クレジットカードの基礎知識

個人で信用情報を開示請求する方法|金融機関にばれる?審査への影響も解説

クレジットカードやカードローンをはじめとする身近なローンの他に住宅ローンなどの大きな金額のローンを組む際にも照会されるのが信用情報です。

自分の信用情報を知っておきたいけど、審査を受ける前に開示していたらクレジットカード会社や銀行等に心象が悪そうで怖いですよね。

ここでは、信用情報を開示したい人に向けて

  • 信用情報の開示方法とかかる費用の紹介
  • 信用情報開示が審査に及ぼす影響を解説
  • 信用情報開示で結果が悪かった場合の対処方法

といった内容をまとめて紹介しています。

ローンやカードの利用のために信用情報の開示を考えている人はもちろん、審査に自信がなく開示を考えている人も知って損のない情報ですので、ぜひ一読ください。

【 ACマスターカードの特徴 】

  • 最短即日カード発行
  • 年会費永久無料
  • 審査が不安な方でもカード発行のチャンス

ACマスターカードは、大手消費者金融のアコムが発行する知名度あるクレジットカード。

年会費は永久無料で、数あるクレジットカードの中でも柔軟な審査をしてくれますから、信用情報に不安がある方でも発行できる可能性は高いでしょう。自動契約機なら最短即日カード発行可能!

信用情報開示方法と信用情報機関一覧

ここからは、主な信用情報機関と、それぞれの信用情報開示方法について解説します。

日本において主な信用情報機関は以下3つです。

JICC
(日本信用情報機関)
主に消費者金融業者が加盟
CIC
(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
主にクレジットカード会社が加盟
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
銀行や信販会社、消費者金融など様々な機関や企業が加盟

それぞれの信用情報機関では、手数料を払えば誰でも自分の信用情報を開示することが可能です。

CIC・JICC KSC
ネット 1,000円 ×
郵送 1,000円
窓口 500円※当日開示可能 ×

信用情報を開示する方法は、ネット・郵送・窓口の手段が用意されています。

CIC・JICCのネットと郵送の手数料は1,000円。窓口まで出向いて開示すれば500円で済みますが、窓口までの交通費や手間などを考えるとネットや郵送の方がコストは下げられるでしょう。(また、窓口は対面で恥ずかしいですよね。)

KSCにおいては、”郵送のみ”の対応になっています。家族と同居していて、信用情報を開示していることがバレたくない場合には注意が必要ですね。

クレジットカードを作るならCICの開示だけでもOK?

CICには、主にクレジットカード会社が加盟しています。なので、これからクレジットカードを作ろうと考えている方は、CICの信用情報を確認すれば問題ないでしょう。

信用情報機関ごとにどのような企業や機関が加盟しているのか確認したい方は、以下表を参照して下さい。

加盟店事例 加盟店一覧
JICC
(日本信用情報機関)
アイフル・アコム・SMBCモビットetc https://www.jicc.co.jp/vcms_lf/memberlist.pdf
CIC
(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
American Express・エポスカード・イオン銀行・オリエントコーポレーションetc https://www.cic.co.jp/member/inclusion/index.html
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行etc https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/member-list/

加盟店一覧には、各信用情報機関に加盟している企業や機関がすべて掲載されています。

これからクレジットカードを作る方は、「クレジットカード会社がどこの信用情報機関に加盟しているのか?」を確認することで、信用情報を開示する機関を特定することができます。

例えば、エポスカードはCICに加盟しているので、これからエポスカードの発行を検討している方はCICの信用情報を開示すると良いでしょう。

※注意:多くのカード会社は信販会社を利用して信用調査をしています。つまり、その信販会社が加盟している信用情報機関の信用情報も確認しておくとより安心です。カード会社がどこの信販会社を利用しているかは、各カード会社の公式サイトで公表されていますので確認しましょう。

信用情報開示方法 ~CIC・スマートフォンでの開示~

信用情報開示方法は、手続き方法や信用情報機関によって異なりますが、ここではCICの信用情報をスマートフォンで開示する方法をご紹介します。以下手順に従って手続きを行ってください。

サービス時間 8:00~21:45 (年末年始もご利用いただけます)
利用手数料 1,000円
※初回開示から96時間以内に再開示を行った場合、手数料は無料です。
支払い方法 クレジットカード決済(1回払い)

■STEP1:ご利用前の確認
手続きに入る前に信用情報を開示する際に注意すべきポイントをしっかり確認しましょう。

手数料の決済方法は、CIC指定のクレジットカードのみであったり、開示情報が記載されているPDFを開く際にはパスワードが付いていることなど、手続き前に確認しておくことでスムーズに信用情報開示ができるでしょう。

