目的別クレジットカード比較!

【2020】おすすめ電子マネー比較|スマホ決済するなら持つべき電子マネーを種類別に紹介

【2020】おすすめ電子マネー比較|スマホ決済するなら持つべき電子マネーを種類別に紹介

キャッシュレス決済で電子マネーを利用したいけど、

「イマイチ仕組みを理解していない」
「手軽さゆえにうっかり使いすぎてしまいそうで不安」
「種類が多すぎて何がいいのか分からない」

このような疑問や不安をお持ちの方多いのではないでしょうか。

電子マネーはポイントが貯まったり、スマホやカードでスムーズな決済ができたり、現金を持ち歩く必要がなかったり、チャージ式であれば使いすぎも防止できたりとメリットがたくさんです。

この記事では、電子マネーを利用したいけど中々踏み出せずにいるあなたに向けて

  • 電子マネーとクレジットカードの違い
  • 電子マネーの種類
  • 2020年に絶対持つべきおすすめの電子マネー

について詳しく解説していきます。

電子マネーとは

まず最初に、そもそも電子マネーとは何なのかについて、ご説明します。

電子マネーとは、電子データ化されたお金のことです。
現金の代わりにスマホやカードから電子マネーを使って決済を行うことができます。

そして、電子マネーにはタッチ型(非接触電子決済)QRコード型があります。

  • タッチ型…スマホやカードを読み取り機にかざして決済ができる
  • QRコード型…スマホ画面のQRコードを表示してリーダーで読み取るか、店のQRコードをスマホで読み取って決済する。

分類すると、上の図のようになります。

電子マネーについてお伝えしたところで、ここからは電子マネーとクレジットカードの違いについて解説していきます。

電子マネーとクレジットカードの違い

電子マネーとクレジットカードは、どちらも現金を使わない支払い方法で、一見違いがないように思えませんか?

実は、決済方法は大きく異なっているのです。

近年では、電子マネーとクレジットカードが一体型になったカードもあるため、違いがより複雑になっています。

違いを理解しなければ、どちらを選択するか決められませんよね。

ここで違いをしっかり理解しましょう。

審査があるかないか

まず、カードを利用する前の段階から違いがあります。

それが審査があるかないかの違いです。

  • クレジットカード…申込み後、カード会社の審査を受ける必要がある
  • 電子マネー…審査はないため、18歳以下でも気軽に作ることができる

電子マネーなら、制限なくどんな方でも作ることができるので、
作りやすさは電子マネーといえます。

暗証番号やサインがあるかないか

次に、決済時に違いが現れます。

暗証番号やサインがあるかないかです。

  • クレジットカード…決済時に本人確認のために暗証番号の入力またはサインの記入が必要
  • 電子マネー…暗証番号やサインは必要ないため、クレジットカードよりもスムーズに決済を行うことができる

暗証番号やサインの時間を要しないため、決済がスムーズなのは電子マネーといえます。

使えるお店の数

そして、そもそも利用できる店の数が異なります。

  • クレジットカード…国際ブランドやカード会社などと加盟店契約をしている店舗で使える。オンラインストアはもちろん、スーパーやコンビニなどの実店舗、交通機関や公共料金など広範囲で使うことができる
  • 電子マネー…電子マネーに対応しているお店は増えてきているものの、クレジットカードに比べて使えるお店が少ない。そのため買い物に行く際は電子マネーが使えないお店も考慮して、現金やカードなどを持ち歩くと安心

クレジットカードの方が利用できる店の数は多いため、不便は感じにくいといえます。

電子マネーの種類

キャッシュレスが進んでいる、推進されている、と体感したことはありませんか?

実際、キャッシュレス化に伴い、新しい電子マネーが続々発行されています。

電子マネーの種類が多くて、キャッシュレス化の波に乗りたくてもどれがいいのかわかりませんよね。

そんな、「電子マネーを使いたいけど数が多くてよくわからない」という方に向けて、電子マネーの種類について解説します。

プリペイド型の電子マネー

プリペイド型の電子マネーは、最も多いタイプの電子マネーです。

決済前にお金を電子マネーにチャージし、
チャージした状態で端末にかざすと支払いができる仕組みです。

交通系でいうとSuicaやPASMO、流通系でいうとnanacoやWAONがあげられます。

チャージできる限度額は、電子マネーによって異なります。

プリペイド型の電子マネーは、チャージした金額の範囲内でしか利用ができないので、
使いすぎを防止することができる、というメリットがあります。

ポストペイ型の電子マネー

ポストペイ型の電子マネーは、決済後に後払いする方法の電子マネーです。

電子マネーにクレジットカードを登録し、そのカードから利用分が引き落とされます。

そのため、支払いの仕組みはほとんどクレジットカードと同じです。

ポストペイ型の電子マネーとして、iDやクイックペイなどがあります。

ポストペイ型の電子マネーは、チャージする手間が省けることや、クレジットカードのポイントが貯められるというように、
クレジットカードを経由するからこそのメリットがあります。

電子マネーのおすすめランキング

電子マネーについて理解は深まったでしょうか?

そんなところで、具体的にどの電子マネーがおすすめなのか、気になりますよね。

ここでは、電子マネーのおすすめランキング形式でご紹介します。

タッチ型とQR型に分けて、ご紹介しますので、
ここまでご説明したことも踏まえてご覧になってください。

QRコード型おすすめ電子マネーランキング

まず最初に、QRコード型のおすすめの電子マネーをご紹介します。

おさらいですが、QRコード型とは、スマホ画面のQRコードを表示してリーダーで読み取るか、店のQRコードをスマホで読み取って決済するものです。

それでは見ていきましょう!

1位:楽天Pay

会社 楽天
支払い形式 ポストペイ
対応店舗 ★★★★

楽天のアカウントを作り、楽天ペイアプリをインストールすると利用できます。

楽天Payは、QRコード決済の中で、「利用者数」「ポイントが使いやすく貯まりやすい決済アプリ」「総合満足度」の3部門で1位を獲得しています。

楽天Payは200円で1ポイント、楽天カードは100円で1ポイント獲得できます。
そのため、200円の買い物をした場合3ポイント貯めることができるので、
楽天カードと併せて利用するとポイントがより貯まりやすくなります。

楽天カード

楽天カード
  • 楽天Payと結びつけるととにかくポイントが貯まる
  • 年会費永年無料でWebから簡単に作れる
  • ポイントは楽天市場やマクドナルド、ローソンなどで交換可能

2位:d払い

会社 NTTドコモ
支払い形式 ポストペイ
対応店舗 ★★★★

d払いは、ドコモが提供するスマホ決済サービスで、楽天Pay同様、アプリをインストールすることで始められます。

ドコモの方ならクレジットカードの登録等は一切不要で、4桁のパスワードを登録するだけでと、とても簡単に始められます。
さらに、最大の特徴として、お買い物の代金と携帯の料金を一緒に支払いができます。

ドコモを利用していない方でももちろんd払いの利用可能です。
その場合はdアカウントを作成し、クレジットカードを登録することで利用できます。

d払いも楽天Pay同様、dカードと併せて利用することでポイントが貯まりやすくなります。

dカード GOLD

dカードGOLD
  • 月額サービス利用で10%のポイント還元
  • 毎月のドコモ利用料金100円に1ポイントのdポイントが付与
  • ケータイ紛失時の補償や国内・海外旅行保険が付帯

3位:PayPay

会社 Yahoo、ソフトバンク
支払い形式 プリペイド、ポストペイ
対応店舗 ★★★★

PayPayは、アプリをインストールし、Yahoo ! JAPAN IDもしくは電話番号の登録をすることで利用可能です。

クレジットカードを登録するか、PayPay残高にチャージをすることで支払いをします。

PayPay残高へのチャージはいくつか方法がありますが、その中でも銀行口座からのチャージは、
Yahoo ! アカウントを取得して、Yahoo ! ウォレットで銀行口座を登録しなければ利用できません。

タッチ型おすすめ電子マネーランキング

続いて、タッチ型のおすすめの電子マネーをご紹介します。

おさらいですが、タッチ型とは、スマホやカードを読み取り機にかざして決済ができるものです。

それでは見ていきましょう!

1位:iD

会社 NTTドコモ
支払い形式 プリペイド、ポストペイ
対応店舗 ★★★★
決済手段 スマホ / カード

iDは、電子マネーが普及した頃にいち早く登場したため、普及率が高いです。
利用可能台数は着々と増えており、現在全国96.5万台以上あります。

iDの利用で支払いをするクレジットカードのポイントを貯めることもできます。

iDが搭載しているクレジットカードのうち、三井住友カードなら、ワールドプレゼントのポイントを貯めることができ、
コンビニ大手3社やマクドナルドでポイントが5倍になります。

三井住友カード

三井住友VISAクラシック
  • 初年度年会費無料&最短翌営業日以内に発行可能
  • コンビニ大手3社やマクドナルドでポイントが5倍
  • 三井住友VISAカードの中で最もスタンダードなカード

2位:楽天Edy

会社 楽天
支払い形式 プリペイド
対応店舗 ★★★★
決済手段 スマホ / カード

楽天Edyは、全国55万箇所以上の加盟店で利用ができます。

楽天Edyを利用するためのチャージ方法はいくつかありますが、
その中でも現金のチャージは、コンビニや一部のカフェやドラッグストアなどで可能です。
他にもクレジットカードや楽天スーパーポイントからチャージが可能です。

楽天Edyでは200円につき1ポイント付与され、ポイントプラス加盟店というのもあります。
ここで利用するとポイントが2倍になり、さらに楽天カードからのチャージでも200円につき1ポイントたまるので、
楽天カードと併せての利用がおすすめです。

楽天カード

楽天カード
  • 年会費永年無料でWebから簡単に作れる
  • 楽天Edy搭載なら楽天カフェでお得に利用できる
  • ポイントは楽天市場やマクドナルド、ローソンなどで交換可能

3位:WAON

会社 イオン
支払い形式 プリペイド
対応店舗 ★★★
決済手段 スマホ / カード

WAONは、全国約51万箇所で利用することができます。

WAONには他の電子マネーとは異なり可愛らしい特徴があり、お支払い時に「ワオン!」と犬の鳴き声がしたり、カードは購入する場所によってデザインが異なります。

WAONポイントは支払い200円につき1ポイント付与され、イオンカードでチャージをすると100円につき1ポイント付与される、つまりポイント還元率が1.5%になるため、
イオンカードと併せての利用がおすすめです。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)
  • 毎月20・30日のお客様感謝デーにイオンで買い物すると5%OFF
  • 年会費永年無料で家族カードも3枚まで無料で作れる
  • イオンシネマでカード利用すると本人と同伴者1名がそれぞれ300円割引

まとめ

電子マネーの仕組みを理解し、利用する気になれたでしょうか?

この記事をまとめます。

  • 電子マネーとクレジットカードの違いは、審査があるかないか・暗証番号やサインが必要か・利用可能な店舗数の3点
  • 電子マネーには、決済前にお金をチャージするプリペイド型と、電子マネーにクレジットカードを登録し引き落とされるポストペイ型がある
  • QRコード型の電子マネーのおすすめ1位は楽天Pay、タッチ型の電子マネーのおすすめ1位はiD

利用可能な店舗数やポイント還元率などから電子マネーを決めるのもよし、
利用しているクレジットカードに合わせて利用する電子マネーを決めるのもよし、
この記事のおすすめの電子マネーから選択するのもよし、
よりよい電子マネーを選択して、キャッシュレスの生活に踏み出してください!