目的別クレジットカード比較!

派遣・契約社員におすすめのクレジットカード!審査通過して作るためのコツを解説!

毎日しっかり働いているけれど、正社員ではなく派遣社員。それでもクレジットカードを作ることってできるのだろうかと不安に感じている人もいると思います。

派遣社員だからクレジットカードの審査に通らない、クレジットカードを作ることができないということはありません。

派遣社員でクレジットカードを作りたいけれど、多くの派遣社員が不安に感じていることといえば、

  • 正社員ではないため勤務先が変わったり、収入も変動するから不安
  • 年収はやっぱり低めなので、審査に落ちる?
  • 在籍確認って受けられるのだろうか。
  • 申込みに記載する勤務先って、派遣先?それとも派遣元?どっちが正解?

など、派遣社員だからこその悩みや疑問があるようです。

これらの不安や疑問を解決しつつ、派遣社員が利用しやすく、審査も通りやすいと評判の高いクレジットカードを紹介していきます。

派遣・契約社員がクレジットカードの審査に通る秘訣

派遣・契約社員がクレジットカードの審査に通る秘訣

派遣社員や契約社員として働いている人が、クレジットカードの審査を受ける場合、少しでも審査に通りやすくするためにできること、利用したいクレジットカードなどクレジットカードの審査に通る秘訣について解説していきます。

ステータスが高いカードへの申込みを避ける

ステータスの高いクレジットカードを持つのは、社会人として憧れでもありますよね。

しかし、ステータスの高いクレジットカードは、年収制限があるなどの審査基準が厳しく、残念ながら派遣(契約)社員では厳しい可能性が高いです。

まずは、派遣・契約社員でも利用可能で審査に通りやすいと言われているクレジットカード選んで利用するのがベストです。

勤めてから半年~1年以上経ってから申込む

どのくらいの期間同じ場所で継続して働いているのかという部分は、クレジットカードの審査ではとても重要となります。

クレジットカードの種類によっては、年収よりも勤続年数の方を重視するというところもあると言います。

そのようなクレジットカード会社では、年収が高くても安定していない人よりは、例え年収の低いアルバイトでも長く勤めている人の方に信頼を寄せるところも少なくありません。

そういう意味からも、最低でも半年~1年以上派遣・契約社員として継続して働いてから申し込むようにすると審査の通過率が高くなります。

クレヒスが良い状態になってから申込む

他社に借り入れがあるという場合は、できれば返済し終えておくか、残高を少なくしておくようにしましょう。

また、延滞履歴があったり、債務整理の経験があるという場合は、クレヒスが良い状態になっているのを確認してから申し込むようにすることをおすすめします。

同時に複数の会社に申込みしない

クレジットカードを持ちたいという思いから、同時期に複数のクレジットカードを申し込む人がいますが、それは絶対にやめましょう。

審査の際に使用する信用情報機関に、その情報が記録されてしまいます。

同時期に複数のクレジットカードの申込みをしたにも関わらず、契約の記録がない人は、審査に落ちてカード発行が見送られた人として審査に悪影響を与えてしまいます。

他社で審査を見送ったということは、何か問題がありそうと判断され、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

派遣・契約社員にオススメのクレジットカード

派遣・契約社員の人がクレジットカードを新たに持ちたいという場合は、流通系や消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。

流通系のクレジットカードは、年齢や年収にこだわらず、学生や専業主婦でも利用することができる審査基準を設けているので、派遣・契約社員でも利用できる可能性が高いです。

また、消費者金融系のクレジットカードは、独自審査基準というものを設けているため、クレヒスが心配という人でも利用できる可能性があるとして人気があります。

具体的におすすめのクレジットカードを紹介しますね。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

楽天カードは、楽天市場や楽天トラベルなどインターネット通販などで便利に利用することのできるクレジットカードとして多くの人が利用しています。

クレジットカードとしてはもちろん、ポイントカードとしての機能も充実しているので、利用すればするほどポイントが付与され、ショッピングに利用することができます。

楽天カードを利用している人には、配偶者に収入はあるものの本人には収入のない専業主婦や、保護者の収入があることで学生も利用することが可能など、多くの人が利用しています。

