クレジットカード審査の職業別難易度

芸能人やタレントに人気のクレジットカード

芸能人はクレジットカードの審査に通りにくいって本当?

芸能人=お金持ち というイメージありませんか?

高級ブランドに身を包み、自宅は高級マンション、外車に乗り、好きな時に海外旅行・・・

一般市民からすると夢のような生活を送っているイメージがあります。

クレジットカード審査も全く問題なく通る気がしますが、実際にはどうなのでしょう??

 

sponsored by

 

都市伝説「クレカ審査の芸能人枠」は存在するの?

芸能人と言うと特別扱いされそうな気がしますが、実際は、クレジットカード審査は一般の方と全く同じです。

なので、クレジットカード審査の芸能人枠というものは存在しないんですね

クレカ審査の時は芸能人も本名で審査を受けるため、芸能人かどうか、そもそも分からない場合も多いわけです。

しかも、芸能人の職業種別は「個人事業主」や「自由業」になるので、審査の通過率は低くなってしまいます。

芸能人VS公務員!審査通過率はどっちが高い?

「芸能人の審査通過率は低い」という結論ですが、他の職業と比べると審査の通過率はどうなのでしょう。

実は、審査の通過率は「職業」や「役職」で大体決まってきます。

と言うのも、クレジットカード会社が審査で一番重要視するポイントが『安定した収入』なので、安定した公務員や上場企業の社員などが審査通過率が高いわけです。

図で表すとこんな感じです。

「安定第一」と考えると、公務員VS芸能人では公務員 > 芸能人 と、公務員の方が審査に通りやすいと言えますね。

ちなみに、中小企業の社長 と 東証一部企業の新入社員 の審査を比べた場合、社長の方が審査に落ち、新入社員の方が審査に通るということも多々あります。

いかに「安定」を重要視しているのか分かると思います。

芸能人が持ってるクレジットカード/芸能人所有クレジットカードはズバリこれ!

先ほど、芸能人はクレジットカードの審査に通りにくいとお伝えしましたが、一流芸能人と呼ばれる人たちは、やはりステータスの高いクレジットカードを所持しています。

ステータスの高いクレジットカードを所有している芸能人の代表例は下記の通りです。

アメックスの中でも超一流の人しか手にすることが出来ないセンチュリオンカード。これだけの芸能人が所有しているんですね!

プラチナはセンチュリオンに比べると現実味のあるクレジットカードと言えます。アメリカの大富豪ビル・ゲイツは、センチュリオンの年会費がムダという理由でプラチナを所有しているそうですね。

ダイナースのプレミアムも超一流の人しか作れないクレジットカード。さすがの顔ぶれです。

上記の芸能人が持っているクレジットカードは、いわゆる『ブラックカード』と呼ばれるクレジットカードです。

この『ブラックカード』がどのくらいのステータスなのか、所持し続けることがどれだけ難しいのか、次の項目でお話していきます。

芸能人だっていつかは手に入れたい!ステータスの高いクレジットカードとは?

『どのくらいお金を持っているお客なのか、クレジットカードで見極める』
こんな話を聞いたことがあるでしょうか?

夜の商売をしている人だと、支払いの時にお客さんのカードをチラ見して、その人を判断するそうです。

どのクレジットカードを使っているかで、その人のステータスが分かるってことですね!

ステータスはカードの色で区別されることが多く、そのランクを図で表すとこんな感じです。

この図を見てもらうと分かる通り、ブラックカードはあまり世間に出回っていないことが分かると思います。ほぼ一般市民は作れないと考えたほうが良いでしょう。

作れない理由として、申込みはカード会社からの招待状(インビテーション)が必須ということ、年会費が高額ということ。

特に、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオンは、年会費が約37万かかります。

そう考えると、先ほどの芸能人が保有しているクレジットカードで、センチュリオンを保持している芸能人は一流芸能人ということが分かりますね!

日本最高級!Theブラックカードはこの4枚

ブラックカードを発行しているクレジットカード会社はいくつかありますが、その中でもこれぞブラックカード!」という最高級カードが下記の4枚になります。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

センチュリオン・カードの詳細

まさに「ブラックカード」という言葉の由来にもなった、最高級ランクのブラックカードです。招待基準については明らかにされていなく、年収や資産だけでなく、普段の利用実績なども関係しているということです。欲しいと思ってもなかなか手に入りにくいブラックカードなので、所有している人はかなりステータスの高い人となります。

センチュリオン・カードの特典

特典も入会金や年会費に見合う内容となっていて、特にコンシェルジュサービスに定評があります。アメックスのコンシェルジュは世界一と言われていますが、その中でもセンチュリオンホルダー専属のコンシェルジュが対応するので、まさに「世界一のコンシェルジュ」を雇っていると言えます。

年会費(税抜) 入会資格 利用限度額

350,000円

インビテーション(招待状)必須

無制限

 

