目的別クレジットカード比較!

自営業・個人事業におすすめのクレジットカード!審査に通るためのコツも紹介

自営業者や個人事業主がクレジットカードを持つ場合、審査に不安を抱えます。収入が不安定であったり、一度の他のクレジットカード審査に落ちてしまった経験があれば余計です。

でも、経費の支払いや商品の仕入れにクレジットカードが必要な自営業者は、絶対に審査に通って業務を円滑に進めたいと考えますよね。

このページでは、クレジットカードを作りたい自営業者・個人事業主に向けて

  • 自営業者のクレジットカード審査を徹底解説
  • 自営業者・個人事業主におすすめのクレジットカード
  • 自営業者・個人事業主が審査に通過するコツ

といった内容をまとめて紹介しています。

自営業者だけではなく、フリーランスの方や個人事業主の方が知って損のない情報ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

自営業・個人事業主でも審査に通る可能性のあるクレジットカード

まず、自営業者や個人事業主でも審査に通る可能性があるクレジットカードをずばりご紹介します。

その名も「ACマスターカード」。このカードは、大手消費者金融業者「アコム」が発行しており、入会金・年会費永久無料で維持コスト0!

「収入があれば発行対象」になるので、収入が不安定な自営業者や個人事業主の方でも発行できる可能性は高いです。

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 収入証明があれば自営業者でも発行可能!
  • 入会金&年会費永久無料
  • 最短「即日」カード発行

アコムが発行している「ACマスターカード」は、入会金&年会費無料!駆け出しの自営業者にとってカード維持コストがないのは大きなメリットですね。

アコム独自の柔軟審査で、審査に不安がある方でもカード発行の可能性大!自動契約機「むじんくん」まで出向けば、最短即日カード発行が可能です。

自営業のクレジットカード審査基準

結論から言うと、自営業者のクレジットカード審査は比較的厳しくなる傾向にあります。

会社員の場合には、働く環境も整備されており、毎月の収入は安定するため、カード会社としてはカード利用額の回収の見込みを立てやすくなります。

しかし、自営業者は働く環境やその収入面も不安定な傾向にあるので、カード会社としては自営業者へのカード発行を慎重にならざるを得ないのです。

とは言っても、自営業者だからと言ってカード発行できないと決まったわけではありません。安心して読み進めていって下さい。

年収が高ければ審査に通りやすい?

よく誤解されていることは、「収入が高ければ審査に通りやすい」という事です。実は、自営業者で、「収入が高ければ、収入が低い場合と比べて審査に通りやすい」という事実は一切ありません。

カード会社としては、カードを発行する上では「安定した収入」を求めています。決して収入の多さを求めている訳ではないのです。

手取り20万円以下の会社員でも毎月同じ給与を得ているほうが、「安定した収入」となり、社会的信頼は高いと言えます。

収入が少ない場合には、利用限度額が調整されますので、カード発行の可否については「収入が”安定”しているか否か」が問われるということですね。

自営業のクレジットカード審査に通りにくい理由

ここからは、自営業者がクレジットカードの審査に落ちやすい三大理由をご紹介しましょう。想像通りの内容もあれば、そんな事まで!?と思う、意外な理由もあるでしょう。これからカード発行申込される方は最後までご覧ください。

貸倒のリスクが大きい

自営業者は、業務決済にクレジットカードを利用するケースが多くなる傾向にあり、経費としての決済額は大きくなります。

こうした中で、万が一事業がうまくいかなくなった場合に、返済ができなくなる可能性が高くなるため、カード会社は慎重に審査を進めます。

また、自営業者は所定の職場を持っていない場合もあり、夜逃げも楽にできてしまうことも厳しい審査の原因となっています。

夜逃げまでしなくても、債務整理をされたり、最悪、自己破産されれば、全額回収不可能な状態になるため、貸し倒れになるリスクをカード会社は抱えているのです。カード会社側の視点で審査を見てみると、厳しくなることに理解が深まりますよね。

収入の安定がない

自営業者は、会社員と違い「収入に安定性」がないため、カード利用返済時にお金を用意できない可能性が高いと判断されます。

また、自営業者は年収額を重要視される傾向にあります。先月100万円稼ぎました!といっても、極端にいえば翌月0円になることも有りえます。ですから、年収ベースでどれくらい
稼いでいるのか確認するために、審査時には確定申告書の写しを提出する必要が出てくるでしょう。