派遣・契約社員として毎日継続して働いていれば、審査に通過できる可能性の高いおすすめのクレジットカードです。

ライフカード(年会費あり)

ライフカード(年会費あり)

ライフカード(年会費あり)
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 5,000円
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

ライフカードは、同じカードでも年会費が無料・有料など種類がいくつかあり、審査基準も違いがあります。

正社員ではなく、年収もそれほど高くはないという場合は、年会費が有料となっているライフカードの申込みがおすすめです。

年会費を支払うことができるということは、それだけ返済能力があるとライフカードでは判断されます。

年会費が有料のライフカードは、無料のライフカードと比べると審査の通過率が高くなると審査に不安を感じる派遣・契約社員の人に人気があります。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率
発行時間 最短即日
ETC年会費
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

ACマスターカードは、消費者金融で大手のアコムから発行されているクレジットカードです。

消費者金融ということに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、アコム独自の審査基準を設けているため、派遣・契約社員でも安定して働いている人に対して柔軟にカード発行が行われています。

派遣社員で所有している人の多い、密かに人気のあるクレジットカードです。

派遣・契約社員がクレジットカードに申込む時の注意ポイント

派遣・契約社員がクレジットカードに申込む時の注意ポイント

クレジットカードに申込みする場合、「少しでも審査に有利になってクレジットカードを手にしたい。」そういう思いを込めて記載しますよね。

派遣・契約社員がクレジットカードに申し込む時に意識して注意したい注意ポイントをいくつか取り上げていきますので、しっかり理解して記載するようにしましょう。

申込み時の勤務先情報は間違えないようにする

派遣社員・契約社員が申込み時に記載する勤務先ですが、それぞれ違いがあり、

  • 派遣社員は、派遣元の会社を記載
  • 契約社員は、勤務先の会社を記載

という風になっています。

これは、派遣社員・契約社員として働いている本人も一瞬迷うところではあるようですが、誰に雇用されているのか(給与が支払われる企業)を考えればわかりやすいです。

派遣社員は、派遣先となる企業で勤務することとなりますが、所属はあくまでも派遣会社の社員ということになり、在籍確認は派遣元である派遣会社に来ることになります。

一方、契約社員は、勤務する企業と雇用契約を結んでいるため、勤務している会社が勤務先となり、在籍確認も勤務先に来ることとなります。

キャッシング枠をつけない

クレジットカードを持つことをまずは目標とするなら、キャッシング枠はつけずに0円で申込みする方が、審査に通りやすいです。

ショッピングでの利用以外にも、キャッシング枠もいざという時のためにつけておきたいという場合は、必要最低限の金額にしておくことをおすすめします。

虚偽申告は絶対にしない

クレジットカードはもちろん、ローンなどのお金に関する申込みでは、このくらいは大丈夫だろうという虚偽申告は、残念ながら高い確率で審査の段階でバレてしまいます。

そして虚偽申告をしたために、審査に通過することはありません。審査に通過したいと思うなら、ほんのちょっとの嘘の記載でも絶対にしないようにしましょう。

クレジットカードの審査に落ちやすい派遣・契約社員の特徴

クレジットカードの審査に落ちやすい派遣・契約社員の特徴

派遣・契約社員として働いている人の中には、クレジットカードの審査に通りやすい人と落ちやすい人がいます。

審査に最も落ちやすいと言われている人の属性は、

  • 年齢が20代前半の人
  • ひとり暮らしの人
  • 勤続期間が5ヶ月程度と短め
  • 年収が200万円前後と少なめ
  • 今回の申込みが初めてのクレジットカード