ダイナースクラブ・プレミアムカード

ダイナースプレミアムの詳細

ダイナースクラブ・プレミアムカードはアメックスのセンチュリオンと並ぶ「Theブラックカード」と言われ、持っているだけで超一流のステータスが手に入ります。ダイナースクラブの一般カードを長年保持している人で、年収や社会的地位、利用実績を元に招待状が送られるケースがある他、ダイナースクラブ・プレミアムカードを利用している人の紹介で招待されるケースもあります。

ダイナースプレミアムの特典

プレミアム会員専用のコンシェルジュサービスを受けられる他、ポイントの還元率が2%と高額です。海外に出かけることが多い人にとっては無制限のマイル交換や空港ラウンジの無料利用など、嬉しい特典が多数あります。

年会費(税抜) 入会資格 利用限度額

130,000円

インビテーション(招待状)必須

無制限

 

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスの詳細

JCBの最高級ブラックカードです。年会費が50,000円とブラックカードとしては安いので、頑張れば手に入りそう!と思いがちですが、入手はかなり困難です。JCBゴールドカード、JCBゴールド・ザ・プレミアムを経て、ようやくJCB側から招待状がもらえます。

JCBザ・クラスの特典

ポイント制度や付帯保険はゴールドカードとあまり違いはありませんが、ザ・クラスにはコンシェルジュサービスが利用できます。その他、JCBが公式スポンサーであるディズニーランドのラウンジを利用できたり、アトラクションの優先サービスも利用できます。

年会費(税抜) 入会資格 利用限度額

50,000円

インビテーション(招待状)必須

500万円

 

ラグジュアリーカード(Master Card)

ラグジュアリーカードの詳細

ラグジュアリーカードはマスターカードの最上位ランク「ワールドエリート」の称号が与えられているブラックカードです。入会資格が申込制なので「どうしてもブラックカードが欲しい」という方には比較的敷居の低いブラックカードかもしれませんが、審査はかなり厳しいと言われています。年齢・職業・信用情報の他、利用実績も影響するということです。アメリカの富裕層向けに作られたカードなので多くのセレブが利用しています。

ラグジュアリーカードの特典

ラグジュアリーカードのコンシェルジュは、アメックスのコンシェルジュサービスと引けをとらないと言われています。その他、都内23区内のリムジンサービスが利用できたり、世界中のラグジュアリーラウンジが利用できます。

年会費(税抜) 入会資格 利用限度額

チタン:50,000円
ブラック:100,000円
ゴールド:200,000円

申込制(ブラックカードでは日本で唯一の申込制)

チタン:100~300万円
ブラック:300~500万円
ゴールド:500万円以上

一般人でも持てる!ステータスの高いクレジットカードはコレ

年会費や申込制度を見ると、ブラックカードを手にすることがいかに大変か分かりますね。。

しかし、ブラックじゃなくても十分ステータスの高いクレジットカードもあります。例えば、アメリカン・エキスプレスは一番低いランクでも入会金や年会費がかかるので、持っているだけでもステータスに繋がります。

もしデートで食事にでかけた時に、VISAやMasterCardじゃなくアメックスで支払ったら、女性も一目置くこと間違いなしです!

まずはグリーンのアメックスを作り、滞納せずに使い続けているとクレジットヒストリーも評価されますので、次に作るクレジットカード審査も通りやすくなります。

ステータスの高いクレジットカードへの第一歩としてアメリカン・エキスプレスは非常にオススメです。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックス・カードの詳細

アメックスの審査は厳しいと言われていますが、グリーンであればそれほどでもありません。しかも、年会費がゴールドより安いにも関わらず、ゴールドと同等の特典サービスが利用できます。無料クレジットカードが普及している今だからこそ、アメックスを持っていると一目置かれること間違いなしです!

アメックス・カードの特典

一番ランクが下のグリーンでも他のクレジットカードのゴールドと同じくらいの特典がつきます。空港のラウンジは同伴者1名まで無料で利用できますし、空港から自宅まで荷物を1つ無料で送ることが出来ます。

年会費 入会資格 利用限度額

12,000円
今だけキャンペーン!初年度年会費無料

24時間ネットで申込み可能

要確認

アメックスの申込みはこちら

芸能人だって持っている、人気のクレジットカード

いつかはステータスの高いクレジットカード!と思っていても、まずは地に足の付いたクレジットカードでクレジットヒストリーを作り上げることも大切です。
年会費がかからないクレジットカードは数多くありますが、その中でも人気の高いクレジットカードを紹介します。

楽天カード

楽天カードの詳細

楽天カードは通常デザインのカードだけでなく、キャラクターのデザインもあり好きなものを選ぶことができます。国際ブランドも選べます。申込みから1週間ほどでカードが郵送されます。

楽天カードの特典

申込みで楽天ポイントがもらえるだけでなく、買い物や公共料金の支払い、海外旅行などでもポイントが増えていきます。しかも貯めたポイントがお金として利用できるので普段の生活で役立ちます!

