クレジットカード審査の職業別難易度

派遣契約 契約社員 クレジット審査

派遣や契約社員の審査はどうなっていますか?

「私は派遣として働いています。勤続年数が短いのですが審査に通りますか?」
「マスターカードやvisaのカードが欲しいです。契約社員なので無理ですか?」

ここ数年、様々な労働条件・雇用形態え働く人々が増えてまいりました。

そのため派遣や契約社員として働く人々からこういった問い合わせが頻繁に届くようになりました。

まずはじめに、派遣や契約社員だからという理由で、クレジットカード会社から「審査対象とはなりません」と言われることはまずありません。

ですから安心してカード申し込みをして頂きたいと思います。

ただし、一部のステイタスの高いカードや入会基準が高く設定されているようなカード(プラチナカードなど)では、審査基準を満たしていないために対象外とされる場合もあります。

このあたりの基準は申し込み前にクレジットカード会社の入会基準をよく読んで、自分の属性で手が届くかどうか確認をしておいてください。

クレジットカード会社の入会基準には、例えば「高校生を除く18歳以上で電話連絡可能な方」のように、各クレジットカード会社のホームページやパンフレットなどに書かれています。

ここで念のために補足説明しますと、派遣や契約社員でも発行される可能性があるクレジットカードはたくさんありますが、審査面においては、正社員と比べるといくらかマイナスされることとなりますので心得ておいてください。

クレジットカード会社として希望する利用者の理想は「継続した安定収入のある人」であり、そのような人にカード利用をして欲しいと思っています。

一方、派遣や契約社員の場合は雇用期間が決まっていて、それ以後の収入の保証が無いわけですから、将来に渡って雇用が安定している正社員よりは審査が不利になってしまいます。

このような理由から、同じクレジットカード会社に申し込んだとしても、「正社員」だとカード発行されて、「派遣や契約社員」だと審査に通らないということはありえます。

クレジットカードの審査方法では、「スコアリング」という属性に対して加点していく方法(一部の会社では減点していく方法もあります)で審査をします。

スコアリングについてもっと具体的に説明しますと、申込者の属性(年収、勤務形態、勤務先、勤続年数、居住年数、居住形態、同居家族、固定電話の有無・・)を点数化するということです。

年収について言えば、年収が500万円=5点、年収が200万円=2点・・のように、

属性の項目ごとに点数化して合計点が基準に達しているか?確認します。

その後、CIC・JICCなどの個人信用情報機関に照会をして行い、事故情報がないか?や、カードの利用限度額はどうなっているか?などを調査して問題なければカード発行となります。

このような審査において、派遣や契約社員ですと勤務形態での属性で、どうしても正社員よりはスコアリングの加点が少なくなってしまいます。

ですから、「カード発行されるかか見送りかのギリギリのラインだな」と思ったら、他の有利な項目を探して(例えば実家持ち家暮らしとか、固定電話があるとか)

そこをしっかりとアピールするために、申込書の欄外にでも記入しておいた方が良いです。

なお、派遣社員の人への注意点として、申込書には実際の勤務先企業(派遣先)ではなく、登録している派遣会社(派遣元)元を記入してください。

申込書に派遣先を記入してしまうと、クレジットカード会社から在籍確認の電話がかかってきたときに、電話を受けた人が「そのような社員はおりません」などと答えてしまい、(派遣社員はその会社の社員ではないため)審査に落ちてしまった、という例がありますから充分にご注意下さい。

審査に落ちやすい派遣・契約社員の特徴ってありますか?

こういうお問い合わせも最近多いので、具体的に説明していきます。

まず、最も審査に落ちやすい属性としては、

1 年齢20代前半
2 実家暮らしである
3 大手企業に派遣されている
4 年収が少なめである(200万前後)
5 勤続機関が5ヶ月と短い
6 今回がはじめてのクレジットカード申込みである

ざっとですが、このようなイメージだと審査に落ちやすいようです。

正社員と違って不安定な勤務形態である派遣社員で、しかも勤続年数がたったの5ヶ月、かつ初めてクレジットカードを作る(クレジット利用履歴がない)というのは、クレジットカード会社としては最も避けたい属性であると言えます。

もしあなたがこれに該当する属性である場合、勤続年数が2年以上になるまで同じ所で働くか、携帯電話などを分割で購入し(=割賦契約)、返済期日にきちんきちんと返済し続けることで、CIC・JICC等の個人信用情報機関の記録にクレジットの利用実績を重ねてから、審査に挑戦したほうがカード発行に近付くことになります。

このように申し上げても、このサイトをご覧になって相談する人にとっては、「そんなにのんびりと待っていられません。すぐにクレジットカードを手に入れたい。」
このように思う人が多いことと思います。

そのような場合には、クレジットカードの中でも比較的審査に幅があって発行されやすいといわれるカードをまず1枚作り、その1枚のカードをコツコツと大事に利用し、クレジットの実績を重ねて信用を高めてから、欲しいカードに挑戦すれば良いでしょう。

クレジットカード取得の難易度の高さ(審査通過の厳しさ)を左から順番にあらわすと、銀行系・独立系→信販系カード→流通系カード→消費者金融系のようになっており、最も審査が厳しいのは「銀行系・独立系」となっています。

ですから、勤務形態において不利と思われる人は、まず最初の1枚を審査が通りやすいと言われる「消費者金融系」で作り、その1枚をじっくり大切に利用していくことで信頼が持てるような利用実績を重ねて、徐々に「流通系」や「信販系」へとグレードアップされることをオススメします。

このほかに審査に通らない原因として多いのが、「短い期間に何箇所もクレジットカードを申し込んだ・・」というパターンです。

これはなぜかと申しますと、クレジットカードの申し込みをするとCIC・JICCなどの個人信用情報機関に「申し込みしました」という記録が残ります。

申込みをしたものの、カード発行まで至らなかった場合には、その申込履歴だけが記録に残ってしまい、カード契約の詳細がない状態になりますから、クレジットカード会社側から見ると「他社の審査でカード発行が見送られた人だな」というのが一目瞭然なのです。

このような「申込み履歴」は半年から1年で記録抹消されます。

ですから一度審査に落ちたからとあせって続けて申し込まずに、半年から1年はじっと記録が消えるのを待ったほうが良いのです。

以上のように、もしも属性面で心配があるという人は、とにかくカード審査に通過することを第一の目的として、審査に幅を持たせてくれる「消費者金融系のクレジットカードを最初の1枚として取得する」ことに重点を置くべきといえるでしょう。