クレジットカード審査に関するQ&A

個人信用情報機関JICC 質問

JICC(個人信用情報機関)に関する質問と回答

日本信用情報機構(JICC)についてのご質問が多数寄せられていますので、
本日はJICCに関してのご質問にお答えしていきたいと思います。

質問:クレジットカード会社は、全銀協、JICC、CICなどの個人信用情報機関に加盟していると聞きました。
VISAカードもこれらの個人信用情報機関に加盟していると思いますが、

JICCの個人信用情報を開示すれば、VISAの借入状況などが見られるのでしょうか?

消費者金融系はJICCに加盟していると聞いたことがあるのですが、詳しく教えて頂けますでしょうか。

回答
まず、ご質問にあります「VISAの借入状況」についてですが・・。
これについては、カードの利用状況を確認するのならば、CICのみ開示すれば大丈夫でしょう。

といいますのは、クレジットカードのショッピング枠について、割賦販売法が指定している個人信用情報機関はCICだけだからです。
さらに言えば、JICCに加盟していないクレジットカード会社があっても、CICに加盟していないクレジットカード会社はありません。

ですからカード審査に向けて自分がブラックであるかどうか?を確認したい場合には、CICの個人信用情報開示をすることが必要です。

キャッシングといえば消費者金融ですが、こちらは貸金業法にて、JICCとCIC両方への加盟となっています。
消費者金融ではないクレジットカードにも、日本で発行されているものはほとんど自動的にキャッシング枠がついてきますので、
JICCに加盟しているクレジットカード会社がほとんどです。

ちなみに「VISAカード」というのはいわばブランド名であって、実際のカード審査は、「VISAカード」というブランド名を付けた
各クレジットカード会社(楽天カード、三井住友カード等・・)が行っています。
なお、審査の際、クレジットカード会社はCICには必ず加盟しているので申込み情報以下は必ずCICに記載されますが、
JICCに加盟していない会社であればJICCに記録されることはありません。

質問:JICCの個人信用情報についてお聞きします。

住宅ローンを組みたいと思い、JICCとCIC ふたつの個人信用情報を開示しましたら、JICCにのみ、不利な情報が記載されていました。
そこで、JICCに加入していない保証会社や金融機関があれば教えて頂きたくお願いします。

また、以前住宅ローンの仮審査に落ちてしまいましたが、再度挑戦しても仮審査に落ちてしまうことはありますでしょうか?

回答
この場合の不利な情報とは支払い遅延や債務整理等の異動情報のことでしょうか?

もしそうであれば、JICCに加盟していない会社であってもCRINという情報交流ネットワークによって、

異動情報については参照できますから、JICCに加盟していない会社を避けても無駄であるといえます。

以上のような理由から、JICCに異動情報が記載されていても融資してくれる金融会社を探したほうがよいでしょう。

もし新築物件でしたらお勧めしたいのが「提携ローン」です。これは金融機関と不動産会社とが提携し、物件購入者へ融資を行うローンのことです。

その場合の審査は、個人が店頭で申込みをした場合よりもかなりハードルが低いものとなります。
なぜ、そのようになるかと言いますと、金融機関としては物件の担保価値とともに、「不動産会社との継続的な取引を期待している」という部分があります。

個人的に金融機関の店頭で申し込んで審査に落ちた人であっても、このような「提携ローン」を利用することで審査に通るケースが多いのです。

これには、住宅ローンの顧客獲得競争の激しさが増していることもかなり影響があります。

金融機関としては、仮に何百戸という住宅を分譲している不動産会社と提携ができたとしたら、一度に大量の顧客を獲得することが可能となるのです。

このようにうまみの多い取引はめったにありません。金融機関によっては、このような不動産会社との「提携ローン」にかなり力を注いでいると言えましょう。

と、以上の事情もありますから、購入予定の物件が新築であるならば、個人で申し込んだ仮審査に一度落ちていたとしても、次回は「提携ローン」の申込みをしてみてください。

中古物件だとしても、不動産会社が親密に取引をしている金融機関を尋ねて仲介を頼むなりして申込みすれば審査OKになる確率が上がると思います。

なお、「提携ローン」も審査NGとなってしまった場合、私の経験上、どこの金融機関に申し込んでも審査OKになるのは難しいかと思います。

その場合には頭金を貯めて、個人信用情報機関にある異動情報が抹消されたことを確認して、それから再申込みする方法がよいかと思います。

質問:本日JICCに個人信用情報の開示をしてみましたら、延滞という異動情報(異参サ内容異参サ発生日)が記載されていました。

これについては、今からもう17年くらい返済していなかったのですが、もう時効なのにどうして今でも記載が残っているのですか?

回答
これにつきましては、貸金業法の改正によって、削除された内容が復活して記載されてしまっているようです。

以前ですと、一定の期間が過ぎた後、情報は自動的に削除されていましたが、改正後は完済していない返済については引き続き記載が残り続けることになったのです。

ここで注意が必要なのは、破産免責等の法的手続きをしたにもかかわらず、再度復活して記録されているケースがちらほら見受けられることです。
これについては各個人信用情報機関のシステム上の不具合と思われますので、時々信用情報を照会して確認したほうがよろしいでしょう。

ご質問のように17年も返済していない、ということなら、債権が残っていたとしても時効の援用となり情報を消してもらうことができます。
個人信用情報機関へ直接申請すれば、記録の抹消をしてもらえるはずですので問い合わせてみて下さい。

質問:私は債務整理を弁護士経由で行いました。
JICCの個人信用情報の確認をしたいので、以下について教えてください。

①武富士には残債と過払い金がありました。武富士は倒産し更生法がとられましたが、数千円しか戻らないそうです。なぜでしょうか?

②中堅の某消費者金融にも残債がありまして、しかも過払い金もあります。この場合、JICCには異動情報が記載されてしまいますか?

③モビットについては債務の利息計算をやり直してもらって、正しい金額を毎月返済しました。既に完済済みです。

異動情報には記録はありませんが、これはブラックということでしょうか?

①の武富士につきましては、もう他社へ事業譲渡がされ、JICCの会員企業からも外れていますから、登録が抹消されたものと推察できます。
②につきましては、JICCでは過払い金についても完済情報の記載として5年間残ってしまいますから、現時点では記載されていることになります。
③につきましては、異動情報に記載がなければブラックではありませんのでご安心下さい。
なお、モビットはJICCのほかにCICにも加盟していますから、念のためCICにも開示請求して確認してみて下さい。

ここで気をつけて頂きたいのは、過払い金の中には異動情報としての記載が残ってしまう場合もあるということです。

質問:私の場合、金融事故情報がJICCに記載されている状態です。仮にJICCに加盟していないクレジットカード会社に申し込んだ場合、カード発行されるでしょうか?

回答
先ほどQ2で住宅ローンについてのご質問にも回答しましたように、JICCに加盟していなくても、クレジットカード会社はCICには必ず加盟していますから、CRIN(情報交流ネットワーク)を通して金融事故の情報は伝わってしまいます。

このCRINでは、貸付金額から残高に至るまで、あるいは元本や利息の支払についても遅延があるかどうか、各社で共有されていますから注意して下さい。

なお、JICCの場合、延滞情報であればそれが解消してから1年後には抹消されますから、できるだけ速やかに完済してしまうほうがよろしいでしょう。

さらに、すでに延滞が解消されて順調に返済していれば、仮にまだJICCに記載が残っていたとしても、カード発行してくれる可能性があるかもしれません。