キャッシング

【やり方解説】エポスカードのキャッシングと返済方法~利用できない理由・すぐ返済するやり方Q&A~

「今すぐ現金が必要だから、エポスカードでキャッシングしたい!」
「エポスカードのキャッシングって、どういう仕組みなの?」
「エポスカードでキャッシングを利用してみたいけど不安…」
そうお考えのあなた!

金利は?限度額って変えられるの?キャッシングの方法は?返済の方法は?など、エポスカードのキャッシングについて気になることや不安なことは盛りだくさんですよね。

この記事では、

  • エポスカードのキャッシングの金利はどれくらい?
  • エポスカードのキャッシングの利用方法とリボ払い・一括払いについて
  • キャッシングができない原因やすぐに返済が終えられる増額返済に関するQ&A

この記事を読んで、気になる情報や不安な要素を解消して、エポスカードのキャッシングを利用してみてください!

バナー画像

エポスカード

エポスカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
発行時間 約1週間※
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※店頭申込で最短即日発行

エポスカードのキャッシング利用、金利は何パーセント?

エポスカードでキャッシングを利用したいと思っても、ちゃんと返済できるかどうか心配になりますよね。

しかしエポスカードのキャッシング利用で金利が何パーセントなのか分かれば、返済額を予測できるため、そこまで不安になることはありませんよ。

なのでまずエポスカードのキャッシング利用をする前に、金利が何パーセントなのか、どのように返済額を予測できるのかを一緒に確認していきましょう!

エポスカードのキャッシングは金利が18%

基本的にエポスカードでキャッシングを行う際、金利は18%と設定されています。

もしあなたが金曜日に1万円をキャッシングで利用し、月曜日に返済する場合、利子を含めた返済額はいくらになるでしょうか?

利子の求め方は、利子=キャッシング利用額×18%(金利)×借入期間÷365日なので、

利子=1,0000(円)×0.18(金利)×3(日)÷365(日)
=14(円)

よって利子は14円で、返済額は10,014円となります。

「意外と利子高くないかも…」と思われた方いるんじゃないでしょうか。

このように自分で返済額を予測できれば、キャッシングの返済額を減らす工夫もできるんですよ。

さらに初めてエポスカードでキャッシングをする場合のみ、キャッシングをした日から30日間は金利が0%になるので利子を負担する必要がなくなります。

なので「初めてのキャッシングで、返済できるかどうか不安だな…」という人はエポスカードのキャッシング利用がおすすめですよ。

それでは次に、エポスカードのキャッシングのやり方について一緒に見ていきましょう。

エポスカードのキャッシングのやり方

エポスカードのキャッシングは国内外のATM、電話、ネットで利用できます。

下記で、それぞれの利用方法を一緒に見ていきましょう。

ATMでのキャッシングは手数料無料!

ATMキャッシング

画像引用元:https://www.eposcard.co.jp/cashing/index.html

ATMでキャッシングを行う場合、他社のクレジットカードではだいたい相場として一回につき最大220円前後の手数料がかかってしまいます。

しかしエポスカードなら手数料無料でキャッシングできるんです!

以下の銀行のATMではエポスカードでのキャッシング手数料が無料です。

  • エポスATM(近くのエポスATMはこちらから検索
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • コンビニATM Enet(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

だいたいこれらのATMはあなたの生活圏に最低1ヶ所はあると思うので、実質手数料は無料と考えてみても良いかもしれませんね。

さらにキャッシングをATMで利用する手順は次のようになります。

1.ATMにエポスカードを入れる

2.「お借入れ」を選択

3.暗証番号、キャッシングの利用金額を入力

4.現金とお客様控えを受け取る

急に現金が必要になったとき、近くにセブンイレブンやローソンなどのコンビニがあれば、手数料無料ですぐにキャッシングできてしまうんです。

いざ現金が必要なときに備えるためにも、手数料無料でキャッシングができる、エポスカードを持っていても損はありません。

電話とインターネットから口座振込

口座からの引き落としが多い月に、口座にある預金残高が少なかったら困ってしまいますよね…

そんな時にエポスカードがあれば、銀行・ATMに行かなくてもネット、もしくはお電話からの口座振込が可能なんです!