などとなっています。自分に該当するものはないかをチェックし、当てはまるものがあった場合は、1つでも減らすようにして申込みすると安心です。

そうは言っても年齢や勤続期間、年収などは、ある程度の時間が必要となってしまいますよね。

また、居住環境をクレジットカードを作るためだけに変えるのも現実的ではありません。

クレジットカードを初めて作る場合、年齢にもよりますが、ローンの利用実績がない(スーパーホワイト)ということから審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

このような場合は、事前にスマホの分割払いなどを利用しておくと、クレヒスを作ることが可能となりローンの利用実績をつけることができます。

派遣・契約社員でも持てる!クレジットカード以外の選択肢

クレジットカードの審査に通過できなさそうだから、もうしばらくは我慢しようという場合は、派遣・契約社員でも持つことができ、クレジットカードと同じように使うことのできるカードの利用を検討してみてはどうでしょう。

クレジットカード以外のカードにはバンドルカードとデビットカードという2種類のカードがあり、クレジットカードがないと利用できないサービスや、商品購入にも利用できるのでおすすめです。

どんなカードなのかを紹介しますね。

バンドルカード

バンドルカード

年会費 無料
ポイント還元率
発行時間 最短1分
ETC年会費 取扱なし
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

バンドルカードは、事前にカードにお金をチャージして、そのチャージした金額の範囲をクレジットカードと同じように使用することのできるプリペイドカードです。

カード発行に審査が行われることはないので、クレジットカードに挑戦したけれど、残念ながら審査に落ちてしまったという人でも安心して利用することができます。

デビットカード

デビットカードは、銀行口座と紐付けて利用することのできるカードで、銀行口座の残高の範囲内で利用することが可能です。

利用方法は、クレジットカードと同じですが、カードを利用するとその瞬間、預金口座から利用金額が引き落としされます。

デビットカードは、銀行などの金融機関で発行しているカードなので、今利用している銀行で利用できればかなり便利です。

もちろんデビットカードの利用に審査はありませんが、立替制度のあるデビットカードを利用する場合は、審査があります。

クレジットカードを作りたい派遣・契約社員Q&A

クレジットカードを作りたい派遣・契約社員Q&A

最後に、クレジットカードを作りたい派遣・契約社員の人が不安や疑問に思うことをQ&A にしてみました。

Q:派遣継続5ヶ月でもクレジットカードの審査に通りますか?

派遣継続の期間が5ヶ月でのクレジットカードの申込みですが、必ず落ちるとも、通るとも言い切れない微妙なところです。

クレジットカードの審査では、安定して長く働いている人が審査に通りやすいと言われているので、確実に審査に通過したいという場合は、半年以上、1年以上と継続期間が長くなってから申込みした方が良いでしょう。

Q:派遣元ではなく派遣先を申込み時に申請した場合はどうなりますか?

勤務先に派遣元ではなく派遣先を書いてしまった場合、派遣先が大企業だった場合、派遣社員をひとりひとり把握している企業ではない可能性があります。

そのような場合、在籍確認をして「在籍していません。」ということになってしまうと、虚偽申告として扱われ、クレジットカード会社によってはブラックとなり、審査に落ちるだけではなく、クレジットカードが今後作れなくなる可能性もあり危険です。

クレジットカード会社によっては、間違って記載していることを指摘し、書き直す指示をしてくれるところもありますが、絶対ではありません。

派遣社員として働いている状況でクレジットカードを作る場合は、勤務先は派遣元ということだけはしっかり把握したうえで申込みするようにしましょう。

派遣・契約社員がクレジットカードを作る秘訣 まとめ

派遣・契約社員がクレジットカードを作る秘訣やおすすめのクレジットカード、クレジットカードの機能を利用できるカードなどを紹介してきました。

今は、派遣社員だから、契約社員だからとクレジットカードが作れないということは決してありません。

どのような形態で働いていたとしても、継続して働いているならクレジットカードを作ることはそう難しいことではなく、誰でも利用することができるので、自分の属性にマッチしたクレジットカードを選んで利用するようにしましょう。