会社員の場合は、業態や社員数、勤続年数から大まかな年収額は算出できますので、給与明細だけで借入できることもありますが、自営業者は上記の理由から年収を証明する公的書類が必須になるのです。

無職なのに自営業として申込みしていると疑われてしまう

「無職」の人でも、カード申込時に「自営業者」と偽って申請する方がいます。会社員の場合には、勤務先に実際に働いてる会社の情報を入力する必要がありますので、無職の方がカード申込する場合は「自営業者」と入力するケースが多くなるのです。

そのため、「自営業者」と入力すると「本当に仕事をしているのか?」と疑われる傾向にあるのです。

本当に自営業者の方でも、仕事を受注できなければ仕事をしない人もいますから、労働形態として信頼は薄くなります。審査の際の電話連絡時には、自営業者として働く環境をしっかり整備しており、安定した収入を得ていることをいかに伝えるかが重要となるでしょう。

自営業者がクレジットカードの審査に通過するコツ

これまで、自営業者がカード審査に通りづらい理由をたくさん紹介してきたので気持ちが萎えてしまっている方もいると思いますが、ここからは自営業者が審査に通過する6つのコツをご紹介します!

審査通過のための重要な情報が記載されていますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

電話番号は全て記載

申込時には、自宅電話番号と携帯番号両方を入力しましょう。自宅電話番号があれば、緊急時にも連絡が取りやすくなり、信頼度は増します。

また、固定回線を契約していると、その住所にしっかり住んでいることの証明になるので、カード会社としてもカード発行を前向きに検討する要因になるのです。(夜逃げリスクが軽減されます。)

本人確認書類は運転免許証

本人確認書類は、運転免許証が高く評価される傾向にあります。

他にも、健康保険証や住民基本台帳カードなど、本人確認書類として有効なものはありますが、運転免許証さえあれば、どこのクレジットカード会社でも、本人確認書類はバッチリです!

自宅勤務の人は自宅住所を勤務先住所として記載

事務所やお店を設けておらず、自宅勤務されている方は自宅の住所を勤務先として入力してください。屋号を決めていれば屋号もしっかり入力したほうが良いでしょう。

屋号名は、税務署に開業届を出した際の屋号名を入力する必要があります。開業届を出しておらず、屋号がない場合には、屋号欄に「自営」「個人」などと入力しておけばOKです。

嘘の申告はしない

当たり前ですが、嘘の情報を入力しないでください。なぜなら、すぐバレるからです。

とくに、年収額や現状の借入件数は嘘をつきたくなる項目でしょう。

しかし、自営業者は確定申告書など、年収を証明する公的書類の提出を求められますし、借入件数やその額については信用情報を確認すれば漏れなく把握できるので、嘘をついたことが一瞬でバレてしまいます。

嘘をついていることがバレれば、もちろん審査落ちは濃厚になるでしょう。カード審査員も人間です。嘘を付く人にカード発行しようとは思わないでしょう。

申込情報は、嘘を付きたくなってもありのままの内容を入力しましょう。結果的に、誠実性をアピールすることができますので、カード発行できる可能性が高くなるのです。

同時に複数のカードに申込しない

「数撃ちゃ当たる」精神で、同時多発的にカード申込みするのは避けましょう。一気に複数申し込みしていることは、信用情報に記録され「申し込みブラック」扱いになってしまいます。

また、一気に複数カードを発行をしようとする人の中には、カード利用枠を現金化して踏み倒す方も多いため、同時多発的に申し込みをする人には、カード会社は警戒心を強める傾向にあります。カード申し込みをする際には、1社づつ行いましょう!

開業届を出して個人事業主になる

開業届を出して、国に正式に個人事業主と認められれば信頼も高まります。開業届を出していない個人事業主は、世間的に「”自称”個人事業主扱い」になるため社会的信頼は低くなります。

正式に経営者としてスタートするためにも、クレジットカードを手に入れるためにも、開業届は出しておきましょう。

下記、三井住友ビジネスカード for Owners(クラシックカード)は、開業してまもない起業家をサポートするクレジットカードです。あなたと相性が良いカードになりますから、選択肢の1つに入れておきましょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.1%~0.5%
発行時間 約3週間
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※インターネット申込で初年度年会費無料

【 三井住友ビジネスカード for Owners(クラシックカード)の特徴 】
  • 駆け出しの起業家(個人事業主)をサポートするクレジットカード
  • 登記簿謄本、決算書不要で簡単申込み!
  • 年会費初年度無料

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシックカード)は、開業届を出してまもない駆け出し起業家を応援するクレジットカードです。

初年度年会費が無料で、2年目以降も年1,250円(税抜)と少額コストで維持可能。審査時には、登記簿謄本や決算書は不要なので、手続きも簡単!