ネットからの口座振り込みサービスは「エポスnet」と呼ばれ、PC・スマートフォンからいつでも、どこにいても自身の口座に振り込みができます。

エポスnetを利用すれば手数料無料で、さらに最短数十秒で振り込みができるんです!

さらに振り込み額は1,000円からこまめに、必要なぶんだけ借りることができるので、かかる利子も節約できちゃうんですよ。

入会に必要なものはあなたのエポスカードだけ!エポスnetの入会はこちらから

「でも入会はちょっとめんどくさいな…」なんて方は、お電話からの振り込みをおすすめします。

電話での申し込みは24時間対応しており、自動音声に従って、カード番号・暗証番号を入力すれば、こちらも最短数十秒で振り込みができちゃいます。

電話キャッシング専用フリーダイヤル

0120-0101-25
(24時間自動音声受付)

エポスカードの電話キャッシングについてはこちらから

電話からキャッシングをすれば、手間をかけずすぐに振り込みがされます。

しかし計画的に返済できるかどうか不安であるなら、キャッシングの利用状況や利用可能額が一目でわかる、エポスnetの入会をおすすめします。

海外キャッシングもお得で簡単に使える

海外旅行のときエポスカードの海外キャッシングを利用すれば、現地の通貨を両替なしで、現地国の「VISA」もしくは「PLUS」マークがあるATMで、現金を引き落とすことができます。

VISAマークATM

画像引用元:https://www.japannetbank.co.jp/service/payment/cardless/oversea.html

例えば現地で日本円1万円を現金化し、30日後に返済するとき、利子+手数料はいくらになるかというと、

利子=10,000(円)×0.18(金利率)×30(日)÷365(日)
=148(円)

さらにどこの国でもエポスカードでATMを利用すれば、手数料は100円+税なので、(1万円より大きい金額の場合、手数料は200円+税)

148(円)+ 100(円)=248(円)となります。

空港や両替所で1万円を両替すると、手数料が最大で数千円してしまうのに比べたら、エポスカードの海外キャッシングってお得ですよね。

また海外ATMの操作方法は以下の通りです。
1.カードを挿入し、暗証番号を入力

海外ATM手順

2.「SELECT TRANSACTION」と表示されたら「WITHDRAWAL」を選択

海外ATM手順
3.「SELECT SOURCE ACCOUNT」と表示されたら「CREDIT」を選択

海外ATM手順
4. 引き出したい金額を選ぶ

海外ATM手順

画像引用元:https://www.eposcard.co.jp/cashing/oversea.html

さらにエポスカードでキャッシング利用ができるATMの設置場所は、簡単にエポスnetから検索できるので、スムーズにキャッシングができるんです!

海外キャッシングの返済方法

返済の仕方としては原則的に一括払いですが、後から分割払い(リボ払い)に変更できます。

ただ利子が大きくなる前に帰国後すぐ、自身の口座に振り込みをしましょう。

また海外キャッシングの場合でも、初めて利用した日から30日間、利息はかかりません。

エポスカードの海外キャッシングを利用すれば、現金を多く持ち歩いたり、わざわざ両替する必要性がなくなります!

あなたもエポスカードの海外キャッシングで、海外旅行を満喫してみてはいかがでしょうか?

エポスカード

エポスカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
発行時間 約1週間※
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※店頭申込で最短即日発行

エポスカードのキャッシングの返済方法

エポスカードのキャッシングの返済方法には、リボ払い一括払いの二種類があります。

これから二種類の返済方法について紹介していくので、参考にしながら自分に合った返済方法を見つけましょう。

リボ払いで返済

リボ払いとは毎月決まった金額を、キャッシングの返済にあてる方法です。

エポスカードキャッシングのリボ払いには、新標準コース・標準コース・定額コースの三種類があるので、それぞれ紹介していきますね。

もしあなたが2021年4月27日に12万円をキャッシングで利用し、新標準コースで返済するとしましょう。

※「ご利用残高」は返済しなければならない残りの金額をあらわします。「お支払額」は新標準コースで定められた、毎月支払わなければならない返済額です。

新標準コース返済プラン

ご利用残高 お支払額
5万円まで 毎月 5,000円
10万円まで 毎月 8,000円
15万円まで 毎月10,000円
20万円まで 毎月15,000円
50万円まで 毎月17,000円

