ETCカード

年会費無料で作れるおすすめETCカード!クレジットカードなしでも作れる?

年会費無料で作れるおすすめETCカード!クレジットカードなしでも作れる?

高速道路の料金所を通る際にあると便利なETCカードですが、そんなETCカードには年会費や発行手数料がかかるタイプのカードと、無料で作れるタイプのカードが存在します。

ですが、ETCカードとしての機能は無料でも変わりありません。それなら無料で作った方が得ですし、「どうせなら無料で作りたい」という方も多いですよね。

そこで今回は、ETCカードを無料で作る方法や、無料で作れるおすすめのETCカードを紹介していきます。

記事自体は2〜3分で読むことができますし、よりお得にETCカードを作ることができるようになるかと思いますので、ぜひお付き合いください。

無料ETCカードの作り方

無料でETCカードを作るのはそこまで難しいことではありません。基本的には以下の2点を押さえておけばOKです。

  • 年会費が無料のETCカードを選ぶ
  • 発行手数料にも注意する

また、ETCカードを差し込むためのETC用の機器(ETC車載器)がない場合は、車載器の導入費用が発生してしまいますが、上記の2つに気を付けていれば、ETCカードにかかる費用は無料にすることが可能です。

年会費が無料のETCカードを選ぶ

基本的にETCカードはクレジットカードに付帯するカードでして、クレジットカードの年会費とETCカードの年会費は別々に決められているケースがほとんどです。

そのため、無料でETCカードを作るには、クレジットカードの年会費とETCカードの年会費の両方が0円のカードを選ぶようにしましょう。

また、カード会社によってはどちらか一方だけ有料ということもあるので、注意してください。

発行手数料にも注意

年会費が無料のETCカードでも、発行時に発行手数料がかかるケースもあります。

発行手数料自体はそこまで高額ではないことが多いですが、「完全無料でETCカードを発行したい」という場合は、発行手数料が不要かどうかを事前にチェックするようにしましょう。

年会費・発行手数料が完全無料のETCカード

以下で紹介しているカードは、全て年会費・発行手数料が無料で作ることができます。
また、ポイント還元率も高めなので「よりお得に利用できるカードを作りたい」という方は検討してみてください。

ライフカード

ライフカード

ライフカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

ライフカードは、クレジットカード年会費やETCカード年会費、発行手数料など、全て無料で発行・利用することができるクレジットカードです。

通常ポイント還元率は0.5%と平均的な還元率ですが、誕生日月はポイント3倍。また、ライフカード株式会社が運営している「L-Mall」経由で楽天市場などの対象ショップを利用すると最大25倍のポイントを獲得することもできます。

貯まったポイントはマイルやAmazonギフト券など、様々なものと交換することが可能。審査にも通りやすく、作りやすさの面でも人気な1枚です

REX CARD

REX CARD

REX CARD
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.25%~1.75%
発行時間 1~2週間程度
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

REX CARDもライフカードと同じく、クレジットカード年会費やETCカード年会費、発行手数料が全て無料で作ることができます。

また、ポイント還元率が非常に高いのが特徴でして、買い物に利用した分はもちろん、ETCの利用分も還元率1.25%のポイントが貯まります

ちなみに、年会費無料でありながら海外旅行傷害保険やカード盗難保険、ネット不正利用補償など付帯サービスも充実。使い勝手の面でも優秀なクレジットカードです。

年会費を無料にできるETCカード

中には以下のように「ある条件を満たすと年会費が無料になる」というETCカードも存在します。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 1,250円※
ポイント還元率 0.5%~1.0%
発行時間 最短翌営業日
ETC年会費 500円
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※インターネット申込で初年度年会費無料

三井住友VISAクラシックカードは、通常だと1,250円のカード年会費と500円のETCカード年会費が発生するのですが、「年に一回以上買い物+年に一回以上ETCを利用」すると、全ての年会費が無料になります。

また、セブンイレブンやファミリーマート、ローソン、マクドナルドを利用する際はいつでもポイント5倍など、ポイントアップサービスも充実。海外旅行傷害保険やショッピング補償も付帯しています。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
発行時間 約1週間
ETC年会費 550円(税込)
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

楽天カードはクレジットカード自体は年会費無料なのですが、ETCカードは通常だと550円の年会費が発生します。ただし、楽天PointClubのダイヤモンド会員、プラチナ会員は年会費無料です。

