目的別クレジットカード比較!

外国人が作るべきおすすめのクレジットカードは?審査に通るコツを解説!

2019年4月より新しい在留資格「特定技能」が始まりました。日本国内の人手不足を担うべく、外国人労働者の需要が高まる一方です。

日本に働きに来ている人のみならず、日本という国に魅力を感じ、勉強をするために留学に訪れている外国人も大勢いることでしょう。

そんな日本は、2019年10月より消費税率が10%へ引き上げられました。
そのことから、クレジットカードに対する需要も増え、日本で働く外国人の方も、クレジットカードを持ちたいと考えるのではないでしょうか。

しかし、日本のクレジットカードを外国人が持つことは可能なのか?といった悩みが残ります。
結論から言ってしまえば、外国人でも日本のクレジットカードを持つことは可能です。

ただ、日本人に比べて審査が厳しいのは事実です。ですが、外国人であっても諦める必要はありません。

外国人が日本のクレジットカード審査に通るための「コツ」さえ抑えておけば、比較的審査に通りやすくなります。

そこで今回は、外国人が日本でクレジットカードを持つためのコツやおすすめのクレジットカードについて紹介します。

外国人でもクレジットカードは作れる

海外からの留学や転勤で日本へ訪れる外国人も大勢いますが、日本でクレジットカードを作れます。
もちろん国籍なども関係なく作れますが、在留期間などの条件を設けているカード会社があります。

まずは、カード会社の申し込み条件を確認してみましょう。カード会社の中には、外国人特有の条件を設けていないところもあります。

もしも、作りたいカード会社の条件をクリアできていなければ、他社のカード会社を検討してみましょう。

ただ、申し込み条件をクリアした外国人であっても、日本人に比べてリスクが高いため、審査が厳しいのが現状です。

外国人のクレジットカード審査が厳しい理由

先程、外国人は日本人に比べて、リスクが高いためカード審査が厳しくなると紹介しました。
とくに、滞在期間が短い外国人は、非常にリスクが高いと言えます。

滞在期間が短い外国人にクレジットカードを発行し、残債があるまま契約者が帰国してしまえば、残債の回収が難しくなるためです。

これを貸し倒れリスクと言いますが、日本人に比べて、いずれ自国へ戻る外国人はリスクが高いのは間違いありません。

もちろん仕事や留学目的で日本に訪れた外国人のほとんどは、しっかりと返済を行った上で帰国することでしょう。

しかし、日本国内での信用情報が一切なければ、信用度を測る目安がありません。
申し込み者に返済能力もあり、返す意思もはっきりとあるにも関わらず、貸し倒れリスクから審査がとても厳しいのです。

ただ、先程も紹介したように、外国人だからといって必ずしも審査に落ちてしまうわけではありません。

外国人がクレジットカードの審査に通るコツ

外国人がクレジットカードを作る際には、審査が厳しいと紹介しました。
しかし、審査に通るコツを抑えれば、外国人の方であっても比較的審査に通りやすくなります。

まずは、外国人がクレジットカードの「審査に通るコツ」について、見ていきましょう。

証明書類をできるだけ多く用意する

クレジットカードの申し込み時には、さまざまな書類の提出が必要となります。
その中でも、身分を証明するための書類は、複数種類用意しておいたほうが良いとされています。

外国人が信用度を上げるために提出したほうが良い証明書類は下記の通りです。
できる限り多くの書類を準備しておきましょう。

身分証明書(多ければ多いほど良い)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 運転免許証(日本国内で取得したもの)
  • 住民票

収入を証明できるものを用意する

ほとんどの場合は、キャッシング枠を付帯していないクレジットカードの発行で、収入証明書類の提出を求められることはありません。
しかし、外国人の方は、収入証明の提出を求められるケースが多いです。

収入を証明できる書類を提出することで、信用度が上がります。申し込み前に準備しておきましょう。

収入証明書
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 源泉徴収票

住民票を登録する

住民登録をしておくことで、住所が定まっていることをアピールできるため、信用度が上がります。

もちろん外国人の方であっても、お住まいの地域の市役所で住民登録を行えます。申し込み前に住民登録をしておきましょう。

なお、住民登録が完了すれば住民票の発行が可能となります。証明書類の一枚として、提出しておけば信用度が上がるので、積極的に提出しましょう。

日本の回線で携帯電話を契約する

日本の携帯会社、回線で携帯電話を契約しておきましょう。
連絡をとりやすいといったメリットだけではなく、返済能力があると判断され、信用度が上がります。

また、最近のスマートフォンなどは、高額なこともあり、割賦で支払うケースが非常に多いです。
スマートフォンを割賦購入し、支払いを続けていれば、良い信用情報にも繋がります。

