クレジットカード審査についてのあれこれ

カード申込みから発行までの手順

カード申込みから発行までの手順とは?

現在のようにコンピュータや端末が普及していなかった時代では、自宅からインターネットで申し込む方法はなく、クレジット会社の社員が店頭で回収したり郵送で届いた申込書を、ひとつひとつ、手作業で確認していたものですが・・。

今ではほとんどのクレジットカード会社が各社独自の審査システムを導入しており、申込書のチェックから発行OK/NGの判定に至るまで、コンピュータによって自動的に行われています。

ここではクレジットカードの審査の流れについて解説していきます。

申込み書が届き、まず最初に行われることは、申込人についての信用調査として、CIC・JICCなどの個人信用情報機関へ「金融事故情報の照会」をします。

ここのところはネット申込みでも郵送申込みでも同様に調査が行われます。

ここでの調査で、個人信用情報にマイナスな記録(延滞・債務整理などの事故情報)があることが判明すると、審査に落ちる可能性が極めて高くなってしまいます。

なお、各クレジット会社では、申込人の属性(年齢、年収、職業、居住年数など・・)について、「スコアリング」という加点式の採点をしており、自社のカード発行基準に達しているかどうかを判断しています。

ですが、上記の個人信用情報にはなんらマイナス面がないとしても、スコアリングをした際に「発行できるギリギリの微妙なライン・・」という人も存在します。

そのような人については、審査担当者がより詳細なチェックをして、公平な判断をしています。

コンピュータで審査が難しい申込人の場合

クレジットカード会社の各社が導入しているコンピュータによる判断が困難であった場合には、審査担当者が手作業で確認を進めていきます。

審査は、各クレジット会社に勤めている人、正社員をはじめ、派遣社員、契約社員などさまざま人々が行っています。

プラチナカードやゴールドカードなど、いくらステータス性が高いカードの申込人であったとしても、クレジット会社の部長や課長、係長など管理職クラスの人々が直接申込書をチェックしたり、判断や審査に関係する決済をすることはほとんどありません。

珍しい職業や込み入った属性などで、判定が難しい申込人であっても、確認や審査の作業はあくまでも現場の担当者の手で進められます。

審査担当者はどのような審査をしますか?

近頃では様々な業種・分野においてコンピュータが導入されており、クレジット業界もその例外ではありません・・。

クレジット会社では、コンピュータによって審査する部分において「判定が不可能」となった場合には、審査担当の社員が申し込み書類を自分の目で細部まで確認しています。

ですから、クレジット会社ごとに独自のスコアリングなどの判断基準が決められているとしても、審査結果には「審査担当の判断基準に頼っている」部分が少なからず存在し、「判断基準は担当者によって異なる場合がある」ということを覚えておく必要があります。

仮に審査する際に厳しい判断をする担当者によって「カード発行NG」とされた申込人・申し込み書であったとしても、それとは別人の、審査にいくらか幅を持たせて判断をしている担当者が審査をすると、「カード発行OK!」になってしまうという例もあります。

このような審査担当者たちは、申込書に記入されている申込人の属性(年収、勤務先、勤務形態、携帯or固定電話、勤続年数など)や、CIC・JICCなどの個人信用情報機関の記録情報(延滞などの事故情報、クレジット利用履歴、成約情報、ホワイト情報など)だけではなく、

書いた人の性格が表れる申込書への記載の仕方(丁寧か?誤字脱字記入漏れはないか?)にまで、機械では判定不可能な部分を主観的に、各人の経験や主観によって、多角的・総合的に判定しています。

クレジット会社各社とも、「コンピュータによる審査だけに頼っているのではなく、必ず担当者という「人」によって確認も行われている」という現状をしっかり理解して、申込人の性格が表れやすい「申込書への記載」を丁寧に慎重に行うことがとても重要になってきます。

なお、勤続年数や年収などの属性面で弱いところがあり、「自分は発行されるか否かのギリギリのラインかも・・」と思う人は、「インターネットによる申込みは避けて、郵送で申込書を送る・・」という申込み方法を選択して下さい。

インターネットによる申込みの場合では、初めからそのままコンピュータで自動的に読み込まれ処理されていきますから、審査担当者である「人の目」にふれないまま審査が終わってしまう、という場合もあります。

しかし郵送での申込みでは、「審査担当者のところで封筒を開封して、担当者が申込書の中身を確認し、データを入力する・・」という「人の目にふれる」ステップが必ず入りますから、インターネット申込みと比較すると「格段に審査担当に見てもらえる時間が長い・・」という面からとても有利となります。

郵送での申し込みに加え、さらに申込書の文字が美しく丁寧であったり、各項目にきちんと記載がされていれば、「この申込人は丁寧にきれいな文字できっちり記入できる人だから、きっと支払いもきちんと行える人だろう・・」という審査にプラスのほうへ推測をしてもらえることにもつながっていきます。

その他、クレジットカードを発行して欲しいのです、と積極的にアピールする方法として、申込書の備考欄に「○月に海外出張に行くことになり、急遽カードが必要となりましたのでよろしくお願いします」などと書いてみるのもオススメです。

もしも転職して間がない人でしたら、給与明細のコピーを数ヶ月分同封しておけば「丁寧な人だ」と良い印象を与えることでしょう。

しかしここで注意して頂きたいのは、年収が低めで、計算すると返済余力がないにもかかわらずキャッシング枠を希望してしまう・・

このような状況では審査に通らない確立が高くなってしまいますので、特に年収面での属性が低い人は、できるだけキャッシング枠を「0」にするようにしてみて下さい。

コンピュータによる自動審査には、「感情」や「人情」がまったく存在していませんから、計算上無理だと思われる金額は初めから記入しないことです。

そして基本的に「公正・平等に」行われているクレジットカードの審査においても、「在籍確認の電話など、最後には審査担当者の判定に頼っている・・」ということを理解して頂けたら、「発行されるかどうかギリギリの人にとって、インターネット申し込みよりは店頭での申し込みがよく、最も良いのは郵送での申し込みである・・」という説明に納得して頂ける事と思います。

なお、ご自分の情報をクレジットカード会社の担当者が見る角度から確認してみたい、という人には、CRIN情報(情報共有サービス)で個人信用情報が共有されている、全銀協、CIC、JICC、この3社に「信用情報開示申込書」を郵送し、ご自分の個人信用情報を確認することをオススメします。

時々、「どうして自分はクレジットカード審査に通らなかったのだろう・・」と悩んでいらっしゃる人がいますが、まずその理由を調べてみないことには今後何回チャレンジしても、カード発行OKにならないかもしれません。

このように、個人信用情報を自分で確認することで、カード申込みに対する不安や疑問を解消したり、これまでのクレジット利用履歴を振り返ることができますし、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選んだり、今の自分に合った利用限度額(キャッシング・ショッピング枠)を記入することが可能となることでしょう。