年会費 入会資格 国際ブランド

永久無料

24時間ネットで申込み可能

VISA、Master、JCB

楽天カードの申込みはこちら

タレントや芸能人の場合、審査は通りやすい?

タレントや芸能人のクレジットカード審査について述べますと、大手芸能事務所に所属している場合、ほとんどの方は給与収入(歩合給・基本給)として給与を得ていると思われます。

(ごく一部の、芸能事務所を立ち上げて経営している芸能人は除きます。)

このような場合、審査対象となるのは、芸能人としての芸の技・スキル・人気ではなく、申込者本人の以下の情報であり、これらを基に加点方式(固定電話10点、携帯電話5点)で

スコアをつけていきます。(=スコアリング)

●本人に関する情報
・性別、年齢、配偶者や子供の有無

●住宅等に関する情報
・住所、居住年数、住居負担費、住居の種類(持家or賃貸)、自宅電話の有無、携帯電話の有無

●勤務先等に関する情報
・職業、勤続年数年収、給与形態、会社の規模、業種、保険証の有無、勤務先本社所在地、社員の数

審査する時、クレジットカード会社としては、「安定的に継続した収入を得ているかどうか」という点においてをとても重要視していますので、

所属している事務所から得た収入実績がどの程度なのかや、申込者本人がこの先も芸能活動できる見込みがあるか、という点が特に大事なのです。

なお、一部の芸能人が、ステータスの高いクレジットカード(空港ラウンジ等が自由に使える。)をテレビ番組や自身のブログ、facebook等で紹介していますが、そのカードは実際には所属事務所の法人用カードだった、などという話もあります。

余談となりますが、ステータスカード、いわゆるブラックカードやプラチナカードのことですが、これを所持するためには、継続した年収が1200万~2000万程度必要となります。

例えば、女優さんの中には、主演クラスで2時間ドラマに何回も出ているのにもかかわらず、予想に反してゴールドカード審査に落ちてしまった、というケースも多くあるのです。

芸能人の場合は、スキャンダルや不祥事などで収入が一気に減額する(無くなる)可能性があります。また、芸能人のほとんどは有名ではなく、収入も不安定な場合が多いものです。

超有名芸能人や大御所などと比較して、いわゆる「一発屋芸人」のような方は、クレジットカード会社からすれば信用度が著しく劣ってしまうでしょう、と言わざるを得ません。

芸能人のクレジットカード審査の是非につきましては、本人の属性とクレジットカード会社の信用審査次第、といえます。

芸能人が好むクレジットカードとは?

ここからは、通常のクレジットカード審査とは関係のない話となりますが、私が現役だったころ、特に芸能人が好んで申し込んできたカードをお教えしたいと思います。

●ブラックカード
私が思うに、人気No1のカードは、アメリカン・エキスプレス社の「アメックスセンチュリオン」です。入会条件が秘密のベールに包まれていることでも有名で、年会費は350,000円+税となっています。

例えば、同じブラックカードの部類である「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」では年会費は50,000円+税で、基準は年収1200万円以上とされていますが、この「アメックスセンチュリオン」には年収基準がありません。

「ダイナースプレミアム」も人気があり、年会費は136,500円+税となっていて、芸能人はもとより弁護士や医者にも人気のある1枚です。

なお、ブラックカードといいますのは、元々はアメリカン・エキスプレス社の「アメックスセンチュリオン」のことを指すのです。

それはさておき、ブラックカードは年収が高ければ即審査に通るのかと言えば、そのような簡単な話ではないのです。

このような種類のカードになってくると、最も重要なのは信用ですので「カード会社が代金を立て替え払いしても、翌月に必ず回収できるかどうか」ということがポイントとなります。

・年収などの収入が長期にわたって安定している事
・不動産・現金等の資産を持っている事
・過去の利用実績がたいへん多い事

従って、上場企業・中小企業のオーナー、医師(開業医)・弁護士、他にはこれに準じる程の高い収入を得ている金融マン・個人事業主、といったような方々になりますでしょうか。

冒頭に芸能人が好むと書きましたが、確かに芸能人の申し込みが多いのですが、よほど芸歴が長いか大御所と呼ばれるような有名芸能人でないと、信用度が低いと判断されてしまいます。

年収レベルで申し上げますと、幅がありますがだいたい1000万程度から数億円、となります。

●プラチナカード
・JCBザクラス
・ダイナースのプレミアムカード
・アメックスのプラチナカード

プラチナカードといえば、この3枚が有名ですね。

多くのプラチナカードはブラックカードと同じように招待制となっている場合が多いので、ブラックカードと同じく信用力という部分がとても重要になってきます。

申し上げるまでも無く、延滞や滞納が無く、クレジットカードの利用実績がある、というのが絶対的条件です。

審査の基準はクレジットカード会社にもよりますが、上で述べたブラックカードの場合と同じと考えればほぼ間違いありません。
 

sponsored by