複数人のカードを1契約で発行できるので、必ずしも経営者が契約する必要もなく、役員が契約してもOKです。

サービス・特典も充実しています。国内外1,000箇所以上の宿泊施設や人間ドックなどを割引料金で利用できたり、セブンイレブン、ローソンなど大手コンビニやマクドナルドでいつでもポイントが5倍還元!ゴールド、プラチナにアップグレードする道もあり魅力溢れるクレジットカードです。

自営業・個人事業主(個人)におすすめのクレジットカード

自営業者は、会社員と比べて審査に通りづらいので、主婦や学生でも発行可能な、とにかく審査のハードルが低めのクレジットカードを選ぶことが重要です。

ここからは、自営業者・個人事業主(個人)に相性ピッタリなクレジットカードを紹介していきましょう。

JALカード

JALカード

JALカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 2,000円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 通常4週間
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※初年度無料

【 JALカードの特徴 】
  • 年会費永久無料
  • ショッピング利用でもJALマイルが貯まる
  • カード支払を最大60日遅らせる事が可能

JALカードは、申し込み資格が「18歳以上」とシンプルな条件。審査のハードルが低めなので自営業者でも審査通過の可能性大です!もちろん年会費永久無料なので維持コストで頭を悩ませる心配もなし。

JALカードは航空券はもちろんのこと、通常のショッピング利用だけでもJALマイルが貯まります。全国各地を飛行機で移動する自営業者の方には相性ピッタリのカードでしょう。

さらに、カード利用分の支払を最大60日遅らせることが可能です。自営業者や個人事業主はキャッシュ・フローがきつくなることもあるでしょうから、支払い猶予が作れるのは大きなメリットになるでしょう。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカード
年会費 発行時間 国際ブランド
永年無料 最短即日 MasterCard
  • 審査通過後「自動契約機むじんくん」ですぐにカード発行できる
  • 独自審査なので審査に不安な人でも通る可能性あり!
  • 国際ブランドの「Mastercard」が使用できるから国内外を問わず利用可能

アコムが発行している「ACマスターカード」は、入会金&年会費無料!駆け出しの自営業者にとってカード維持コストがないのは大きなメリットですね。

アコム独自の柔軟審査で、審査に不安がある方でもカード発行の可能性大!

クレジットカードは「銀行系」「信販系」など様々なジャンルのカードがありますが、ACマスターカードはその中でも「消費者金融系」のカードで、特に審査基準が柔軟な傾向にあります。

また、海外ATM手数料無料で、外貨両替にも使えるのがうれしいポイントです。

ライフカード

ライフカード

ライフカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

【 ライフカードの特徴 】
  • 年会費永久無料
  • 業界最高水準のポイント還元率
  • 海外旅行保険最大2,000万円

ライフカードは、クレジットカードの中でも審査のハードルが低いと好評の年会費永久無料のクレジットカード。業界最高水準のポイント還元率を誇り、誕生日月は3倍、ライフカード会員通販サイト「L-Mall」で業務に必要な商品を購入すれば、最大25倍のポイント還元でザクザクポイントが貯まっていきます!

貯まったポイントは、クオカードやANAマイル、楽天スーパーポイントなどと交換することができます。海外旅行保険は最大2,000万円、国内なら1,000万円の補償が付いていますので、出張時のサポートはバッチりです!