■STEP2:受付番号の取得
注意事項を確認したら早速、信用情報を開示するための受付番号を取得します。受付番号取得方法は、CIC受付番号取得窓口(0570-021-717)に電話をかけて行います。

電話をかける際は、クレジットカード会社に登録している電話番号と同じ電話番号である必要があります。違う電話番号から電話をかけても受付番号は取得できますが、信用情報が正しく表示されませんので注意が必要です。

■STEP3:お客様情報の入力
受付番号を取得したら、各種個人情報と一緒に入力を進めていきましょう。申し込み画面で入力するクレジットカード番号は、受付番号を取得するときに使用した電話番号が登録されているクレジットカード情報を入力してください。

※注意:STEP2で受付番号を取得したら1時間以内にSTEP3を行ってください。1時間を経過すると申込手続きは1からやり直しになってしまいます。

■STEP4:開示報告書の表示
申し込みと手数料のクレジット決済が完了すると開示報告書(PDF)がパスワードと一緒に発行されます。

開示報告書をダウンロードして開くとパスワードを求められますので、発行されたパスワードを入力して確認しましょう。

※注意:PDFを開くときに「キャンセル」を押さないでください。開示報告書を見ることができなくなります!

CICの信用情報開示の料金支払いにおすすめのクレジットカード

CICの信用情報を、スマホやPCで開示するときには手数料をクレジット決済する必要があります。やっかいなのが、CIC指定のクレジットカードでなければいけないことです。利用可能なクレジットカード一覧は下記サイトを参照ください。

※CIC「ご利用可能なクレジットカード」
https://www.cic.co.jp/popup/creditcard.html

ここから紹介する3種のクレジットカードは、CIC指定のものかつ、比較的審査に通過しやすい可能性のあるカードです。

三井住友カード(旧三井住友VISAクラシックカード)

三井住友カード

三井住友カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※インターネット申込で初年度年会費無料

【 三井住友カードの特徴 】

  • 信頼ある銀行系クレジットカード
  • 初年度年会費無料&条件クリアで次年度も年会費無料
  • セキュリティー体制も万全!

三井住友カードは、銀行ブランドで信頼度の高いクレジットカードです。初年度年会費無料で、2年目以降は1,250円(税抜)かかりますが、「マイ・ペイすリボ」に登録&年1回以上カード利用することで次年度以降も年会費は無料になります。また、郵送で送られてくる利用明細をWEB明細に変更するだけで年会費が500円減額されます。

海外旅行保険は最大2,000万円まで補償!マクドナルドやコンビニではポイント5倍など、充実したサービス内容になっています。また、万が一不正利用されそうになった場合は、業界最高水準のセキュリティが稼働しカードを一時利用不可にしてくれます。

ライフカード

ライフカード

ライフカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

【 ライフカードの特徴 】

  • ポイント還元率は業界最高水準!
  • 海外旅行保険は最大2,000万円
  • シートベルト保険は最大200万円

ライフカードは、クレヒスのない方や信用情報に不安のある方でも審査通過の可能性が高いクレジットカードです!ポイント還元率は業界最高水準。カード発行初年度は、還元率1.5倍、誕生日月にはなんと3倍もの還元率を誇ります。極めつけには、会員専用通販サイト「L-Mall」で買い物をすると最大25倍のポイントを獲得できます。

保険周りは、最高2,000万円の海外旅行保険だけでなく、200万円のシートベルト保険も用意されています。これは、万が一車事故を起こした場合に、医療費や修理費などを保証してくれる保険です。シートベルトをしっかりしていることが条件になりますので、運転の際にはシートベルトの付け忘れには注意しましょう。(※レンタカー利用時にも適用されます。)

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 5,000円
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

【 ライフカード(デポジット)の特徴 】

  • 延滞や債務整理を行った方でも発行可能
  • デポジット金を利用上限としてクレジットカードとして利用可能
  • 無料でETCカードも発行可能

ライフカード(デポジット)は、延滞や債務整理をして信用情報に傷が付いている方でも発行可能なクレジットカードです。事前にデポジット金を入れておくことで、入金額を上限としてクレジットカードとして利用可能です。

デビットカードやプリペイドカードのイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、「クレジットカード」として利用できますから、公共料金や各種口座引き落としサービスのクレカ決済にも利用できます。デポジットを入れること以外は、クレジットカードと取扱いは同じです。また、ETCカード無料、弁護士無料相談サービスなどの特典も付いています。

信用情報を開示すると金融機関にばれる?!