12万円を新標準コースで返済していく場合、次のような返済方法になります。

お支払金額 お支払期間
10,000円  2020年6月-2020年8月
8,000円  2020年9月-2021年3月
5,000円  2021年4月-2022年1月
3,240円  2022年2月

2020年6月~8月は利用残高が10万円よりも多いので、毎月10,000円を返済にあてる。

2020年9月~2021年3月は利用残高が10万円以下となるので、毎月8,000円を返済にあてる。

2021年4月~2022年1月は利用残高が5万円以下となるので、毎月5,000円を返済にあてる。

最後の支払日である2022年2月は残りの返済額(主に利子)を払うので、合計の支払回数は21回、キャッシングの返済総額は13万9,240円となります。

あくまで一例なので、リボ払いを検討している方は各コースのプラン表だけでも参考にしてみてください!

次に標準コースで返済する場合は下の表のような返済プランになります。

      標準コース返済プラン

ご利用残高 お支払額
5万円まで 毎月 3,000円
10万円まで 毎月 5,000円
20万円まで 毎月10,000円
30万円まで 毎月15,000円
40万円まで 毎月18,000円
50万円まで 毎月20,000円

12万円を標準コースで返済する場合、次のような返済方法になります。

お支払金額 お支払期間
10,000円  2020年6月-2020年8月
5,000円  2020年9月-2021年9月
3,000円  2021年10月-2023年2月
2,049円  2023年3月

2020年6月~8月は利用残高が10万円より多いため、毎月10,000円を返済にあてる。

2020年9月~2021年9月は利用残高が10万円以下なので、毎月5,000円を返済にあてる。

2021年10月~2023年2月は利用残高が5万円以下なので、毎月3,000円を返済にあてる。

最後の支払日である2023年3月は残りの返済額(主に金利)を払い、返済が完了。

したがって12万円をキャッシングで利用し、標準コースで返済すると、最終的には34回払いで返済総額は14万8,049円となります。

標準コースは毎月の支払額をもっと抑えたい方におすすめのコースですが、支払回数と利子が増えて、返済の負担が大きくなってしまう場合があるため注意しましょう!

「毎月決まった金額で、利子や支払回数を増やさず返済したい!」という方は定額コースがおすすめです。

毎月の決まった料金は5,000円~100,000円まで、好きな金額を選べます。
※10万円以上の利用だと5,000円コースは利用できません。

12万円を定額コース(1万円定額コース)で返済していくと、次のような返済方法になります。

お支払金額 お支払期間
10,000円  2020年6月-2021年6月
5,402円  2021年7月

2020年6月~2021年6月の期間は、利用残高に関わらず毎月10,000円を返済にあてる。

最後の支払日である2021年7月に残りの金額(主に利子)を支払えば、返済が完了。

したがって12万円を1万円コース(定額コース)で返済していくと、最終的には14回払いで返済総額は13万5,402円となります。

リボ払いには3つのコースがありますが、毎月払う返済額を少なくできても、支払回数や利子が増えて一括払いよりも返済の負担が大きくなってしまう場合があります。

そうならないためにも返済日以外でもこまめに返済をしたり、コースを変更をしたりと、計画的に返済していきましょう。

またコースの変更は、エポスnetもしくは電話からできますよ!

一括払いで返済

一括払いとは、キャッシングの利用分と利子の合計を一括で返済する方法です。

例えばキャッシングで5万円を利用したとします。1週間後に利子と合わせて返済しようとすると一括で返済する場合、返済額はいくらになるでしょうか?

先ほどの利子を求める計算式を覚えていたらわかりますね。

利子=50,000(円)×0.18(金利率)×7(日)÷365(日)=173(円)

となるので一括での返済額は、50,173円となります。

それほど多くないキャッシング利用額(5万円以下)であれば、手数料が増えないように、なるべく一括払いでの返済をおすすめします。

シュミレーションでキャッシングの返済額を想定!

先ほどキャッシングで5万円を利用したときに、一括払いで返済するケースを紹介しましたが、次にリボ払いでの返済の場合、利子を含めたキャッシングの総返済額を想定して行きましょう!

