クレジットカード審査についてのあれこれ

自己破産 クレジットカード

自己破産した人がカードを作るにはどうすれば良いの?

過去に返済義務を怠ったことによる金融事故や、自己破産手続きの履歴のある方は再度同じカード会社やローン会社、金融機関を利用することは難しいでしょう。

例えば、自己破産をした時に、A社とB社からのクレジットカードやローンがあり、金融事故を起こしてしまってからすでに5年~10年が経過していたとします。

自己破産の手続きを行ったA社とB社では、社内データベースに「事故発生履歴あり」という情報が登録されますので、信用情報に関係なく二度と審査は通らないでしょう。

しかし今まで利用したことが無かった「C社(A社とB社ではないカードやローン会社)」であれば、カードが発行される可能性があります。

自己破産に関する情報の登録期間は、個人信用情報機関ごと個別設定されています。
・CIC(シーアイシー)
・JICC(日本信用情報機構)
上記2つの機関では「発生日から5年を超えない期間」とされ
・全銀協(信用金庫や銀行系クレジットカード会社や信用保証会社が加盟)
においては「10年を超えない範囲」が設定されています。

このような各機関の設定を考慮しますと、登録期間の5年を無事に経過すれば、CICとJICCだけに加盟しているクレジットカード会社を選択し、
カードの申し込みをすればよいのです。

【全銀協加盟の主なクレジットカード会社:登録期間10年】
アメリカンエキスプレス社
三菱東京UFJ銀行や一部の地銀のみ(銀行が母体)
という状況ですので、CICとJICCのみに加盟している団体がほとんどです。

なお、信用情報については信用情報について詳しく解説したページを参照してください。

注意して頂きたい点として、登録機関の経過を待つ5年間は、クレジットカードの
利用履歴が残せない、いわゆるクレジットヒストリー(クレヒスとも言います)が
空白な状態になるとうことです。

カード会社において、このクレヒスの無い状態というのは
・クレジットカードやローンを利用したことが無い人もしくは
・自己破産や債務整理などの経歴がある人
上記のうちいずれかに該当する人であると、いう判断をします。

審査を行うカード会社側からすれば、そこにいかなる理由があったとしても、
「この申し込み者には、クレヒスにデータがない(個人信用情報に履歴が無い)、
すなわち 審査をスムーズに通すのは危険だ」という判断に至ってしまうのです。

「自己破産者のためのカード!」
「自己破産しても使えるカード!」
「自己破産でも発行出来た、楽天カード!」

このような謳い文句で、デビットカードを紹介しているサイトを目にしますがデビットカードとクレジットカードは似て非なるものです。
個人信用情報機関への情報照会をせずに審査されるカードとして、楽天銀行が発行するデビットカードや、VISAが発行するVISAデビットカードがあります。
これらの会社は、過去に金融事故を起こした経歴があっても、デビットカードを発行してくれる心強い存在です。

ただし、デビットカードはクレジットカードと違い、利用してもクレジットヒストリーは記録されませんので、結果として個人の信用力をあげることにはなりません。
ですから、金融事故を起こしたのちに、デビットカードを所有するに至った方は「いつかはクレジットカードを持ちたい」と考えるようになっていきます。

つまり、自己破産後に個人の信用力を高めるためには、「最初に手に入れる1枚のカード」がとても重要なのです。

その大切なカードを入手する方法として、申し込み時にカード利用限度枠を低くして申込み、まずはカードを発行発行してもらうことを目指すというやり方があります。

その後、手に入れたクレジットカードを利用し、きちんと支払いをこなしていくことで信用力(個人信用情報に履歴を残す)を高めてから、カード更新時などに利用限度枠のアップを申請しましょう。

なお、「JCBカード」と呼ばれるもカードには、
・株式会社ジェーシービーが発行するJCBカード
・イオンが発行しているJCBカード
という違いがあることをご存じでしょうか?

ここで注意するべき点として、発行会社が違えば審査方法も違うため、
十分検討してからカード選ぶ必要があるということです。

特に最初の一社目の申し込みに失敗してしまうと、その後他社のカード審査にも
落ちる可能性が高くなりますので、最初の1枚をどこの会社に申込むのかは
慎重に検討する必要があります。

個人再生や自己破産しても持てるカードとは?