ポイントも貯まりやすく、ETC利用分は100円につき1ポイント、エネオスでのガソリン給油や洗車などでポイント最大1.5倍など、普段から車に乗る方には嬉しいポイント制度が導入されています。

審査が不安な人にもおすすめな無料ETCカード

ETCカードは基本的にクレジットカードに付随するカードです。
そのため、現在クレジットカードを持っていない方が新規で作成するには、審査に通過する必要がありますが、中には「審査に通れる自信がない」という方もいるかと思います。

以下では、そんな方に向けて審査に通りやすいカードをいくつか紹介しているので、審査に不安がある方はぜひ参考にしてみてください。

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 5,000円
ポイント還元率 0.5%~1.5%
発行時間 3営業日以内
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

デポジット型のライフカードは、その名の通りデポジット(保証金)を預けるタイプのクレジットカード。そのため、過去に延滞があるような方でも十分審査に通過できる可能性があります

また、デポジット型のカードとは言っても、カードの使い方やポイントサービスは通常のライフカードと同じでして、誕生日月はポイント3倍などのポイントアップサービスもついています。

もちろん、ETCカードの年会費や発行手数料は無料です。

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 1.2%~4.2%
発行時間 最短3営業日
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

リクルートカードならクレジットカード年会費、ETCカード年会費がずっと無料。審査に通りやすいことでも人気なクレジットカードです。

また、カード発行時にMastercard、VISA、JCBの中から好きな国際ブランドを選べるのが特徴でして、Mastercard、VISAの場合は1,000円の手数料がかかってしまいますが、JCBは無料で発行可能です。

ちなみに、ポイント還元率が1.2%と高水準なのも魅力。ETC利用分も1.2%の還元率が適用されるので、ポイントも貯まりやすいですよ。

クレジットなしでもETCカードを無料で作れる!?

いくら審査に通りやすいカードがあるとは言っても、審査が不安な方の中には「クレジットカードなしで作れるETCカードがあればいいのに…」と考える方もいるかと思います。

とはいえ、実は審査なし・クレジットなしで作れるETCカードも存在します。以下で詳しい内容をみていきましょう。

ETCカードの種類

一般的なETCカードは基本的にクレジットカードの付帯カードとして発行されるのですが、実は他のタイプも存在します。

ちなみに、ETCカードの種類を大きく分けると以下の3種類に分けることができます。

ETC専用カード クレジットカードとは別に発行されるETC機能だけを持つ専用カード。ショッピング決済機能が付いていないので盗難紛失時も被害が少ない。
クレジットカード一体型 クレジットカードにETC機能が付いたカード。1枚でショッピングもETC利用もできるのでかさばらない。
クレジットなしETCカード ETC利用料金が口座引き落としされるのでクレジットカードなしでも利用できる。

このうち3つ目の「クレジットなしETCカード」であれば、クレジットカードを発行せずに作ることができます。もちろん、審査もありません。

ETCパーソナルカード

上記で紹介した「クレジットなしETCカード」のことを「ETCパーソナルカード」と言います。

ETCパーソナルカードは、高速道路株式会社が発行する保証金方式のETCカードでして、あらかじめ保証金を支払うことで、1ヵ月分の利用料金を口座から引き落としで支払うことができるカードです。

保証金には最低でも2万円支払う必要がありますが、基本的には審査なしで発行することができます。

ただし、年会費(令和元年10月1日時点で1,257円)も発生するので、上記で紹介したクレジットカードに比べると年会費の負担は大きくなってしまいます。

そのため、まずは一度上記で紹介したようなカードに申し込んでみて、審査に通らなかった場合の最終手段として利用する、という使い方がおすすめです。

ちなみに、審査なしのETCカードについてはこちらの記事でも詳しく解説しているので、審査が不安な方は参考にしてみてください。

無料のETCカードまとめ

今回は、ETCカードを無料で作る方法や、無料で作れるおすすめのETCカードについて紹介しました。以下まとめです。

  • 無料でETCカードを発行したい場合は、年会費・発行手数料無料のタイプを選ぶ
  • 審査が不安な方はライフカードなどの審査に通りやすいカードがおすすめ
  • ETCパーソナルカードなら審査なしで発行可能。ただし保証金や年会費が発生する

有料道路を利用する頻度に関わらず、車を所有している方であればETCカードは最早必須アイテムと言っても過言ではありません。

無料で作れるタイプのETCカードも多いので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?