これから信用情報を開示しようとする方は、一抹の不安があると思います。

「信用情報を開示したらカード会社に開示履歴がバレて、カード審査に落とされるのでは?」

安心してください。

結論から言えば、信用情報を開示しても開示履歴は金融機関やカード会社にバレることはありません。

各信用情報機関で公式に発表されていますので、気になる方は以下公表文を確認してくださいね。

CIC

「利用記録につきましては、お客様へは開示いたしますが、会員各社には回答をしておりませんので、審査に利用されることはありません。」
参考:https://www.cic.co.jp/faq/detail/cre/cre03/002606.html

JICC

「※会員会社は照会目的区分が「契約照会」のもののみ、6ヶ月間参照することができます。※開示当日の照会記録については開示書に記載されません。」
参考:https://www.jicc.co.jp/vcms_lf/kaiji-DM.pdf

KSC

「※会員に対して照会記録情報を回答するのは照会目的が新規与信判断の場合に限ります。」
参考:https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/abstract/pcic/open/kaiji0004.pdf

KSCについては少々分かりにくい表現ですが、要約すると「クレジットカードや各種ローンを申込みされたときに、企業が信用情報を調査する上で行った開示記録は見ることはできます。」という意味です。

したがって、あなた(個人)が自分の信用情報を開示しても、その開示記録は公開されることはありませんので安心して開示してください。

信用情報を開示するメリット

【 メリット一覧 】
  • 契約して忘れていたカードの存在を思い出せる
  • ブラックでないか確認できる
  • 延滞、金融事故の履歴を確認できる
  • 誤った登録情報を修正してもらえる

信用情報を開示する最大のメリットとしては、クレジットカードやローンに申し込む前に、自分の信用情報を先回りして確認し、審査に通過できるか予測できることです。万が一ブラックの場合には申し込みを控えましょう。

また、契約したけど棚の中にしまいこんで存在を忘れていたカードを思い出すことができます。年会費がかかるカードの場合には、気づかないうちに毎年口座から年会費が引落されてしまいますので、一度契約している全カードの確認をするために信用情報を開示してみるのも有りでしょう。

これは滅多に無いことですが、稀にクレジットカード会社が誤った滞納情報などを記録してしまうことがあります。情報の管理は”人”が行っているため間違いは起こる可能性があります。

過去に延滞や債務整理をしていないのに、クレジットカードやローンの審査に通らない場合は、誤った信用情報が記載されているかもしれません。

信用情報を開示するデメリット

【 デメリット一覧 】
  • 開示手数料に500円~1,000円必要
  • ネット経由の開示の場合は、CIC指定のクレカで手数料を決済する必要有り
  • 開示情報の見方が難しい

信用情報を開示するデメリットは大きく3つ。1つ目は、手数料がかかること。開示手数料は500円~1,000円かかり、ネットか郵送の場合には1,000円。窓口で開示すれば500円になります。

じゃあ窓口の方が良いよね!と考える人もいらっしゃると思いますが、窓口まで出向く交通費や手間を考えると結果割高になりますから、ネットや郵送で行った方が良いでしょう。

2つ目のデメリットは、ネット・郵送の手段を利用する際には、CIC指定のクレジットカードで手数料を支払わなければいけないことです。すでに指定のクレカを持っていれば問題ありませんが、ない場合には信用情報を開示するために、クレジットカードを発行しなければいけない状態に陥るでしょう。(窓口なら現金で支払うことはできますが、対面の恥ずかしさがあります。)

3つ目は「開示情報が見づらく理解が難しい」ことです。無事に信用情報を開示できたとしても、「どこが自分の信用情報なんだ?」と理解するのが困難になる方も多いかもしれません。

信用情報の見方で不安がある方は、次のセクションで開示情報の見方をご紹介しますのでご確認ください。

開示情報の見方がわからない際の対処方法

各信用情報機関には、信用情報の見方を説明した資料を公開しています。下記に資料を掲載しますので、開示情報を取得する前に目を通しておくとスムーズに内容を理解することができるでしょう。

信用情報をきれいにする方法

信用情報機関には、「登録される情報」と、その「期間」が決められています。信用情報は主に、クレジットカード申込履歴、契約中のローン支払状況、債務整理の履歴など、個人のお金周りに関する情報が記録されています。

登録される情報の中で、審査を不利にさせるものは「延滞」と「債務整理」の履歴です。万が一、支払の延滞や債務整理を起こした場合には、もれなく信用情報に記録され、一定期間消えることはありません。

例えば、3ヶ月以上の延滞をすると5年間、自己破産をすると5~10年間記録が残ります。以下表で金融事故ごとの記録期間を掲載しますので参考にされてください。

金融事故 記録期間
自己破産 5年~10年
その他債務整理 5年
強制解約 5年
代位弁済 5年
61日以上の延滞 1年~5年
3ヶ月以上の延滞 5年

※より詳しく登録期間について確認したい場合は以下記事をご覧ください。
⇒ 超ブラックでもお金借りれる!失敗しない消費者金融カードローンで審査に通る方法を暴露!

