ETCカード

審査なしETCカードの作り方&面倒な手続きは嫌!な人におすすめのカード!

審査なしETCカードの作り方&面倒な手続きは嫌!な人におすすめのカード!

ETCカードは審査なしでも作れる、ってご存知ですか?

審査が通るか不安、審査に落ちたことがあるから怖い、
そんな思いを抱いている方もいらっしゃるでしょう。

安心してください!

この記事では、

・審査なしのETCカード、ETCパーソナルカードの特徴や申込方法
・法人・個人事業主の審査なしのETCカード、ETCコーポレートカードについて
・審査に通りやすいETCカード

と、審査なし・審査に通りやすいETCカードについて解説します。

審査という不安を取り除いてETCカードを手にするために、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

審査なしでETCカードを作る方法

まずはじめに、審査なしでETCカードを作る方法をおさえましょう。

審査なしでETCカードを作る主な方法は、以下の3つがあります。

  • 手持ちのクレジットカードでETCカードを作る
  • クレジットカードの家族カードでETCカードを作る
  • ETCパーソナルカードを作る

一般的なのは、上の2つの方法です。
しかし、この2つはクレジットカードが必要です。
そのため、金融ブラックなどでクレジットカードを作れない場合は利用できません。

ただし、金融ブラックでクレジットカードを作れない方でもETCカードを作れる方法があります。
それが、1番下の方法、「ETCパーソナルカードを作る」です。

それでは、クレジットカード不要・審査なしで作れるETCパーソナルカードについて詳しく見ていきましょう。

審査なしクレカ不要のETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードとは、高速道路株式会社6社が共同で発行するETC専用カードです。

クレジットカードが不要かつ審査なしのため、学生やフリーター、個人事業主などどんな方でも取得可能です。

ここでは、ETCパーソナルカードの特徴や利用方法を解説します。

最低2万円のデポジット(保証金)を預ける

ETCパーソナルカードはクレジットカード不要、審査なしの代わりに、デポジットと言われる保証金を預けます。

デポジットの金額はどのくらいETCを利用するかによって変わります。

平均利用月額 デポジット額
5,000円 20,000円
10,000円 40,000円
15,000円 60,000円
20,000円 80,000円

このように、平均利用月額の4倍の価格がデポジット額になります。

平均利用月額が5,000円未満の場合は、その4倍の2万円がデポジット額です。
つまり、最低でも2万円のデポジットを預けます。

ETC通行料金は毎月27日に口座引落

通行料金は指定した口座から1ヵ月単位で27日に引き落としされます。

また、実際の利用料金に対して預けたデポジットが不足していると、デポジット増額の要請がされます。

この要請に応じなかったり、通行料金やデポジット増額分の引き落としができない場合はカードの利用停止になるので、注意してください。

年会費が有料

ETCパーソナルカードは無料のカードではありません。

カード1枚につき1,143円+税の年会費が発生します。

何年間も利用する場合は年会費だけでも負担が大きくなってしまいます。

これらのようにETCパーソナルカードはコストがかかってしまうため、
お財布とよく相談してください。

ETCパーソナルカードの作り方

以上を踏まえて、ETCパーソナルカードを作ろうとお考えになったでしょうか?

作り方も判断基準の人もいますよね。

ETCパーソナルカードは以下の手順で作ることができます。

  1. 利用申込書に記入し郵送
    申込書はETCパーソナルカードWebサービス(https://www.etc-pasoca.jp/)また はサービスエリアで入手
    本人確認書などと同封しETCパーソナルカード事務局あてに郵送
  2. デポジット振込依頼書が届いたら入金
    送られてくる払込書を使ってコンビニや郵便局で入金
  3. ETCパーソナルカードが届く
    2週間程するとETCパーソナルカードが郵送されてくる

この手順で審査もクレジットカードも必要なく、ETCカードを手に入れることができます。

ただし手間はかかってしまうため、審査が通りやすいETCカードを選択するのも
手段の一つです。

法人・個人事業主はETCコーポレートカードも審査なし

法人・個人事業主には、その人たち限定でETCパーソナルカードの他に審査なしでETCカードを入手する方法があります。

それがETCコーポレートカードです。

これは、中小企業をサポートする協同組合の組合員向けETCカードで、審査なしで作れるクレジットカード不要のETCカードです。

ETCコーポレートカードは、割引が多いことが最大のメリットといえます。

1ヶ月5,000円以上の利用で割引が適用され、利用額が大きければ割引率も大きくなる大口・多頻度割引やそれと併用も可能な深夜割引平日朝夕割引休日割引があります。

カード発行手数料629円(税込)と、取り扱い手数料が年間629円(税込)かかります。

法人・個人事業主は、審査なしでカードを作る方法が2つあるので、どちらがいいか検討してみてください。

他にも、審査なしのETCカードよりも手続きが簡単で比較的審査に通りやすいETCカードもあるので、それらもチェックしてみるのも良いでしょう。

審査に通りやすいETCカード

審査なしで作れるETCカードは、審査がないという手軽さの反面、
保証金や年会費が必要だったり、作るのに手間も時間もかかります。

そのため、絶対にクレジットカード審査に通らないという人はETCパーソナルカードを作成するのが良いですが、
初心者や審査が不安という方は、まずは審査が甘いと言われるクレジットカードの審査を受けてみるのがおすすめです。

ここでは、審査に通りやすいETCカード、入会金・年会費無料で作れるETCカードをご紹介します。

ライフカード(デポジット)

ETCパーソナルカード同様にデポジットを預けるタイプのクレジットカードです。

「過去に延滞のある方、審査に不安のある方におすすめ」と公式サイトに書かれているので、審査に落ちた経験のある人も不安がある人も申し込みやすいです。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
  • 審査が不安な人におすすめ!
  • 通常のクレジットカードと同じ見た目&使い方!
  • ETCカード年会費無料!

楽天カード

主婦や学生も申込可能な審査難易度が低めのクレジットカードです。

ETCカード発行手数料無料、年会費も500円+税とコストの負担は大きくありません。

楽天カード

楽天カード
  • カード年会費永年無料!ETC年会費500円+税!
  • 楽天ポイントがザクザク。ETC料金でも貯まる!
  • 入会利用で5000ポイント!

Tカード プラス(SMBCモビット next)

SMBCモビットカードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能が1つになった、年会費永年無料の多機能カードです。

三井住友ETCカードが発行可能です。

Tカード プラス(SMBCモビットnext)

Tカード プラス(SMBCモビットnext)
  • 審査が不安な人におすすめ!
  • ETCカード年会費初年度無料!翌年以降も年1回利用で無料!
  • Tポイントが効率よく貯められる!
  • 公式サイトへ

これらのカードは審査に通りやすいので、
あまり不安にならずに検討してみてください。

審査なしETCカードまとめ

ETCカードを作る上で、審査の不安は必要ないと感じたでしょうか?

以上のことをまとめると

  • ETCパーソナルカードは審査もクレジットカードも必要なし
  • 法人・個人事業主なら、審査不要かつ割引が多いETCコーポレートカードも作れる
  • 審査なしのカードは手間やコストがかかる
  • 審査に絶対に通らない人はETCパーソナルカード、初心者や審査に不安がある人は審査の通りやすいETCカードを作ることがおすすめ

つまり、誰でもETCカードを作ることはできるのです。

審査なしのカードにするか、審査が通りやすいカードにするか
よく比較し検討して、ETCカードを手に入れてください。