クレジットカード審査の職業別難易度

外国人がクレジットカードを作る

外国人でもクレジットカードは作れるもの?

中国人、イギリス人、アメリカ人、ブラジル人などの外国人や、外国からの留学生に対してのクレジットカードの審査は、クレジットカード各社によって基準がさまざまなようです。

その中でも「外国人にはカード発行しない」という企業の理由としては、やはり 「支払いをしないまま帰国された時のリスク(=回収不能)」という貸し倒れリスクへの懸念からです。

それが10万円程度の貸付金額であった場合、その金額のためだけにわざわざ海外まで取り立てに行くには、費用対効果の面から考えると赤字となることは明白であり、結果として「発行に慎重(発行しない)」となってしまうと思います。

このような費用対効果の面から、予測されるリスクは極力回避したいという企業では「外国人の申込みは受け付けません」と断言しているところもあります。

「アコムACマスターカード」や「三井住友VISAデビュープラス」などのカードは審査基準に幅がありますので、日本人に限定せず外国人からの申込みも可能となっています。

これらの申し込みには、一般的な本人確認書類や身分証明書の代わりとして「在留外国人(在住外国人)であることを証明するような書類(例えば「外国人登録証明書」「外国人登録証明証」「在留カード」など)を求められますので、もしカードを作る予定があるならば早めに用意しておくことをおすすめします。

これらのカードを作るには、たとえ外国人であったとしてもまずは定職に就いて働いていることが条件となりますし、それがもし短期滞在の人だとすると、審査は一般の日本人よりも厳しくなります。

上記の証明書類の他に「在職確認電話が職場にかかってきた」という話も多く聞きますので、クレジットカード会社の審査員からの電話がつながりやすい番号を記入しておくことも必要でしょう。

「学生ローンの審査に通りたいが?」とか「学生カードが欲しいです」などと希望する外国人留学生に対して、検討してくれるクレジット会社もありますが、

「学生」であるということから収入面の属性については、一般よりも少し低めに設定した審査が行われるようで、カード取得の難易度としては比較的簡単と考えても良いかと思います。

学生・外国人という属性であることから、クレジット・キャッシングの利用可能枠があらかじめ低めに設定されるケースも考えられますが、それでも「クレジットカードが持てる!」ということを考えれば、「VISAデビットカード」などと比較すればカード取得の喜びは勝ると言えるでしょう。

「留学生や外国人でも申込みが可能で、これまで審査に通った事例が多くあるクレジットカード」と考えるならば、審査に不安のある人ずべてにおすすめできるカードだと思います。

日本に永住権があったとしても審査に落ちることがありますか?

少し前ですが、日本に永住権のある外国人から、このようなクレジットカード審査についての相談がありました。

その外国人(仮にSさんとします)の属性としては、男性で、大手企業で勤続10年、年収は1,000万円、45歳、永住権あり(国籍はアメリカ)、持ち家に住み、家族は4人、妻は専業主婦・・ということでした。

アメリカ国籍とはいえ日本の中でも「エリートサラリーマン」の中に入ると言えるSさんですが、「外国人である」ということを気にして自己評価が低い傾向があるようで、クレジットカードの審査に対してもかなり不安があるようでした。

上記の通りの属性・条件で、CICなど個人信用情報機関の利用履歴(クレジットヒストリー)に事故情報等の記録がない日本人でしたら、

「ほとんど100%クレジットカード発行が可能である」といっても言い過ぎではないはずです。

しかしSさんの場合、永住権があり、属性がしっかりしていても「外国人である」というカード審査においては若干不利となってしまう部分があるのです。

この「外国人である」というのは、やはりカード会社側から見ると「もしSさんが支払いをしないまま帰国してしまったら面倒だ」というリスク回避を考慮してしまうネガティブなイメージがあるので、申し込みをするクレジットカードを選ぶ際に審査が通りやすい会社を選んだ方が良いでしょう、と回答した次第です。

こうした点において、外資系のクレジットカード会社は、日本国内のみで営業している企業に比べて格段に「外国人」という層に理解があると思われますから、「VISA」や「Master」の国際ブランドから選ぶことができる「シティカード」などがおすすめのカードと言えます。

この他、Sさんのように会社勤めの方で、給与振込み用口座を持っているのでしたら、その銀行でクレジットカードを発行してもらうのも良いアイデアと言えるでしょう。

さらには定期預金があるともっと良い印象を与えることができます。

「銀行系のクレジットカードは審査が難しいのでは?」という心配もありますが、Sさんのようなエリートサラリーマンとも言えるほどの属性で問題がなければ、

乗り越えなくてはならないハードルは「日本滞在期間でのクレジットカード利用実績(クレジットヒストリー)」と「外国人」であることの2つです。

クレジットカード会社の中には、「外国人には発行を控えたい」というところもあるそうですが、外資系企業や自分が給与振込みなどで取引をしている銀行のクレジットカードを選ぶことで、「外国人の申し込み大歓迎です」というところもたくさんありますので、クレジットカード発行への可能性に「確実」に近づいていけるのではないでしょうか。

※銀行系カードとは言っても審査・発行がクレジットカード会社ではない場合もありますから、そのような場合は預金残高等がカード審査に影響を与えることはないのです。

メガバンクの中では「東京三菱銀行」のみが自社にてカード審査および発行を行っていますが、他の銀行はこの限りではないようです。

※属性に何の問題もないが、クレジットカードの利用実績(クレジットヒストリー)が無い場合には、携帯電話の割賦購入(割賦契約)などにより、毎月きっちりとまじめに返済し続けることで信用実績を積み重ねて、

その後にカードを申し込んでみても良い結果となると思います。