といっても計算が大変なので、エポスカード公式サイトで、返済額をシミュレーションできる機能を使っていきます。

【エポスカード公式サイト】返済額のシミュレーションはこちらから

以下の表はキャッシングで利用した5万円を、「新標準コース」で返済したときの、シミュレーションの結果です。

キャッシング利用額 50,000円
返済総額 54,661円
利子 4,661円
支払い回数 11回

結果は11回払いで返済額は54,661円となり、あっという間に想定できてしまいました。

シミュレーションを利用すれば実際にキャッシングを行う前に、何回払いなのか、利子はいくらで返済総額はどれくらいかを数十秒で確認できちゃうんです!

またシミュレーションを利用することで、自分にあった返済方法を見つけることができます。

自分に合った返済方法を見つけることができれば、キャッシングの返済額をグッと減らせる可能性だってあるんですよ。

なのでキャッシングをする前には、必ずシミュレーションを行いましょう!

次は、エポスカードでキャッシングをしているときによくある質問を紹介して、質問に答えていきます。

エポスカードのキャッシング利用者のQ&A

エポスカードでキャッシングを利用している方からの質問を紹介し、それに答えていきます。

まだエポスカードを持っていない人も、参考になるのでぜひご覧ください。

Q.キャッシングが利用できなくなってしまったけど、なんで?

キャッシングが利用できない原因として考えられるのは、①限度額に達している②支払いが遅延しているの二点が挙げられます。

キャッシングが利用できない原因の二点について、それぞれ解説していきますね。

①限度額に達している
最初に設定したキャッシングの利用可能枠が限界に達していることが挙げられます。

解決策としては、エポスnetにログインし、キャッシング枠の限度額を増額するといいですよ。

②支払いが遅延している
エポスカードの支払日が過ぎているのに、支払いが行われていなかった場合、カードの機能が停止してしまいます。

カードを利用すると通常は後払いで口座から引き落とされますが、口座残高が少なければ当然カードの支払はできませんよね。

キャッシングを利用する前に、カードの支払いがきちんとできているか確認しましょう。

Q.返済額を増額してすぐに返済を終わらせたいんだけど、どうしたらいいの?

返済額を増額してすぐに返済を終わらせたい場合は、ATMに直接現金を振り込むか、エポスnetで自分の口座に振り込むかの二択です。

①すぐに返済が終わる!ATMで増額返済
すぐに返済したい場合はコンビニ・銀行のATMで返済日以外の日に、直接現金を振り込んでみてもいいでしょう。

以下の手順を踏めばATMで増額返済ができるんです

1. ATM画面の「お借り入れ」を選択

2. 画面の「全額お支払い」を選択して増加分の金額を入力

3.「増額引き落としを申し込む」ボタンを押す

4. 変更内容を確認したら「変更内容を送信」ボタンを押す

早く返済を終わらせることができれば、利子も節約できちゃうんですよ。

②すぐに返済が終わる!エポスNetで増額返済
ATMだけでなくスマホもしくはPCから、エポスnetを利用して増額返済ができます。

ただしエポスnetで増額返済する場合は、エポスの「ペイジー」というサービスを利用する必要があります。

エポスカード、もしくはエポスnetのパスワード・ログインIDを入力すれば、「ペイジー」で簡単なステップを踏んで、すぐに増額返済を始められますよ!

エポスnetから増額返済がしたい!ペイジーの利用はこちらから

エポスnetを利用すれば、いつでもどこでも返済ができるのでとても便利なので、エポスnetを登録していない人はぜひ登録してみてください。

エポスカードのキャッシングまとめ

ここまでエポスカードのキャッシングの利用方法から返済方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

エポスカードでは簡単にキャッシングを利用できますが、やはり返済の負担を減らすためにも、計画的なキャッシングの利用をする必要があります。

しかしエポスカードは計画的にキャッシングができるような機能がたくさんあります。

現金が必要な人はエポスカードのキャッシング利用を始めてみてはいかがでしょうか。

エポスカード

エポスカード
家族カード マイル リボ払い
分割払い 国内旅行保険 海外旅行保険
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
発行時間 約1週間※
ETC年会費 無料
国際ブランド  

VISA
マスターカード
JCB
アメリカンエキスプレス
ダイナース

 

※店頭申込で最短即日発行