自営業(法人)におすすめのクレジットカード

法務局に開業届を出すことで、正式に個人事業主として認められ、カード会社では法人として扱ってくれます。これにより、さらにグレードの高い法人向けクレジットカードの発行が可能となります。

ここからはおすすめの法人向けカードを紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 12,000円※
ポイント還元率 1.0%
発行時間 通常1~3週間
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※初年度無料

【 アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの特徴 】
  • 業務上の決済でアメックスポイントがどんどん貯まる!
  • 空港ラウンジが無料に!
  • 国内外旅行保険最大5,000万円

圧倒的知名度とステータスを兼ね備えたアメリカの決済ブランドAmerican Expressが発行する「アメリカン・エクスプレス・ビジネス・カード」は、空港ラウンジ無料利用や手荷物宅配サービスなど、出張で飛行機移動が多い自営業者の方には相性の良いカードです。

出張費や広告費、接待交際費などをカード決済すれば、どんどんアメックスポイントが貯まっていきます。国内外旅行保険ではなんと最大5,000万円の高額補償付き。

JAL便チケットを購入する際は、法人専用運賃が適用されお得に航空券を購入できます。特別な特典も用意されており、VIPな体験をすることもできます。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシックカード)

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.1%~0.5%
発行時間 約3週間
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※インターネット申込で初年度年会費無料

【 三井住友ビジネスカード for Owners(クラシックカード)の特徴 】
  • 開業まもない個人事業主でもOK
  • 法人カードなのに登記簿や決算書の提出不要!
  • 充実した優待やポイント制度

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシックカード)は、会社設立・開業まもない経営者や個人事業主の方でも気軽に申し込みすることができるクレジットカードです。

法人カードの発行ですが、登記簿謄本や決算書の提出は不要なので手続きも簡単!年会費は初年度無料で、2年目以降は1,250円と低コスト。

国内外1,000箇所以上の宿泊施設や人間ドックなどを割引料金で利用できたり、セブンイレブンなどの大手コンビニやマクドナルドでいつでもポイント5倍。ゴールド・プラチナカードへのアップグレードの道もあり、魅力溢れるビジネスカードになります。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナカード)

三井住友ビジネスfor Owners(プラチナ)

三井住友ビジネスfor Owners(プラチナ)
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 50,000円
ポイント還元率 0.5%~9.0%
発行時間 最短3営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

【 三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナカード)の特徴 】
  • 三井住友カードの経営者向け最高ステータスのVIPカード
  • 24時間365日日対応のコンシェルジュ
  • 会員専用のVIPイベントに参加可能

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナカード)は、経営者向けに発行しているカードの中で最高ステータスを誇るクレジットカード。年会費は5万円で、申し込み資格は「満30歳以上の個人事業主(経営者)で、年収600万円以上」と敷居は高くなっています。

狭き門のプラチナカードですが、サービスや特典はもちろんVIPな内容になっています。24時間365日のコンシェルジュサービスは、航空券の予約や、一見さんお断り店の予約、リムジンの手配など、どんな面倒な依頼も快く対応してくれます。忙しいビジネスマンには優秀な秘書が付いたような感覚になるでしょう。

その他にも、カード保有者限定のVIPなイベントに参加できたり、提携ホテルを優待料金&お部屋無料グレードアップ、空港ラウンジ無料利用など様々な特典が用意されています。

個人事業主がクレジットカード決済するとお得!

個人事業主が事業決済をクレジットカードで行えばたくさんのメリットがあります。

なんと言っても、支払履歴が電子データで管理できるので会計処理が簡単になります。領収書の保管も不要になりますし、経理処理の負担が軽減するので、本来の業務に精を出すことができるでしょう。

その他にも、立て替え払いが不要になる「社員カード」が発行できたり、支払を先延ばしにできるなどキャッシュフローのコントロールまで可能です。

自営業でもクレジットカードは作れます! まとめ

個人事業主・フリーランスがクレジットカードを作ろうとすると、本当に審査に通るのか不安を覚える方が多いかと思います。

しかし、ACマスターカードなど、審査のハードルが低めのカードをチョイスすれば個人事業主でもカード発行は可能です。

一般的に個人事業主は収入が不安定と認識されており、カード会社としては貸し倒れのリスクも高くなるので、審査を厳しくする傾向にあります。

ですから、申し込み時には、嘘をつかず正しい情報で申し込むこと、固定電話があれば漏れなく入力、同時複数に申し込まないなど、記事中で紹介した審査に通るコツをしっかり守って申し込みしてください。

個人事業主で開業届を出していない方は、開業届を出すだけで審査に通る確率が上がりますので、クレジットカード申し込み前に法務局に開業届を出すことをおすすめします。