信用情報の開示で履歴ありの人におすすめのクレジットカード

信用情報を開示した結果、内容が良くなかった方に向けて、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

片っ端から、審査に通りそうなクレジットカードに申し込んでいると、申込みブラック状態になり、さらに信用情報に傷を付けてしまいます。

ですから、信用情報に不安がある方はこれから紹介するクレジットカードの中から申し込みするカードを選ぶと安全です。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なので審査に不安な人でも通る可能性あり!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能

【 ACマスターカードの特徴 】

  • 3秒診断機能で今すぐ発行可能か確認できる
  • 最短即日カード発行
  • 年会費は永久無料!

ACマスターカードは、大手消費者金融の「アコム」が発行しているクレジットカードです。年会費永久無料なので維持コストはかかりません。

ACマスターカード発行においてアコムは「独自審査」を取り入れており、信用情報に
左右されない柔軟な審査をしてくれます。3秒診断機能を使えば、今すぐカード発行できるか仮診断してくれますので、今すぐ試してみましょう。

カード発行までの期間はなんと最短即日!「むじんくん」という自動契約機に出向けば、その場でカード発行可能です。お急ぎの方にはもってこいのクレジットカードです。

決済ブランドは世界のMasterCardですから海外でも不便なく利用可能です。審査が不安だけど、なんとかすぐにカードが欲しい!という方はACマスターカードをチョイスしましょう。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

【 楽天カードの特徴 】

  • 年会費永久無料
  • 1,700万人が保有する圧倒的知名度
  • 流通系カードなので柔軟審査!

知らない人はいないと言っても過言ではない圧倒的知名度がある楽天カードは、国内に1,700万人の利用者がいる国民的人気のクレジットカードです。年会費は永久無料で、楽天市場での買い物時にはポイントが3倍付与!

楽天はネット通販(物販)をメインとしているため、発行している楽天カードは「流通系」のクレジットカードと言われています。クレジットカードは「銀行系」「信販系」など様々なジャンルがありますが、中でも「流通系」カードは柔軟な審査で、信用情報に不安がある方でも発行できる可能性のあるカードなのです。

プロミス

プロミス

プロミス
融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
  • Webからの契約なら最短1時間融資可能!
  • 30日間利息0円!(初めての契約でEメールアドレスを登録しWeb明細を確認した方)
  • Webで完結!郵送物なし!カードレス!

クレジットカードにこだわりがなく、「とにかくお金を用意したい」方は、カードローンの利用も検討してみると良いでしょう。

カードローンは、融資上限を柔軟に決めることができるので、クレジットカードよりも審査に通る可能性が高いと言われています。中でも、審査に期待ができ、30日間無利息で利用できる「プロミス」をオススメします。

【 プロミスの特徴 】

  • 最短30分で審査終了
  • 最短1時間後には借りれる
  • 保証人、担保不要!

テレビCMでお馴染みのカードローン「プロミス」は、20歳〜69歳まで幅広い年齢層が利用できるカードローン。パートやアルバイトをしていれば、学生さんでも借入ができる敷居の低さ。最大500万円まで融資可能で、まとまった借入をしたい方にも最適!

プロミスは、スマホアプリで借入&返済が可能ですから、財布に入れていると恥ずかしいローンカードはありません!契約時に郵送物もないので、家族にバレずにこっそり借りれます。

プロミス利用が初めての方は、30日間無利息で借入できますから、短期間での借入の方は利息0円で借入できちゃいます。今すぐお金が必要…と差し迫った事情がある方は、プロミスも選択肢の1つに入れると良いかもしれません。

信用情報の開示は審査落ちの原因にならない! まとめ

信用情報を開示したからといって、クレジットカードやローンの審査で不利になることは一切ありません。ですから、安心して開示をして信用情報を確認してくださいね。

不動産ローンを組む際には、不動産会社から「信用情報を確認しておいてください。」と言われることもあり、これが審査を不利にさせることがあれば本末転倒になってしまいますよね。

信用情報開示には手間や手数料がかかりますが、クレジットカードやローンの申込前に確認しておくとより安心して申込することができます。

CICやJICCはネットでの開示が可能ですが、KSCは郵送のみになっていますので、家族に信用情報を開示したことがバレたくない場合には郵送物を見られないようにする工夫が必要になるでしょう。

信用情報を開示した結果、内容が芳しくない方は、ACマスターカードや楽天カードなら審査通過する可能性があります。また、クレジットカードにこだわっておらず、お金を用意したい方は、プロミスなどのカードローンサービスの利用も検討してみてください。