日本語を理解&話せる

クレジットカードを作るためには、会員規約を読み、理解しなければいけません。
また、本人確認のために、携帯や自宅、会社などへ電話連絡がいきます。

相手が話す日本語をしっかりと聞いて理解し、受け答えをできるようにしておきましょう。

外国人におすすめのクレジットカード

外国人の方でも、積極的にクレジットカードを発行している会社もあります。
たくさんあるカード会社の中でも、比較的審査に通りやすいクレジットカード会社について紹介します。

ACマスターカード

ACマスターカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率
発行時間 最短即日
ETC年会費
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース
ACマスターカードの特徴
  1. 年会費が無料
  2. 即日発行が可能
  3. 20歳から69歳までの安定した収入がある方であれば、誰でも申し込みが可能

セディナカード Jiyu!da!

セディナカードjiyu!da!
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~10.5%
発行時間 2~3週間
ETC年会費 無料
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース
セディナカードjiyu!da!特徴
  1. 18歳以上で電話連絡が可能な方であれば誰でも申し込みが可能
    (申し込み対象者の幅が広い申し込み条件に安定した収入を求めていない)
  2. 申し込みはWEB完結
  3. キャッシング枠付帯

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 540円
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース
楽天カードの特徴
  1. ポイントが貯まりやすい
  2. 年会費永久無料
  3. デザインが豊富

留学生には学生向けクレジットカードがおすすめ

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.6%~10.5%
発行時間 最短3営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド
VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

※初年度無料・次年度以降は年1回の利用で年会費無料

三井住友VISAデビュープラス
  1. ポイントが2倍
  2. 最短翌営業日にカード発行
  3. 26歳になったら三井住友VISAプライムゴールドカードへ移行

外国人がクレジットカードの審査に落ちる理由

外国人が審査に落ちてしまう理由の中で、比較的多い事例について紹介します。

これから紹介する内容を確認し、確実に申し込みを行いましょう。

滞在期間が短い

滞在期間が短ければ、支払いを終える前に帰国してしまう可能性があるため、審査に落ちやすくなってしまいます。

滞在期間が短い=貸し倒れリスクが高い と考えるのが一般的です。

キャッシング枠を付けている

キャッシング枠を付けてしまうと、総量規制の対象となるため、外国人に限らず日本人も審査に通りにくくなります。

もし、必要が無いのであれば、キャッシング枠を設定しないようにしましょう。

申込時に記入漏れや虚偽の申告をした

申し込みを行った際に、虚偽の申告をしてしまえば、審査に落ちるのは当然です。
しかし、注意したいのが間違えて記入してしまった場合です。

外国人であれば、うまく理解できずに記入してしまうこともあるかもしれません。

記入を誤ってしまった際にも、審査落ちの原因になります。申し込みを行う前には必ず、間違いが無いか確認をしてからにしましょう。

複数のクレジットカードを同時に申し込む

利用実績などの信用情報同様に、クレジットカードへの申し込み履歴も信用情報に記載されます。申し込み履歴は半年間残ります。

半年間の間に複数のクレジットカードへ申し込みをしてしまうと、貸し倒れリスクの懸念から、審査に落ちやすくなってしまうので注意しましょう。

審査に落ちたらデビットカードを作ろう

もしもクレジットカード審査に落ちてしまったら、デビットカードを作りましょう。

見た目はクレジットカードとなんら変わりはありませんが、銀行口座から即時引き落とされるため、審査がありません。

もちろん、銀行口座を作るための簡単な審査はありますが、外国人の方でも簡単に作れます。

デビットカードの中でもおすすめのカードについて紹介します。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビット付きキャッシュカード
  • キャッシュバック率最大1.5%
  • VISAのタッチ決済機能付き
  • 発行手数料、年会費ともに無料
セブン銀行デビット付きキャッシュカード
  • 利用に応じてnanacoポイントが貯まる
  • 通帳アプリで明細確認
  • nanaco機能を付帯できる

外国人のクレジットカードまとめ

今回、外国人のクレジットカードについて紹介しました。

今回紹介したように、外国人であってもクレジットカードは作れます。しかし、日本人に比べて、貸し倒れのリスクなどから審査が厳しい傾向にあります。

今回紹介した審査に通すための「コツ」を抑えて、外国人でも比較的発行されやすいクレジットカードを選択してみましょう。