いわゆる「ブラックリストに載ってしまった」方でも、持つこと可能なクレジットカード
がありますのでお伝えしたいと思います。

皆さまもご存知の通り、ブラック状態の場合、かなりの確率で審査に落ちますが、「ブラックの人にはクレジットカードを発行してはいけない」という法律などありません。

判断はクレジット会社に委ねられているのです。

時折、信用情報に「異動情報」が記されているブラック方でもカードを入手できた、などの口コミや評判を目にすることもありますが、一般的には、債務整理などで任意整理、個人再生(個人民事再生)や破産免責を受けた方には、CIC、JICCなどの個人信用情報機関のに開示を求め、異動情報が消えたことをご自分で確認し、それから新たなクレジットカードの申し込みされることをお薦めします。

個人信用情報については、何よりも、まずご自身の情報を確認し次の手段を検討しましょう。

JICCの開示請求については消費者金融からの借入が無ければ不要となりますが、民事再生行った場合は、その年月日まで記録に保管されますので、保管期間を終えるまでの5年間は、基本的に審査に通ることは難しいでしょう。

また、CICでも異動情報が保管されている5年間は通常クレジットカードは発行されないと考えましょう。

家族カードを利用する…Aさん

本人はブラックな状態であるため、奥さんにクレジットカードをつくってもらい
家族カードとして利用する。

(解説)
一番ポピュラーなやり方です。

再生後は、カードをもたずに現金主義となるか、もしくはデビットカードを利用する
という二択になるのが一般的ですが、急きょお金が必要な場面も出てくるでしょうし、
デビットカードが利用できない支払に出くわすこともあるでしょう。
その場合は、配偶者との共通枠として、家族カードを利用すると便利です。

元債権者(金融事故を起こした借入先)以外にカード申込み…Bさん

Bさんは自己破産手続きと無関係の別のクレジットカード会社を選択し
申し込んだのですが、全て審査が通らず、結局カードを発行してもらえませんでした。

(解説)
結果的にBさんの申し込みは受理されませんでしたが、
カード会社の選定ポイントとしては、間違っていません。

過去に事故を起こした借入先に申込みをした場合、信用情報機関での異動情報が
5年を経過し無くなっていても、カード会社の社内情報は半永久的に残りますので
まずカードが発行されることは無いでしょう。

Bさんの場合、もともと10社近くから借入をしていたため、個人再生の記録が
カード会社の系列毎に共有されていたり、カード会社の合併などで情報が集約された
可能性があります。

その為、カード会社の系列や合併履歴などの企業情報は十分に確認した上で、最初の1枚どこのカード会社で作るのかを決定することが肝心なのです。

無事に信用情報機関の登録保管である5年を超えた場合は、次のステップとなる、クレヒスを確実に積み上げていき、個人信用の回復に努めましょう。

国際ブランドのクレジットカード…Cさん

Cさんは、民事再生の支払が完了してから約6か月でカードを手に入れました。
申し込み時は、一般カードとよばれる最もグレードの低い内容のカード選択し、
無事発行されました。

(解説)
一般的には審査基準が厳しい会社として認知されているこの国際ブランドのカードは
全銀協(KSC)に加盟していますので、金融事故情報は10年間残っているはずです。

では一体なぜカード発行に至ったのでしょうか。
大手企業にお勤めのCさんは、同年代と比較すると年収も高いレベルでしたので、
・属性高くが上場企業、公務員クラスであった(高属性)
・支払い能力があれば問題はない
という判断で審査に通ったのではないかと個人的には考えています。

銀行系のカードに申込んだ…Dさん

Dさんは1000万円ほどの資金を銀行の定期預金や投資信託等金融商品を
利用することによって、優良顧客のステータスを獲得しました。
その後、本来の目的である銀行系のカードを申し込みする際に、
取引先銀行に紹介状などを書いてもらい、見事審査を通過しています。

(解説)
この手法は資金力がないと使えない技にはなってしまいますが、
カードには会社はそれぞれ、「法的整理を行った方に対しては、整理後●年間は
審査を承認できない」など独自の規定があります。
Dさんの場合はこの例外が適用されたと考えるべきでしょう。

Dさんの資金力は別として、このケースにも参考にすべき点があります。
「クレジットカードの審査業務は、銀行ではなく同じ系列の銀行系のクレジット会社」
という点をDさんが知っていた上で申し込みをした所が大変重要なのです。

同じ系列会社であっても、申込者本人の個人情報や資金状況(定期預金の残高等)は
簡単に開示できませんので、いくら申込者本人に資産があっても
カード会社では把握できません。
債務整理など事故情報がカード会社において判明した時点で、
審査に落ちてしまう場合もあります。