目的別クレジットカード比較!

自己破産後でもクレジットカードは作れる!最悪の状態でも審査に通る方法

自己破産後にクレジットカードを作るには?

自己破産をしたけど「クレジットカードを作りたい」けど、自己破産後ではクレジットカード審査に通るかのか不安かと思いますが、結論からいうと作れるんです!

この記事では自己破産後にクレジットカードを作りたいという方にカードを手に入れてもらうために下記の情報をご紹介します。

  • 自己破産後にクレジットカードを作るためのポイント
  • 審査が甘い・審査なしでカードを手に入れる方法
  • 自己破産した人がクレジットカード審査に通るコツ

「そんな事あるの?」と思うかもしれないですが、自己破産者でもクレジットカードを持つことは可能で、審査が甘いうえETCカードを持つこともできるんです。

それぞれ、詳しく解説していきますので、最後までお付き合いください。

審査が不安な人におすすめのクレジットカード

自己破産後で、審査に通るか不安という方におすすめなのがACマスターカード
「他社では審査に落ちたけどACマスターカードなら作れた!」と評判のカードです。

年会費は永年無料で、困ったときにあると便利なキャッシング機能付き。
最短即日でカードを発行することもできるので、すぐにクレジットカードを作りたい方にもおすすめです!

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なので自己破産後で審査に不安な人でも通る可能性大!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能

自己破産した人がクレジットカードを作るには??

自己破産した人がクレジットカードを作るには??

自己破産後、クレジットカードは何年で作れる?

自己破産をした場合、個人のクレジットカードやローンの利用履歴を表す「個人信用情報」というところに、少なくとも5年間はブラック情報が記録されることになります

クレジットカード会社は個人信用情報を参考に審査を行います。
ブラック情報が記録されている5年間は、クレジットカードの審査に通るのは難しいでしょう。

ただし、一部のクレジットカードなら5年以内でも審査に通る可能性があります
詳しくは記事の後ほどで紹介していきますが、今すぐ知りたい方はこちらからジャンプしてくださいね。

また、個人信用情報は以下3つの機関で共有されています。

  • CIC(シーアイシー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • 全銀協

自己破産に関する情報の登録期間は、機関ごとに設定されています。
CICとJICCでは最長5年間ですが、全銀協では最長10年間記録されるので注意が必要です。

クレジットカード会社は基本的にCICまたはJICCを参照しますが、銀行や地方銀行、信用金庫、その他アメリカン・エキスプレス社など一部のカード会社は全銀協を参照します。
よって、自己破産後10年間は銀行や信用金庫、アメックスが発行するカードの審査に通るのは難しいといえるでしょう。

逆にいえば、登録期間の5年を無事に経過すれば、CICとJICCだけに加盟しているクレジットカード会社を選択し、カードの申し込みをすればよいということになります。

同じ会社のカードには申し込まない

過去に自己破産手続きの履歴のある方は、再度同じカード会社やローン会社、金融機関に申し込んだとしても利用することは難しいでしょう。

例えば自己破産をした時に、A社とB社のクレジットカードを利用していたとします。
自己破産の手続きを行ったA社とB社では、社内データベースに「事故発生履歴あり」という情報が登録されますので、5~10年が経過したとしても二度と審査は通りません。

しかし、A社やB社と関連性のない別会社である「C社」であれば、カードが発行される可能性があります。

クレヒスがなくても審査に通りやすいカードを選ぶ

注意すべき点として、自己破産の情報が登録されている5年間は、クレジットカードの利用履歴が残せない、いわゆるクレジットヒストリー(クレヒス)が空白な状態になるということです。

カード会社において、このクレヒスのない状態というのは

  • クレジットカードやローンを利用したことが無い人 もしくは
  • 自己破産や債務整理などの経歴がある人

上記のうちいずれかに該当する人であるという判断をします。

審査を行うカード会社側からすれば、そこにいかなる理由があったとしても、「この申し込み者にはクレヒスにデータがないから審査をスムーズに通すのは危険だ」という判断に至ってしまうのです。

特に、ゴールドカードや年会費が高価なカード、銀行が発行するカードなどはクレヒスがないと審査に通りにくいといわれています。
自己破産後5年が経過したら、まずは審査がやさしめのカードでクレヒスを積み、信用力を高めていくことをおすすめします。

自己破産後でも使えるおすすめのクレジットカード

ここでは、「自己破産をしたことがあっても作れた」と評判のクレジットカードを紹介します。

自己破産後5年が経っている人にはACマスターカード
自己破産後5年以内の方にはライフカード(デポジット)がおすすめです。

それぞれどんなカードなのか詳しく見ていきましょう!

