目的別クレジットカード比較!

自己破産後にクレジットカードを作るには?不安なときのおすすめカードも紹介!

自己破産した人がクレジットカードを作るには??

過去に返済義務を怠ったことによる金融事故や、自己破産手続きの履歴のある方は再度同じカード会社やローン会社、金融機関を利用することは難しいでしょう。

例えば、自己破産をした時に、A社とB社からのクレジットカードやローンがあり、金融事故を起こしてしまってからすでに5年~10年が経過していたとします。

自己破産の手続きを行ったA社とB社では、社内データベースに「事故発生履歴あり」という情報が登録されますので、信用情報に関係なく二度と審査は通らないでしょう。

しかし今まで利用したことが無かった「C社(A社とB社ではないカードやローン会社)」であれば、カードが発行される可能性があります。

自己破産に関する情報の登録期間は、個人信用情報機関ごと個別設定されています。
・CIC(シーアイシー)
・JICC(日本信用情報機構)
上記2つの機関では「発生日から5年を超えない期間」とされ
・全銀協(信用金庫や銀行系クレジットカード会社や信用保証会社が加盟)
においては「10年を超えない範囲」が設定されています。

このような各機関の設定を考慮しますと、登録期間の5年を無事に経過すれば、CICとJICCだけに加盟しているクレジットカード会社を選択し、カードの申し込みをすればよいのです。

【全銀協加盟の主なクレジットカード会社:登録期間10年】
アメリカンエキスプレス社
三菱東京UFJ銀行や一部の地銀のみ(銀行が母体)
という状況ですので、CICとJICCのみに加盟している団体がほとんどです。

なお、信用情報については信用情報について詳しく解説したページを参照してください。

注意して頂きたい点として、登録機関の経過を待つ5年間は、クレジットカードの
利用履歴が残せない、いわゆるクレジットヒストリー(クレヒスとも言います)が
空白な状態になるとうことです。

カード会社において、このクレヒスの無い状態というのは
・クレジットカードやローンを利用したことが無い人もしくは
・自己破産や債務整理などの経歴がある人
上記のうちいずれかに該当する人であると、いう判断をします。

審査を行うカード会社側からすれば、そこにいかなる理由があったとしても、
「この申し込み者には、クレヒスにデータがない(個人信用情報に履歴が無い)、
すなわち 審査をスムーズに通すのは危険だ」という判断に至ってしまうのです。

「自己破産者のためのカード!」
「自己破産しても使えるカード!」
「自己破産でも発行出来た、楽天カード!」

このような謳い文句で、デビットカードを紹介しているサイトを目にしますがデビットカードとクレジットカードは似て非なるものです。
デビットカードはクレジットカードと違い、利用してもクレジットヒストリーは記録されませんので、結果として個人の信用力をあげることにはなりません。
ですから、金融事故を起こしたのちに、デビットカードを所有するに至った方は「いつかはクレジットカードを持ちたい」と考えるようになっていきます。

つまり、自己破産後に個人の信用力を高めるためには、「最初に手に入れる1枚のカード」がとても重要なのです。

その大切なカードを入手する方法として、込み時にカード利用限度枠を低くして申込み、まずはカードを発行発行してもらうことを目指すというやり方があります。

その後、手に入れたクレジットカードを利用し、きちんと支払いをこなしていくことで信用力(個人信用情報に履歴を残す)を高めてから、カード更新時などに利用限度枠のアップを申請しましょう。

特に最初の一社目の申し込みに失敗してしまうと、その後他社のカード審査にも落ちる可能性が高くなりますので、最初の1枚をどこの会社に申込むのかは慎重に検討する必要があります。

自己破産後にクレジットカード審査に通るポイント!

皆さまもご存知の通り、ブラック状態の場合、かなりの確率で審査に落ちますが、「ブラックの人にはクレジットカードを発行してはいけない」という法律などありません。

判断はクレジット会社に委ねられているのです。

時折、信用情報に「異動情報」が記されているブラック方でもカードを入手できた、などの口コミや評判を目にすることもありますが、
一般的には、債務整理などで任意整理、個人再生(個人民事再生)や破産免責を受けた方には、CIC・JICCなどの個人信用情報機関に開示を求め、異動情報が消えたことをご自分で確認し、それから新たなクレジットカードの申し込みされることをお薦めします。

個人信用情報については、何よりも、まずご自身の情報を確認し次の手段を検討しましょう。
信用情報の確認についてはこちらの記事で解説しています!
「信用情報機関で自分がブラックか確認する方法 | クレジットカード審査」

JICCの開示請求については消費者金融からの借入が無ければ不要となりますが、民事再生行った場合は、その年月日まで記録に保管されますので、保管期間を終えるまでの5年間は、基本的に審査に通ることは難しいでしょう。

また、CICでも異動情報が保管されている5年間は通常クレジットカードは発行されないと考えましょう。

自己破産で審査が不安な方におすすめのクレジットカードとは!

信用情報に不安がある方は、特に審査に幅を持たせてくれると評判の「消費者金融系カード」を持つことで、まずは信用を積み立てることから始めてみてはいかがでしょうか。

ACマスターカード

最もおすすめのカードは「ACマスターカード」。
大手消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。
なんと年会費無料最短即日発行
クレジットカードを諦めてしまう前に、「ACマスターカード」をぜひ検討してみてください!

ACマスターカードについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!
「アコムのACマスターカードが人気の理由 | クレジットカード審査」

ACマスターカード

ACマスターカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率
発行時間 最短即日
ETC年会費
国際ブランド

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

セディナカードJiyu!da!

また、消費者金融系には抵抗があるという方には「セディナカードJiyu!da!」もおすすめ。
こちらも、審査に幅を持たせてくれると評判です。
秘密は、リボ払い専用のカードであること。
ですが、月々の利用額と支払い設定額を合わせれば、実質一括払いです。
年会費も無料!

セディナのクレジットカードについては、こちらの記事で詳しく解説しています!
「セディナカードの審査は厳しい・落ちやすいは本当?おすすめのクレジットカード紹介も | クレジットカード審査」

セディナカード Jiyu!da!

セディナカードjiyu!da!
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~10.5%
発行時間 2~3週間
ETC年会費 無料
国際ブランド

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース