしまいます。

また、クレジットカードの引き落としが出来なかった場合に請求書が郵送されてきます。こちらも転送サービスで新住所に届けられることはありません。

新カードや請求書が届かないと大きな不利益を受けることがあります。

支払い遅延が起きると信用情報に傷がつく

クレジットカードの引き落としの際に万が一残高不足だった場合、カード会社は請求書や督促状を自宅に郵送します。

しかし、その郵送物が届かないと、引き落としできなかったことに気づかない可能性が高くなり、結果「支払遅延」になってしまいます。

支払遅延は、金融事故情報として信用情報機関に登録され、最長5年間記録が残ります。いわゆるこの状態をブラックリストと言います。

それがどうしたの?と思う方もいらっしゃいますが、金融事故を起こすと、新しいクレジットカード発行や各種ローンなどを組む際に、審査落ちする可能性が高くなります。

自動車、マイホーム、カードローンなど、様々なローンの審査が通らなければ生活に大きな支障をきたす方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カード会社からの連絡を無視すると利用停止・強制解約の可能性も

カード会社は郵便物が戻ってくると、引っ越しをしたのか確認するために電話をかけてきます。知らない番号だからといって無視し続けていると、カード利用停止や強制解約になる可能性があります。

個人情報が漏洩・悪用される

カード会社の住所変更もせず、転送サービスに申込していない場合、普通郵便は旧住所に届けられます。

あなたが転居したあとに入居した第三者の手元に届くため、個人情報を悪用される心配もあります。カード会社からの手紙には多くの個人情報が載っているケースもありますから注意が必要です。

クレジットカード住所変更の手続方法

カードの住所変更方法は、「インターネット」「電話」「郵送」「窓口」などがあります。カード会社によって異なりますので、会員サイトなどで確認しましょう。

  • インターネット
    会員サイトにログインして登録情報から住所変更が可能です。
    ほとんどのカード会社がインターネットからの住所変更に対応しており、一番早く簡単に変更することができます。
    会員サイトログインや住所変更の際には、ログインID・パスワードが必要になります。場合によってはカード番号やカードの暗証番号も求められる可能性がありますので用意しておきましょう。
  • 電話
    コールセンターに電話して住所変更の旨を伝えることもできます。しかしながら、電話だけで住所変更はできないケースがほとんど。多くの場合、郵送での変更依頼をする必要があります。
  • 郵送
    オペレーターに電話をかけると、新住所に住所変更依頼書を送ってくれます。必要事項を記入して返送しましょう。場合によっては、新住所が記載されている住民票が必要になることもあります。
  • 窓口
    店舗のあるカード会社では、窓口でも住所変更できる場合があります。来店の際には、カード本体・本人確認書類を持参しましょう。新住民票が必要になるケースもありますので、来店の前に店舗に電話をかけて確認することをおすすめします。

一番簡単でスピーディーに住所変更できるのが、インターネット(会員サイト)からの変更です。しかし、サイトメンテナンスなどで、ネットからの変更ができない時期もあります。その際には郵送や店頭での変更をしましょう。

大手クレジットカード会社の住所変更に関する公式HPを記載しておきますので、参考にされてください。

三井住友カード https://www.smbc-card.com/mem/update/card_henkou.jsp
JCB https://www.jcb.co.jp/support/change.html
楽天カード https://support.rakuten-card.jp/faq/show/82492?back=front%2Fcategory%3Ashow&category_id=196&page=1&site_domain=guest&sort=sort_access&sort_order=desc
イオンカード https://www.aeon.co.jp/creditcard/member/change/address.html
みずほマイレージクラブカード https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/direct/goriyo/other/n12000.html
三菱UFJ-VISA https://faq01.bk.mufg.jp/faq/show/401?category_id=143&site_domain=default
セゾンカード https://faq.saisoncard.co.jp/saison/detail?site=OA5LHO14&id=25
オリコカード https://www.orico.co.jp/creditcard/security/procedure/#anch-04
ライフカード http://www.lifecard.co.jp/info/change_adress.html

必要書類

結論から言えば、住所変更での必要書類はカード会社によって異なります。しかし、インターネットからの変更なら、本人確認書類や新住民票は必要ないケースがほとんど。

銀行系のクレジットカードの場合、キャッシュカードとしての機能も付いていることが多いため、住民票や本人確認書類を求められることもあります。

住所変更すると再審査はある?

住所変更だけでは再審査が行われることはほとんどありません。しかし、結婚・離婚で名義が変わる場合には再審査があります。

例えば、結婚を機に退職をした、専業主婦が離婚したなどの場合、「経済状況」が大きく変わりますので、再審査をしてカードの利用上限やカードローンなどの利用枠を調整します。

況によってはカード利用額が減額されることもあります。

クレジットカード住所変更時の注意点

クレジットカードの住所変更の際にはいくつか注意点があります。知らないと少々面倒なことになるので、最後までしっかり確認してくださいね。

口座・氏名・連絡先も変更しよう

引っ越しの際に住所変更をしただけでは手続きが不足している方もいらっしゃいます。

例えば、

  • 引っ越しを機に「クレジットカードの引き落としで設定している」銀行口座を解約した。
  • 結婚をして氏名が変わった。
  • 自宅固定電話番号が変わった。

などの場合には、引き落とし口座や名義、連絡先なども変更する必要があります。

会員サイトなど、インターネット経由で変更する場合には、変更手順が指定されている場合がありますので、注意書きをしっかり確認してから行いましょう。

「なんか面倒だな…」という方は、パソコン画面の前でオペレーターに電話をかけて、サポートを受けながら変更をすると良いでしょう。

カード更新時期が近いときはカード会社へ相談

カードの更新時期と引っ越しの日がかぶる場合には、タイミングが悪いと新しいカードが届かない可能性があります。

インターネット上で住所変更をしても、カード会社側の事務手続き次第では、旧住所にカードが発送されることも十分考えられます。

カードなどの重要郵便物は転送不可ですから、もちろんカード会社に返還されてしまいます。

ちゃんと新カードを受け取るために、住所変更の前にオペレーターに電話をかけたほうが得策でしょう。

関連サービスの住所変更も忘れずに

お持ちのクレジットカードが、キャッシュカード一体型の場合には、銀行口座の住所変更も必要になります。昨今では手続き簡素化のために、一度に変更できる場合も多くなってきていますが、個別変更の場合には面倒ですがしっかり変更手続きを行いましょう。

また、楽天カードの場合、楽天銀行・楽天市場などの楽天関連サービスの住所変更は個別対応になっているので注意してくてください。

クレジットカードの住所変更まとめ

結婚や転職、引越しなどで住所が変わったときは、クレジットカードを見直す良い機会と言えます。

引越し先の近隣に、カードの加盟店が少なくポイントが溜まりにくくなったなど、使い勝手が悪くなった場合には、新しいクレジットカード発行もぜひ検討してみてください。

三井住友カード

三井住友カード
  • 信頼・安心の定番クレジットカード!
  • 初年度年会費無料!永年実質無料も可能!
  • 万全のセキュリティー!

三井住友カードは、初年度年会費無料の銀行ブランで信頼あるクレジットカード。

2年目以降の年会費は1,250円(税抜)ですが、WEB明細を利用すると500円(税抜)に減額されたり、カード年間利用額によっては毎年年会費は無料になります。

最高2,000万円の海外旅行保険がデフォルトで付いていたり、コンビニやマクドナルドでポイント5倍になるなど特典が豊富!

FP監修のクレジットカードおすすめランキングを今すぐチェック!