ACマスターカード

ACマスターカードは年会費無料のクレジットカード。
独自の審査基準が設けられているため、過去に自己破産や債務整理、延滞をした経験がある方でも入会できる可能性が高いです。

ACマスターカード公式サイトでは、年齢・年収・他社借入状況を記入するだけで、カードが作れるかどうか判断してくれる「3秒診断」という機能があります。
審査に通るかどうか不安な方は、一度試してみるとよいでしょう。

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なので審査に不安な人でも通る可能性あり!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能

ACマスターカードのスペックについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

アコムACマスターカードのメリット・デメリット|使い方や審査についても解説!
アコムACマスターカードのメリット・デメリット|使い方や審査についても解説! クレジットカードの審査に通るか不安、という人に選んでほしいACマスターカード。 審査時間は最短30分、即日発行可能、年会費永年...

ライフカード(デポジット)

ライフカードデポジットは、5年以内に延滞や債務整理、自己破産をした人でも申し込めるクレジットカードです。
万が一支払えなくなったときのための保証金(デポジット)を入会時にあらかじめ預けておく必要があるため、信用力や返済能力の心配な人にもカードを発行してくれるというわけです(保証金は退会時に返金されます)。

ブラックでも持てるカードは、基本的に最低限の機能しか付いていないことがほとんどです。一方、デポジット型ライフカードは年会費がかかるため、無料のETCカードや国内・海外旅行保険、弁護士無料相談サービスなど、通常のカードよりも付帯サービスが充実しています。
「少しお金がかかってもいいから、サービスの充実したクレジットカードを持ちたい!」という方にはぴったりのカードといえるでしょう。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 保証金(デポジット)制で審査が通りやすい!デポジット額は解約時に返金
  • 国内・海外旅行保険弁護士無料相談サービス付き
  • 一般のライフカードと同じデザインなので堂々と使える!

プリペイドカード

自己破産直後の人や、現在自己破産の手続き中という人には、審査なしで作れるプリペイドカードがおすすめです。
プリペイドカードはクレジットカードとは違い、事前に必要な金額をチャージしておく仕組みになっています。

こちらの「バンドルカード」は、世界中のVISA加盟店で支払いに利用することが可能です。

バンドルカード

年会費 無料
ポイント還元率
発行時間 最短1分
ETC年会費 取扱なし
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

ただし、プリペイドカードは「チャージに手数料がかかる」「クレヒスが積めない」といったデメリットがあります。
クレジットカードの審査に通らなかったときの最終手段として利用するのがおすすめですよ。

自己破産後にクレジットカード審査に通るポイント!

自己破産後にクレジットカード審査に通るポイント!

自己破産後に個人の信用力を高めるためには、「最初に手に入れる1枚目のカード」がとても重要です。

最初の1枚目の申し込みに失敗してしまうと、その後他社のカード審査にも落ちる可能性が高くなりますので、最初の1枚をどこの会社に申し込むのかは慎重に検討する必要があります。

利用限度額を低く申請しよう

大切な1枚目のカードを入手する方法として、申し込み時にカード利用限度枠を低くして申し込み、まずはカードを発行してもらうことを目指すというやり方があります。

また、クレジットカードの申し込み時に「キャッシング枠を付けるか否か」を選ぶ場合は、なるべく付けないで申し込むことをおすすめします。
なぜなら、キャッシング枠を付けようとすると、ショッピング枠だけの場合と比べて審査が厳しくなってしまうからです。

手に入れたクレジットカードを利用し、きちんと支払いをこなしていくことで信用力を高めてから、カード更新時などに利用限度枠のアップやキャッシング枠を申請しましょう。

個人信用情報を確認しよう

任意整理、個人再生(個人民事再生)、破産免責を受けた方は、CIC・JICCなどの個人信用情報機関に開示を求め、異動情報が消えたことを自分で確認し、それから新たなクレジットカードの申し込みされることをおすすめします。

個人信用情報については、何よりも、まずご自身の情報を確認し次の手段を検討しましょう。信用情報の確認方法についてはこちらの記事で解説しています!

信用情報機関 ブラック確認カードが作れるか、信用情報を確認する方法 ここでは、つい軽い気持ちでカードの支払いを3か月滞納した人から、自己破産手続きなどの金融事故...

信用情報を確認すると、ごくまれに5~10年が経っているにもかかわらずブラック情報が消されていないケースがあります(信用情報機関に問い合わせると削除してもらえます)。
心配な方は、一度自分の目で信用情報を確認しておくと安心です。

自己破産後にクレジットカードは作れる?まとめ

「自己破産をしたら二度とクレジットカードを持てない」といわれることもありますが、そんなことはありません。
きちんとカード選びをすれば、自己破産をしていても発行してくれる可能性は十分にあるのです!

まずは安定した収入を得て、生活状況を整えてからクレジットカードに申し込んでみてはいかがでしょうか。

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なので審査に不安な人でも通る可能性あり!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能